Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

SCU の構成

SCU の構成

図 1: SCU トポロジの図SCU トポロジの図

図 1は、3つのルーターを使用した基本的な SCU 構成を示しています。送信元ルーター A と B は、監視対象のプレフィックスとしてループバックアドレスを使用します。ほとんどの構成タスクと実際の監視は、伝送ルーター SCU で行われます。

ルーター A で構成を開始します。ルーター A のループバックアドレスには、ルーター SCU のソースクラス A に割り当てられるプレフィックスの起点が含まれています。しかし、このルーターでは SCU の処理は行われません。そのため、ルーター A を基本 OSPF ルーティング用に設定し、OSPF プロセスso-0/0/2にループバックインターフェイスとインターフェイスを組み込みます。

ルーター A:

この例では、ルーター SCU によってアクティビティの大半が処理されます。ルーター SCU で、階層レベルの[edit interfaces interface-name unit unit-number family inet accounting]インバウンドおよびアウトバウンドのインターフェイスでソースクラスの使用を有効にします。予想されるトラフィックを指定していることを確認します。この場合、入力、出力、またはその両方が該当します。

次に、ルーター A および B からのループバック アドレスのプレフィックスと一致するルート フィルター ポリシー ステートメントを設定します。 という名前の 1 つのグループ内のルーター A からパケットを分類し、次のクラスでルーター B からパケットを分類するステートメントをポリシーに含める。 scu-class-ascu-class-b 複数の用語を含む単一のポリシーを効率的に使用することに注目してください。

最後に、ポリシーを転送テーブルに適用します。

ルーター SCU

ルーター B の設定タスクを完了します。ルーター A が送信元プレフィックスを提供するのと同様に、ルーター B のループバック アドレスは、ルーター SCU に割り当てられた scu-class-b プレフィックスと一致します。繰り返しますが、このルーターでは SCU 処理は発生しません。そのため、基本的なルーティング ルーティング用にルーター B を設定し、OSPF インターフェイスとインターフェイスをルーティング プロセスに so-0/0/4 OSPFします。

ルーター B:

作業の確認

SCU が正常に機能していることを確認するには、以下のコマンドを使用します。

  • show interfaces interface-name statistics

  • show interfaces interface-name (extensive |detail)

  • show route(extensive |detail)

  • show interfaces source-class source-class-name interface-name

  • clear interface interface-name statistics

output文を設定したアウトバウンド scu インターフェイスで scu の統計情報を常に検証する必要があります。SCU の機能を確認するには、以下の3つの手順を実行します。

  1. SCU 対応ルーター上のすべてのカウンターをクリアし、空になっていることを確認します。

  2. 1つのエッジルーターから別のエッジルーターに ping を送信して、SCU 対応ルーター全体で SCU のトラフィックを生成します。

  3. 送信インターフェイス上でカウンターが適切に増加していることを確認します。

次のセクションでは、設定例で使用されるこれらのコマンドの出力を示します。