Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

シャーシ クラスタ内のデバイス上の冗長イーサネット SRX シリーズを使用した条件ルート アドバタイズメント

条件ルート アドバタイズメントでは、ルート アドバタイズメントをルート テーブルにインストールする前、またはピアやネイバーにアドバタイズする前に条件を追加できます。シャーシ クラスタ内の条件ルート アドバタイズメントの目的は、アップストリーム ネットワークからの受信トラフィックが、現在アクティブな冗長イーサネット インターフェイス上のノードに確実に到着することでした。詳細については、以下のトピックを参照してください。

シャーシ クラスタ内の条件ルート広告について

シャーシ クラスタ内の冗長イーサネット インターフェイス上のルート アドバタイズメントは、クラスタ内のアクティブなノードが動的に変更される可能性があるという事実によって複雑になります。条件ルート アドバタイズメントを使用すると、現在アクティブな冗長イーサネット インターフェイスと同じノード上に存在する 境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)インターフェイスにコア ネットワークからの受信トラフィックを引き付け、このような方法でルートをアドバタイズできます。この方法では、トラフィックはアクティブ なノードによって処理され、ノード間のファブリック インターフェイスを通過しません。これを実行するには、ルートが BGPによってアドバタイズされた時点で、BGP 属性を操作BGP。

シャーシ クラスタ内の条件ルート アドバタイズメントの目的は、アップストリーム ネットワークからの受信トラフィックが、現在アクティブな冗長イーサネット インターフェイス上のノードに確実に到着することでした。この仕組みについて理解するために、シャーシ クラスタでは、各ノードに独自のインターフェイス セットが含まれる点に気を付けしてください。

例:シャーシ クラスタにおける条件ルートアド宣伝の設定

この例では、シャーシ クラスタで条件ルート広告を設定して、アップストリーム ネットワークからの受信トラフィックが現在アクティブな冗長イーサネット インターフェイス上のノードに確実に到着する方法を示しています。

要件

開始する前に、シャーシ クラスタにおける条件ルートの広告について理解してください。シャーシ クラスタにおける条件ルートアドバシについて を参照してください

概要

1に示すように、冗長イーサネット インターフェイスから IGP を通じて学習したルーティング プレフィックスは、このプロトコルを使用してネットワーク コアに向けてアドバタイズBGP。インターフェイス ge-0/0/0 からのセッションと、ge-1/0/0 からのマルチホーミング用の 1 つのセッションBGPされます。 BGPすべてのルーティング プレフィックスは両方のセッションでアドバタイズされます。したがって、BGPによってアドバタイズされたルートについて、冗長イーサネット インターフェイスを通して学習し、アクティブな冗長イーサネット インターフェイスがBGPセッションと同じノード上に存在する場合、そのルートを「良好な」BGP属性でアドバタイズします。

図 1:シャーシ クラスタ内のSRX シリーズデバイスでの条件ルートの広告 Conditional Route Advertising on SRX Series Devices in a Chassis Cluster

この動作を実現するには、ルートをエクスポートする前にBGPをポリシーを適用します。ポリシーの一致条件で追加の条件を指定すると、ルーティングを決定する前に、ネクスト ホップの現在のアクティブな冗長イーサネット インターフェイスの子インターフェイスが決定されます。子の冗長イーサネット インターフェイスのアクティブなステータスが変更された場合、影響を受けるすべてのルートBGPポリシーを再評価します。

この設定の条件ステートメントは、次のように機能します。コマンドは、この条件に対して評価されたルートは、

  • ルートには、ネクスト ホップ インターフェイスとして冗長構成のイーサネット インターフェイスがあります。

  • 冗長イーサネット インターフェイスの現在の子インターフェイスは、ノード0でアクティブです(キーワードで指定 route-active-on node0 )。

ルートに複数の等コストのネクスト ホップがある場合があります。ネクスト ホップは冗長なイーサネット インターフェイス、通常のインターフェイス、または両方の組み合わせである場合があります。ルートは、冗長なイーサネット インターフェイスをネクスト ホップとして使用する要件を満たします。

前の例のコマンドでノード0に対してBGPエクスポート ポリシー セットを使用した場合、以下の要件を満たすOSPFルートだけがセッションを通してアドバタイズされます。

  • ルーティング OSPFは、冗長イーサネット インターフェイスをネクスト ホップとして使用します。

  • 冗長イーサネット インターフェイスの現在の子インターフェイスは、ノード0でアクティブです。

また、同じプロセスを使用して、別のセッション用に別のポリシー ステートメントBGP適用する必要があります。

BGP MED 属性に加えて、オリジン コード、as-path、コミュニティなど、追加の BGP 属性を定義できます。

構成

手順

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 [edit] commit

手順

条件ルート広告を設定するには、以下の手順にアクセスします。

  • ステートメントを使用して、作成された条件を使用してエクスポート ポリシーを作成 condition します。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して設定を確認 show policy-options します。出力結果に意図した設定が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モード commit から を入力します。