Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

MPLS の概要

MPLS の概要

マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)は、IPアドレスを使用する代わりに、ラベルを使用してパケットをルーティングするプロトコルです。従来のネットワークでは、各スイッチはIPルーティングルックアップを実行し、ルーティングテーブルに基づいてネクストホップを決定し、そのネクストホップにパケットを転送します。MPLS では、最初のデバイスのみがルーティング ルックアップを行い、ネクスト ホップを見つける代わりに、その宛先へのパスとともに最終的な宛先を見つけます。MPLS パケットのパスは、LSP(ラベルスイッチ パス)と呼ばれます。

MPLS は 1 つ以上のラベルをパケットに適用し、LSP を宛先にたどります。各スイッチはラベルをポップオフし、シーケンス内の次のスイッチ ラベルにパケットを送信します。

Junos OS には、MPLS の設定に必要なものがすべて含まれています。追加のプログラムやプロトコルをインストールする必要はありません。MPLS は、ルーターでサポートされているコマンドのサブセットを持つスイッチでサポートされています。Junos MPLS 設定スイッチは、互いにやり取りでき、Junos MPLS が設定したルーターと通信できます。

MPLS には、従来のパケット転送に比べて以下のメリットがあります。

  • 異なるポートに到着するパケットには、異なるラベルを割り当てることができます。

  • 特定の PE(プロバイダ エッジ)スイッチに到着するパケットには、異なる PE スイッチでネットワークに入る同じパケットとは異なるラベルを割り当てることができます。その結果、イングレス PE スイッチに依存する転送決定を簡単に行うことができます。

  • パケットがネットワークを通過する際に通常の動的ルーティングアルゴリズムによって選択されたルートに従わせるのではなく、ネットワークに入る時点またはその前に明示的に選択された特定のルートをたどるようにパケットを強制することが望ましい場合があります。MPLSでは、ラベルを使用してルートを表し、パケットが明示的なルートのIDを伝送する必要はありません。

このトピックでは、以下について説明します。

MPLS を使用する理由

MPLS は、転送テーブルの代わりにラベルを使用することで、転送テーブルの使用を減らします。スイッチの転送テーブルのサイズはシリコンによって制限されており、宛先デバイスへの転送に正確なマッチングを使用することは、より洗練されたハードウェアを購入するよりも安価です。さらに、MPLS では、ネットワーク上のトラフィックのルーティングの場所と方法を制御できます。これをトラフィック エンジニアリングと呼んでいます。

他のスイッチング ソリューションの代わりに MPLS を使用する理由には、以下のものがあります。

  • MPLS は、互換性のないさまざまな技術を接続できます。サービス プロバイダは---ネットワーク内の異なる自律システムを持つクライアントを接続する際に、この互換性の問題が発生します。さらに、MPLS には Fast Reroute と呼ばれる機能があり、パスに代替バックアップを提供するため、スイッチに障害が発生した場合にネットワークの低下を防ぐことができます。

  • • GRE(汎用ルートカプセル化)や仮想拡張ローカルエリアネットワーク(VXLAN)などの他のIPベースのカプセル化は、トランスポートトンネル用とメタデータ用の1つの階層の2つのレベルのみをサポートします。仮想サーバーを使用すると、複数の階層レベルが必要になります。例えば、トップオブラック(ToR)には1つのラベル、サーバーを識別するエグレスポート用には1つのラベル、仮想サーバーには1つのラベルが必要です。

MPLS を使用しない理由

MPLS 対応ノードを自動検出するプロトコルはありません。MPLSプロトコルは、LSPのラベル値を交換するだけです。LSPは作成されません。

スイッチごとにMPLSメッシュを構築する必要がありますこの繰り返しのプロセスにスクリプトを使用することをお勧めします。

MPLS は、同じルートに対して複数の出口が存在する可能性がある BGP から、最適でないトポロジーを非表示にします。

大規模な LSP は、通過する回線によって制限されます。複数の並列 LSP を作成することで、この問題を回避できます。

MPLS の設定方法

MPLS 用に設定する必要のあるスイッチは 3 種類あります。

  • ラベルエッジルーター/スイッチ(LER)またはMPLSネットワークへのイングレスノード。このスイッチはパケットをカプセル化します。

  • ラベル スイッチング ルーター/スイッチ(LSR)。MPLS ネットワーク内の MPLS パケットを転送する 1 つ以上のスイッチ。

  • エグレス ルーター/スイッチは、パケットが MPLS ネットワークを去る前に最後のラベルを削除する最後の MPLS デバイスです。

サービスプロバイダ(SP)は、ラベルスイッチングのみを行うバックボーンルーター/スイッチにプロバイダールーター(P)という用語を使用します。SP の顧客対応ルーターは、PE(プロバイダ エッジ ルーター)と呼ばれます。各顧客は PE と通信するためにカスタマー エッジ ルーター(CE)を必要とします。顧客対応ルーターは通常、パケットが CE に転送される前に IP アドレス、L3VPN、L2VPN/pseudowire、VPLS を終端できます。

MPLS LER(イングレス)スイッチとエグレス スイッチを設定する

MPLSを設定するには、まずイングレスルーターとエグレスルーターに1つ以上の名前付きパスを作成する必要があります。パスごとに、パス内の一部またはすべてのトランジットルーターを指定するか、空のままにすることができます。LSPのイングレスおよびエグレスルーターアドレスの設定とイングレスルーターとエグレスルーター間の接続の設定を参照してください。

MPLS の LSR を設定する

以下の手順で、1 つ以上の MPLS LSR を設定します。

  1. 各スイッチのインターフェイスを設定し、MPLSを付加した通常のインターフェイスコマンドを使用して、MPLSパケットを送受信します。例えば、

  2. [edit protocols mpls]に同じインターフェイスを追加します。例えば、

  3. 各スイッチのインターフェイスを設定して、プロトコルでMPLSラベルを処理します。例えば、LDPの場合:

    これらの構成のデモについては、https://www.youtube.com/watch?v=xegWBCUJ4tE をご覧ください。

MPLS プロトコルの機能

MPLS(Multiprotocol Label Switching)は、インターネット技術タスクフォース(IETF)に指定されたフレームワークで、ネットワークを通過するトラフィックフローの指定、ルーティング、転送、スイッチングを提供します。さらに、MPLS:

  • ハードウェア、マシン、アプリケーション間のフローなど、さまざまな粒度のトラフィック フローを管理するメカニズムを指定します。

  • レイヤー 2 およびレイヤー 3 プロトコルとは独立しています。

  • IP アドレスを、さまざまなパケット転送技術やパケット スイッチング技術で使用されるシンプルな固定長ラベルにマッピングする方法を提供します。

  • リソース ReSerVation Protocol(RSVP)や Open Shortest PathFirst(OSPF)などの既存のルーティング プロトコルへのインターフェイス。

  • IP、ATM、フレーム リレー レイヤー 2 プロトコルをサポートします。

  • 以下の追加技術を使用します。

    • FRR: MPLS Fast Reroute は、事前に代替 LSP をマッピングすることで、障害発生時のコンバージェンスを改善します。

    • リンク保護/ネクストホップバックアップ: 考えられるリンク障害ごとにバイパスLSPが作成されます。

    • ノード保護/ネクストホップ バックアップ: 考えられるスイッチ(ノード)の障害ごとにバイパスLSPが作成されます。

    • VPLS: MPLS上でイーサネットマルチポイントスイッチングサービスを作成し、L2スイッチの機能をエミュレートします。

    • L3VPN: IP ベースの VPN を使用しているお客様は、個々の仮想ルーティング ドメインを取得します。

MPLS インターフェイスを他のプロトコルに適用する方法

MPLS で動作するプロトコルには、以下のものがあります。

  • RSVP-TE: リソース予約プロトコル - トラフィック制御はLSPの帯域幅を確保します。

  • LDP:ラベル配布プロトコルは、MPLSパケットの配信に使用されるデファクトプロトコルであり、通常、RSVP-TE内でトンネリングするように設定されています。

  • Igp:内部ゲートウェイプロトコルは、ルーティングプロトコルです。エッジルーター(PEルーター)は、BGPを相互に実行して、外部(顧客)プレフィックスを交換します。エッジおよびコア(P)ルーターは、IGP(通常はOSPFまたはIS-IS)を実行して、BGPネクストホップへの最適なパスを見つけます。PルーターとPEルーターは、LDPを使用して既知のIPプレフィックス(BGPネクストホップを含む)のラベルを交換します。LDP は、ネットワーク コア全体でエンドツーエンド LSP を間接的に構築します。

  • Bgp:境界ゲートウェイプロトコル(BGP)では、ポート179のトランスポートプロトコルとしてTCPを使用して接続を確立し、ポリシーベースのルーティングを実行できます。Junos OS ルーティング プロトコル ソフトウェアには、BGP バージョン 4 が含まれています。BGPを設定---MPLSとLDP/RSVPでインターフェイスを設定すると、ラベルとパケットを送信する機能が確立されます。BGP は、パケットが受信するルートを自動的に決定します。

  • OSPF と ISIS: これらのプロトコルは、MPLS PE と CE 間のルーティングに使用されます。Open Shortest Path First(OSPF)は、おそらく大企業ネットワークで最も広く使用されている内部ゲートウェイプロトコル(IGP)です。IS-ISは、もう1つのリンクステート動的ルーティングプロトコルであり、大規模なサービスプロバイダネットワークでより一般的です。顧客に対して L3VPN を実行していると仮定すると、PE と CE の間の SP エッジで、プラットフォームがサポートする任意のプロトコルを VRF 対応インスタンスとして実行できます。

Cisco MPLS を使用したことがある場合、何を知る必要がありますか?

Cisco Networks とジュニパーネットワークスは、異なる MPLS 用語を使用しています。

Cisco の呼び出し:

ジュニパー通話:

親和 性

管理者グループ

自動ルートがアナウンス

TE ショートカット

転送隣接関係

LSPアドバタイズ

トンネル

Lsp

事前対応

適応

アプリケーション ウィンドウ

間隔の調整

共有リスク リンク グループ

フェイトシェアリング

受信 MPLS パケットの TTL 処理

上の 図 1 フロー チャートは、受信 MPLS パケットの TTL 処理を示しています。トランジット LSR またはエグレス LER では、MPLS は 1 つ以上のラベルをポップし、1 つまたは複数のラベルをプッシュできます。パケットの受信TTLは、設定されたTTL処理トンネルモデルによって決定されます。

以下の条件がすべて満たされた場合、受信TTLは、即時の内部ヘッダーにあるTTL値に設定されます。

  • 外部ラベルは、スワップされるのではなく、ポップされます。

  • TTL 処理モデルは、

  • 内部ヘッダーは MPLS または IP です。

これらの条件のいずれかが満たされていない場合、受信TTLは最も外側のラベルにあるTTL値に設定されます。いずれの場合も、それ以降の内側ラベルのTTL値は無視されます。

MPLSがポップすべきラベルをすべてポップした後にIPパケットが公開されると、MPLSはTTLチェックを含むさらなる処理のためにパケットをIPに渡します。TTL処理の統一トンネルモデルが有効な場合、MPLSはIPパケットのTTL値を設定したばかりの受信TTL値に設定します。言い換えると、TTL値は最も外側のラベルからIPパケットにコピーされます。TTL 処理のパイプ モデルが有効な場合、IP ヘッダーの TTL 値は変更されません。

IPパケットがラベルポッピングによって公開されない場合、MPLSはTTL検証を実行します。受信 TTL が 2 未満の場合、パケットはドロップされます。最も内側のパケットが IP の場合、ICMP パケットが構築されて送信されます。TTLが期限切れではなく、パケットを送信する必要がある場合、発信TTLは発信MPLSパケットのルールによって決定されます。

図 1: 受信 MPLS パケットの TTL 処理受信 MPLS パケットの TTL 処理

ACXシリーズユニバーサルメトロルーターのMPLS概要

MPLS(Multiprotocol Label Switching)は、ネットワーク パケットに短いラベルを割り当てることによってルーティング テーブルから独立したネットワーク トラフィック パターンを制御するメカニズムを提供します。このメカニズムは、ネットワーク パケットを通して転送する方法を説明します。MPLS は、どのルーティング プロトコルにも依存しません。ユニキャスト パケットに使用できます。ACX シリーズ ルーターでは、以下の MPLS 機能がサポートされています。

  • ラベルスイッチパケットを処理し、ラベルに基づいてパケットを転送するためのラベル スイッチングルーター (LSR)の設定。

  • IPパケットがMPLSパケット内でカプセル化され、MPLSドメインに転送されるイングレスラベルエッジルーター(LER)の設定、およびMPLSパケットがカプセル化解除され、MPLSパケットに含まれるIPパケットがIP転送テーブルの情報を使用して転送されるエグレスLERとして設定されます。LER での MPLS の設定は、LSR の設定と同じです。

  • MPLS ネットワークでさまざまなタイプの可視性を提供する、統一されたパイプ モードの設定。一様モードでは、ラベルスイッチパス(LSP)が通過するすべてのノードがLSPトンネル外のノードに表示されます。ユニフォーム モードがデフォルトです。パイプモードでは、LSPトンネル外のノードにLSPイングレスポイントとエグレスポイントのみを表示します。パイプモードは回線のように機能し、LSPのパスにある各ルーターの[edit protocols mpls]階層レベルでグローバルno-propagate-ttlステートメントで有効にする必要があります。ステートメントは no-propagate-ttl 、ルーターレベルでTTL(Time-to-live)伝送を無効にし、すべてのRSVP信号またはLDP信号化LSPに影響を与えます。TTL伝搬のグローバル設定のみがサポートされています。

  • 通常のパケット フローからパケット転送エンジンを通過して処理されない IP パケットの例外パケット処理。以下のタイプの例外パケット処理がサポートされています。

    • ルーターアラート

    • TTL(Time-to-Live)の有効期限値

    • 仮想回線接続検証(RJV)

  • 現在のアクティブなパス上のダウンストリームルーターが接続の問題を示す場合、ホットスタンバイ状態でパスを維持し、セカンダリパスへの迅速なカットを可能にするセカンダリパス設定用のLSPホットスタンバイ。

  • 高速リルートの設定によるラベルスイッチパス(LSP)パスの冗長性。

  • あるルーターから別のルーターに特定のインターフェイスを通過するトラフィックが、このインターフェイスに障害が発生した場合でも、宛先に到達し続けられるようにするためのリンク保護の設定。

EX シリーズ スイッチ向け MPLS の概要

ジュニパーネットワークス EX シリーズ イーサネット スイッチで Junos OS MPLS を設定して、ネットワークのトランスポート効率を高めることができます。MPLSサービスを使用して、さまざまなサイトをバックボーンネットワークに接続し、VoIP(ボイスオーバーIP)やその他のビジネスクリティカルな機能などの低レイテンシアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。

注:

EX シリーズ スイッチの MPLS 設定は、MPLS および MPLS ベースの回線クロスコネクト(CCC)をサポートする他のジュニパーネットワークス デバイスの設定と互換性があります。スイッチで利用可能なMPLS機能は、使用しているスイッチによって異なります。EX シリーズ スイッチのソフトウェア機能については、 機能エクスプローラーを参照してください。

注:

スイッチの MPLS 設定はサポートしていません。

  • Q-in-Q トンネリング

このトピックでは、以下について説明します。

MPLS のメリット

MPLS には、従来のパケット転送に比べて以下のメリットがあります。

  • 異なるポートに到着するパケットには、異なるラベルを割り当てることができます。

  • 特定の PE(プロバイダ エッジ)スイッチに到着するパケットには、異なる PE スイッチでネットワークに入る同じパケットとは異なるラベルを割り当てることができます。その結果、イングレス PE スイッチに依存する転送決定を簡単に行うことができます。

  • パケットがネットワークを通過する際に通常の動的ルーティングアルゴリズムによって選択されたルートに従わせるのではなく、ネットワークに入る時点またはその前に明示的に選択された特定のルートをたどるようにパケットを強制することが望ましい場合があります。MPLSでは、ラベルを使用してルートを表し、パケットが明示的なルートのIDを伝送する必要はありません。

MPLS とトラフィック エンジニアリングのその他のメリット

MPLSは、Junos OSトラフィック制御アーキテクチャのパケット転送コンポーネントです。トラフィックエンジニアリングは、以下の機能を提供します。

  • ネットワーク内の既知のボトルネックや輻輳ポイントを回避するプライマリ パスをルーティングします。

  • プライマリパスが単一または複数の障害に直面した場合のトラフィックの再ルーティング方法を正確に制御します。

  • ネットワークの特定のサブセットが過剰利用されず、潜在的な代替パスに沿った他のサブセットが過小利用されるようにすることで、利用可能な集約帯域幅と長距離ファイバーを効率的に使用できるようにします。

  • 運用効率を最大限に高めます。

  • パケットロスの最小化、長時間の輻輳の最小化、スループットの最大化により、ネットワークのトラフィック指向のパフォーマンス特性を強化します。

  • マルチサービス インターネットのサポートに必要なネットワークのパフォーマンス特性(損失率、遅延変動、転送遅延など)を統計的に束縛して強化します。

QFX シリーズおよび EX4600 スイッチでの MPLS 機能サポート

このトピックでは、QFX シリーズ、EX4600、EX4650 スイッチでサポートされる MPLS 機能について説明します。QFX シリーズおよび EX4600 スイッチの MPLS 制限で、このサポートの例外がないか確認してください。スイッチにサポートされていないステートメントを設定しても、その動作には影響しません。

注:

EX4600およびEX4650スイッチは、QFX5100スイッチと同じチップセットを使用しています。EXシリーズスイッチとQFXシリーズスイッチが含まれているのはそのためです。他の EX シリーズ スイッチも MPLS をサポートしていますが、機能セットは異なります。

サポートされている機能

このセクションの表は、QFX シリーズ、EX4600、EX4650 スイッチ、および導入された Junos OS リリースでサポートされている MPLS 機能を示しています。 表 1 は、QFX10000 スイッチの機能を示しています。 表 2 は、QFX3500、QFX5100、QFX5120、QFX5110、QFX5200、QFX5210 スイッチの機能を示しています。表 3 EX4600およびEX4650スイッチの機能を示しています。

表 1: QFX10000 MPLS 機能

特長

QFX10002

QFX10008

QFX10016

MPLS PE(プロバイダ エッジ)スイッチまたはプロバイダー スイッチとしての QFX10000 スタンドアロン スイッチ

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

ラベル エッジ ルーター(LER)

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

ラベルスイッチング ルーター(LSR)

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

BGP MPLS イーサネット VPN(EVPN)

17.4R1

17.4R1

17.4R1

BGP ルート リフレクタ

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

自動帯域幅と動的ラベルスイッチパス(LSP)カウントサイズ

15.1X53-D60

15.1X53-D60, 17.2R1

15.1X53-D60、17.2R1

BGP ラベル付きユニキャスト

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

BGP リンク状態の配信

17.1R1

17.1R1

17.1R1

キャリアオブキャリアとプロバイダ間 レイヤー3 VPN

17.1R1

17.1R1

17.1R1

エントロピーラベル

17.2R1

17.2R1

17.2R1

Ethernet-over-MPLS (L2 回線)

15.1X53-D60

15.1X53-D60

15.1X53-D60

高速再ルート、1対1のローカル保護、多対1のローカル保護

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

迂回路とセカンダリLSPを使用した高速再ルート

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

柔軟なイーサネット サービス

17.3R1

17.3R1

17.3R1

ファイアウォール フィルター

15.1X53-D30

15.1X53-D30

15.1X53-D60

OSPF の RSVP グレースフル リスタート

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

IP-over-MPLS LSP(静的リンクと動的リンクの両方)

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

IPv4 ネットワーク(6PE)を介した IPv6 トンネリング

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

RSVP 上の LDP トンネリング

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

集合型インターフェイス上の L2 回線

17.3R1

17.3R1

17.3R1

IPv4 と IPv6 の両方の L3VPN

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

MPLS over Integrated Bridging and Routing(IRB)インターフェイス

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

MPLS over UDP

18.3R1

18.3R1

18.3R1

RSVP における MTU シグナリング

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

運用、管理、保守(OAM)(ping、traceroute、BFD(Bidirectional Forwarding Detection)を含む)

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

OSPF TE

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

IGP(内部ゲートウェイ プロトコル)としての OSPFv2

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

RSVP-TE のパス計算要素プロトコル

16.3R1

16.3R1

16.3R1

Pseudowire-over-aggregated Ethernet Interface(コアに面したインターフェイス)

15.1X53-D60(ネットワーク間(NNI)インターフェイスでのみサポート)

15.1X53-D60(NNIインターフェイスでのみサポート)

15.1X53-D60(NNIインターフェイスでのみサポート)

帯域幅割り当てとトラフィック制御を含むRSVPサポート

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

リンク保護、ノードリンク保護、迂回を使用した高速リルート、およびセカンダリLSPを含むRSVP高速リルート(FRR)

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

SNMP MIB サポート

15.1X53-D10

15.1X54-D30

15.1X53-D60

静的および動的LSP

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

トラフィックエンジニアリング拡張(OSPF-TE、IS-IS-TE)

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

トラフィックエンジニアリング(TE)

自動帯域幅割り当てと RSVP 帯域幅

イングレス LSP 分割とマージを使用した動的帯域幅管理

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

VRF(仮想ルーティングおよび転送)ラベルのサポート

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D60

表 2: QFX3500、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210 MPLS 機能

特長

QFX3500

QFX5100

QFX5110

QFX5120

QFX5200

QFX5210

MPLS PE(プロバイダ エッジ)スイッチまたはプロバイダー スイッチとしての QFX シリーズ スタンドアロン スイッチ

12.2X50-D10

13.2X51-D15

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

ラベル エッジ ルーター(LER)

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

ラベルスイッチング ルーター(LSR)

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

LSP での自動帯域幅割り当て

サポートされていません

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

BGP ラベル付きユニキャスト

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

BGP リンク状態の配信

サポートされていません

17.1R1

17.1R1

18.3R1

17.1R1

18.1R1

BGP ルート リフレクタ

15.1X53-D10

15.1X53-D30

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

キャリアツーキャリアおよびプロバイダ間の BGP レイヤー 3 VPN

14.1X53-D15

14.1X53-D15

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

MPLS トラフィックのサービス クラス(CoS または QoS)

12.3X50-D10

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

LSP(動的ラベルスイッチパス)数のサイズ設定: TE++

サポートされていません

17.2R1

VC/VCF 17.2R1

17.2R1

VC/VCF 17.2R1

18.3R1

17.2R1

18.1R1

LSR での等価コスト マルチパス(ECMP):

  • スワップ

  • Php

  • L3VPN

  • L2 回線

サポートされていません

14.1X53-D35(ラベル スタックでのみサポートされます。フローラベル、エントロピーラベル、またはECMPラベルではサポートされていません)

15.1X53-D210(ラベル スタックでのみサポートされます。フローラベル、エントロピーラベル、またはECMPラベルではサポートされていません)

18.3R1(ラベルスタックでのみサポートされています。フローラベル、エントロピーラベル、またはECMPラベルではサポートされていません)

15.1X53-D30

18.1R1

エントロピーラベル

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

Ethernet-over-MPLS (L2回線)

14.1X53-D10

14.1X53-D10

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

高速リルート(FRR)、1対1のローカル保護、多対1のローカル保護

14.1X53-D10

14.1X53-D10

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

迂回路とセカンダリLSPを使用したFRR

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

ファイアウォール フィルター

50-D10 x 12.3

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

FAT(PseudoWire)フローラベルのフロー認識型トランスポート

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

OSPF の RSVP グレースフル リスタート

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

トラフィックエンジニアリング拡張(OSPF-TE、IS-IS-TE)

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

IP-over-MPLS LSP(静的リンクと動的リンクの両方)

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

MPLS IPv4 ネットワーク上の IPv6 トンネリング(6PE)

50-D10 x 12.3

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

MPLS コア ネットワーク上の IPv6

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

サポートされていません

RSVP 上の LDP トンネリング

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

IPv4 と IPv6 の両方のレイヤー 3 VPN

50-D10 x 12.3

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

ループフリーの代替ルート(LFA)

サポートされていません

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

18.1R1

18.1R1

MPLS over Integrated Bridging and Routing(IRB)インターフェイス

サポートされていません

14.1X53-D40

18.1R1

18.3R1

18.1R1

18.1R1

RSVP における MTU シグナリング

50-D10 x 12.3

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

MPLS ping、traceroute、BFD を含む OAM(運用、管理、保守)

50-D10 x 12.3

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

OSPF TE

50-D10 x 12.3

51-D15 x 13.2

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

内部ゲートウェイ プロトコルとしての OSPFv2

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

RSVP-TE のパス計算要素プロトコル

サポートされていません

17.4R1

17.4R1

18.3R1

17.4R1

18.1R1

Pseudowire-over-aggregated Ethernet Interface(コアに面したインターフェイス)

14.1X53-D10

14.1X53-D15

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

RSVP 自動帯域幅

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

リンク保護、ノードリンク保護、迂回を使用した高速リルート、およびセカンダリLSPを含むRSVP高速リルート(FRR)

14.1X53-D15

14.1X53-D15

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

RSVP-TE 拡張(IS-IS および OSPF)

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

SNMP MIB サポート

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

静的および動的LSP

50-D10 x 12.2

13.2X51-D10

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

LSP での TE(トラフィック制御)自動帯域幅割り当て

13.1X51-D10

51-D10 x 13.1

VC/VCF(13.2X51-D10)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

VRF(仮想ルーティングおよび転送)ラベルのサポート

50-D10 x 12.2

51-D15 x 13.2

VC/VCF(14.1X53-D30)

15.1X53-D210

18.3R1

15.1X53-D30

18.1R1

レイヤー 3 VPN の IRB インターフェイスでの VRF サポート

サポートされていません

17.3R1

17.3R1

18.3R1

17.3R1

18.1R1

表 3: EX4600 および EX4650 MPLS の特長

特長

EX4600

EX4650

MPLS PE(プロバイダ エッジ)スイッチまたはプロバイダー スイッチとしての EX4600 および EX4650 スタンドアロン スイッチ

14.1X53-D15

18.3R1

ラベル エッジ ルーター(LER)

14.1X53-D15

18.3R1

ラベルスイッチング ルーター(LSR)

14.1X53-D15

18.3R1

LSP での自動帯域幅割り当て

サポートされていません

18.3R1

BGP ラベル付きユニキャスト

14.1X53-D15

18.3R1

BGP リンク状態の配信

サポートされていません

18.3R1

BGP ルート リフレクタ

14.1X53-D15

18.3R1

キャリアツーキャリアおよびプロバイダ間の BGP レイヤー 3 VPN

14.1X53-D15

18.3R1

MPLS トラフィックのサービス クラス(CoS または QoS)

14.1X53-D15

18.3R1

LSP(動的ラベルスイッチパス)数のサイズ設定: TE++

サポートされていません

18.3R1

LSR での等価コスト マルチパス(ECMP):

  • スワップ

  • Php

  • L3VPN

  • L2 回線

サポートされていません

18.3R1 (ラベルスタックでのみサポートされています。フローラベル、エントロピーラベル、またはECMPラベルではサポートされていません)

エントロピーラベル

サポートされていません

サポートされていません

Ethernet-over-MPLS (L2回線)

14.1X53-D15

18.3R1

高速リルート(FRR)、1対1のローカル保護、多対1のローカル保護

14.1X53-D15

18.3R1

迂回路とセカンダリLSPを使用したFRR

サポートされていません

サポートされていません

ファイアウォール フィルター

14.1X53-D15

18.3R1

FAT(PseudoWire)フローラベルのフロー認識型トランスポート

サポートされていません

サポートされていません

OSPF の RSVP グレースフル リスタート

13.2X51-D25

18.3R1

トラフィックエンジニアリング拡張(OSPF-TE、IS-IS-TE)

14.1X53-D15

18.3R1

IP-over-MPLS LSP(静的リンクと動的リンクの両方)

14.1X53-D15

18.3R1

MPLS IPv4 ネットワーク上の IPv6 トンネリング(6PE)

14.1X53-D15

18.3R1

MPLS コア ネットワーク上の IPv6

サポートされていません

サポートされていません

RSVP 上の LDP トンネリング

14.1X53-D15

18.3R1

IPv4 と IPv6 の両方のレイヤー 3 VPN

14.1X53-D15

18.3R1

ループフリーの代替ルート(LFA)

サポートされていません

サポートされていません

MPLS over Integrated Bridging and Routing(IRB)インターフェイス

サポートされていません

18.3R1

RSVP における MTU シグナリング

14.1X53-D15

18.3R1

MPLS ping、traceroute、BFD を含む OAM(運用、管理、保守)

14.1X53-D15

18.3R1

OSPF TE

14.1X53-D15

18.3R1

内部ゲートウェイ プロトコルとしての OSPFv2

51-D25 x 13.2

18.3R1

RSVP-TE のパス計算要素プロトコル

サポートされていません

18.3R1

Pseudowire-over-aggregated Ethernet Interface(コアに面したインターフェイス)

14.1X53-D15

18.3R1

RSVP 自動帯域幅

14.1X53-D15

18.3R1

リンク保護、ノードリンク保護、迂回を使用した高速リルート、およびセカンダリLSPを含むRSVP高速リルート(FRR)

14.1X53-D15

18.3R1

RSVP-TE 拡張(IS-IS および OSPF)

14.1X53-D15

18.3R1

SNMP MIB サポート

14.1X53-D15

18.3R1

静的および動的LSP

14.1X53-D15

18.3R1

トラフィック制御(TE)LSP での自動帯域幅割り当て

14.1X53-D15

18.3R1

VRF(仮想ルーティングおよび転送)ラベルのサポート

14.1X53-D15

18.3R1

レイヤー 3 VPN の IRB インターフェイスでの VRF サポート

サポートされていません

18.3R1

QFX シリーズおよび EX4600 スイッチの MPLS の制限

MPLS はルーターに完全に実装されたプロトコルであり、スイッチは MPLS 機能のサブセットをサポートします。ここでは、各スイッチの制限事項を別のセクションに示しますが、その制限の多くは複数のスイッチに適用される重複しています。

QFX10000 スイッチの MPLS の制限

  • エグレス PE(プロバイダ エッジ)スイッチとして導入されたスイッチ上で MPLS ファイアウォール フィルターを設定しても、効果はありません。

  • revert-timer階層レベルで ステートメントを[edit protocols mpls]設定しても、効果はありません。

  • これらのLDP機能は、QFX10000スイッチではサポートされていません。

    • LDP マルチポイント

    • LDP リンク保護

    • LDP双方向転送検出(BFD)

    • LDP運用管理および管理(OAM)

    • LDP マルチキャスト専用高速リルート(MoFRR)

  • UNI 上の Pseudowire-over-aggregated Ethernet インターフェースはサポートされていません。

  • MPLS-over-UDP トンネルは、以下ではサポートされていません。

    • MPLS TTL 伝送

    • トンネルの始点での IP フラグメント化

    • RSVP LSP ラベルの CoS 書き換えルールと優先度伝送(イングレス トンネルのみ)

    • プレーン IPv6

    • マルチキャスト トラフィック

    • トンネルの開始とエンドポイントのファイアウォール フィルター

    • CoS トンネル エンドポイント

    注:

    MPLS-over-UDP トンネルは、対応する RSVP-TE、LDP、または BGP-LU トンネルが宛先ルートで使用できない場合にのみ作成されます。

EX4600、EX4650、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210 スイッチの MPLS 制限

  • MPLS サポートはさまざまなスイッチで異なります。EX4600スイッチは基本的なMPLS機能のみをサポートしますが、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210スイッチは、より高度な機能をサポートしています。詳細については、 QFXシリーズとEX4600スイッチのMPLS機能サポート を参照してください。

  • QFX5100 スイッチでは、MPLS コア上の IRB(統合型ブリッジングおよびルーティング)インターフェイスの設定は、TCAM ルールを使用してスイッチに実装されます。これはスイッチのチップ制限の結果であり、制限された量の TCAM スペースしか許可しません。IRB には 1K TCAM スペースが割り当てられています。複数の IRB が存在する場合は、スイッチ上に十分な TCAM スペースがあることを確認します。TCAM スペースを確認するには、 Junos OS 12.2x50-D20 以降の QFX デバイスでの TCAM フィルター スペースの割り当てと検証を参照してください。

  • (QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210、EX4600)flexible-ethernet-services インターフェイスでカプセル化が設定されておりvlan-bridge 、CE接続された論理インターフェイスでカプセル化が有効になっている場合、同じインターフェイスの異なる論理ユニットでVLAN CCCカプセル化も有効にすると、スイッチはパケットをドロップします。以下の組み合わせのうち 1 つだけを設定でき、両方を構成することはできません。

    または:

  • 集合型イーサネット(AE)インターフェイス上のレイヤー2回線は、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210スイッチではサポートされていません。

  • レイヤー 2 回線ローカル スイッチングは、EX4600、EX4650、QFX5100 スイッチではサポートされていません。

  • EX4600、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210スイッチは、異なるルーティングインスタンスで設定されたループバックフィルターのVRF一致に依存しません。ルーティング インスタンス当たりのループバック フィルター(lo0.100、lo0.103、lo0.105 など)はサポートされないため、予期しない動作が発生する可能性があります。ループバックフィルター(lo0.0)のみをマスタールーティングインスタンスに適用することをお勧めします。

  • EX4600およびEX4650スイッチでは、同じIPアドレスの条件を受け入れ、拒否の両方を持つループバックフィルターが設定されている場合、RSVPパケットに送信元IPまたは宛先IPのいずれかでIPアドレスがある場合、受け入れる条件の優先度が拒否条件よりも高い場合でも、これらのRSVPパケットは破棄されます。設計に従って、スイッチがIPオプション付きのRSVPパケットを受信した場合、パケットはCPUにコピーされ、元のパケットは破棄されます。RSVPパケットはドロップとしてマークされているため、受け入れ条件はこれらのパケットを処理せず、拒否条件はパケットをドロップします。

  • リンク保護された高速再ルートレイヤー 2 回線では、トラフィックコンバージェンス遅延が 200~300 ミリ秒になる場合があります。

  • QFXシリーズスイッチまたはBGPラベル付きルートのルートリフレクタとして導入されたEX4600スイッチ上で、BGPラベル付きユニキャストアドレスファミリー(階層レベルで [edit protocols bgp family inet] ステートメントを使用labeled-unicast)を設定すると、ルートリフレクタでパス選択が行われ、単一の最良のパスがアドバタイズされます。これにより、BGPマルチパス形式が失われます。

  • 標準インターフェイスの高速再ルート(FRR)はサポートされていますが、FRR の include-all および include-any オプションはサポートされていません。高速再ルートの概要を参照してください。

  • FRR は、MPLS over IRB インターフェイスではサポートされていません。

  • MPLS ベースの CCC(回線クロスコネクト)はサポートされていません。回線ベースの疑似配線のみがサポートされています。

  • L2 回線の UNI(ユーザーツーネットワーク インターフェイス)ポートでの LAG(リンク アグリゲーション グループ)の設定はサポートされていません。

  • RSVP とディスカバリーの MTU シグナリングは、制御プレーンでサポートされています。ただし、これはデータ プレーンに適用できません。

  • L2回線ベースの疑似配線では、複数の等コストRSVP LSPがL2回線ネイバーに到達するために利用可能な場合、1つのLSPがランダムに転送に使用されます。この機能を使用して、MPLS コアでトラフィックをロードシェアする特定の L2 回線トラフィックに LSP を指定します。

  • エグレス PE(プロバイダ エッジ)スイッチとして導入されたスイッチ上で MPLS ファイアウォール フィルターを設定しても、効果はありません。

  • family mpls ファイアウォールフィルターとポリサーは、MPLSネットワークで純粋なラベルスイッチングルーター(LSR)として機能するQFX5100スイッチでのみサポートされています。純粋な LSR は、受信ラベルのインストラクションのみにパスを切り替えるトランジット ルーターです。の family mpls ファイアウォールフィルターとポリサーは、QFX5100イングレスおよびエグレスプロバイダーエッジ(PE)スイッチではサポートされていません。これには、PHP(最後から 2 次ホップ ポッピング)を実行するスイッチが含まれます。

  • revert-timer階層レベルで ステートメントを[edit protocols mpls]設定しても、効果はありません。

  • EX4600、EX4650、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210 スイッチのハードウェアの制限事項は次のとおりです。

    • ラベル スワップが行われなかった場合、MPLS エッジ スイッチでは最大 3 つのラベルのプッシュがサポートされます。

    • ラベル スワップが完了した場合、MPLS エッジ スイッチでは最大 2 つのラベルのプッシュがサポートされます。

    • ライン レートでのポップは、最大 2 つのラベルでサポートされています。

    • グローバルラベルスペースはサポートされていますが、インターフェイス固有のラベルスペースはサポートされていません。

    • BOS=1 を持つ PHY ノード上の MPLS ECMP は、単一ラベルではサポートされていません。

    • Broadcom チップを搭載した QFX シリーズ スイッチは、S ビット(S-0 と S-1)が異なる同じラベルに対して別々のネクスト ホップをサポートしていません。これには、QFX3500、QFX3600、EX4600、QFX5100、QFX5200スイッチが含まれます。

    • EX4600、EX4650、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX5210 スイッチでは、MPLS MTU コマンドが予期しない動作を引き起こす可能性があります。これは、このプラットフォームでの SDK チップセットの制限が原因です。

  • これらのLDP機能は、EX4600、EX4650、QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、およびQFX5210スイッチではサポートされていません。

    • LDP マルチポイント

    • LDP リンク保護

    • LDP双方向転送検出(BFD)

    • LDP運用管理および管理(OAM)

    • LDP マルチキャスト専用高速リルート(MoFRR)

  • を持つfamily mplsencapsulation vlan-bridgeユニットと ユニットを同じ物理インターフェイスに設定することは、EX4600、EX4650、QFX5100、QFX5110、またはQFX5120ではサポートされていません。

QFX5100 バーチャル シャーシおよびバーチャル シャーシ ファブリック スイッチに関する MPLS の制限事項

以下の MPLS 機能は、QFX5100 VC および QFX5100 VCF スイッチではサポートされていません。

  • ネクストホップ LSP

  • BFDトリガーFRRを含むBFD

  • BGP に基づく L2 VPN( RFC 6624 を参照)

  • VPLS

  • 拡張 VLAN CCC

  • イーサネット OAM を使用した疑似回線保護

  • 疑似ワイヤーのローカル スイッチング

  • 0.000-1000-1000-1000-

  • Broadcom チップセットを搭載した QFX シリーズ スイッチは、異なる S ビット(S-0 と S-1)を持つ同じラベルに対して別々のネクスト ホップをサポートしていません。これには、QFX3500、QFX3600、EX4600、QFX5100、QFX5200スイッチが含まれます。

QFX3500スイッチのMPLSの制限

  • QFXシリーズスイッチまたはBGPラベル付きルートのルートリフレクタとして導入されたEX4600スイッチ上で、BGPラベル付きユニキャストアドレスファミリー(階層レベルで [edit protocols bgp family inet] ステートメントを使用labeled-unicast)を設定すると、ルートリフレクタでパス選択が行われ、単一の最良のパスがアドバタイズされます。これにより、BGPマルチパス情報が失われます。

  • 高速リルートはサポートされていますが、 include-all 高速リルートの および include-any オプションはサポートされていません。詳細については、 高速再ルートの概要 を参照してください。

  • MPLS ベースの CCC(回線クロスコネクト)はサポートされていません。回線ベースの疑似配線のみがサポートされています。

  • RSVP とディスカバリーの MTU シグナリングは、制御プレーンでサポートされています。ただし、これはデータ プレーンに適用できません。

  • レイヤー2(L2)回線ベースの疑似配線では、L2回線ネイバーに到達するために複数の等コストRSVPラベルスイッチパス(LSP)が利用可能な場合、1つのLSPがランダムに転送に使用されます。この機能を使用して、MPLS コアでトラフィックをロードシェアする特定の L2 回線トラフィックに LSP を指定します。

  • エグレス PE(プロバイダ エッジ)スイッチとして導入されたスイッチ上で MPLS ファイアウォール フィルターを設定しても、効果はありません。

  • revert-timer階層レベルで ステートメントを[edit protocols mpls]設定しても、効果はありません。