Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの目次
 

例:マルチホーム EVPN を使用した PBB の設定

この例では、PBB(プロバイダバックボーンブリッジング)とイーサネットVPN(EVPN)を統合する方法を示しています。この統合により、コアのコントロールプレーン運用が簡素化され、通常のEVPNよりも迅速なコンバージェンスと拡張性の向上を実現します。PBB-EVPNアプリケーションには、データセンター相互接続(DCI)およびキャリアイーサネットE-LANサービスが含まれます。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 2 つの共通のマルチホーム カスタマー サイトに 4 つの PE(プロバイダ エッジ)デバイスが接続され、各 PE デバイスがホストに接続されています。

  • 2 台のマルチホーム カスタマー エッジ(CE)デバイス。

  • すべての PE ルーターで実行されている Junos OS リリース 17.2R1 以降。

始める前に:

  • デバイスインターフェイスを設定します。

  • すべてのPEデバイスでOSPFなどのIGPを設定します。

  • PE デバイス間に内部 BGP セッションを確立します。

  • PE デバイスで RSVP を有効にします。

  • PEデバイス間のMPLSおよびラベルスイッチパス(LSP)を設定します。

概要とトポロジー

Junos OSリリース17.2R1以降、PBBはEVPN(イーサネットVPN)と統合され、コア全体のコントロールプレーン学習を大幅に削減できます。これにより、データセンター接続などの膨大な数のレイヤー2サービスを簡素化してネットワークを通過できます。

PBB-EVPN ネットワークでは、PBB コアのバックボーン コア ブリッジ(BCB)デバイスは、PBB バックボーン エッジ ブリッジ(BEB)のサービス スケーリング プロパティを維持したまま、MPLS に置き換えられます。Bコンポーネント(プロバイダルーティングインスタンス)は、EVPN BGPシグナリングを使用してシグナリングされ、プロバイダエッジ(PE)およびプロバイダ(P)デバイスを使用してMPLS内でカプセル化されます。このように、PBB-EVPNは、PBBの広大なスケーリング特性と従来の基本的なMPLSコアネットワークのシンプルさを兼ね備えているため、通常のPBBと比較して、ネットワーク全体の状態情報量が大幅に削減されます。

図 1: アクティブ/スタンバイEVPNマルチホーミング PBB with Active/Standby EVPN Multihomingを備えたPBB

図1では、PBBはEVPNと統合されており、CEデバイスはアクティブ/スタンバイモードでマルチホームされています。デバイス CE1 はデバイス PE1、PE2、および PE3 にマルチホームされ、デバイス CE2 はデバイス PE3 および PE4 にマルチホームされます。

構成

CLIクイック構成

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致させる必要がある詳細情報を変更し、コマンドを 階層レベルでCLI [edit] にコピーアンドペーストして、設定モードから を入力します commit

CE1

CE2

PE1

PE2

PE3

PE4

デバイスCE1の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスCE1を設定するには:

  1. デバイスCE1上の集合型イーサネットインターフェイスの数を設定します。

  2. デバイスCE1のネットワークサービスを拡張インターネットプロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

  3. デバイスCE1のインターフェイスを設定します。

  4. デバイスCE1でアグリゲート型イーサネットバンドルを設定します。

  5. デバイスCE1でブリッジドメインを設定します。

結果

コンフィギュレーションモードから、、show interfacesshow bridge-domains、およびの各show chassisコマ ンドを入力し 、コンフィギュレーションを確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

デバイスPE1の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE1を設定するには:

  1. デバイス PE1 上の集合型イーサネット インターフェイスの数を設定します。

  2. デバイス PE1 のネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

  3. デバイス PE1 の CE 向けインターフェイスを設定します。

  4. デバイスCE1に接続するデバイスPE1で、集約型イーサネットバンドルを設定します。

  5. マルチホーム顧客サイトに接続するCE向けインターフェイスおよび集約イーサネットバンドルのEVPNマルチホーミングパラメーターを設定します。

    メモ:

    この例では、EVPN マルチホーミングがアクティブ/スタンバイ モードで動作します。アクティブ/アクティブ EVPN マルチホーミングを設定するには、 ステートメントではなく、 階層レベルで ステートメント[edit interfaces interface-name esi]を含めactive-activeますsingle-active

  6. デバイス PE2、PE3、および PE4 に接続するデバイス PE1 のインターフェイスを設定します。

  7. デバイス PE2、PE3、および PE4 に接続するデバイス PE1 でアグリゲート イーサネット バンドルを設定します。

  8. ホストに接続するデバイス PE1 のインターフェイスを設定します。

  9. デバイス PE1 のループバック インターフェイスを設定します。

  10. デバイス PE1 でカスタマー バックボーン ポート(CBP)インターフェイスを設定します。

  11. デバイス PE1 のプロバイダ インスタンス ポート(PIP)を設定します。

  12. 機器 PE1 のルータ ID と自律システム番号を設定します。

  13. 管理インターフェイスを除くデバイス PE1 のすべてのインターフェイスで RSVP を設定します。

  14. 管理インターフェイスを除くデバイス PE1 のすべてのインターフェイスで MPLS を設定します。

  15. デバイス PE1 から他のすべての PE デバイスに LSP を設定します。

  16. デバイス PE1 から他のすべての PE デバイスへの MPLS パスを設定します。

  17. ファミリーEVPNで、デバイスPE1から他のすべてのPEデバイスに内部BGPセッションを設定します。

  18. 管理インターフェイスを除く、PE1のデバイスのすべてのインターフェイスでOSPFを設定します。

  19. 仮想スイッチの種類を使用して、デバイス PE1 の顧客ルーティング インスタンス(I コンポーネント)を構成します。PBBN ルーティングインスタンスに、CBP インターフェイス、ルート識別、VRF(仮想ルーティングおよび転送)のターゲット値を割り当てます。

  20. カスタマールーティングインスタンスからPBB-EVPN統合を設定します。拡張I-SIDリストとブリッジドメインをルーティングインスタンスに割り当てます。

  21. 仮想スイッチタイプを使用して、デバイス PE1 のプロバイダルーティングインスタンスを設定します。PBP インターフェイスとブリッジ ドメインをルーティング インスタンスに割り当てます。

  22. カスタマールーティングインスタンスでピアPBBNルーティングインスタンスを設定します。

  23. カスタマールーティングインスタンスでサポートされるサービスグループを設定します。

結果

設定モードから、 、 show interfacesshow protocols routing-options、および show routing-instances のコマンドを入力してshow chassis設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

BGP ピアリング ステータスの検証

目的

BGP セッションが PE デバイス間で確立されていることを確認します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show bgp summary

意味

BGP セッションは、PE デバイス間で確立されます。

MACテーブルエントリの確認

目的

すべてのPEのMACテーブルで学習されたインターフェイスの数 rbeb を確認します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show bgp summary

意味

VLAN ID 10では、10個のMACアドレスがデバイスPE1のMACテーブルで学習されています。

EVPN データベースの検証

目的

デバイス PE4 の EVPN データベース情報を確認します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show evpn database

EVPN ルーティング インスタンスの検証

目的

すべての PE デバイスで EVPN ルーティング インスタンス情報を確認します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show evpn routing-instance

意味

コマンド出力は、EVPNがアクティブ/スタンバイマルチホーミングモードであるPBB-EVPN統合を表示します。EVPNマルチホーミングがアクティブ/アクティブモードで設定された場合、すべてのESI Up/Forwardingのステータスはになります。アクティブ/スタンバイ マルチホーミング モードでは、1 つの ESI がその Up/Forwarding 状態にあり、他のすべての ESI はその Up/Blocking 状態を維持します。