Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの目次
 

SRX5800電源システム

SRX5800ファイアウォール電力システムの概要

SRX5800 ファイアウォールは、AC 電源または DC 電源を使用します。ファイアウォールは、2 つから 4 つの AC 電源、または 2 つまたは 4 つの DC 電源で構成できます。電源の接続先であるミッドプレーンは、その電源で変換されたさまざまな出力電圧を電圧要件に応じてファイアウォールコンポーネントに供給します。

表1 に、使用可能なさまざまなタイプの電源を示します。

表1:電源タイプの概要

電源タイプ

ジュニパーモデル番号

入力条件(ある場合)

最大出力

冗長性

配電

AC 標準容量

SRX5800-PWR-AC

 

1700W

3+1

共有

AC大容量

SRX5800-PWR-4100-AC

1 つの AC 入力

1700W

2+2

ゾーニング

2 つの AC 入力

4100W

大容量の第2世代AC電源

SRX5800-HPWR-AC

1 つの AC 入力

2550W

2 つの AC 入力

5100W

高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源

MX960-PSM-HV

5100W

DC標準容量

SRX5800-PWR-DC

 

1700W

DC大容量

SRX5800-PWR-4100-DC

1 つの DC 入力

1700W

2 つの DC 入力

4100W

メモ:

大容量の AC 電源を使用するには、ファイアウォールで Junos OS リリース 10.4 以降が実行されている必要があります。大容量のDC電源を使用するには、ファイアウォールでJunos OSリリース12.1X44-D10以降が実行されている必要があります。

大容量の第2世代AC電源と高電圧第2世代ユニバーサル(HVACまたはHVDC)電源を使用するには、ファイアウォールでJunos OSリリース21.4R1以降が実行されている必要があります。

冗長電源は、ホットリムーブおよびホットインサートが可能です。各電源は、それぞれの内部冷却システムによって除熱されます。

メモ:

工場出荷時に DC 電源モジュールを使用して構成されたデバイスは、配電モジュールの上にブランク パネルが取り付けられた状態で出荷されます。AC 電源で構成されたデバイスには、ブランク パネルがありません。

注意:

ファイアウォールは、AC電源とDC電源から同時に電力を供給することはできません。最初に電源を入れたときにファイアウォールによって検出された最初のタイプの電源によって、ファイアウォールで許可される電源のタイプが決まります。他のタイプのすべての取り付けられた電源は、ファイアウォールによって無効にされます。ファイアウォールの動作中に他のタイプの電源モジュールを設置すると、ファイアウォールは電源を無効にし、アラームを生成します。

ファイアウォールに標準容量の AC 電源がある場合、ファイアウォールには 3 つまたは 4 つの AC 電源が搭載されており、シャーシ背面のスロット PEM0 から PEM3(左から右)に配置されます。各電源装置は、ファイアウォール内のすべてのコンポーネントに電力を供給します。3つの電源がある場合、フル実装されたシステム内ではほぼ均等に電力を共有します。4 つの電源が完全な電源の冗長性を提供します。1台の電源が故障したり、取り外されたりすると、残りの電源が中断することなく即座に電気負荷全体を引き継ぎます。3 台の電源は、ファイアウォールが動作している限り、フルパワーで最大の構成を提供します。

ファイアウォールに、標準または大容量の DC 電源、大容量 AC 電源、大容量の第 2 世代 AC 電源、または高電圧の第 2 世代ユニバーサル(HVAC または HVDC)電源から電力が供給されている場合、 表 2 に示すように、シャーシ内の配電はゾーンに分割されます。

表2:SRX5800ファイアウォールの配電(DC、または大容量AC、または大容量の第2世代AC、または高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源)

ゾーン

電源

次の宛先に電力を提供します。

ゾーン 0

  • PEM0

  • PEM2

  • 底面ファントレイ

  • IOC または SPC スロット 6 から 11

  • SCB スロット 1 および 2

ゾーン1

  • PEM1

  • PEM3

  • 上部ファン トレイ

  • IOC または SPC スロット 0 から 5

  • SCB スロット 0

図 1 は、DC 電源、大容量 AC 電源、大容量第 2 世代 AC、または高電圧第 2 世代ユニバーサル(HVAC または HVDC)電源によって給電される SRX5800 ファイアウォール シャーシ内の、電源からシャーシ コンポーネントへの電力分配を示しています。

図1:SRX5800ファイアウォールシャーシ内のDC、大容量AC、大容量第2世代AC、または高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源からの配電 Power Distribution from DC, or High-Capacity AC, or High-Capacity Second-Generation AC, or High-Voltage Second-Generation Universal (HVAC/HVDC) Power Supplies in the SRX5800 Firewall Chassis
メモ:

クラフト インターフェイスは、カード ケージの中央にある SCB スロット 0、1、および 2 に取り付けられている SCB から電力を引き出します。標準設定では、スロット0および1にSCBがある場合、2つのゾーンのいずれかが電力を失った場合でも、クラフトインターフェイスの電源がオンになります。しかし、シャーシに SCB が 1 つしかインストールされていない場合、クラフト インターフェイスはそのカードからすべての電力を引き出すため、SCB がインストールされているゾーンの電源が切れると電源がオフになります。

2 台または 4 台の DC 電源モジュール、大容量 AC 電源モジュール、大容量の第 2 世代 AC、または高電圧第 2 世代ユニバーサル(HVAC または HVDC)電源モジュールを取り付けることができます。2つのゾーンに電力を供給するには2台の電源が必要ですが、4台の電源は両方のゾーンに完全な冗長性を提供します。スロットPEM0およびPEM2の電源は、スロットPEM1およびPEM3の電源モジュールと同様に、冗長ペアを形成します。 ゾーンに2台の電源が設置されている場合、それらは負荷を共有します。電源に障害が発生した場合、その冗長電源が中断することなくそのゾーンの全負荷を引き継ぎます。

電源装置を 2 台だけ取り付ける場合は、1 台を奇数番号のスロットに、もう 1 台を偶数番号のスロットに取り付ける必要があります。たとえば、スロット PEM0 と PEM1 のそれぞれに 1 つの大容量 AC 電源モジュールを取り付けることができます。

SRX5800ファイアウォール標準容量AC電源

各標準容量 AC 電源モジュールには、対応する AC アプライアンスのインレットが、電源モジュールの真上のシャーシに配置されています。各インレットには、専用の AC 電源と専用の 15 A(250 VAC)サーキットブレーカーが必要です。 図2を参照してください。

警告:

安全性と電磁干渉(EMI)の要件を満たし、適切に動作することを保証するには、電源を接続する前にファイアウォールシャーシを適切に接地する必要があります。手順については 、SRX5800ファイアウォールの接地 を参照してください。

図2:標準容量のAC電源 Standard-Capacity AC Power Supply

SRX5800ファイアウォール標準容量AC電源LED

各標準容量 AC 電源モジュールの前面プレートには、電源装置のステータスを示す 3 つの LED があります( 表 3 を参照)。電源の状態は、クラフト インターフェイスの 2 つの LED にも反映されます。さらに、電源に障害が発生すると、クラフト インターフェイスに赤色のアラームLEDがトリガーされます。

表 3: 標準容量の AC 電源 LED

ラベル

状態

説明

AC OK

オフ

電源装置に供給されているAC電源が正常な動作範囲内にありません。

電源装置に供給されているAC電源は、通常の動作範囲内です。

DC OK

オフ

電源装置によって生成されたDC電源出力が通常の動作範囲内にありません。

電源装置によって生成されたDC電源出力は、通常の動作範囲内です。

PS失敗

オフ

電源装置は正常に機能しています。

電源装置が正常に機能していません。詳細については、 AC OK および DC OK LED を確認してください。

SRX5800ファイアウォール大容量AC電源

大容量 AC 電源は、それぞれ最大 4100 W の電力を供給します。2台の大容量電源が必要で、冗長性のために4台の大容量電源モジュールを取り付けることができます。各大容量 AC 電源モジュールには、対応する 2 つの AC アプライアンス インレットがあります。1 つは電源モジュールの真上のシャーシにあり、もう 1 つは電源自体の上端付近にあります。電源モジュールごとに、電源モジュールの上にあるシャーシのインレットに 1 本の電源コードを、電源モジュール自体のインレットに 1 本の電源コードを接続します。接続する各インレットには、専用の AC 電源と専用の 15 A(250 VAC)サーキットブレーカーが必要です。 図3を参照してください。

メモ:

ファイアウォールは、標準容量と大容量のAC電源から同時に電力を供給することはできません。唯一の例外は、標準容量のAC電源を大容量のAC電源に交換するプロセスで、両方のタイプを一時的に設置することが許容される場合です。

メモ:

大容量電源は、2 つの AC インレットのうち 1 つだけを AC 電源に接続された状態で動作します。ただし、DC出力は最大1700Wに制限されます。各大容量 AC 電源モジュールに 2 つの AC 電源を接続することをお勧めします。

メモ:

大容量の AC 電源を使用するには、ファイアウォールで Junos OS リリース 10.4 以降が実行されている必要があります。

各大容量AC電源には入力モードスイッチがあり、小さな金属板で覆われています。入力モードスイッチは、予想されるAC電源フィードの数をシステムに通知します。入力モード スイッチの設定を 表 4 に示します。既定の設定は 1 です。

表4:大容量AC電源入力モードスイッチ設定

モードスイッチ設定

AC 入力

結果

1

両方のACインレットに電力が供給されます

4100 WのAC出力

AC OK LEDライト

ACインレットは1つだけ電源

1700 WのAC出力

AC OK LEDライト

0

両方のACインレットに電力が供給されます

4100 WのAC出力

AC OK LEDライト

ACインレットは1つだけ電源

AC 出力は無効です

AC OK LEDが消灯

メモ:

入力モード スイッチを 1 に設定し、2 つの AC 入力フィードを各大容量 AC 電源に接続することをお勧めします。

警告:

安全性と電磁干渉(EMI)の要件を満たし、適切に動作することを保証するには、電源を接続する前にファイアウォールシャーシを適切に接地する必要があります。手順については 、 SRX5800ファイアウォールの接地 を参照してください。

図3:大容量AC電源 High-Capacity AC Power Supply

SRX5800ファイアウォール大容量 AC 電源 LED

各大容量 AC 電源モジュールの前面プレートには、電源モジュールのステータスを示す 4 つの LED があります( 表 5 を参照)。電源の状態は、クラフト インターフェイスの 2 つの LED にも反映されます。さらに、電源に障害が発生すると、クラフト インターフェイスに赤色のアラームLEDがトリガーされます。

表 5:大容量 AC 電源モジュールの LED

ラベル

状態

説明

AC-1 OK

オフ

上部アプライアンスインレットの電源に適用されるAC電源が通常の動作範囲内にありません。

上部アプライアンスインレットの電源に適用されるAC電源は、通常の動作範囲内です。

AC-2 OK

オフ

下部アプライアンスインレットの電源に印加されているAC電源が通常の動作範囲内にありません。

下部アプライアンスインレットの電源に適用されるAC電源は、通常の動作範囲内です。

DC OK

オフ

電源装置によって生成されたDC電源出力が通常の動作範囲内にありません。

電源装置によって生成されたDC電源出力は、通常の動作範囲内です。

PS失敗

オフ

電源装置は正常に機能しています。

電源装置が正常に機能していません。詳細については、AC-1 OK、AC-2 OKおよび DC OK LED を確認してください。

SRX5800ファイアウォール大容量第2世代AC電源

SRX5800ファイアウォールは、4つの大容量の第2世代AC電源からも電力を供給できます。大容量の第 2 世代電源は、シャーシ内の隣接するスロットに取り付ける必要があります。これらのデバイスは、1フィードモードまたは2フィードモードのいずれかで動作できます。大容量 AC 電源のフィードあたりの最大突入電流は、264 VAC でフィードあたり 38 A です。

図4:SRX5800ファイアウォール大容量第2世代AC電源 SRX5800 Firewall High-Capacity Second-Generation AC Power Supply

ワンフィードモードでは、電源装置は縮小容量(2550 W)で電力を供給します。2給電モードでは、電源装置は最大容量(5100W)で電力を供給します。SRX5800をフル稼働させるには、ツーフィードモードを使用する必要があります。大容量の第2世代AC電源の場合、1フィードにつき1つの電源コードが必要です。したがって、SRX5800ファイアウォールをフル稼働させるには、8本の電源コードが必要です。

各大容量の第 2 世代 AC 電源モジュールは、2 つの C19/C20 AC レセプタクルで 2 つの AC フィードを受け入れます。両方のレセプタクルは電源モジュール上にあります。シャーシにあるレセプタクルは使用しないでください。サポートされている電源ケーブルについては、 SRX5800ファイアウォール のAC電源コードの仕様を参照してください。

大容量の第 2 世代 AC 電源モジュールを ワンフィード モードで使用する場合は、電源コードの一方の端を電源モジュールの対応する AC コンセントに直接差し込み、もう一方の端を AC コンセントに差し込みます。大容量の第2世代AC電源を2給電モードで使用する場合は、2本の電源コードが必要です。両方の電源コードを電源装置の AC コンセントに差し込み、ケーブルのもう一方の端を AC コンセントに差し込みます。

大容量の第 2 世代 AC 電源構成では、SRX5800 ファイアウォール内の特定のコンポーネントに電力を供給する 2 つのゾーンがあります。冗長性はゾーンごとに 1+1 です。 表 6 に、大容量 AC 電源構成の各ゾーンで電力を受け取るコンポーネントを示します。

表 6: SRX5800 ファイアウォールにおける大容量第 2 世代電源装置のゾーニング
シャーシの電源構成 ゾーン電源( PEM)、次の宛先に電力を供給します。

大容量の第2世代AC電源

ゾーン 0

  • PEM0

  • PEM2

  • 底面ファントレイ

  • IOC または SPC スロット 6 から 11

  • SCB スロット 1 および 2

大容量の第2世代AC電源

ゾーン1
  • PEM1

  • PEM3

  • 上部ファン トレイ

  • IOC または SPC スロット 0 から 5

  • SCB スロット 0

SRX5800ファイアウォール大容量第2世代AC電源LED

各大容量第 2 世代 AC 電源モジュールの前面プレートには、電源モジュールのステータスを示す 4 つの LED があります( 図 5 および 表 7 を参照)。

図5:大容量の第2世代AC電源LED High-Capacity Second-Generation AC Power Supply LEDs
表 7: 大容量の第 2 世代 AC 電源 LED

ラベル

状態

説明

INP0 OK

オフ

電源装置に供給されているAC電源が正常な動作範囲内にありません。

電源装置に供給されているAC電源は、通常の動作範囲内です。

INP1 OK

オフ

電源装置に供給されているAC電源が正常な動作範囲内にありません。

電源装置に供給されているAC電源は、通常の動作範囲内です。

DC OK

オフ

電源装置によって生成されたDC電源出力が通常の動作範囲内にありません。

電源装置によって生成されたDC電源出力は、通常の動作範囲内です。

PS失敗

オフ

電源装置は正常に機能しています。

電源装置が正常に機能していません。詳細については、 AC OK および DC OK LED を確認してください。

SRX5800ファイアウォール AC 電源の仕様

表 8 に、標準容量、大容量、および大容量の第 2 世代 AC 電源モジュールの AC 電源モジュールの電気的仕様を示します。 表 9 に、AC 電源システムの電気的仕様を示します。

表 8: AC 電源装置の電気的仕様

項目

仕様

標準容量

大容量

大容量第2世代

最大出力電力

1700W

4100 W(AC 入力 2 つ)

1700 W(1 つの AC 入力)

5100 W(AC 入力 2 つ)

2550 W(1つのAC入力)

AC 入力電流定格

11 A @ 240 VAC 最大

13 A @ 240 VAC(AC入力あたり最大240 A)(2つのAC入力を使用する場合は電源あたり26 A)

AC入力あたり16 A @ 200 VAC(2つのAC入力を使用する場合は電源あたり32 A)

AC 入力電圧

動作範囲:200〜240 VAC

動作範囲:180〜264 VAC

AC入力ライン周波数

50 から 60 Hz

47 から 63 Hz

効率

~88%

メモ:

この値は、全負荷時および公称電圧時です。

~91%

メモ:

この値は、全負荷時および公称電圧時です。

表9:AC電源システムの仕様

項目

通常容量

大容量

大容量第2世代

各電源に 2 つの AC 入力

電源ごとに 1 つの AC 入力

各電源に 2 つの AC 入力

電源ごとに 1 つの AC 入力

冗長性

3+1

2+2

2+2

2+2

2+2

電源当たりの出力電力(最大)

1700W

4100W

1700W

5100W

2550W

システムあたりの出力電力(最大)

5100W

8200W

3400W

1.2キロワット

5100W

SRX5800ファイアウォールのAC電源コードの仕様

各 AC 電源モジュールには、専用の AC 電源供給を必要とする電源モジュールの真上のシャーシに 1 つの AC アプライアンスインレットがあります。ほとんどのサイトでは、フレームに取り付けられた配電パネルにつながるメイン導管を介して電力を分配し、そのうちの1つはファイアウォールを収容するラックの上部に配置できます。AC 電源コードは、各電源モジュールを配電パネルに接続します。

ファイアウォールにはAC電源コードは同梱されていません。電源コードは、 表 10 に示されているモデル番号を使用して別途注文する必要があります。コードのC19アプライアンスカプラーの端は、国際電気標準会議(IEC)標準20で説明されているように、ACアプライアンスインレットカプラータイプC60320(直角)に挿入します。電源コードのプラグ端は、地理的な場所の標準の電源レセプタクルに適合します。

表 10 に仕様を示し、 図 6 に、国または地域ごとに用意されている AC 電源コードのプラグを示します。

表 10:AC 電源コードの仕様

モデル番号

電気的仕様

プラグタイプ

オーストラリア

CBL-M-PWR-RA-AU

240 VAC 50 Hz AC

SAA/3

中国

CBL-M-PWR-RA-CH

220 VAC、50 Hz AC

PSB-10

ヨーロッパ(デンマーク、イタリア、スイス、英国を除く)

CBL-M-PWR-RA-EU

220または230 VAC、50 Hz AC

CEE 7/7

イタリア

CBL-M-PWR-RA-IT

230 VAC、50 Hz AC

CEI 23-16/VII

日本

CBL-M-PWR-RA-JP

220 VAC、50 または 60 Hz AC

NEMA L6-20P

北米

CBL-M-PWR-RA-TWLK-US

250 VAC、60 Hz AC

NEMA L6-20P

英国

CBL-M-PWR-RA-UK

240 VAC 50 Hz AC

BS89/13

図6:ACプラグのタイプ AC Plug Types

各大容量の第2世代(MX960-PSM-5K-AC)電源には、電源自体に2つのACアプライアンスインレットがあります。各コンセントには、専用の AC 電源と専用のブレーカーが必要です。 表11 に、大容量の第2世代PSMの仕様を示します。

注意:

電源コードケーブルの曲げ半径は7インチです。ラックのケーブル・チャネルにケーブルをドレスアップするときは、ケーブルを曲げ半径を超えて曲げないでください。

表11: MX960-PSM-5K-AC PSM のAC電源コードの仕様

モデル番号

電気的仕様

プラグタイプ

グラフィック

北米

CBL-M-PWR-RA-JP

250 VAC、20 A、50 または 60 Hz AC

NEMA L6-20P タイプ NEMA ロック

北米

CBL-M-PWR-RA-US

250 VAC、20 A、60 Hz

NEMA 6-20、タイプN6 / 20

全世界(米国を除く)

CBL-MX-PWR-C19-C20

250 VAC、16 A、50 Hz

EN 60320-2-2/1

中国

CBL-PWR-C19S-162-CH

250 VAC、16 A、50 Hz

GB 1002 タイプ PRC/3/16

ヨーロッパ大陸

CBL-PWR-C19S-162-EU

250 VAC、16 A、50 Hz

CEE (7) VII タイプ VIIG

イタリア

CBL-PWR-C19S-162-IT

250 VAC、16 A、50 Hz

CEI 23-16 タイプ I/3/16

スイス

CBL-MX-PWR-C19-SZ

250 VAC、16 A、50 Hz

SEV 5934/2タイプ23G

警告:

ファイアウォールのAC電源コードは、ファイアウォールでの使用のみを目的としており、その他の用途には使用できません。

警告:

安全性と電磁干渉(EMI)要件を満たし、適切に動作することを保証するには、電源を接続する前にファイアウォールシャーシを適切に接地する必要があります。手順については 、 SRX5800ファイアウォールの接地 を参照してください。

注意:

電源コードやケーブルは、ファイアウォールコンポーネントへのアクセスをブロックしたり、他の人がつまずく可能性のある場所にドレープしたりしてはなりません。

メモ:

北米では、米国電気工事規程(NEC)のセクション400-8(NFPA 75、5-2.2)および210-52、およびカナダ電気工事規程(CEC)のセクション4-010(3)に準拠するため、AC電源コードの長さは4.5m(約14.75フィート)を超えてはなりません。 表10 にリストされているコードは準拠しています。

入力モードスイッチ(DIPスイッチ)の設定について

大容量 AC 電源モジュールと大容量第 2 世代 AC 電源モジュールには、それぞれ前面プレートに 2 つの入力モード スイッチ(DIP スイッチ)があります。DIP スイッチは、給電障害や接続ミスが発生した場合にアラームを生成するのに役立つ重要な情報を電源管理サブシステムに提供します。各PSMには、フィードがアクティブかどうか、およびフィードが正しく接続されているかどうかを示すLEDがあります。接続されているフィードの数に応じて、大容量 AC または大容量の第 2 世代 AC 電源の各 DIP スイッチを設定する必要があります。1 つのフィードが接続されている場合、システムは容量削減モードで稼働しています。2 つのフィードが接続されている場合、システムはフルキャパシティー モードで動作します。次の DIP スイッチ設定を使用します。

  • 位置-0 は、1つのACフィードが存在することを示します

  • 位置-1 は、2つのACフィードが存在することを示します

7 および 図 8 を参照してください。

図7:入力モードスイッチ(DIPスイッチ) Setting the Input Mode Switch (DIP Switch)の設定
図8:大容量第2世代AC PSM Setting the Input Mode Switch (DIP Switch) on High-Capacity Second-Generation AC PSMの入力モードスイッチ(DIPスイッチ)の設定
1

位置 1 は、2 つの AC フィードが存在することを示します

2

位置 0 は、1 つの AC フィードが存在することを示します

show chassis powerコマンドを使用して、大容量 AC 電源の DIP スイッチ設定が正しい位置に設定されていることを確認します。コマンド出力の例を次に示します。

例1:DIPスイッチの適切な設定

例 1 では、 PEM 0 は、2 つの AC フィードが予想され、2 つの AC フィードが接続された状態で、最大容量(5100 W)で動作しています。これは、2つのACフィードが接続されているため、DIPスイッチが 位置1 に正しく設定されていることを示しています。この例は、 PEM 2 が1つのACフィードが予想され、1つのACフィードが接続された状態で、削減された容量(2550 W)で実行されていることも示しています。これは、フィードが 1 つ存在するため、DIP スイッチが 位置 0 に正しく設定されていることを示します。

例 2 は、DIP スイッチが正しく設定されていない場合の show chassis power コマンド出力を示しています。

例2:DIPスイッチの不適切な設定

ステータスは PEM 0 、システムが OnlineAC Input OKは、2 つの AC フィードが予想され、2 つの AC フィードが接続された状態で、フル容量(5100 W)で動作していることを示します。ただし、 の状態 PEM 2に注意してください。 State である Present AC input と である Check (2 feed expected, 1 feed connected)。これは、DIP スイッチの設定と接続されているフィードの数が一致していないことを示します。したがって、電源装置は縮小容量(2550 W)で動作しています。PEM 1 をフルキャパシティで実行する必要がある場合は、電源装置に 2 つのフィードが接続されており、DIP スイッチが位置 1 に設定されていることを確認します。

SRX5800ファイアウォールのAC電源サーキットブレーカーの要件

各 AC 電源モジュールには、専用の AC 電源供給を必要とする電源モジュールの真上のシャーシに 1 つの AC アプライアンスインレットがあります。AC電源ごとに、または地域の条例で要求されている、最小定格15 A(250 VAC)の専用のお客様用サーキットブレーカーを使用することをお勧めします。

各大容量第2世代(MX960-PSM-5K-AC)電源は、2つの固有のACレセプタクルで2つのACフィードを受け入れます。大容量の第2世代AC電源ごとに、または地域の条例で要求されているように、最小定格38 A(264 VAC)の専用のお客様用サーキットブレーカーを使用することをお勧めします。

各電源コードフィードには専用のサーキットブレーカーが必要です。

SRX5800ファイアウォール用高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源

このSRX5800は、4つの高電圧第2世代ユニバーサル電源(MX960-PSM-HV)から電力を供給できます。MX960-PSM-HVは、高電圧交流(HVAC)または高電圧直流(HVDC)に対応しています。MX960-PSM-HV電源は、シャーシ内の隣接するスロットに取り付ける必要があります。MX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)電源ユニットのフロントパネルには、定格30 Aの電源ユニットに1つの電源インレットがあります。インレットには専用の電源と専用のブレーカーが必要です。すべての電源について、サーキットブレーカー保護は、このドキュメントで指定されている電源の最大消費電流に基づいて、米国電気工事規程(NEC)または同様の地域規格に従って設計する必要があります。

MX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)の電源構成はゾーン分けされており、SRX5800シャーシの特定のコンポーネントに特定の電源から電力が供給されます。

9および図10は、SRX5800用のMX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)電源を示しています。

図9: MX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)電源 MX960-PSM-HV (HVAC/HVDC) Power Supply

MX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)の各電源は、5100Wの出力電力を提供します。各電源モジュールには、電源モジュール上に 1 つのコンセントがあります。シャーシにあるレセプタクルは使用しないでください。

図10:取り付けられているMX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)電源装置 MX960-PSM-HV (HVAC/HVDC) Power Supplies Installed
1

排気

4

電源イジェクタ

2

配電ユニットカバー

5

接地点

3

電源

6

Esd

ルーターには、常に最小数の電源装置が搭載されている必要があります。 表 12 を参照してください。

表 12: SRX5800 ファイアウォールに必要な最小電源装置の数
構成 最小必要な電源の数 モデル番号

HVAC または HVDC

ゾーンごとに 1 つ x 2 つのゾーン = 2 つの電源

MX960-PSM-HV

高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源LED

高電圧第 2 世代ユニバーサル(MX960-PSM-HV)の各電源前面プレートには、電源装置の状態を示す 3 つの LED があります( 図 11 を参照)。電源の状態は、クラフト インターフェイスの 2 つの LED にも反映されます。さらに、電源に障害が発生すると、クラフト インターフェイスの赤いアラーム LED がトリガーされます。

図11:MX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)電源LED MX960-PSM-HV (HVAC/HVDC) Power Supply LEDs
表13:MX960-PSM-HV(HVAC/HVDC)電源装置LED

ラベル

状態

説明

INP OK

オフ

電源装置に供給されているAC電源が正常な動作範囲内にありません。

電源装置に供給されているAC電源は、通常の動作範囲内です。

DC OK

オフ

電源装置によって生成されたDC電源出力が通常の動作範囲内にありません。

電源装置によって生成されたDC電源出力は、通常の動作範囲内です。

PS失敗

オフ

電源装置は正常に機能しています。

電源装置が正常に機能していません。詳細については、 AC OK および DC OK LED を確認してください。

SRX5800ファイアウォール用の高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源の仕様

表14 に、MX960-PSM-HV(HVACまたはHVDC)電源装置の電気的仕様を示します。

表 14: 電源装置の電気的仕様

項目

仕様

HVAC/HVDC電源

最大出力電力

5100W

AC 公称入力電圧

動作範囲:200-305 VAC

DC 公称入力電圧

DC200-410V

AC 入力電流定格

最大 30 A

DC入力電流定格

最大 30 A

 

最大AC突入電流

70 A @ 264 VAC

最大DC突入電流

70 A @ 410 VDC

項目

高電圧第2世代ユニバーサル電源

冗長性

2+2

電源当たりの出力電力(最大)

5100W

SRX5800ファイアウォールの高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源コードの仕様

MX960-PSM-HV(HVAC または HVDC)電源は、30A 入力に設定した場合、大電流ケーブルアセンブリを必要とします。ケーブルの一方の端には Anderson APP-400 コネクタがあり、ケーブルのもう一方の端は裸線です。 図 12 および 表 15 を参照してください。これらのケーブルは別途注文可能であり、MX960-PSM-HVの注文時に自動的に出荷されることはありません。直角ケーブルとコネクターの例を 図14に示します。ACシステムに接続するために、ジュニパーはNEMA 30-Aコネクタ(図12)またはIEC 330P6Wコネクタ(図13)のいずれかを備えたケーブルを提供しています。

図 12: NEMA 30-A コネクタ NEMA 30-A Connector
図 13: IEC 330P6W コネクタ IEC 330P6W Connector

MX960-PSM-HV(HVAC または HVDC)電源のフロントパネルには、C20レセプタクルが 1 つ付いています。カバーは、シャーシ上部の PDM の C20 コンセントを覆うように取り付ける必要があります。入力レセプタクルは、アンダーソン定格30A、400VのAPP2007Gタイプです。

高電圧交流(HVAC)および高電圧直流(HVDC)には、特定のコード要件があります。 表 15 に、国または地域ごとに提供されている電源コードの仕様とプラグ規格を示します。

注意:

電源コードケーブルの曲げ半径は7インチです。ケーブルをラックのケーブル・チャネルに着せるときは、ケーブルを曲げ半径を超えて曲げないでください。

表 15: 30 A ケーブル オプション

スペアジュニパーモデル番号

ロケール

コードセット定格

コネクタ

CBL-PWR2-332P6W-RA

ヨーロッパ大陸

AC 電源コード

30-A 250 VAC

アンダーソン/IEC 332P6に直角

CBL-PWR2-ベア-RA

北米

HVAC/HVDC 電源コード

30A、400 VAC

アンダーソン/裸線への直角

CBL-PWR-SG4-RA

アメリカ

30A、400 VAC

SAF-D-GRID 400 ライトアングル (LH)

CBL-PWR-SG4

北米

AC ジャンパ電源コード

30A、400 VAC

SAF-D-GRID 400 ライトアングル (LH)

CBL-PWR2-ベア

北米

HVAC/HVDC 電源コード

30-A、400 VAC

アンダーソン/ストレートからベアワイヤー

図14:アンダーソンコネクタ Right-Angle, Bare Cable with Anderson Connector付きの直角裸ケーブル
1

黒線–プラス(+)

3

白線–負

2

グリーンワイヤーアース

 
警告:

ルーターのAC電源コードは、ルーターでの使用のみを目的としており、その他の用途には使用できません。

警告:

日本語からの翻訳: 付属の電源ケーブルは本製品専用です。ケーブルを他の製品に使用しないでください。

メモ:

北米では、米国電気工事規程(NEC)のセクション400-8(NFPA 75、5-2.2)および210-52、およびカナダ電気工事規程(CEC)のセクション4-010(3)に準拠するため、AC電源コードの長さは4.5m(約14.75フィート)を超えてはなりません。準拠している AC 電源コードを注文できます。

警告:

ルーターは、アクセス制限場所に設置されたプラガブルタイプA機器です。電源コードの接地ピンに加えて、シャーシには個別の保護接地端子(メートル法[–M6]および英語の[–1/4-20]ネジ接地ラグ)があります。この個別の保護アース端子は、アースに恒久的に接続する必要があります。

注意:

電源コードやケーブルは、デバイスコンポーネントへのアクセスを妨げたり、人がつまずく可能性のある場所にドレープしたりしてはなりません。

SRX5800ファイアウォールの高電圧第2世代ユニバーサル(HVAC/HVDC)電源サーキットブレーカーの要件

すべての電源装置のサーキットブレーカー保護は、このドキュメントで指定されている電源装置の最大消費電流に基づいて、システム設置国の米国電気工事規程(NEC)、または同様の地域規格に従って設計する必要があります。

高電圧ユニバーサル(MX960-PSM-HV)の各電源には、単一のフィードがあります。入力 AC または DC レセプタクル入口は、電源装置の前面パネルにあります。

各電源コードフィードには専用のサーキットブレーカーが必要です。サーキットブレーカー保護のサイズは、システム設置国の米国電気工事規程(NEC)、またはこのドキュメントで指定されている電源装置の最大消費電流に基づく同様の地域規格に従って設計することをお勧めします。

注意:

NECあたりの定格電流の125%以上の定格の2極サーキットブレーカーを使用するか、ローカルコードとして使用してください。

建物のサーキットブレーカーによる一次過電流保護。このブレーカーは、ANSI / NFPA 70であるNECに従って、過電流、短絡、および地絡を防ぐ必要があります。

SRX5800ファイアウォール標準容量DC電源

DC電源構成では、ファイアウォールには2つまたは4つのDC電源があり(図15を参照)、シャーシの背面下部のスロットPEM0〜PEM3(左から右)に配置されています。DC 電源システムを 2 台から 4 台の電源装置にアップグレードできます。

4 つの電源が完全な冗長性を提供します。DC電源に障害が発生した場合、その冗長電源が途切れることなく引き継ぎます。

各DC電源には単一のDC入力(–48 VDCおよびリターン)があり、最大のハードウェア構成には専用の80 A(–48 VDC)サーキットブレーカーが必要です。

図 15: 標準容量の DC 電源 Standard-Capacity DC Power Supply

SRX5800ファイアウォール標準容量DC電源LED

各標準容量 DC 電源モジュールの前面プレートには、電源モジュールのステータスを示す 3 つの LED があります( 表 16 を参照)。電源の状態は、クラフト インターフェイスの 2 つの LED にも反映されます。さらに、電源に障害が発生すると、クラフト インターフェイスに赤色のアラームLEDがトリガーされます。

表 16:DC 電源装置の LED

ラベル

状態

説明

PWR OK

オフ

電源装置が正常に機能していません。詳細については、 入力OK LEDを確認してください。

電源装置は正常に機能しています。

ブレーカーオン

オフ

DC 電源の回路ブレーカーがオフになっています。

DC 電源の回路ブレーカーがオンになっている。

入力OK

オフ

PEM への DC 入力がありません。

DC入力が存在し、正しい極性で接続されています。

琥珀

DC入力はありますが、逆極性で接続されています。

SRX5800ファイアウォール大容量DC電源

大容量DC電源は、それぞれ最大4100Wの電力を供給します。大容量DC電源を2台必要とし、冗長性を確保するために大容量DC電源を4台設置することができます。各大容量 DC 電源モジュールには、2 つの DC 電源供給用のインレットがあります。4 つの電源コネクタ(2 つのインレットのそれぞれに -48V および RTN)は、電源装置の底面近くの透明なプラスチックカバーの後ろにあります。使用する各DC電源インレットには、専用のDC電源と専用の80Aサーキットブレーカーが必要です。 図 16 を参照してください。

メモ:

ファイアウォールは、標準容量と大容量のDC電源から同時に電力を供給することはできません。1つの例外は、標準容量のDC電源モジュールを大容量のDC電源モジュールに交換する場合で、両方のタイプを短時間に設置することが許容される場合です。

メモ:

大容量電源は、2 つの DC インレットのうち 1 つだけを DC 電源に接続された状態で動作します。ただし、DC出力は最大1700Wに制限されます。各大容量 DC 電源モジュールに 2 つの DC 電源フィードを接続することを推奨します。

メモ:

大容量のDC電源を使用するには、ファイアウォールでJunos OSリリース12.1X44-D10以降が実行されている必要があります。

各大容量DC電源には入力モードスイッチがあり、小さな金属板で覆われています。入力モードスイッチは、予想されるDC給電の数をシステムに通知します。入力モードスイッチの設定を 表17に示します。既定の設定は 1 です。

表17:大容量DC電源入力モードスイッチ設定

モードスイッチ設定

DC 入力

結果

1

両方のDCインレットに電力が供給されます

4100WのDC出力

DC OK LEDライト

1つのDCインレットのみ電力供給

1700WのDC出力

DC OK LEDが消灯

0

両方のDCインレットに電力が供給されます

4100WのDC出力

DC OK LEDライト

1つのDCインレットのみ電力供給

DC 出力は無効です

DC OK LEDが消灯

メモ:

入力モード スイッチを 1 に設定し、2 つの DC 入力フィードを各大容量 DC 電源モジュールに接続することを推奨します。

警告:

安全性と電磁干渉(EMI)の要件を満たし、適切に動作することを保証するには、電源を接続する前にファイアウォールシャーシを適切に接地する必要があります。手順については 、 SRX5800ファイアウォールの接地 を参照してください。

図 16: 大容量 DC 電源 High-Capacity DC Power Supply

SRX5800ファイアウォール大容量DC電源LED

各大容量 DC 電源モジュールの前面プレートには、電源装置のステータスを示す 4 つの LED があります( 表 18 を参照)。電源の状態は、クラフト インターフェイスの 2 つの LED にも反映されます。さらに、電源に障害が発生すると、クラフト インターフェイスに赤色のアラームLEDがトリガーされます。

表 18: 大容量 DC 電源装置の LED

ラベル

状態

説明

INP0 OK

オフ

入力 INP0 の電源モジュールに印加されている DC 電源が、正常な動作範囲内にありません。

入力 INP0 の電源モジュールに印加される DC 電源は、通常の動作範囲内です。

INP1 OK

オフ

入力 INP1 の電源モジュールに印加されている DC 電源が、通常の動作範囲内にありません。

入力 INP1 の電源モジュールに印加される DC 電源は、通常の動作範囲内です。

DC OK

オフ

電源装置によって生成されたDC電源出力が通常の動作範囲内にありません。

電源装置によって生成されたDC電源出力は、通常の動作範囲内です。

PS失敗

オフ

電源装置は正常に機能しています。

電源装置が正常に機能していません。詳細については、INP0 OK、INP1 OK、および DC OK LED を確認してください。

SRX5800ファイアウォールDC電源の仕様

表 19 に、DC 電源装置の電気的仕様を示します。

表 19: DC 電源装置の電気的仕様

項目

標準容量

大容量

2フィードモード

ワンフィードモード

最大出力電力

2800W

4100W

1700W

DC 入力電圧

公称: –48 VDC

動作範囲:–40〜–72 VDC

公称: –48 VDC

動作範囲:–40〜–72 VDC

公称: –48 VDC

動作範囲:–40〜–72 VDC

最大入力電流定格 @ 40 VDC

70 A

両方のフィードで128 A(フィードあたり66 Aおよび62 A)

52あ

DC 公称入力電流定格 @48 VDC

58 A maximum@–48 VDC(公称)

両方のフィードで104 A(フィードあたり54 Aおよび50 A)

42A

効率

99%

86%

メモ:

この値は、全負荷時および公称電圧時です。

内部サーキットブレーカ

80A

表 20 に、電源システムの電気的仕様を示します。

表 20: 電力システムの電気的仕様

項目

通常容量

大容量

冗長性

2+2

2+2

電源当たりの出力電力(最大)

2800W

ツーフィードモード

ワンフィードモード

4100W

1700W

システムあたりの出力電力(最大)

5600W

8200W

3400W

SRX5800ファイアウォール用DC電源ケーブルの仕様

表 21 は、供給する必要のある電源ケーブルの仕様をまとめたものです。

表 21:DC 電源ケーブルの仕様

ケーブルタイプ

仕様

電源

各電源装置に 4 本の 6 AWG(13.3 mm2)ケーブル

最低60°Cのワイヤー、または地域の条例で要求されている

注意:

電源接続が適切な極性を維持していることを確認してください。電源ケーブルには、極性を示すために (+ )および (–) のラベルが付いている場合があります。DC 電源ケーブルの標準的な色分けはありません。設置場所の外部 DC 電源で使用されている色分けによって、各電源モジュールの端子スタッドに接続する電源ケーブルのリード線の色分けが決まります。

SRX5800ファイアウォールのDC電源ケーブルラグの仕様

ファイアウォールに同梱されているアクセサリボックスには、各電源の端子スタッドに取り付けるケーブルラグが含まれています( 図17を参照)。

図17:DC電源ケーブルラグ DC Power Cable Lug
注意:

ファイアウォールの設置を開始する前に、資格のある電気技師が、供給する接地ケーブルと電源ケーブルにケーブルラグを接続する必要があります。ラグが正しく取り付けられていないケーブルは、ファイアウォールを損傷する可能性があります。

警告:

ファイアウォールは、アクセス制限場所に設置されたプラグ可能なタイプA機器です。シャーシには、独立した保護接地端子[メートル法-M6および英語-1/4-20ネジ)アースラグ]があります。この個別の保護アース端子は、アースに恒久的に接続する必要があります。

SRX5800ファイアウォールのDC電源サーキットブレーカーの要件

標準容量の電源を使用して最大構成のDC電源を使用するファイアウォールの運用を計画している場合は、システムに少なくとも116 A(フィードあたり58 A)@ –48 VDC(公称)をプロビジョニングすることをお勧めします。それぞれの米国電気工事規程およびお客様のサイトの内部規格に従って定格されたお客様のサイトサーキットブレーカーを使用して、上記の電流に対する適切なレベルの保護を維持します。

大容量電源を備えた最大構成のDC電源ファイアウォールの運用を計画している場合、システムに少なくとも208A(電源あたり104A)@–48VDC(公称)をプロビジョニングすることをお勧めします。これは、2 つの電源がシステムに電力を供給し、冗長電源が電力を供給していないか、存在しない場合の –48 VDC での最大消費電力電流です。それぞれの米国電気工事規程およびお客様のサイトの内部規格に従って定格されたお客様のサイトサーキットブレーカーを使用して、上記の電流に対する適切なレベルの保護を維持します。

DC電源を使用するファイアウォールを最大構成未満で運用する場合は、上記の電流、またはシステムが消費する-48 VDCで消費される連続電流の少なくとも125%に対応する各DC電源モジュールに対して適切な保護レベルを維持するために、それぞれの米国電気工事規程およびお客様サイトの内部基準に従ってサーキットブレーカーをプロビジョニングすることを推奨します。

SRX5800ファイアウォール用のDC電源ケーブル

図18 に、標準的なDC電源のケーブル構成を示します。

図 18: ファイアウォール Typical DC Source Cabling to the Firewallへの一般的な DC 電源ケーブル接続

スロット PEM0 および PEM1 の DC 電源にはフィード A から専用の電源を供給し、スロット PEM2 および PEM3 の DC 電源にはフィード B から専用の電源を供給します。この構成により、システムに一般的に展開される A/B フィードの冗長性が提供されます。

注意:

電源接続が適切な極性を維持していることを確認してください。電源ケーブルには、極性を示すために (+ )および (–) のラベルが付いている場合があります。DC 電源ケーブルの標準的な色分けはありません。設置場所の外部 DC 電源で使用されている色分けによって、各電源モジュールの端子スタッドに接続する電源ケーブルのリード線の色分けが決まります。

警告:

界磁配線接続の場合は、銅導体のみを使用してください。

注意:

電源コードやケーブルは、デバイスコンポーネントへのアクセスを妨げたり、人がつまずく可能性のある場所にドレープしたりしてはなりません。

SRX5800ファイアウォールシャーシの接地点の仕様

警告:

安全性と電磁干渉(EMI)要件を満たし、適切に動作することを保証するには、電源を接続する前にファイアウォールシャーシを適切に接地する必要があります。手順については 、SRX5800ファイアウォールの接地 を参照してください。

注意:

ファイアウォールの設置を開始する前に、資格のある電気技師が、供給する接地ケーブルと電源ケーブルにケーブルラグを取り付ける必要があります。ラグが正しく取り付けられていないケーブルは、ファイアウォールを損傷する可能性があります。

ファイアウォールシャーシには、背面パネルの下端に沿って2つの接地点があります。各接地点は、0.625インチ間隔で配置された2つのネジ穴で構成されています。(15.86 mm)離します( 図19を参照)。左側の接地点は M6 ネジ(ヨーロッパ製)に適合し、右側の接地点は UNC 1/4–20 ネジ(アメリカ製)に適合します。ファイアウォールに同梱されているアクセサリボックスには、アース ケーブルに接続するケーブル ラグと、アース ケーブルをファイアウォールの右側のアース ポイントに固定するための 2 本の UNC 1/4–20 ネジが含まれています。

図 19: SRX5800 ファイアウォール シャーシの接地点 SRX5800 Firewall Chassis Grounding Points

ファイアウォールをアースするには、アースケーブルをアースに接続し、付属の2本のネジを使用してシャーシのアースポイントに取り付ける必要があります。

メモ:

接地されたAC電源コンセントに電源モジュールを接続すると、AC電源のファイアウォールに追加の接地が提供されます。

SRX5800ファイアウォール接地ケーブルの仕様

提供するアース ケーブルは 、表 22 の仕様を満たしている必要があります。

表 22: 接地ケーブルの仕様

ケーブルタイプ

数量と仕様

接地

6 AWG(13.3 mm2)1 本、最低 60°C のワイヤ、またはローカルコードで要求されている

警告:

安全性と電磁干渉(EMI)要件を満たし、適切に動作することを保証するには、電源を接続する前にファイアウォールシャーシを適切に接地する必要があります。手順については 、SRX5800ファイアウォールの接地 を参照してください。

SRX5800ファイアウォール接地ケーブルラグ仕様

ファイアウォールに同梱されているアクセサリボックスには、アースケーブルに接続するケーブルラグ( 図20を参照)と、アースケーブルをアースポイントに固定するための2本のUNC 1/4–20ネジが含まれています。

図20:アースケーブルラグ Grounding Cable Lug
注意:

ファイアウォールの設置を開始する前に、資格のある電気技師が、供給する接地ケーブルと電源ケーブルにケーブルラグを接続する必要があります。ラグが正しく取り付けられていないケーブルは、ファイアウォールを損傷する可能性があります。

メモ:

DC 電源ケーブルにも同じケーブル ラグが使用されています。