Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

継続性チェック メッセージの設定

Junos OS は、キャリア イーサネット サービスのイーサネット ドメインで障害が発生した場合に、保護スイッチングとコンバージェンスを迅速に実行するための機能強化を提供します。これらの機能強化は、イーサネット ドメイン内の CE デバイスが迅速なサービス障害を検出し、その情報を CCM(継続性チェック メッセージ)のインターフェイス ステータス TLV に伝達する場合に使用できます。CCM を受信すると、PE デバイスは特定のアクションを実行して、保護スイッチングとコンバージェンスを迅速に実行できます。このトピックで説明する情報を使用して、CCM を設定して拡張性を高めることができます。

ポイントツーポイント ネットワーク トポロジー向けの高速保護スイッチングの設定

アクション プロファイルを適用して、ローカル スイッチングを設定したポイントツーポイント ネットワーク トポロジーの保護スイッチングを迅速に提供できます。通常の状態では、CCM セッションはワーキング インターフェイスと保護インターフェイスで設定されます。送信される CCM パケットには、ワーキング インターフェイスの値がアップし、保護インターフェイスの値がダウンしたインターフェイス ステータス TLV が含まれています。ワーキング インターフェイスでリンクに障害が発生すると、保護インターフェイスはインターフェイスステータス TLV をアップとして受信し始めます。プロファイル設定では、保護インターフェイスで受信したインターフェイス ステータス TLV が稼働している場合、ワーキング インターフェイスは自動的 interface-downに .

ダウン イベントを interface-status-tlv 設定するには、階層レベルで interface-status-tlv down ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name event] 含めます。

アクション プロファイルのアクションとして構成 interface-down するには、階層レベルで interface-down ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name action] 含めます。

ピア インターフェイスをクリア アクションとして設定するには、階層レベルにピア インターフェイス[edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name clear-action]含めます。

このアクション プロファイル設定では、インターフェイス ステータス TLV がアップとして受信されると、 ピア インターフェイス はダウンとしてマークされます。

ピア インターフェイスはステートメントでprotect-maintenance-association設定されます。設定でステートメントを使用する次の protect-maintenance-association 例を考えてみましょう。

デュアルホーム マルチポイントツーマルチポイント ネットワーク トポロジーの迅速なコンバージェンスの設定

アクション プロファイルを適用して、デュアルホーム マルチポイントツーマルチポイント ネットワーク トポロジーのコンバージェンスを迅速に実現できます。マルチポイントツーマルチポイント イーサネット サービスが MAC ベースの転送を使用し、学習テーブルに古い MAC アドレスが存在する場合、データが意図した受信者に到達しなかったことをソースに通知することなく、受信トラフィックが通知なく破棄されるネットワーク内のトラフィック ブラック ホールが発生する可能性があります。プロファイル設定では、保護インターフェイスで受信したインターフェイスステータスTLVが稼働中のインターフェイスステータスTLVがダウンとしてマークされ、保護インターフェイスのPEデバイスはTLDP-MAC-FLUSHを使用して、仮想プライベートLANサービス(VPLS)内のPEデバイスにリモートMACフラッシュメッセージを伝達します。MAC フラッシュは、古い mac-db エントリーが原因で null ルート フィルタリングを回避します。

ダウン イベントを interface-status-tlv 設定するには、階層レベルで interface-status-tlv down ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name event] 含めます。

アクション プロファイルのアクションとして構成 propagate-remote-flush するには、階層レベルで propagate-remote-flush ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name action] 含めます。

クリアアクションとして設定 propagate-remote-flush するには、階層レベルで propagate-remote-flush ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name clear-action] 含めます。

このアクション プロファイル設定では、受信した CCM パケットに値がダウンしたインターフェイス ステータス TLV が含まれている場合、 propagate-remote-mac-flush アクション プロファイルに対してアクションがトリガーされます。

柔軟性を高めるプライマリVLAN IDの設定

メンテナンスアソシエーションにプライマリ仮想LAN(VLAN)IDを割り当てることで、タグ数の柔軟性を高めることができます。インターフェイス上またはvlan-rangevlan-id-listインターフェイス上で設定されている場合、サービス OAM は VLAN のいずれかで実行する必要があります。サービス監視用に割り当てられた VLAN は、プライマリ VLAN と見なされます。a primary-vid が設定されていない場合、Junos OS は or からvlan-rangevlan-id-list最初の VLAN を割り当てます。以前のリリースでは、Junos OS は VLAN 4095 を割り当てていました。

プライマリ VLAN ID を設定するには、階層レベルでステートメントを[edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name]指定primary-vidします。

異なる ID を受け入れるリモート保守アソシエーションの構成

ステートメントを含めて、ネイバーから別のメンテナンスアソシエーション識別子(ID)を受け入れるメンテナンスアソシエーションを remote-maintenance-association 設定できます。802.1ag CCMセッションでは、ネイバーと同じメンテナンスアソシエーション識別子が必要です。メンテナンスアソシエーション識別子が一致しない場合、PDUはエラーPDUとしてマークされます。ステートメントが remote-maintenance-association 設定されている場合、別の保守アソシエーション識別子が受け入れられ、保守アソシエーション名がステートメントで remote-maintenance-association 指定された名前と同じ場合、802.1ag CCM セッションは CCMPDU をエラーPDUとしてマークしません。

リモート保守アソシエーションを構成するには、ステートメントを remote-maintenance-association 階層レベルに [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name] 含めます。

この設定を使用すると、固定保守アソシエーション識別子設定をサポートするローエンド CE デバイスとの CCM の相互運用性が向上します。