Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

耐障害性トンネルを使用したマルチキャスト L3 VPN の追加

マルチキャスト トラフィック配信に必要な耐障害性トンネル冗長化の概要

マルチキャスト レイヤー 3 VPN では、仮想トンネル(VT)インターフェイスが、仮想ラベルに基づいて VRF(仮想ルーティングおよび転送)テーブル ルックアップを容易MPLS必要があります。

Junos OSのインターフェイス レベルで冗長化 TS をパケット転送エンジン、マルチキャスト トラフィック配信の障害回復力を向上させる必要があります。

メモ:

冗長VTSは、複数のVPCをMX シリーズ場合にのみサポートされます。

インターフェイス レベルで冗長 VT をパケット転送エンジンするには、メンバー VT(vt- interface)を親 VT(rvt インターフェイス)に追加します。

MPC を使用して複数のルーター MX シリーズ VT インターフェイスを設定するには、次の特性があります。

  • 冗長 VT を作成する場合、設定されていない VT を冗長 VT のメンバーとして追加できます。冗長 VT は通常の VT の設定と同じ方法で設定します。メンバー VT は、親の冗長 VT の設定を継承します。

  • 既存の設定を持つ VT が冗長 VT に参加する場合、既存の設定を使用して冗長 VT を設定する必要があります。

  • 最大 16 の冗長な VM を作成できます。

  • 冗長な TS のメンバーとして最大 32 の TS を追加できます。

    メモ:

    作成できる実際の VT 数は、シャーシのタイプと使用しているライン カードの数によって決まります。

  • 3 つ以上の VT を冗長 VT に追加すると、メンバーはデフォルトでアクティブ モードになります。冗長 VT を介するトラフィックは、冗長 VT のすべてのメンバーで負荷分散されます。

  • メンバーを 2 つのみ追加する場合、以下の 2 つの方法のいずれかを使用してメンバーを設定できます。

    • アクティブ モードの両方のメンバー

    • 1 つのメンバー(アクティブ モード)、もう 1 つのメンバー(バックアップ モード)

      ベスト プラクティス:

      1 つのメンバーをアクティブ モードに、もう一方のメンバーをバックアップ モードに設定するには、メンバーを異なる MPC でホストすることをお勧めします。そうすることで、MPC に障害が発生しても、rvt インターフェイス全体がダウンしません。

  • VT インターフェイスが必要なサービス クラスとファイアウォール設定は、冗長 VT インターフェイス上でも同じように機能します。

メモ:

冗長化されたTSは、マルチキャスト トラフィックを配信する際の障害回復力を高め、ネットワークのアップタイムを向上させるのに役立ちます。[edit chassis network-services]階層enhanced-ipレベルで有効になっている場合、冗長な VT のメンバーである VT の障害が通常検知され、50 ミリ秒以内に別のメンバー VT にフェイル オーバーされます。

マルチキャスト トラフィック配信に必要なリソース耐障害性トンネル冗長構成

マルチキャスト レイヤー 3 VPN では、仮想トンネル(VT)インターフェイスが、仮想ラベルに基づいて VRF(仮想ルーティングおよび転送)テーブル ルックアップを容易MPLS必要があります。

Junos OSのインターフェイス レベルで冗長化 TS をパケット転送エンジン、マルチキャスト トラフィック配信の障害回復力を向上させる必要があります。

メモ:

冗長VTSは、複数のVPCをMX シリーズ場合にのみサポートされます。

パケット転送エンジン レベルで冗長 VT を作成するには、メンバー VT(vt- interface)を冗長 VT(rvt インターフェイス)に追加し、冗長 VT インターフェイスを vrf ルーティング インスタンスに追加します。

冗長 VT を設定するには、次の手順に示します。

  1. リモート ルーターでトンネル サービスを有効MX シリーズします。
  2. 冗長 VT インターフェイス タイプを作成します。

    例えば:

  3. ネットワーク サービス enhanced-ip で有効にする。
  4. 冗長 VT インターフェイスを作成します。

    例えば:

    詳細 については、冗長グループ(インターフェイス) を参照してください。

    メモ:

    冗長 VT(rvt)インターフェイスの残りのパラメータは、VT(vt-)インターフェイスの設定と同じ方法で設定します。

  5. 冗長 VT を適切なルーティング インスタンスに追加します。

    例えば:

    メモ:

    rvt インターフェイスには 2 つ以上の vt- メンバー インターフェイスが含まれているため、冗長性を提供します。rvt インターフェイスと vt- インターフェイスを同じルーティング インスタンスに追加する機能はサポートされていません。

    ルーティング インスタンスの設定の詳細については、「 VPN での PE ルーターでのルーティング インスタンスの設定 」を参照してください。

例: マルチキャスト トラフィック配信に必要なリソースを耐障害性な仮想トンネルの設定

この例では、MVPN(マルチプロトコル プロトコル)マルチキャスト VPN(BGP VPN)で冗長仮想トンネル(TS)を設定する方法を示しています。仮想ループバック トンネルを設定すると、仮想ルーティングおよび転送(VRF)テーブル ルックアップを容易にし、MPLSできます。この方法で設定された冗長 VTS では、1 つの TS に障害が発生した場合、ほぼ即座に(50 ミリ秒未満)フェイルオーバーが実行されます。

要件

この例では、次のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • IP ルーター上MX シリーズ MPC

  • Junos OS リリース 15.2

概要

既存の設定を持つ VT が冗長 VT に参加する場合、既存の設定を使用して冗長 VT を設定する必要があります。

冗長化のためにメンバーVTを親VTに追加できます。

VPC MX シリーズでは、次の方法で冗長化VTSを設定できます。

  • 最大 16 の冗長な VM を作成できます。

  • 冗長な TS のメンバーとして最大 32 の TS を追加できます。

    メモ:

    作成できる実際の VT 数は、シャーシのタイプと使用しているライン カードの数によって決まります。

  • 3 つ以上の VT を冗長な VT に追加すると、メンバーはデフォルトでアクティブ モードになります。

  • 2 つのメンバーのみを追加する場合、以下のいずれかの方法でメンバーを設定できます。

    • アクティブ モードの両方のメンバー

    • 1 つのメンバー(アクティブ モード)、もう 1 つのメンバー(バックアップ モード)

トポロジ

この例では、デバイス PE2 にはマルチキャスト LDP ルーティング インスタンスに設定された冗長 VT インターフェイスがあります。この例の冗長VTインターフェイスには、アクティブ モードの2つのメンバーVTインターフェイスとバックアップモードのもう1つのメンバーVTインターフェイスが含されています。

図 1 は 、この例で使用されているトポロジを示しています。

図 1:MBGP MVPN の冗長 VT インターフェイス Redundant VT Interfaces in MBGP MVPN

次の例は、カスタマー エッジ(CE)、プロバイダ(P)、PE(プロバイダ エッジ)のデバイス inFigure 1 の設定を示しています。デバイス PE2 #d69e85__d69e473 設定する方法の詳細については、 を参照してください。

構成

デバイス P

デバイス PE2

デバイス CE2

手順

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI エディターの使用 」を参照してください

このセクションでは、rvt インターフェイスはデバイス PE2 上で設定されています。

  1. シャーシ上で冗長仮想トンネル冗長グループとトンネル サービスを設定します。

  2. 物理インターフェイスとループバック インターフェイスを設定します。

  3. rvt インターフェイスを設定します。

    メモ:

    この例では、rvtインターフェイスの1つのメンバーがアクティブに設定され、もう一方のインターフェイスがバックアップに設定されています。このアプローチでは、メンバー インターフェイスが別々のMPC上にある必要があります。

  4. 設定MPLS。

  5. 設定BGP。

  6. 内部ゲートウェイ プロトコルを設定します。

  7. LDP、PIM、RSVP を設定します。

  8. デバイスを設定ルーティング ポリシー。

  9. ルーティング インスタンスを設定します。

  10. rvt インターフェイスをルーティング インスタンスに追加します。

  11. ルーター ID と自律システム(AS)番号を設定します。

結果

設定モードから、 、show chassisshow interfacesshow policy-optionsshow protocolsshow routing-instancesおよび のコマンドを入力して設定を確認show routing-optionsします。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから commit を入力します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

仮想トンネルおよび冗長仮想トンネル インターフェイスの作成の検証

目的

rvt インターフェイスが作成され、適切なメンバー vt- インターフェイスが rvt インターフェイス内に含まれているか検証します。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show interfaces terse | match rvt0 します。

意味

出力は、作成 rvt0 された情報と、それが含まれている vt-1/0/10 およびメンバー インターフェイスとして vt-2/0/10 示されています。

マルチキャスト ルートへの rvt インターフェイスのインクルージョンの検証

目的

マルチキャスト ルーティング インスタンス vpn1 が実行され、インターフェイスが含まれている検証 rvt0 します。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show multicast route extensive instance vpn1 します。

意味

出力は、ルーティング インスタンスが vpn1 実行中であり、 を含むを示しています rvt0

rvt インターフェイスとそのメンバー インターフェイスを介したトラフィック検証

目的

トラフィックがインターフェイスとそのメンバー インターフェイスを想定 rvt0 通り通過検証します。このセクションでは、ユニキャストおよびマルチキャスト トラフィックのストリームを送信元からレシーバに開始します。

メモ:

この例では、インターフェイスrvt0vt-1/0/10を通過する全トラフィックがアクティブなインターフェイスを通過すると想定され、バックアップ インターフェイスを通過するトラフィックは想定vt-2/0/10されません。

アクション

動作モードから コマンドを入力 monitor interface rvt0 します。

この出力から有効 rvt0 になっていると、トラフィックが流れ込むのです。

コマンドを入力 monitor interface vt-1/0/10 します。

この出力から、インターフェイスを通過しているすべての rvt0 トラフィックは、予想通りアクティブな vt-1/0/10 インターフェイスを通過しています。

コマンドを入力 monitor interface vt-2/0/10 します。

この出力から、有効 vt-2/0/10 または有効になっているにもかかわらず、トラフィックが通過する必要はありません。インターフェイスが に設定されているので、これは想定されています backup

意味

すべてが正常に実行されている間、トラフィックは冗長rvt0な仮想インターフェイスを通過し、すべてのトラフィックはアクティブなメンバー インターフェイスを通過します。どちらのメンバー インターフェイスも または にactivebackup設定されている場合、トラフィックは両方のインターフェイスで負荷分散されます。

バックアップ仮想トンネルへの即時フェイルオーバーの検証

目的

アクティブなメンバー インターフェイスを含むMPC rvt0 が失敗または再起動すると、インターフェイスを介したすべてのトラフィックが即座にバックアップメンバーインターフェイスにオーバーオーバーします。

ベスト プラクティス:

このタスク monitor interface vt-2/0/10 では、コマンドを使用してバックアップ インターフェイスのライブ統計を表示するウィンドウと、アクティブなメンバー インターフェイスを含む MPC を再起動できる別のウィンドウを開くウィンドウを設定することをお勧めします。

アクション

動作モードから コマンドを入力 request chassis fpc slot 1 restart し、バックアップ メンバー インターフェイスのライブ統計情報に監視します。

意味

出力は、インターフェイスを通るトラフィックが、 rvt0 バックアップ メンバー インターフェイスによって直ちに完全に送信されるという結果を示しています。

MBGP MVPN の冗長仮想トンネル インターフェイスについて

マルチプロトコル BGP(MBGP)マルチキャスト VPN(MVPN)では、コア リンクの帯域幅使用量を最適化するために、PE(プロバイダ エッジ)とプロバイダ コア(P)ルーターの組み合わせとして機能するルーティング デバイス上のマルチキャスト トラフィックに VT インターフェイスが必要です。VT インターフェイスでは、P ルーターが PE ルーター(マルチキャスト トラフィックの出口点)として機能する場合、トラフィックの複製を防止します。

Junos OS リリース 12.3 から、ルーティング インスタンスで最大 8 個の VT インターフェイスを設定して、同じマルチキャスト VPN ルーティング インスタンス内にトンネル PIC 冗長性を提供できます。アクティブな VT インターフェイスに障害が発生すると、セカンダリ トラフィックが引き継がり、マルチキャスト トラフィックの管理を続けることができます。重複は発生しません。

冗長 VT インターフェイスは、RSVP ポイント to マルチポイント プロバイダ トンネルおよびマルチキャスト LDP プロバイダ トンネルでサポートされています。この機能はエクストラネットにも有効です。

1 つの VT インターフェイスをプライマリ インターフェイスに設定できます。VT インターフェイスがプライマリとして設定されている場合、VT インターフェイスは、LSP(ラベルスイッチ パス)上のコアからルーティング インスタンスに入ってくるトラフィックに使用されるネクスト ホップになります。VT インターフェイスがプライマリに設定され、VT インターフェイスがユニキャスト トラフィックとマルチキャスト トラフィックの両方に使用されている場合、マルチキャスト トラフィックだけが影響を受します。

VT インターフェイスがプライマリに設定されていない場合、またはプライマリ VT インターフェイスが使用できない場合は、LSP 上のコアからルーティング インスタンスに入るトラフィックに使用されるネクスト ホップとして、有効な設定 VT インターフェイスの 1 つが選択されます。使用しているVTインターフェイスが何らかの理由でダウンすると、ルーティング インスタンス内で別の有効な設定VTインターフェイスが選択されます。使用しているVTインターフェイスが変更された場合、インスタンス内のすべてのマルチキャストルートも、トラフィックの受信を許可するために、RPF(リバースパスフォワーディング)インターフェイスを新しいVTインターフェイスに切り替えます。

冗長性の完全なメリットを実現するために、複数の VT インターフェイスを設定する場合、少なくとも 1 つの VT インターフェイスが他の VT インターフェイスとは異なるトンネル PIC 上に存在することを推奨します。しかし、Junos OSはこれを適用しないのです。

例: MBGP MVPN での冗長仮想トンネル インターフェイスの設定

この例では、マルチプロトコル プロトコル インターフェイス(MBGP)マルチキャスト VPN(MVPN)で冗長BGP VT(仮想トンネル)インターフェイスを設定する方法を示しています。設定するには、ルーティング インスタンスに複数 primary のVTインターフェイスを含め、必要に応じてステートメントをVTインターフェイスの1つに適用します。

要件

冗長 VT インターフェイスが設定されているルーティング デバイスは、Junos OS 12.3 以降で実行されている必要があります。

概要

この例では、デバイス PE2 はマルチキャスト LDP ルーティング インスタンスに設定された冗長 VT インターフェイスを持ち、VT インターフェイスの 1 つがプライマリ インターフェイスに割り当てられます。

図 2 は 、この例で使用されているトポロジを示しています。

図 2:MBGP MVPN トポロジーの複数の VT インターフェイス Multiple VT Interfaces in MBGP MVPN Topology

次の例は、図 2 の カスタマー エッジ(CE)、プロバイダ(P)、PE(プロバイダ エッジ)のデバイスの設定を 示しています。セクションでは 、手順を手順に従 ってデバイス PE2 について説明します。

構成

手順

CLI迅速な設定

この [edit] 例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストします。

デバイス CE1

デバイス CE2

デバイス CE3

デバイス P

デバイス PE1

デバイス PE2

デバイス PE3

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI エディターの使用 」を参照してください

MBGP MVPN で冗長 VT インターフェイスを設定するには、次の手順に示します。

  1. 物理インターフェイスとループバック インターフェイスを設定します。

  2. VT インターフェイスを設定します。

    各 VT インターフェイスは、1 つのルーティング インスタンスで設定可能です。

  3. 物理MPLSインターフェイスでインターフェイスを設定します。

  4. 設定BGP。

  5. 内部ゲートウェイ プロトコルを設定します。

  6. LDP を設定します。

  7. デバイスを設定ルーティング ポリシー。

  8. ルーティング インスタンスを設定します。

  9. ルーティング インスタンスで冗長 VT インターフェイスを設定します。

    vt-1/1/0.0 をプライマリ インターフェイスにします。

  10. ルーター ID と自律システム(AS)番号を設定します。

結果

設定モードから、 、show interfacesshow protocolsshow policy-optionsおよび のコマンドをshow routing-instances入力して設定を確認show routing-optionsします。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから commit を入力します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

メモ:

また show multicast route extensive instance instance-name 、VPN を介してマルチキャスト トラフィックが送信される場合、コマンドはマルチキャスト転送テーブルに VT インターフェイスを表示します。

LSP ルートの確認

目的

予想される LT インターフェイスが LDP 学習ルートに割り当てられていないことを検証します。

アクション
  1. 動作モードから コマンドを入力 show route table mpls します。

  2. 設定モードから primary 、vt-1/1/0.0インターフェイスからステートメントを削除し、vt-1/2/1.0インターフェイスに追加して、プライマリVTインターフェイスを変更します。

  3. 動作モードから コマンドを入力 show route table mpls します。

意味

元の設定を使用した場合、出力には vt-1/1/0.0 インターフェイスが表示されます。プライマリ インターフェイスを vt-1/2/1.0 に変更した場合、出力には vt-1/2/1.0 インターフェイスが表示されます。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
12.3
Junos OS リリース 12.3 から、ルーティング インスタンスで最大 8 個の VT インターフェイスを設定して、同じマルチキャスト VPN ルーティング インスタンス内にトンネル PIC 冗長性を提供できます。