Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

DHCP ライブネス検出

DHCP クライアント IP セッション用の DHCP ライブネス検出では、アクティブなライブネス検出プロトコルを使用して、関連するクライアントのライブネス検出チェックを実行します。ライブネス検出プロトコルで構成された場合、指定されたクライアントが構成された数の連続したライブネス検出要求に応答できない場合、クライアント バインディングが削除され、リソースが解放されます。詳細については、このトピックをお読みください。

DHCP ライブネス検出の概要

PPP とは異なり、DHCP は DHCPv4 または DHCPv6 プロトコルの一部としてネイティブキープアライブ メカニズムを定義しません。キープアライブ メカニズムがなければ、DHCP ローカル サーバー、DHCP リレー、DHCP リレー プロキシは、いずれかのサーバーが加入者または DHCP クライアントとの接続を失ったかどうかを迅速に検出できません。代わりに、標準の DHCP 加入者セッションまたは DHCP クライアント セッションの終了メッセージに依存する必要があります。

DHCP クライアントは、ネットワークを終了する前に DHCP リリース メッセージを送信しないことがよくあります。その非存在の発見は、既存の DHCP リース時間とリリースリクエストメカニズムに依存します。これらのメカニズムは、DHCP 加入者アクセスまたは DHCP 管理ネットワークのクライアントのセッション正常性チェックとして機能する場合、しばしば不十分です。DHCP リース時間は通常、セッション状態の障害に十分な応答時間を提供するには長すぎるため、短い DHCP リース時間を設定するとコントロール プレーンの処理に大きな負担が生じることがあり、DHCP ライブネス検出メカニズムを実装することで、バインドされた DHCP クライアントをより適切に監視できます。ライブネス検出プロトコルで設定された場合、指定された加入者(またはクライアント)が構成された数の連続したライブネス検出要求に応答しない場合、加入者(またはクライアント)バインディングが削除され、そのリソースが解放されます。

DHCP加入者IPまたはDHCPクライアントIPセッションのDHCPライブネス検出は、アクティブなライブネス検出プロトコルを使用して、関連するクライアントのライブネス検出チェックを確立します。クライアントは、指定された時間内にライブネス検出要求に応答する必要があります。連続した試行回数がその時間内に応答を受信しなかった場合、ライブネス検出チェックは失敗し、障害アクションが実装されます。

ライブネス検出プロトコルの例としては、DHCPv4およびDHCPv6加入者の両方に対する双方向転送検知(BFD)、DHCPv4加入者向けのIPv4アドレス解決プロトコル(ARP)、DHCPv6加入者向けのND(ネイバー検出)パケットを使用したIPv6ネイバーアカウンタビリティ検出(NUD)があります。

Junos OS リリース 17.4R1 以降、BFD ライブネス検出に加え、レイヤー 2 のライブネス検出では、DHCPv4 用の ARP パケットと DHCPv6 用の ND パケットの使用が MX シリーズ ルーターでサポートされています。以前のリリースでは、すべてのプラットフォームでBFDのみがサポートされています。

2 つのライブ性検出方法は相互に排他的です。

BFDライブネス検出を設定する場合は、以下に留意してください。

  • DHCPローカルサーバーとDHCPリレーの両方のライブネス検出を設定できます。

  • DHCPv4およびDHCPv6のライブネス検出は、グローバルに設定することも、DHCPv4またはDHCPv6グループ単位で設定することもできます。

  • BFDをサポートしていないDHCPv4またはDHCPv6加入者アクセスクライアントは、ライブネス検出設定の影響を受けません。これらのクライアントは、ルーター(またはスイッチ)でBFDライブネス検出が有効になっている場合でも、(検証後に)ネットワークにアクセスし続けることができます。

  • 設定された場合、DHCPv4またはDHCPv6は、これらのクライアントがバインドされた状態に入ったときにBFDをサポートするクライアントのライブネス検出チェックを開始します。

  • BFDクライアントに対してプロトコル固有のメッセージが開始された後、それらのメッセージは定期的にクライアントの加入者(またはクライアント)のIPアドレスに送信され、それらのライブネス検出リクエストへの応答は、設定された時間内に期待されます。

  • BFDをサポートするクライアントから、設定された連続試行回数に対して設定された時間内にライブネス検出応答を受信しなかった場合、ライブネス検出チェックは失敗したと見なされます。クライアント バインディングをクリアするために構成された障害アクションが適用されます。

  • レイヤー 2 ライブネス検出でサポートされている唯一の障害アクションは、 です clear-binding

MX シリーズで DHCP ARP および ND レイヤー 2 ライブネス検出を設定する場合は、次の事項に留意してください。

  • DHCPローカルサーバーとDHCPリレーの両方のライブネス検出を設定できます。

  • DHCPv4 および DHCPv6 ARP および ND ライブネス検出は、グローバルに設定でき、DHCPv4 または DHCPv6 グループごと、デュアルスタック グループ単位で設定できます。

  • ARP/ND ライブネス検出は、DHCP クライアントにのみ適用されます。

    • 動的VLANを介して直接接続されています。

    • 恒久的なレイヤー2エントリを持つ。

  • DHCPv6 クライアントには、固有の送信元 MAC アドレスとリンクローカル アドレスが必要です。特定のクライアント セッションに関連付けられたすべての IPv6 アドレスに対して、単一のライブネス検出エントリーのみが使用されます。

DHCP ライブネス検出のメリット

DHCP ライブネス検出を使用すると、ライブネス検出チェックに失敗するとすぐに IP セッションが実行されます。この応答時間の短縮は、以下の機能を果たします。

  • より正確な時間ベースの加入者(またはDHCPクライアント)セッションのアカウンティングを提供します。

  • ルーター(スイッチ)リソースをよりよく保持する。

  • 一部のセキュリティ攻撃に対する脆弱性のウィンドウを減らすのに役立ちます。

BFDを使用したDHCPリレーまたはDHCPリレープロキシクライアント接続の検出の設定

DHCP加入者IPセッションまたはDHCPクライアントIPセッションに対する双方向転送検出(BFD)を使用して、ライブネス検出を設定して、DHCPリレークライアントの接続を確認できます。クライアントは、指定された時間内にライブネス検出要求に応答する必要があります。連続した試行回数がその時間内に応答を受信しなかった場合、ライブネス検出チェックは失敗し、障害アクションが実装されます。

DHCPリレーのライブネス検出を設定するには:

  1. ライブネス検出を構成することを指定します。
    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

    メモ:

    ライブネス検出は、DHCPv6 構成でもサポートされています。DHCPv6のライブネス検出を liveness-detection 設定するには、 ステートメント、および以降の設定ステートメントを [edit forwarding-options dhcp-relay dhcpv6] または [edit forwarding-options dhcp-relay dhcpv6 group group-name 階層レベルで記述します。

  2. (オプション)DHCP リレー プロキシ モードを使用することを指定します。
  3. ライブネス検出方法を構成することを指定します。
    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

  4. DHCP で使用するライブ性検知方法を指定します。
    メモ:

    Junos OSリリース17.4R1より前のリリースでは、すべてのプラットフォームでライブネス検出に対応する唯一の方法はBFDです。

    Junos OS リリース 17.4R1 以降、BFD ライブネス検出に加え、レイヤー 2 のライブネス検出では、DHCPv4 用の ARP パケットと DHCPv6 用の ND パケットの使用が MX シリーズ ルーターでサポートされています。2 つのライブ性検出方法は相互に排他的です。ARPおよびNDレイヤー2 のライブネス検出の設定については、 ARPおよびネイバー検出パケットを使用したDHCPライブネス 検出を参照してください。

    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

  5. 必要に応じてライブネス検出方法を設定します。
  6. ライブネス検出エラーが発生した場合にルーターが実行するアクションを設定します。
    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

例:DHCPリレーエージェントクライアント向けBFDを使用したグローバルライブネス検出の設定

この例では、BFD(Bidirectional Forwarding Detection)をライブネス検出方法として使用して、DHCPリレーエージェント加入者のライブネス検出を設定する方法を示します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • ジュニパーネットワークス MX シリーズ ルーター。

  • Junos OS リリース 12.1 以降

開始する前に、以下を行います。

概要

この例では、次の操作を完了して、DHCPリレーエージェント加入者のライブネス検出を設定します。

  1. DHCP リレー加入者のライブネス検出をグローバルに有効にします。

  2. 動的に作成されたすべての DHCP リレー 加入者のライブネス検出方法として BFD を指定します。

  3. BFD固有のステートメントを設定して、プロトコルの動作を定義します。

  4. ライブネス検出エラーが発生した場合にルーターが実行するアクションを設定します。

メモ:

この例では、DHCPv4ネットワークのライブネス検出を設定する方法を説明します。ライブネス検出は、DHCPv6 構成でもサポートされています。DHCPv6のライブネス検出を liveness-detection 設定するには、 ステートメント、および以降の設定ステートメントを [edit forwarding-options dhcp-relay dhcpv6] または [edit forwarding-options dhcp-relay dhcpv6 group group-name] 階層レベルで記述します。

構成

手順

手順

DHCPリレーのライブネス検出を設定するには:

  1. ライブネス検出を構成することを指定します。

  2. ライブネス検出方法を構成することを指定します。

  3. DHCPで使用するライブネス検出方法としてBFDを指定します。

  4. トラップが生成される検出時間のしきい値(ミリ秒単位)を設定します。

  5. BFDがセッションアップ通知を保持する時間(ミリ秒単位)を設定します。

  6. BFDの最小送受信間隔(ミリ秒単位)を設定します。

  7. 最小受信間隔(ミリ秒単位)を設定します。

  8. 検出時間の乗数値を設定します。

  9. BFD間隔タイマーがネットワーク状況に合わせて変更または適応する機能を無効にします。

  10. BFDセッションモードを設定します。

  11. BFD送信間隔の閾値と最小間隔を設定します。

  12. 検出するBFDプロトコルバージョンを設定します。

  13. ライブネス検出エラーが発生した場合にルーターが実行するアクションを設定します。この例では、障害アクションは、ライブネス検出エラーが発生し、ローカルインターフェイスが稼働していることを検出した場合にのみ、クライアントセッションをクリアすることです。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して設定を show forwarding-options 確認します。出力結果に意図した設定が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して修正します。以下の出力は、グループフランクフルトで設定されたインターフェイスの範囲も示しています。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

BFDを使用したDHCPローカルサーバークライアント接続の検出の設定

DHCP加入者IPセッションまたはDHCPクライアントIPセッションに対する双方向転送検出(BFD)を使用して、ライブネス検出を設定して、DHCPローカルサーバークライアントの接続を確認できます。クライアントは、指定された時間内にライブネス検出要求に応答する必要があります。連続した試行回数がその時間内に応答を受信しなかった場合、ライブネス検出チェックは失敗し、障害アクションが実装されます。

メモ:

また、DHCP リレーの DHCP ライブネス検出を設定することもできます。

DHCP ローカル サーバーのライブネス検出を構成するには、次の手順に従います。

  1. ライブネス検出を構成することを指定します。
    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

    メモ:

    ライブネス検出は、DHCPv6 構成でもサポートされています。DHCPv6のライブネス検出を liveness-detection 設定するには、 ステートメント、および以降の設定ステートメントを [edit system services dhcp-local-server dhcpv6] または [edit system services dhcp-local-server dhcpv6 group group-name] 階層レベルで記述します。

  2. ライブネス検出方法を構成することを指定します。
    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

  3. DHCP で使用するライブ性検知方法を指定します。
    メモ:

    Junos OSリリース17.4R1より前のリリースでは、すべてのプラットフォームでライブネス検出に対応する唯一の方法はBFDです。

    Junos OS リリース 17.4R1 以降、BFD ライブネス検出に加え、レイヤー 2 のライブネス検出では、DHCPv4 用の ARP パケットと DHCPv6 用の ND パケットの使用が MX シリーズ ルーターでサポートされています。2 つのライブ性検出方法は相互に排他的です。ARPおよびNDレイヤー2 のライブネス検出の設定については、 ARPおよびネイバー検出パケットを使用したDHCPライブネス 検出を参照してください。

    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

  4. 必要に応じてライブネス検出方法を設定します。

    BFD を使用して DHCP ローカル サーバーのライブネス検出に DHCPv4 グループを設定する方法の例については、「 例: BFD を使用したグループライブネス検出の設定」を参照してください。

  5. ライブネス検出エラーが発生した場合にルーターが実行するアクションを設定します。
    • DHCP グローバル設定の場合:

    • DHCP グループ設定の場合:

例:DHCP ローカル サーバー クライアント向け BFD を使用したグループライブネス検出の設定

この例では、ライブネス検出方法として BIDIRECTIONAL Forwarding Detection(BFD)を使用して、DHCP ローカル サーバーの加入者または DHCP クライアントのグループのライブネス検出を構成する方法を示します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • ジュニパーネットワークス MX シリーズ ルーター

  • ジュニパーネットワークス EX シリーズ スイッチ

  • Junos OS リリース 12.1 以降

開始する前に、以下を行います。

概要

この例では、次の操作を完了して、DHCP ローカル サーバー加入者(クライアント)のグループのライブネス検出を構成します。

  1. DHCP ローカル サーバー加入者(または DHCP クライアント)グループのライブネス検出を有効にします。

  2. 動的に作成されたすべての DHCP ローカル サーバー加入者(クライアント)のライブネス検出方法として BFD を指定します。

  3. BFD固有のステートメントを設定して、プロトコルの動作を定義します。

  4. ライブネス検出障害が発生した場合にルーター(スイッチ)が実行するアクションを設定します。

メモ:

この例では、DHCPv4ネットワークのライブネス検出を設定する方法を説明します。ライブネス検出は、DHCPv6 構成でもサポートされています。DHCPv6のライブネス検出を liveness-detection 設定するには、 ステートメント、および以降の設定ステートメントを [edit system services dhcp-local-server dhcpv6] または [edit system services dhcp-local-server dhcpv6 group group-name] 階層レベルで記述します。

構成

手順

手順

DHCPローカルサーバーのグループのライブネス検出を設定するには:

  1. ライブネス検出を構成することを指定します。

  2. 特定の DHCP ローカル サーバー グループのライブ性検出を構成することを指定します。

  3. ライブネス検出方法を構成することを指定します。

  4. DHCPで使用するライブネス検出方法としてBFDを指定します。

  5. トラップが生成される検出時間のしきい値(ミリ秒単位)を設定します。

  6. BFDがセッションアップ通知を保持する時間(ミリ秒単位)を設定します。

  7. BFDの最小送受信間隔(ミリ秒単位)を設定します。

    メモ:

    BFD ステートメントと に を設定する場合、BFD transmit-interval の最小送信および受信間隔を設定minimum-intervalするminimum-receive-interval必要はありません。

  8. 最小受信間隔(ミリ秒単位)を設定します。

    メモ:

    BFD最小送信および受信間隔を設定する場合、BFD最小受信間隔を設定する必要はありません。

  9. 検出時間の乗数値を設定します。

  10. BFD間隔タイマーがネットワーク状況に合わせて変更または適応する機能を無効にします。

  11. BFDセッションモードを設定します。

  12. BFD送信間隔の閾値と最小間隔を設定します。

    メモ:

    BFDの最小送信および受信間隔をすでに設定している場合、送信間隔値を設定する必要はありません。

  13. 検出するBFDプロトコルバージョンを設定します。

  14. ライブネス検出障害が発生した場合にルーター(スイッチ)が実行するアクションを設定します。この例では、障害アクションは、ライブネス検出エラーが発生し、ローカルインターフェイスが稼働していることを検出した場合にのみ、クライアントセッションをクリアすることです。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して設定を show system 確認します。出力結果に意図した設定が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

ARP および近隣探索パケットを使用した DHCP ライブネス検出

ARP および近隣探索パケットによる DHCP ライブネス検出の仕組み

Junos OS Release 17.4R1以降、DHCPv4クライアントのIPv4アドレス解決プロトコル(ARP)とDHCPv6クライアントのIPv6ネイバーアコーチャビリティ検出を使用して、ライブネス検出を設定できるようになりました。このレイヤー 2 のライブ性検知は、DHCP クライアント ホストと、ブロードバンド ネットワーク ゲートウェイ(BNG)として動作するルーターが DHCP クライアント セッションの有効性と状態を決定する個別のメカニズムを提供します。これらのメカニズムは、 送信 機能と 受信 機能と呼ばれます。DHCP ローカル サーバーと DHCP リレー クライアントのレイヤー 2 ライブネス検出を設定できます。

機能の送信

BNGは送信機能を使用して、直接接続されたDHCPv4およびDHCPv6クライアントでホスト接続チェックを実行し、DHCPクライアントセッションの有効性と状態を決定し、非アクティブなセッションをクリーンアップします。 図 1 は送信機能を示しています。

図 1:レイヤー 2 ライブネス検出送信動作フロー Layer 2 Liveness Detection Send Behavior Flow
  1. BNG は、構成可能な間隔でリクエスト パケットを各 DHCP クライアントに送信し、応答を待ちます。BNGは、タイムリーな応答を受け取らない場合、リクエストを再試行します。DHCPv4クライアントのARP要求とDHCPv6クライアントのネイバー検出(ND)リクエストを送信します。

  2. BNGは、間隔がタイムアウトする前にクライアントから応答を受信した場合、タイマーが期限切れになるのを待ってから、別のリクエストをそのクライアントに送信します。

  3. BNG は、間隔がタイムアウトする前に応答を受信しない場合、タイマーを 30 秒に設定し、別のリクエストを送信します。これは最初の再試行です。タイマーは設定できません。

  4. タイマーが終了する前に BNG がクライアントから応答を受信した場合、BNG はタイマーが停止するのを待ち、元の設定可能な値にリセットし、別のリクエストを送信してタイマーを開始します。

  5. 応答を受信する前に 30 秒のタイマーが期限切れになると、BNG はタイマーを 10 秒に設定し、別のリクエストを送信します。このタイマー値は設定できません。

  6. タイマーが終了する前に BNG がクライアントから応答を受信した場合、BNG はタイマーが停止するのを待ち、元の設定可能な値にリセットし、別のリクエストを送信してタイマーを開始します。

  7. BNGが10秒以内に応答を受信しない場合、BNGは別のリクエストを送信し、10秒のタイマーを再度開始します。BNGは、インターバルがタイムアウトする前にクライアントから応答を受信するか、再試行回数を使い果たすまで、10秒間隔でリクエストを送信し続けます。

    最初の再試行では、30 秒の間隔を使用します。その後の再試行は10秒間隔で行われます。そのため、可能な10秒再試行の数は、合計値マイナス1です。例えば、5回の再試行を設定した場合、30秒再試行1回、最大10秒再試行回数が最大4回あります。

  8. BNGが再試行を使い果たす前の間隔でクライアントから応答を送信しない場合、ライブネス検出チェックは失敗し、クリアバインディング失敗アクションが実装されます。クライアント セッションはクリアされます。

機能を受け取る

受信機能により、DHCP クライアント ホストは BNG の観点から DHCPv4 または DHCPv6 クライアント セッションの状態を判断できます。BNGは、ARPまたはNDパケットを受信したときに、直接接続されたDHCPv4およびDHCPv6クライアントにホスト接続チェックを行います。 図 2 は、受信機能を示しています。

図 2:レイヤー 2 ライブネス検出受信動作フロー Layer 2 Liveness Detection Receive Behavior Flow

BNGは、これらのパケットのいずれかを受信すると、以下を実行します。

  1. 加入者管理用のレイヤー 2 ライブネス検出が、関連するアドレス ファミリー、inet、inet6 に対してグローバルに有効になっているかどうかを確認します。

  2. レイヤー2のライブネス検出が有効になっていない場合、BNGはクライアントセッションの状態を確認することなく、受信したパケットに通常どおり応答します。

  3. ファミリーのライブネス検出が有効になっている場合、BNGはクライアントセッションがまだ境界状態であるかどうかをチェックします。

  4. クライアント セッションがバインドされている場合、BNG は適切な ARP または ND パケットでクライアントに応答します。

  5. セッションがバインドされていない場合、BNG は受信したパケットをドロップします。ARPまたはND応答パケットはホストに送信されないため、ホストはBNGがセッションがダウンしていると判断できます。

受信機能の有用性は、DHCP クライアント ホストが、BNG からの応答パケットがない場合に、非送信クライアント セッションに対して古いクライアントからリソースを取り戻す機能に依存します。この機能でクライアント実装の変更が必要な場合は、送信機能を使用できます。

ARP および ND パケットによる DHCP ローカル サーバー クライアント接続の BNG 検出の設定

この手順では、DHCPv4クライアントに対するIPv4アドレス解決プロトコル(ARP)を使用したレイヤー2のライブネス検出の送信機能と、DHCPv6クライアントのIPv6ネイバーアリーチ可能性検出を使用してDHCPローカルサーバークライアントの接続を確認する方法を示します。

送信機能により、BNGは、DHCPクライアントからARPへの応答の欠如や、クライアントに送信するNDリクエストパケットに基づいて、クライアントセッションがダウンしているかどうかを判断できます。

メモ:

DHCPライブネス検出は、BFD(Bidirectional Forwarding Detection)を使用して設定することもできます。BFDライブネス検出とARP/NDライブネス検出は相互に排他的です。

DHCPv4 ローカル サーバーのライブネス検出の送信機能を構成するには、次の手順に従います。

  1. ライブネス検出方法を構成することを指定します。
    • DHCPv4 グローバル設定の場合:

    • DHCPv4 グループ設定の場合:

    • DHCPv4 デュアルスタックグループ設定の場合:

  2. レイヤー 2 のライブネス検出方法を指定します。
    • DHCPv4 グローバル設定の場合:

    • DHCPv4 グループ設定の場合:

    • DHCPv4 デュアルスタックグループ設定の場合:

  3. (オプション)再試行回数と間隔タイマーを設定します。
    • DHCPv4 グローバル設定の場合:

    • DHCPv4 グループ設定の場合:

    • DHCPv4 デュアルスタックグループ設定の場合:

DHCPv6 ローカル サーバーのライブネス検出の送信機能を構成するには、以下の手順に従います。

  1. ライブネス検出方法を構成することを指定します。

    • DHCPv6 グローバル設定の場合:

    • DHCPv6 グループ設定の場合:

  2. レイヤー 2 のライブネス検出方法を指定します。

    • DHCPv6 グローバル設定の場合:

    • DHCPv6 グループ設定の場合:

  3. (オプション)再試行回数とインターバルタイマーを設定します。

    • DHCPv6 グローバル設定の場合:

    • DHCPv6 グループ設定の場合:

ARP および ND パケットによる DHCP リレー クライアント接続の BNG 検出の設定

この手順では、DHCPv4クライアントに対するIPv4アドレス解決プロトコル(ARP)を使用したレイヤー2のライブネス検出の送信機能と、DHCPv6クライアントのIPv6ネイバーアリーチ可能性検知を使用してDHCPリレークライアントの接続を確認する方法を示します。

送信機能により、BNGは、DHCPクライアントからARPへの応答の欠如や、クライアントに送信するNDリクエストパケットに基づいて、クライアントセッションがダウンしているかどうかを判断できます。

メモ:

DHCPライブネス検出は、BFD(Bidirectional Forwarding Detection)を使用して設定することもできます。BFDライブネス検出とARP/NDライブネス検出は相互に排他的です。

DHCPv4リレーのライブネス検出の送信機能を設定するには:

  1. ライブネス検出方法を構成することを指定します。
    • DHCPv4 グローバル設定の場合:

    • DHCPv4 グループ設定の場合:

    • DHCPv4 デュアルスタックグループ設定の場合:

  2. レイヤー 2 のライブネス検出方法を指定します。
    • DHCPv4 グローバル設定の場合:

    • DHCPv4 グループ設定の場合:

    • DHCPv4 デュアルスタックグループ設定の場合:

  3. (オプション)再試行回数と間隔タイマーを設定します。
    • DHCPv4 グローバル設定の場合:

    • DHCPv4 グループ設定の場合:

    • DHCPv4 デュアルスタックグループ設定の場合:

DHCPv6リレーのライブネス検出の送信機能を設定するには:

  1. ライブネス検出方法を構成することを指定します。

    • DHCPv6 グローバル設定の場合:

    • DHCPv6 グループ設定の場合:

  2. レイヤー 2 のライブネス検出方法を指定します。

    • DHCPv6 グローバル設定の場合:

    • DHCPv6 グループ設定の場合:

  3. (オプション)再試行回数とインターバルタイマーを設定します。

    • DHCPv6 グローバル設定の場合:

    • DHCPv6 グループ設定の場合:

ARP および ND パケットによるクライアント接続の DHCP ホスト検出の設定

この手順では、DHCPv4クライアントに対するIPv4アドレス解決プロトコル(ARP)を使用したレイヤー2のライブネス検出の受信機能を設定し、DHCPv6クライアントのIPv6ネイバーアリーチ可能性検出を使用してDHCPローカルサーバークライアントの接続を確認する方法を示します。

受信機能により、DHCP クライアント ホストは、BNG から ARP への応答の欠如または BNG に送信する ND パケットに基づいてクライアント セッションがダウンしているかどうかを判断できます。アドレスファミリーごとのDHCPの受信機能を、グローバル加入者管理設定の上書きとしてグローバルに設定します。

アドレスファミリーごとにレイヤー2のライブネス検出をグローバルに有効にします。
  • DHCPv4 の場合:

  • DHCPv6 の場合:

リリース履歴テーブル
リリース
説明
17.4R1
Junos OS リリース 17.4R1 以降、BFD ライブネス検出に加え、レイヤー 2 のライブネス検出では、DHCPv4 用の ARP パケットと DHCPv6 用の ND パケットの使用が MX シリーズ ルーターでサポートされています。
17.4R1
Junos OS リリース 17.4R1 以降、BFD ライブネス検出に加え、レイヤー 2 のライブネス検出では、DHCPv4 用の ARP パケットと DHCPv6 用の ND パケットの使用が MX シリーズ ルーターでサポートされています。
17.4R1
Junos OS リリース 17.4R1 以降、BFD ライブネス検出に加え、レイヤー 2 のライブネス検出では、DHCPv4 用の ARP パケットと DHCPv6 用の ND パケットの使用が MX シリーズ ルーターでサポートされています。
17.4R1
Junos OS Release 17.4R1以降、DHCPv4クライアントのIPv4アドレス解決プロトコル(ARP)とDHCPv6クライアントのIPv6ネイバーアコーチャビリティ検出を使用して、ライブネス検出を設定できるようになりました。