Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インライン送信モード

このトピックでは、インライン伝送とは何かを理解し、CFM、LFM、パフォーマンス監視機能の最大の拡大を可能にする方法について説明します。

連続性のインライン転送を可能にし、最大の拡張性を確保するためのメッセージを確認します。

拡張とは、増加する作業量を処理し、それをうまく機能させるためのシステムの能力をいいます。拡張によって、容量の増加と、ワークロードの増加、加入者数またはセッション、ハードウェアコンポーネントなどの処理能力を指すことができます。ビジネス継続性チェックプロトコルは、保守関連の中での障害検出に使用されます。メンテナンス関連エンドポイント (MEPs) は、ビジネス継続性チェックメッセージ (CCMs) を定期的に送信します。CCMs の送信間隔は、インターバルとして知られています。受信・ MEP は、保守関連のすべての Ps のデータベースを保持しています。

デフォルトでは、CCMs はモジュラーポートコンセントレーター (MPC) などのラインカードの CPU によって送信されます。Ccms の送信間隔が短い場合、または CCMs で特定のラインカード規模を使用する場合は、CCMs のインライン転送を有効にすることで、CCMs の伝送を転送 ASIC (ハードウェア) に委任することをお勧めします。CCMs のインライン送信は、インラインのキープアライブまたはインラインでも知られています。インライン伝送では、システムはラインカードあたりの接続障害管理 (CFM) セッションを増加させることができます。CCMs のインライン送信を有効にすることで、CCMs の最大拡張を実現できます。

CCMs のインライン送信を有効にするには、以下の手順を実行します。

  1. 設定モードで、 [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management performance-monitoring]階層レベルに移動します。
  2. ハードウェアによるキープアライブを有効にすることで、CCMs の伝送をハードウェアに委任します。
    注:

    CCMs のインライン伝送は、すでに CFM セッションが確立されている場合には有効になりません。インライン伝送を有効にするには、まずdeactivateコマンドを使用して CFM セッションを非アクティブ化してactivateから、コマンドを使用して CFM セッションを再アクティブ化する必要があります。

インライン伝送を無効にするにhardware-assisted-keepalives disableは、ステートメントを使用します。インライン伝送を無効にした後、変更を有効にするには、ルーターを再起動する必要があります。

パフォーマンス監視のインラインモードを有効にして最大の拡張を実現

パフォーマンス監視は、ネットワーク内のトラフィックパターンを一定期間調査するのに役立ちます。ネットワーク障害の影響を受ける前に、ネットワークの問題を特定するのに役立ちます。

デフォルトでは、パフォーマンス監視パケットは、モジュラーポートコンセントレーター (MPC) などのラインカードの CPU によって処理されます。パフォーマンス監視のインラインモードを有効にすると、プロトコルデータユニット (Pdu) の処理が転送 ASIC (ハードウェアに送信) に委任されます。インラインモードのパフォーマンス監視を有効にすることで、回線カードの CPU の負荷が軽減されます。また、パフォーマンス監視セッション数を増やすことで、サービス OAM パフォーマンス監視セッションの最大拡張を実現できます。MX シリーズルーターでは、ルーターのネットワークサービスモードが、接続障害管理 ( enhanced-ipenhanced-cfm-mode)) が設定されている場合にのみ、パフォーマンス監視のインラインモードを構成できます。

パフォーマンス監視のインラインモードを有効にすることで、パフォーマンス監視セッションの最大スケーリングを実現できます。パフォーマンス監視セッションの最大のスケーリングを実現するには、連続性確認メッセージ (CCMs) セッションの拡張を有効にする必要があります。CCM セッションの拡張を有効にするには、ビジネス継続性のチェックメッセージのインライン送信を有効にします。連続性のインライン送信の詳細については、「連続性のインライン転送を有効にする」を参照してください。最大の拡張については、メッセージを確認してください。CCM と PM のサポートされているスケーリング値を表示するには、サポートされているインライン CCM とインライン Pm 拡張値を参照してください。

パフォーマンス監視のインラインモードは、フレーム遅延測定 (双方向の遅延測定) および合成損失測定 (SLM) セッションの事前対応モードでのみサポートされています。反復子プロファイル (CFM) を使用して設定されたパフォーマンス監視機能は、事前対応型のパフォーマンス監視と呼ばれています。LM (サービスフレーム) を使用したフレーム損失測定のためのパフォーマンス監視のインラインモードはサポートされていません。

注:

MPC3E (MX-MPC3E-3D) および MPC4E (MPC4E-32 x GE-SFPP and MPC4E-3D-2CGE) は、インラインモードのパフォーマンス監視をサポートしていません。パフォーマンス監視のためのインラインモードが設定されている場合、ユーザー定義データ TLV はサポートされません。また、PM セッションごとに12個の履歴レコードのみがサポートされています。

パフォーマンス監視セッションを構成する前に、既存のパフォーマンス監視セッションに影響を与える可能性があることを示すために、インラインモードのパフォーマンス監視を有効にすることをお勧めします。

パフォーマンス監視のインラインモードを有効にするには、次の手順に従います。

  1. 設定モードでは、 [edit chassis]階層レベルに移動して、ルーターのネットワークサービスモードを設定します。ルーターのネットワークサービスモードは、強化されたenhanced ip接続障害管理 (CFM) モードを有効にするように設定する必要があります。
    注:

    ネットワーク サービス モードが無効で、拡張 CFM が有効になっている場合は、次の enhanced-ip 警告メッセージが表示されます。[edit protocols oam ethernet] 'connectivity-fault-management' enhanced ip is not effective please configure enhanced ip and give router reboot

  2. 設定モードで、 [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management]階層レベルに移動して、[ enhanced-cfm-mode ] オプションを使用して拡張接続障害管理モードを有効にします。
  3. 設定モードで、 [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management performance-monitoring]階層レベルに移動します。enhanced-sla-iteratorオプションを使用して拡張反復子プロファイルを設定し、 measurement-intervalオプションを使用して測定間隔を指定します。
  4. インラインのパフォーマンス監視を有効にします。
    注:

    hardware-assisted-pmコマンドを使用すると、サービス oam パフォーマンス監視セッションの発信者および応答側の両方に対して、インラインモードでパフォーマンス監視を有効にできます。

  5. ナCcms のインライン伝送が自動的に有効にならない場合、拡張を可能にするために CCMs のインライン転送を有効にします。
    注:

    CCMs のインラインのパフォーマンス監視とインライン送信が有効になっている場合は、より優れた拡張を実現できます。

  6. 構成をコミットします。

サポートされているインライン CCM およびインライン PM 拡張値

このトピックでは、パフォーマンスの監視と、連続性の確認メッセージのインライン送信のためのインラインモードの拡張値を示します。スケール値は、さまざまなサイクル時間間隔値に基づいています。各表には、、、およびhardware-assisted-keepalivesenhanced-cfm-modehardware-assisted-pmオプションを使用して、インライン CCM、拡張 CFM、および拡張 PM を構成するときに、ラインカードおよびシャーシあたりの接続障害管理 (CFM) セッションとパフォーマンス監視 (pm) セッションの最大数が表示されます。

注:

スケーリング値はシステム内の他のプロトコルからの負荷を考慮しないため、ラインカードやシャーシの実際に実現されるスケーリング値は、システムの他のプロトコル構成や拡張によって異なります。CFM の DDoS を設定することをお勧めします。ラインカードの CPU に送信される CFM パケットの数を3000に制限します。パケット数を制限することで、CPU はさまざまな CFM プロトコルイベントの CFM 構成を拡張できます。

表 1は、CCM interval と PM 間隔をどちらも1秒として設定した場合に、ラインカードおよびシャーシあたりの接続障害管理 (CFM) セッションとパフォーマンス監視 (PM) セッションの最大数を示しています。

表 1: CFM と PM の拡張値 (CCM Interval: 1秒と PM 間隔: 1秒)

CFM ラインカードのスケール

PM ラインカードのスケール

CFM シャーシの拡張性

PM シャーシ規模

4000

4500

16000

16000

6000

3750

16000

16000

7000

3375

16000

16000

8000

3000

16000

16000

表 2は、CCM インターバルを1秒、PM インターバルを100ミリ秒に設定した場合に、ラインカードおよびシャーシあたりの接続障害管理 (CFM) セッションとパフォーマンス監視 (PM) セッションの最大数を示しています。

表 2: CFM と PM の拡張値 (CCM Interval: 1秒と PM 間隔: 100ミリ秒)

CFM ラインカードのスケール

PM ラインカードのスケール

CFM シャーシの拡張性

PM シャーシ規模

4000

450

12000

4000

6000

375

12000

4000

7000

337

12000

4000

8000

300

12000

4000

表 3CCM インターバルを100ミリ秒として設定したときに、ラインカードとシャーシあたりの接続障害管理 (CFM) セッションとパフォーマンスモニタリング (PM) セッションの最大数を示します。

表 3: CFM と PM の拡張値 (CCM Interval: 100 ms および PM 間隔: 1秒)

CFM ラインカードのスケール

PM ラインカードのスケール

CFM シャーシの拡張性

PM シャーシ規模

4000

3000

8000

6000

3000

3750

8000

6000

2000

4500

8000

6000

1000

4500

8000

6000

表 4CCM インターバルと PM インターバルの両方を100ミリ秒として設定した場合に、ラインカードおよびシャーシあたりの接続障害管理 (CFM) セッションとパフォーマンスモニタリング (PM) セッション数の最大値を表示します。

表 4: CFM と PM の拡張値 (CCM Interval: 100 ms および PM 間隔: 100ミリ秒)

CFM ラインカードのスケール

PM ラインカードのスケール

CFM シャーシの拡張性

PM シャーシ規模

4000

300

8000

3000

3000

375

8000

3000

2000

450

8000

3000

1000

450

8000

3000