Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

優先度CoS グループのスケジューリングについて

優先度グループのスケジューリングは、出力キューのグループのCoS(サービス クラス)プロパティを定義します(優先度)。優先度グループのスケジューリングは、出力キューのスケジューリングと連機能して、2 層の階層型スケジューラを作成します。階層型スケジューラは、帯域幅をキューのグループ(デフォルト設定の転送クラス セットと呼ばれるJunos OSします。キューのスケジューリングでは、特定のキューが使用できる優先度グループ帯域幅の部分を決定します。

トラフィック制御プロファイルで優先度グループのスケジューリングを設定し、トラフィック制御プロファイルを転送クラス セットとインターフェイスに関連付ける必要があります。スケジューラ マップをトラフィック制御プロファイルにアタッチして、キューのスケジューリング特性を指定します。

注:

キューまたは優先度グループの帯域幅を設定する場合、スイッチはデータのみを設定された帯域幅と見なします。スイッチは、プリアンブルと IFG(フレーム間のギャップ)で消費される帯域幅を考慮する必要があります。そのため、キューまたは優先度グループの帯域幅要件を計算して設定する場合は、事前対応型と IFG と、計算でのデータを考慮します。

優先度グループのスケジューリング コンポーネント

表 1 は、優先度グループの帯域幅プロパティを決定するために設定できるトラフィック制御プロファイル コンポーネントに対する簡単な参考資料です。表 2 は、関連するスケジューリング構成コンポーネントの簡単なリファレンスです。

表 1:優先度グループ スケジューラ コンポーネント

トラフィック制御プロファイル コンポーネント

説明

保証レート

優先度グループの最小保証ポート帯域幅を設定します。追加のポート帯域幅は、ポート上の各優先グループの保証されたレートと比例して、優先グループ間で共有されます。

シェーピング レート

優先度グループが消費できる最大ポート帯域幅を設定します。

スケジューラ マップ

スケジューラをキューにマッピングします(転送クラスは優先度とも呼ばれています)。これによって、キューが受信する優先度グループ帯域幅の部分を決定します。

表 2:その他のスケジューリング コンポーネント

その他のスケジューリング コンポーネント

説明

転送クラス

トラフィックをキューにマッピングする(優先度)。

転送クラス セット

優先度グループの名前。転送クラスを優先度グループにマップします。転送クラス セットは、1 つ以上の転送クラスで構成されています。

スケジューラ

個々のキュー(転送クラス)の帯域幅とスケジューリングの優先度を設定します。

デフォルト トラフィック制御プロファイル

デフォルトのトラフィック制御プロファイルはありません。

保証レート(最小保証帯域幅)

保証レートでは、各優先グループの最小保証帯域幅を決定します。また、優先グループが共有できる過剰な(追加の)ポート帯域幅も決定します。各優先グループは、保証レートに比例して追加のポート帯域幅を共有します。ビット/秒のレートは、3 Mbps などの固定値またはポート帯域幅全体の割合として指定します。

ポート上の他の優先グループから追加の帯域幅を利用できる場合、最小送信帯域幅は設定されたレートを超える可能性があります。輻輳の場合、設定された保証レートは優先グループで保証されます。このプロパティを使用すると、各優先グループがサービス レベルに応じて受信する帯域幅を確実に受信できます。

注:

転送クラスの最小保証帯域幅(送信レート)を設定しても、トラフィック制御プロファイルで設定された転送クラスの最小保証帯域幅(保証レート)を設定しない限り、設定は機能しません。

さらに、転送クラス セット内のキューの送信レートの合計は、転送クラス セットの保証されたレートを超える必要はありません。(キュー全体で保証される最小帯域幅を超えるキューの最小帯域幅は保証できません)。

スレートが高い優先度のキューを含む転送クラス セットに保証レートを設定することはできません。

帯域幅の追加共有

優先度グループが使用可能なポート帯域幅の全量を使用しない場合、優先度グループには追加の帯域幅を使用できます。この追加ポート帯域幅は、各優先グループの最小保証帯域幅に基づいて、優先グループ間で共有されます。

たとえば、ポート A には 3 つの優先グループ(fc-set-1、fc-set-2、fc-set-3)があります。Fc-set-1 は保証レートが 2 Gbps、fc-set-2 は保証レートが 2 Gbps、fc-set-3 は保証レート 4 Gbps です。これらの優先グループの最小保証帯域幅をサービスに提供した後、ポートは 2 Gbps 以上の使用可能な帯域幅を追加し、3 つの優先グループはすべて転送するパケットを残します。優先度グループは保証レートに比例して追加の帯域幅を受信します。fc-set-1 は追加の 500 Mbps を受信し、fc-set-2 は追加の 500 Mbps を受信し、fc-set-3 は追加の 1 Gbps を受信します。

シェーピング レート(最大帯域幅)

シェーピング レートは、優先度グループが消費できる最大帯域幅を決定します。ビット/秒のレートは、5 Mbps などの固定値またはポート帯域幅全体の割合として指定します。

優先グループの最大帯域幅は、ポートで使用可能な帯域幅の合計と、ポート上の他の優先グループが消費する帯域幅によって異なります。

スケジューラ マップ

スケジューラ マップでは、スケジューラーをキューにマッピングします。スケジューラ マップをトラフィック制御プロファイルに関連付け、トラフィック制御プロファイルをインターフェイスと転送クラス セットに関連付ける場合、スケジューラ マップによって定義されたスケジューリングによって、各キューが使用できる優先度グループ リソースの部分が決定されます。

最大 4 つのユーザー定義スケジューラ マップをトラフィック制御プロファイルに関連付けできます。