Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティング ポリシーでのルート フィルタとソース クラスの設定

ポリシー ステートメントでプレフィックス ルート フィルターを作成して、SCU の設定を開始します。これらのプレフィックスは、監視する IPv4 または IPv6 ソース アドレスを示します。ポリシー ステートメント内で、フィルターにアタッチされたソース クラスを定義し、名前を付ける必要があります。

注:

ポリシー アクション ステートメントを設定する場合、一致するルートごとに 1 つのソース クラスのみを設定できます。つまり、複数のソース クラスを同じルートに適用することはできません。

ポリシー アクションを使用した forwarding-class 代替の設定方法は、さらに柔軟です。これにより、IPv4 または IPv6 ルート フィルターを SCU プロファイル、DCU プロファイル、またはその両方に同時に適用できます。さらに、条件が 1 つだけの場合は、階層レベルで and then ステートメントを[edit policy-options policy-statement policy-name]実装fromできます。

3 つ目のオプションは、既存の DCU パラメーター destination-classです。DCU の詳細については、『 Junos Policy Framework Configuration Guide』を参照してください。