Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページで
 

例:シャーシ クラスタ冗長グループ IP アドレス監視の設定

この例では、シャーシクラスター内のSRXシリーズファイアウォールの冗長グループIPアドレス監視を設定する方法を示します。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

冗長性グループを構成して、クラスター内のいずれかのノード上の冗長イーサネットインターフェイスを介して到達可能な特定のIPアドレスにpingを実行することで、アップストリームのリソースを監視できます。冗長性グループのグローバルしきい値、重み、再試行間隔、および再試行回数パラメータを設定することもできます。監視対象IPアドレスが到達不能になると、その監視対象IPアドレスの重みが冗長グループIPアドレス監視グローバルしきい値から差し引かれます。グローバルしきい値が 0 に達すると、グローバル重みが冗長性グループのしきい値から差し引かれます。再試行間隔は、冗長性グループによって監視される各 IP アドレスの ping 間隔を決定します。設定がコミットされるとすぐにpingが送信されます。再試行回数は、冗長グループによって監視される各 IP アドレスに対して許容される連続 ping 失敗の数を設定します。

この例では、冗長グループ 1 に対して以下の設定を行います。

  • 監視する IP アドレス—10.1.1.10

  • IP アドレス監視グローバル重み - 100

  • IP アドレス監視グローバルしきい値—200

    しきい値は、冗長性グループによって監視されるすべての IP アドレスに累積的に適用されます。

  • IP アドレス再試行間隔 - 3 秒

  • IP アドレス再試行回数:10

  • 重量 - 100

  • 冗長イーサネットインターフェイス—reth1.0

  • セカンダリ IP アドレス—10.1.1.101

設定

手順

CLIクイック構成

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致させる必要がある詳細情報を変更し、コマンドを [edit] 階層レベルでCLIにコピーアンドペーストして、設定モードから commit を入力します。

ステップバイステップでの手順

冗長グループのIPアドレス監視を設定するには:

  1. グローバル・モニターの重みを指定します。

  2. グローバル監視しきい値を指定します。

  3. 再試行間隔を指定します。

  4. 再試行回数を指定します。

  5. 監視する IP アドレス、重み、冗長イーサネット インターフェイス、およびセカンダリ IP アドレスを指定します。

結果

設定モードから、show chassis cluster redundancy-group 1コマンドを入力して設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

簡潔にするために、このshowコマンド出力には、この例に関連する設定のみ含まれています。システム上のその他の設定はすべて省略記号(...)で置き換えられています。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから commit を入力します。

検証

冗長性グループの監視対象IPアドレスのステータスの確認

目的

冗長性グループの監視対象 IP アドレスのステータスを確認します。

アクション

動作モードからshow chassis cluster ip-monitoring statusコマンドを入力します。特定のグループの詳細については、 コマンドを入力します 。show chassis cluster ip-monitoring status redundancy-group