Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ACX シリーズルーター上の階層ポリサーモード

マイクロフローポリサーがマイクロフローの総帯域幅の共有を決定および管理する方法は、階層ポリサーモードによって定義されます。ACX のルーターでは、以下の3つの階層型ポリサーモードがサポートされています。各階層ポリサーインスタンスのポリサーのモードまたはタイプを構成できます。

注:

階層的なポリサーは、ACX5048 および ACX5096 ルーターでは適用できません。

保証モード

このモードは帯域保証モードとも呼ばれています。これは、マイクロフローポリサーを使用して、集約された親によって帯域幅の一部がマイクロフローで保証されることを指定する場合に使用します。このマイクロフローにトラフィックが含まれていない場合は、総帯域幅からこのマイクロフローに割り当てられる容量が、それぞれの保証よりも高いサイズ制限または帯域幅でトラフィックを伝送しているその他のマイクロフローによって使用されます。帯域幅率

ユーザーの最大許容レートまたはピーク情報レート (PIR) が 140 Mbps である場合のサンプルシナリオを考えてみましょう。「優先転送 (EF)、ゴールド、シルバー、ブロンズ」と呼ばれる4つのサービスまたはアプリケーションの合計は、それぞれ CIR (50 Mbps)、40 Mbps、30 Mbps、20 Mbps の帯域幅の保証モードで定義されます。たとえば、4つのサービスのそれぞれで 140 Mbps の trafic を受信した場合、許容されるトラフィックレートは、それぞれ50、40、30、20 Mbps になります。150 Mbps のゴールドトラフィックが受信された場合、ゴールドトラフィックには 140 Mbps のみが許可されます。

すべての子ポリサーは、シングルレート、シングルバケット、2色の各モードでなければなりません。 hiearch (ポリサー) では、帯域幅保証モードに対応しています。この属性の組み合わせは、「フロアモード」とも呼ばれます。マイクロフローポリサーの値は、マイクロフローの最小保証帯域幅 (CIR) を指定します。マクロフローポリサー値は、すべてのフローに許可される最大帯域幅 (PIR) を指定します。設定されたマイクロフローのすべての CIR 値の合計または累計値は、マクロフロー PIR 以下である必要があります。マクロフローのバーストサイズは、すべての子ポリサーのバーストサイズの合計より大きく、その子が存在する論理インターフェイスまたはインターフェイスファミリのすべての物理インターフェイス間で物理インターフェイスの最大 MTU を超えていなければなりません。ポリサーがアタッチされます。

帯域保証モードで、親 PIR によって集約された2つの子ポリサーの構成例を考えてみましょう。子のポリサーのための PIRs と、親ポリサーが構成されています。フロー1とフロー2の2つのフローが、設定された PIR の値を超える速度でトラフィックを送信すると、親 PIR の共有は、フローに対して定義された優先度に基づいて子のポリサーのトラフィックを許可するように調整されます。また、帯域幅は維持されます。

ポリサーはトークンバケットアルゴリズムを使用して、インターフェイスでの平均送受信速度を制限しながら、設定された帯域幅制限とバーストサイズに基づいて最大値までトラフィックのバーストを許容します。トークンバケツアルゴリズムは、leaky バケツアルゴリズムよりも柔軟性が高いため、指定されたトラフィックバーストを開始してパケットを破棄したり、パケット出力キューの優先度やパケットドロップの優先度などのペナルティを適用したりすることができます。トークンバケットアルゴリズムの主なコンポーネントは次のとおりです。

  • バケットは、インターフェイス入力または出力トラフィックのポリサーのレート制限機能を表します。

  • バケット内の各トークンは、何ビットも「クレジット」を表し、バケット内の量は、ポリシーに設定されたレート制限に従うトラフィックを送受信するために「換金」されます。

  • トークンの到着率は、構成された帯域幅の制限から計算されたトークンバケットにトークンを定期的に割り当てることです。

  • トークンバケットの深さは、バケットの容量をバイト単位で定義します。バケット数が上限に達した後に割り当てられたトークンは、保存して使用することはできません。

受信パケットは、親ポリサーのピークバーストサイズ (PBS) または子ポリサーのコミットバーストサイズ (CBS) のいずれかにトークンが存在する場合、帯域保証モードに準拠します。親または子のポリサーのどちらの場合も、それぞれの PBS や CBS に十分なトークンが存在しない場合、そのパケットは、階層化されたポリサーの保証モードに準拠していません。そのような場合、子ポリサーレートはメンバーフローに対して保証されます。以下の表では、マイクロフローおよびマクロフローポリサーと、割り当てられているカラーまたは優先度における色分けのさまざまなシナリオについて説明します。

マイクロカラー

マクロカラー

生じる

緑色

緑色

緑色

緑色

赤色

緑色

赤色

緑色

緑色

赤色

赤色

赤色

ピークモード

このモードは、帯域幅保護モードとも呼ばれ、マイクロフローで使用できる集約型親ポリサー帯域幅の最大値を指定するために、マイクロフローポリサー er が使用される場合に使用します。このモードは、特定のマイクロフローが他のフローを通過するのを防ぐために使用されます。他のマイクロフローにトラフィックが含まれていない場合でも (利用可能な総帯域幅率は、特定のマイクロフローの速度よりも大きくなります)、マイクロフローポリサーに設定されているレートを超える周波数を使用することはできません。

ユーザーの最大許容レート (PIR) の合計が 100 Mbps であるサンプルシナリオを考えてみましょう。「優先転送 (EF)、ゴールド、シルバー、ブロンズ」と呼ばれる4つのサービスまたはアプリケーションの合計は、それぞれの PIR 値 (50 Mbps、40 Mbps、30 Mbps、20 Mbps) によって定義されます。このような設定は、特定の加入者またはユーザーが、ビデオオンデマンド (VoD) またはボイスオーバー IP (VoIP) などのリアルタイムアプリケーションのために、マクロフローまたは親 CIR の共有を利用できないようにするトポロジで使用されます。たとえば、100 Mbps の EF パケットのみを受信した場合、トラフィックの許可される帯域幅は 50 Mbps です。4つのサービスのそれぞれに対して 100 Mbps のトラフィックを受信すると、許可されるトラフィックの総計は 100 Mbps になります。これは、さまざまなサービスに対するレートが次のようになっています。

  • EF トラフィック用に 50 Mbps 以下

  • ゴールドトラフィック用として 40 Mbps 以下

  • シルバートラフィック用として 30 Mbps 以下

  • ブロンズトラフィック用に 20 Mbps 以下

すべての子ポリサーは、シングルレート、シングルバケット、階層ポリサーのピークモードに対応した2色のタイプでなければなりません。マイクロフローポリサーの値は、マイクロフローで許可される最大帯域幅 (PIR) を指定します。マクロフローポリサー値は、すべてのフローに許可される最大帯域幅 (PIR) を指定します。ミクロフローの PIR 値の合計は、子ポリサーの PIR 値以上でなければなりません。マクロフローバーストサイズは、最大のバーストサイズを持つミクロフローの場合と同じか、それ以上にする必要があります。

帯域保証モードで、親 PIR によって集約された2つの子ポリサーの構成例を考えてみましょう。子のポリサーのための PIRs と、親ポリサーが構成されています。フロー1とフロー2の2つのフローが、設定された PIR の値を超える速度でトラフィックを送信する場合、親 PIR の共有は、フローに対して定義された優先度に基づいて子ポリサーにトラフィックを許可するように調整されます。また、帯域幅はトラフィックフローの最小またはコミットされたレートを維持します。

受信パケットは、子ポリサーと親ポリサーの両方のピークバーストサイズ (PBS) にトークンが存在する場合、帯域保証モードに準拠します。ポリサーの両方の PBS に十分なトークンが存在しない場合、パケットは、階層化されたポリサーのピークモードに準拠していません。そのような場合、子ポリサーレートは、メンバーフローの最大許容レートまたは PIR です。以下の表では、マイクロフローおよびマクロフローポリサーと、割り当てられているカラーまたは優先度における色分けのさまざまなシナリオについて説明します。

マイクロカラー

マクロカラー

生じる

緑色

緑色

緑色

緑色

赤色

赤色

赤色

緑色

赤色

赤色

赤色

赤色

ハイブリッドモード

このモードは、帯域幅保証と帯域幅保護モードを組み合わせたものであり、帯域幅の制限機能とフロー単位の帯域幅モデレーションを simultanouesly に提供します。帯域幅-guarentee または帯域幅制限モードは、特定のマイクロフローの保証されたレートを制御します。しかし、この機能は、ピークフローで過剰な総帯域幅を共有できるように管理するものではありません。特定のマイクロフローは、余分な帯域幅の他のマイクロフローをすべて使用して、過剰な総帯域幅をすべて消費する可能性があります。

帯域幅保護またはピークモードは、特定のマイクロフローが消費する帯域幅を制御することで、他のフローが不足するのを保護します。ただし、マイクロフローの保証されたレートは指定していません。たとえば、フロー f1 のマイクロフロー率、f2 および f3 はそれぞれ 50 Mbps、60 Mbps、50 Mbps で、合計レートは 70 Mbps であるため、f1 および f2 フローがそれぞれ 50 Mbps と 20 Mbps で提供される可能性があります。 f3 には帯域幅が割り当てられていません。

ハイブリッドモードでは、個々の制限を克服するためのピークモードと保証された機能のメリットが実装されています。Hybird モードでは、マイクロフローポリサーによって、2つの速度 (CIR と EIR) を指定します。CIR は、マイクロフロー用の全マクロフロー帯域幅から保証された部分を指定し、PIR はマイクロフローのためのマクロフロー帯域幅の全領域の最大値を指定します。このメカニズムは、保証モードでの CIR 機能と、ピークモードでの EIR 機能を analogues し、それによって両方のモデルのメリットを組み合わせることができます。Hyrbid モードでは、子ポリサーに対して、カラー認識モードとカラー視覚障害プロセスの両方がサポートされています。

子ポリサーは、2レート3色マーカーの RFC 4115 モードに準拠して動作します。RFC2698 モードに準拠しながら、ACX のルーター上の3つのカラーマーカーが正常に動作します。

ユーザーの最大許容レートが 140 Mbps であるサンプル構成について考えてみましょう。優先転送 (EF)、ゴールド、シルバー、ブロンズと呼ばれる4つのサービスまたはアプリケーションの合計は、それぞれの PIR 値 (-55Mbps、60 Mbps、130 Mbps、140 Mbps) を使用して、ポリサーのハイブリッドモードに対して定義されます。定義されている CIR 値は、それぞれ EF、ゴールド、シルバー、ブロンズサービスについて、50 Mbps、40 Mbps、30 Mbps、20 Mbps です。たとえば、4つのサービスのそれぞれに対して 140 Mbps のトラフィックを受信すると、4つのサービスで、許可されている緑色のトラフィックはそれぞれ50、40、30、20 Mbps になります。140 Mbps の EF トラフィックのみが受信された場合、50 Mbps の ef トラフィックは、緑および 5 Mbps の EF トラフィックとして、黄色が許可されます。同じシナリオでは、マクロ・ポリサーレートを 26 Mbps と仮定しています。また、2つの子ポリサーがカラー認識モードであると仮定します。つまり、子ポリサー-1 (CIR 10 Mbps)、10 Mbps の EIR を使用します。子ポリサー-2 は、CIR が 15 Mbps、EIR が 5 Mbps になっています。フロー1が黄色トラフィックの 100 mbps ストリームであり、フロー2が緑トラフィックの 100 mbps ストリームである場合、このポリサー階層の出力は以下のようになります。

  • フロー-1 は緑のトラフィックの 0 Mbps を持ち、5 Mbps 以下の黄色のトラフィックがあります。

  • フロー2には、10 Mbps の緑トラフィックがあり、10 Mbps の黄色トラフィックがあります。

  • 黄色のトラフィックの合計は、11 Mbps 以下であることが求められます。

ハイブリッドモードの親 PIR によって集約された2つの子ポリサーの構成例を考えてみましょう。子のポリサーのための PIRs と、親ポリサーが構成されています。フロー1とフロー2の2つのフローが、設定された PIR の値を超える速度でトラフィックを伝送する場合、親 PIR の共有は、子ポリサーにトラフィックを許可するように調整されます。そのため、子の PIR 値は2つのフローに保持されます。

集約または階層のポリサーのハイブリッドモードは、2レート (CIR および PIR) とマイクロフロー用の3つの色をサポートしています。ACX ルーターでは、ポリサーのハイブリッドタイプの場合、マイクロポリサーは RFC 4115 で定義されているように、「変更-trtcm」タイプでなければなりません。カラーブラインドおよびカラー認識モードのどちらも、子ポリサーでサポートされています。マクロ・ポリサーは、1つのバケット、1つのバケツ、2色のポリサーで、ミクロフローの CIR 値の合計がマクロフローの PIR 値未満であり、マイクロフローのすべての PIR 値が累積値よりも大きくなっている必要があります。マクロフロー. ミクロフロートラフィックがマイクロフロー CIR の CIR 値よりも小さい場合、ポリサーによってマイクロフロー CIR が維持されるか、または達成できるようになります。マイクロフロートラフィックがマイクロフローの CIR 値よりも大きい場合、マイクロフロー CIR は保証されます。マイクロフローの超過レートは、利用可能なマクロフロー帯域幅に基づいて共有され、マイクロフローによって実装されるマイクロフローに対して過剰な情報レートが分散しています。マクロフローの CBS は、マイクロフロー CBS の集約以上にする必要があります。マクロフローの超過バーストサイズ (EBS) は、最大の EBS を使用するマイクロフローのものと同じかそれ以上でなければなりません。

受信パケットは、子ポリサーのコミットされたバーストサイズ (CBS) にトークンが存在する場合、ハイブリッドモードに準拠します。このパケットは、子ポリサーの EBS と親ポリサーの PBS の両方にトークンが存在する場合、ハイブリッドモードに準拠していません。パケットが、ポリサーのハイブリッドモードを満たしていない場合、メンバートラフィックフローに対する子ポリサーの CIR は保証され、子ポリサーの PIR 値は、メンバーフローに許可される最大レートになります。以下の表では、マイクロフローおよびマクロフローポリサーと、割り当てられているカラーまたは優先度における色分けのさまざまなシナリオについて説明します。

マイクロカラー

マクロカラー

生じる

緑色

緑色

緑色

赤色

緑色

緑色

黄色

緑色

黄色

黄色

赤色

赤色

赤色

緑色

赤色

赤色

赤色

赤色