Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

連続性チェックメッセージの設定

Junos OS は、キャリアイーサネットサービスのイーサネットドメインで障害が発生した場合に、より迅速な保護を提供し、スイッチングとコンバージェンスを強化します。これらの機能強化は、イーサネットドメイン内のデバイス CE より迅速なサービス障害を検知し、ビジネス継続性チェックメッセージ (CCMs) のインターフェイスステータス TLV で情報を伝達する場合に使用できます。CCMs を受信すると、PE デバイスは、より迅速な防御とコンバージェンスを促進する特定のアクションを実行できます。このトピックに記載されている情報を使用して、より優れた拡張性を備えた CCM を構成できます。

ポイントツーポイントのネットワークトポロジのためのより迅速な保護スイッチングの構成

アクションプロファイルを適用することで、ローカルスイッチングを設定して、ポイントツーポイントネットワークトポロジーの保護をより迅速に切り替えることができます。通常の状態では、CCM セッションは動作し、保護するインターフェイスに設定されています。送信された CCM パケットには、インターフェイスステータス TLV が含まれており、動作しているインターフェイスの上に値がアップし、その防御インターフェイスでは値が低下します。ワーキングインターフェイスでリンクに障害が発生すると、保護インターフェイスはインターフェイスステータス TLV を up として受信し始めます。プロファイル設定では、保護インターフェイスで受信したインターフェイス ステータス TLV がオンの場合、ワーキング インターフェイスは自動的に としてマークされます interface-down

down イベント interface-status-tlv を設定するには、 階層レベル interface-status-tlv down に ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name event] 含める必要があります。

アクション プロファイル interface-down のアクションとして設定するには、 ステートメントを階層レベル interface-down[edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name action] 含てます。

ピア インターフェイス を clear-action として設定するには、階層レベルに ピア インターフェイスを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name clear-action] 含める必要があります。

このアクション プロファイル設定では、インターフェイス ステータス TLV がアップとして受信された場合、ピア インターフェイスはダウンとしてマークされます。

ピア インターフェイスは ステートメントで設定 protect-maintenance-association されています。次の例では、 protect-maintenance-association構成内のステートメントを使用していることを検討してください。

デュアルホームのマルチポイント・ツー・マルチポイント・ネットワーク・トポロジーに対応する迅速なコンバージェンスの構成

アクションプロファイルを適用して、デュアルホームのマルチポイントツーマルチポイントネットワークトポロジーのコンバージェンスをより迅速に行うことができます。マルチポイント間のイーサネットサービスが MAC ベースの転送と古い MAC アドレスを学習テーブルに使用している場合、その結果として、ネットワークにおいてトラフィックをブラックホールとします。これにより、受信トラフィックが通知されずに、送信元に通知しません。データは目的の受信者に配信されませんでした。プロファイル構成では、プロテクトインターフェイスで受信したインターフェイスステータス TLV が稼働している場合、ワーキングインターフェイス上のインターフェイスステータス TLV は停止とマークされ、保護インターフェイスの PE デバイスはリモート MAC フラッシュメッセージを PE に反映します。TLDP-MAC-FLUSH を使用して、仮想プライベート LAN サービス (VPLS) にあるデバイスです。MAC フラッシュは、mac-db エントリーの停滞により、null ルート フィルタリングを回避します。

down イベント interface-status-tlv を設定するには、 階層レベル interface-status-tlv down に ステートメントを [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name event] 含める必要があります。

アクション プロファイル propagate-remote-flush のアクションとして設定するには、 ステートメントを階層レベル propagate-remote-flush[edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name action] 含てます。

propagate-remote-flushclear-action として設定するには、ステートメント propagate-remote-flush を階層レベルに [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management action-profile profile-name clear-action] 含てます。

このアクション プロファイル設定では、受信した CCM パケットに値ダウンしたインターフェース ステータス TLV が含まれている場合、アクション プロファイルに対してアクションが propagate-remote-mac-flush トリガーされます。

プライマリ VLAN ID を構成して柔軟性を高める

保守の関連付けにプライマリ仮想 LAN (VLAN) ID を割り当てることで、タグ数の柔軟性を高めることができます。インターフェイス上でまたは設定されている場合、サービス OAM は 1 つの vlan-rangevlan-id-list VLAN で実行する必要があります。サービス監視用に割り当てられた VLAN は、プライマリ VLAN と見なされます。a が primary-vid 設定されていない場合は、 または Junos OS の最初の VLAN を割り当 vlan-range てる必要があります vlan-id-list 。以前のリリースでは、Junos OS に VLAN 4095 が割り当てられていました。

プライマリ VLAN ID を構成するには、次のprimary-vidように[edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name]階層レベルでステートメントを指定できます。

別の ID を受け入れるようにリモート保守関連付けを構成する

管理の関連付けを設定して、ステートメントをremote-maintenance-associationインクルードすることで、近隣からの別の保守関連付け識別子 (ID) を受け入れることができます。802.1 ag CCM セッションでは、その近隣の同じ保守関連付け識別子が求められています。保守関連の識別子が一致しない場合、Pdu はエラー Pdu としてマークされます。remote-maintenance-association文が設定されている場合、別の保守関連識別子が受け入れられ、802.1 ag CCM セッションでは、メンテナンス・アソシエーション名がremote-maintenance-association文で指定された名前と同じである場合に、CCM pdu がエラー pdu としてマークされません。

リモート保守アソシエーションを構成するには、 remote-maintenance-association以下のステートメント[edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name]を階層レベルに含めます。

この構成を使用すると、CCMs の場合、固定保守アソシエーション識別子構成をサポートするローエンド CE デバイスを使用した場合の相互運用性が向上します。