Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インターフェイス MX480の保守

DPC MX480の維持

目的

ルーターは、シャーシ前面にある最大 6 個の DPC(Dense Port Concentrators)をポート DPC水平に取り付けできます。ルーターのパフォーマンスを最適化するために、DPC の状態を検証します。

アクション

通常、次の結果を得る必要があります。

  • 各スロットの上にあるクラフト インターフェイスの LED をDPCしてください。緑色の LED には 、「OK」というラベル が付いた緑色の LED が、正常DPC状態では点灯します。

  • 詳細ページ の[OK/FAIL LED]をDPC。詳細については、「 インターフェイス モジュールリファレンス MX シリーズ を参照してください 。通知通知DPC障害が検出された場合、DPC はアラーム メッセージをデバイスに送信ルーティング エンジン。

  • CLI コマンドを発行して、インストール済み DPC のステータスを確認し、インストールされている DPC のステータス show chassis fpc を確認します。サンプル出力に示すように、 ラベルの付いた列の [オンライン] の値は、アプリケーションが正常 State DPCを示します。

    出力の詳細については、 オプションを追加 detail してください。次の例では、スロット番号は指定ではなく、オプションです。

  • CLI を show chassis fpc pic-status 発行します。これらのDPC、 から上に 0~5の番号が付けされています。

    コマンドからの出力の詳細については、 CLI Explorer を参照してください

アプリケーションのMX480 DPC

サービス をDPC、垂直方向または水平方向に保持できます。

注:

1 DPC 6.6 kg(14.5 ポンド)の重量を量ります。持ち上げると、重量にDPC受け入れる準備が必要です。

データを垂直にDPCするには、次の方法が必要です。

  1. フェースプレートがDPCに向かいます。方向を確認するには、デバイスのテキストDPCが右側面上に、EMI(電磁妨害)帯が右手にあるか確認します。
  2. 上部のエッジから下DPCの 4 分の 1 の方の面プレートに手を回します。EMI シールド 端子を変形しないように、押し付けは避けてから行います。
  3. もう一方をエッジの下のエッジにDPC。

手のDPC前に水平の場合、左手をフェースプレートの周囲に、右手を下のエッジに沿って配置します。

データを水平DPCするには、次の方法に示します。

  1. フェースプレートがDPCに向かいます。

  2. 右手で上部のエッジを左と下のエッジを把握します。

これらの前面の前面は、DPCに対して取り付けすることができます。

この問題に対DPC、何にもぶつかってはいけません。DPCは脆弱です。

本資料で示されている場所DPC場所を決して把握したり、把握したりし決して行ってくさい。特に、コネクターと下のエッジが入る隅にある電源コネクターで、コネクターのエッジを決してつかんではいけずです。図 1 を参照してください

図 1:コネクターのエッジは把握しない Do Not Grasp the Connector Edge

フェースプレートのDPCを、1 つの手だけで行うのは決して行ってくさい。

エッジの任意のエッジをDPC、ハード 面に直接付け込んで はいきなさい(図 2 を参照)。

DPC はスタックしない。

図 2:エッジにDPCをしない Do Not Rest the DPC on an Edge

垂直方向と水平方向の間でDPC一時的にエッジに配置する必要がある場合は、手をエッジと表面の間のクッションとして使用します。

アプリケーションのMX480 DPC

以下のようにアプリケーション アプリケーションDPCする必要があります。

  • ルーター内

  • スペアの梱包製品を輸送DPCには

  • 水平方向とシートの金属面下

帯電防止袋の中DPCや輸送用コンテナに入れる場合、必ず帯電防止袋の中に入れます。帯電防止袋DPC重いので、帯電防止袋は脆弱なので、2 人でDPCに簡単に挿入できます。これを行うには、1 人が DPC をフェースプレートの面の水平方向の位置に、もう 1 人は袋の開口部を DPC コネクターエッジの上でスライドします。

自分で袋に入DPC DPCする必要がある場合は、まず平らで安定した面、シートの金属の側面の上に横に横に置きます。フェースプレートDPCの方向を指定します。入念に入念にDPCのコネクターエッジを袋の開口部に挿入し、袋を方に引いて袋を覆って袋をDPC。

他のコンポーネントDPCの下または上に重ねないで、

新しいアプリケーションのMX480 DPC

アプリケーションのMX480 DPC

最大 DPC 5.9 kg(13.1 ポンド)の重量を量ります。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

デバイスを削除するにはDPC(図 3 を参照)。

  1. ブランク パネルまたは交換用DPC、DPC用の静電防止マットを準備DPC。また、光インターフェイスを使用して取りDPCゴム製安全キャップを用意しています。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. 後でケーブルを正しいポートに再接続DPC、ポートの各ポートに接続したケーブルにラベルを付けます。
  4. 以下のいずれかの方法を使用して、イベントをオフラインDPCします。
    • クラフト インターフェイス上で、対応するDPCオンライン ボタンを押したままにします。ボタンの横にある緑色の [OK]LED が点滅し始まります。LED がオフになるまでボタンを押したままにします。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

  5. スイッチからケーブルを取り外DPC。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  6. 光トランシーバおよび各光ファイバー ケーブルの端をゴム製安全キャップですぐに覆います。
  7. ケーブルがストレス ポイントを発生防止するために、ケーブル管理ブラケットに取り外したケーブルを配置します。
  8. 両方のイジェクターを同時に回して、反って取り付けDPC。
  9. ハンドルをつかみ、カードの中DPCから真っ直ぐ引き出します。
  10. 1 つ目の手を前面DPC、もう一方の手を下に置いてサポートします。次のDPCを完全にシャーシから引き出し、静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
    注意:

    バック エンドでは、DPCの重み付けが集中しています。フル 重量(最大 5.9 kg(13.1 ポンド)を受け入れる準備は、シャーシからDPC出します。

    これらのスイッチDPC外の場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

    取り外した後は、DPC を重ね合って積み重ねない。それぞれを帯電防止袋または安定した平らな面の静電防止マットの上に置きます。

  11. DPC を空の DPC スロットに短時間で再インストールしない場合、スロットにブランクDPCパネルを設置して、DPC カード ケージ内の気流を適切に維持します。
    注意:

    DPC をシャーシから取り外した後、少なくとも 30 秒待機してから再挿入し、別のスロットから DPC を取り外したり、DPC を別のスロットに挿入したりします。

図 3:デバイスのDPC Removing a DPC

デバイスのMX480 DPC

最大DPC 6.6 kg(14.5 ポンド)の重量を量ります。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

デバイスを設置するにはDPC(図 4 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. 帯電防止マットDPC、帯電防止袋から取り出します。
  3. 設置するルーターのスロットを識別します。
  4. 各光ファイバー トランシーバがゴム製安全キャップで覆われているか検証します。覆されていない場合、トランシーバを安全キャップで覆います。
  5. フェースプレートがDPC向けします。
  6. 次にDPC持ち上げ、カード ケージの中のガイドDPC注意して取り付けします。
  7. 抵抗を感DPCまで、カード のケージの中にすべての方のカードを挿入します。
  8. 両方のイジェクター ハンドルをつかみ、イジェクターが完全にDPCまで同時に取り付けます。
  9. 各光ファイバー トランシーバおよびケーブルからゴム製安全キャップを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

  10. 各ポートのケーブル コネクター ポートにケーブルをDPCします(図 5 を参照)。
  11. ケーブルを配置して、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  12. 以下のいずれかの方法を使用して、サービス をオンラインDPCします。
    • クラフト インターフェイス上で、対応する DPC のオンライン ボタンを押したまま、ボタンの横にある緑色の [OK]LED が着実に点灯するまで、約 5 秒で点灯します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    注意:

    OK LED が緑色に変わる後、少なくとも 30 秒待機してから、DPC を再度取り外し、別のスロットから DPC を取り外したり、別のスロットに DPC を挿入したりします。

show chassis fpc とコマンドを発行DPCスイッチが正しく 機能しているのも 確認 show chassis fpc pic-status できます。

図 4:デバイスのDPC Installing a DPC
図 5:ケーブルをケーブルの接続DPC Attaching a Cable to a DPC

電源、MPC、MIC、または PIC MX480 DPCのケーブルの交換

デバイス、MPC、MIC、または PIC MX480 DPCケーブルの取り外し

スイッチ、MPC、MIC、または PIC DPCの取り外しと取り付けは、ルーターの機能に影響を与える訳ではありません。

ケーブルを取り外するには、次の方法にアクセスします。

  1. 光ファイバー ケーブルとトランシーバごとにゴム製安全キャップを準備します。
  2. コンポーネントに接続しているすべてのケーブルを取り外す場合、以下のいずれかの方法を使用して、コンポーネントをオフラインにします。
    • デバイスまたは MPC をDPCするには、次の方法に示します。

      • クラフト インターフェイスで、対応するオンライン ボタンを押したままにします。ボタンの横にある緑色の [OK]LED が点滅し始まります。LED がオフになるまでボタンを押したままにします。

      • 次のコマンドを実行CLIします。

        コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    • PICをオフラインにするには、次の方法に注意してください。

      • PIC上のオンライン/オフライン ボタンを押します。FPC3に設置されたPICの場合、ボタンにつながる開口部の中に収まる狭範囲のツールを使用します。PIC LEDがオフになるまで、ボタンを押したままにします(約5秒)。

      • 次のコマンドを実行CLIします。

        コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    • MIC をオフラインにするには、次の方法に注意してください。

      • MIC の [Online/Offline] ボタンを押します。ボタンにつながる開口部の中に入る絞り込み型ツールを使用します。MIC LED がオフになるまで、ボタンを押したままにします(約 5 秒)。

      • 次のコマンドを実行CLIします。

        コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

  3. ケーブルをケーブル コネクター ポートから取り外します。コンポーネントが光ファイバー ケーブルを使用している場合、直ちに各トランシーバと各ケーブルの端をゴム製安全キャップで覆います。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  4. ケーブルをケーブル管理ブラケットから取り外します。
  5. 宛先ポートからケーブルを取り外します。

電源、MPC、MIC、または PIC MX480 DPCにケーブルを取り付け

ケーブルを取り付するには、次の手順に合います。

  1. デバイス、MPC、MIC、またはPICで使用するケーブルの長DPC長さを用意します。ケーブルの仕様については、 インターフェイス モジュール リファレンス MX シリーズを参照してください
  2. ケーブルのコネクター ポートがゴム製安全プラグで覆われている場合、プラグを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  3. ケーブルのコネクターをコンポーネント フェースプレートのケーブル コネクター ポートに挿入します。
  4. ケーブルをケーブル管理ブラケットに配置し、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。ループに大き目を置くことは、その形を維持するのに役立ちます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  5. ケーブルのもう一方の端を宛先ポートに挿入します。
  6. 前の手順を繰り返して、ケーブルを追加できます。
  7. コンポーネントがオフラインの場合(障害インジケータ LEDが点灯)、以下のいずれかの方法を使用して、コンポーネントをオンラインにします。
    • オンラインでインターネットDPCまたは MPC を利用するには、以下の方法に注意してください。

      • クラフト インターフェイス上で対応するオンライン ボタンを押したまま、ボタンの横にある緑色の OK LEDが着実に点灯するまで(約 5 秒)。約 5 秒で表示されます。

      • 次のコマンドを実行CLIします。

        コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    • PICをオンラインにするには、次の方法に注意してください。

      • PIC LEDが緑色になるまで、PICオフライン/オンライン ボタンを押します。FPC2またはFPC3に設置されたPICの場合、ボタンにつながる開口部の中に収まる狭範囲のツールを使用します。

      • 次のコマンドを実行CLIします。

        コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    • MIC をオンラインに接続するには、次の方法にアクセスします。

      • MIC LED が緑色に点灯するまで、MIC オフライン/オンライン ボタンを押します。

      • 次のコマンドを実行CLIします。

        コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    正常に機能するインジケータLEDは、コンポーネントがオンラインの状態を確認します。コマンドを発行して、DPC、またはコマンドを発行して機能しているMICまたはPICを修正することで、正しいエラーまたはMPCが機能 show chassis fpc していることを検証 show chassis fpc pic-status することもできます。

FPC MX480の維持

目的

このMX480、最大 3 つのフレキシブル PIC コンセントレータ(FPC)をシャーシ前面に水平に取り付けます。ルーターのパフォーマンスを最適化するために、FPC の状態を検証します。

アクション

通常、次の結果を得る必要があります。

  • FPC の上のクラフト インターフェイス上の LED を確認します。FPCが正常に 機能 している場合、緑色のLEDで「OK」のラベルが付いた緑色の LED が点灯しています。

  • FPC の OK/FAIL LED を確認します。FPC で障害が検知された場合、FPC はパケットにアラーム メッセージをルーティング エンジン。

  • CLI show chassis fpc を発行して、インストール済みFPCのステータスを確認します。サンプル出力に示すように、ラベルの付いた列の値は、FPC が正常に機能 Online State している状態を示しています。

    出力の詳細については、 オプションを追加 detail してください。次の例では、スロット番号は指定ではなく、オプションです。

  • CLI を show chassis fpc pic-status 発行します。次の例は、スロット 0、1にインストールDPC FPC を示しています

    注:

    FPCは、ポートルーターにDPC場合、2個のスロットをMX シリーズします。このスロット番号は、最小の番号のスロットDPCされます。

    コマンドからの出力の詳細については、 CLI Explorer を参照してください

FPC のMX480保持

注意:

FPC 上の多くのコンポーネントは脆弱です。このドキュメントで指定された方法で FPC を処理できないと、取り返しのつかない損害が発生する可能性があります。

注:

PC を設置した FPC の重量は 8.2 kg(18 ポンド)も可能です。FPC を持ち上げるとき、FPC の重量に完全に対応する準備が必要です。

注意:

FPC の取り扱いまたは携帯時の損傷を防止するには、以下の方法が必要です。

  • FPCを使用する場合、何にもぶつかってはいけません。FPC コンポーネントは脆弱です。

  • 本資料で示されている場所を除き、FPC を把握してくだい。特に、コネクターと下のエッジが入る隅にある電源コネクターで、コネクターのエッジをつかんでは絶対にいきなさい(図 6を参照)。

    図 6:コネクターのエッジは把握しない Do Not Grasp the Connector Edge
  • フェースプレートでは、FPC をたった 1 つの手で運ばない(図 7 を参照)。

    図 7:FPCをたった 1 つの手で運ばない Do Not Carry an FPC with Only One Hand
  • FPC のエッジをハード 面に直接取り付け(図 8 を参照)。FPC を一時的にエッジに配置し、垂直方向と水平方向の間で方向を変更する必要がある場合は、手をエッジと表面の間のクッションとして使用します。

    図 8:FPCをエッジに残さない Do Not Rest the FPC on an Edge

FPC をシャーシまたは機器ラックに設置する場合、水平に FPC を保持します。

FPC がつかむ前に水平の場合、左手をフェースプレートの周囲に、右手を下のエッジに沿って配置します。

FPC を水平に保持するには、次の方法に示します。

  1. フェースプレートが向き合うので、FPC の方向を指定します。
  2. 右手で上部のエッジを左と下のエッジで把握します。

FPC へのMX480の保存

ルーティング プラットフォームに設置しない場合、FPC はスペア FPC が出荷されるコンテナに格納するか、安定した平らな面上でコンポーネント側を上に水平に格納する必要があります。FPC を水平面や輸送用コンテナに保管する場合、常に帯電防止袋の中に入れます。FPC の重量が多く、帯電防止袋は脆弱なので、FPC を袋に挿入する方が 2 人で簡単です。ストレージのガイドラインは次のとおりです。

  • 2 人で FPC を保管する場合、1 人が FPC を自分の体に向いた水平方向の位置に保持し、もう 1 人は袋の開口部を FPC コネクターエッジの上でスライドします。

  • FPC を 1 人で保管する場合、自分で FPC を袋に入れなければならない。まず、フラットで安定した面とコンポーネント側の上に FPC を水平に配置します。FPC の方向をフェースプレートの向きにします。入念に FPC コネクターエッジを袋の開口部に挿入し、袋を方に引いて FPC を覆います。

注意:

FPC 保管時の損傷を防止するには、次の方法に注意を必要とします。

  • 決して FPC のコンポーネント側を下に置いてはいけなけらない。

    図 9:FPCをスタックしない Do Not Stack FPCs
  • 他のコンポーネントの下または上に FPC を積み重ねない(図 9 を参照)。

FPC へのMX480交換

FPC からMX480取り外す

FPCを取り外す場合、ルーターは機能し続けますが、FPCにインストールされているPICインターフェイスは削除されません。

FPCが1台のDPCに2個のMX480します。最大 3 つの FPC を、ルーターの前面に水平方向にMX480できます。FPC はホットインサート可能で、ホットリムーバブルです。空の FPC3 は 6.5 kg(14 ポンド)の重量を量ります。フル構成の FPC は最大 8.2 kg(18 ポンド)の重量を量ります。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

FPC を取り外す方法(図 10 を参照):

  1. 交換用の FPC または FPC ブランク パネルと、FPC 用静電防止マットの準備が整います。取り外す FPC の光インターフェイスを使用して、各 PIC にゴム製安全キャップを準備します。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. 後でケーブルを正しいPICに再接続できるよう、FPCの各PICに接続されているケーブルにラベルを付けます。
  4. 以下のいずれかの方法を使用して、FPC をオフラインにします。
    • FPC オンライン/オフライン ボタンを押したままにします。ボタンの横にある緑色の [OK]LED が点滅し始まります。LED がオフになるまでボタンを押したままにします。各 FPC の LED とオンライン/オフライン ボタンは、クラフト インターフェイス上のその上に直接表示されます。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

      注:

      このスロット番号は、FPCが設置されている最小番号のスロットに対応しています。

  5. FPC に取り付け済み PIC からケーブルを取り外します。
  6. 各光ファイバー トランシーバと各光ファイバー ケーブルの端をゴム製安全キャップですぐに覆います。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

  7. ケーブルをケーブル管理ブラケットに配置し、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。ループに大き目を置くことは、その形を維持するのに役立ちます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下がってつり下がってはいけさせない。ループ状に固定したケーブルをぶら下がってぶら下がり、ケーブルの固定ポイントにストレスを感じさせていました。

    注意:

    最小曲げ半径を超えて光ファイバー ケーブルを曲げない。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  8. 両方のイジェクターを同時に回して反ロックインして FPC の外に出します。
  9. ハンドルをつかみ、FPC をカード ケージから真っ直ぐ引き出します。
  10. FPCの前面(PIC筐体)の前、もう一方の手を支える。 FPC をシャーシから完全に引き出し、静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
    注意:

    FPC の重量はバック エンドで集中しています。FPC をシャーシから引き出す場合は、フル 重量(最大 8.2 kg)を 18 ポンド引き出します。

    FPC がシャーシ外にある場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで FPC を押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

    取り外した後は、FPC を積み重ねない。それぞれを帯電防止袋または安定した平らな面の静電防止マットの上に置きます。

  11. 必要に応じて、設置されている各PICをFPCから取り外します。
  12. 各 PIC を取り外した後、すぐに静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
  13. FPCを空の DPC スロットに短時間で再インストールしない場合、カード ケージ内の気流を適切に維持するために、各スロットにブランク DPC パネルを設置します。
    注意:

    FPC をシャーシから取り外した後、少なくとも 30 秒待機してから、FPC を再挿入するか、別のスロットに FPC を挿入します。

図 10:FPCの取り外し Removing an FPC

FPC へのMX480設置

FPCが1台のルーター上DPC 2個のMX480します。最大 3 つの FPC をルーター正面に水平に設置できます。FPC はホットインサート可能で、ホットリムーバブルです。空の FPC3 は 6.5 kg(14 ポンド)の重量を量ります。フル構成の FPC は最大 8.2 kg(18 ポンド)の重量を量ります。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

FPC を設置するには、次の手順 にアクセスします(図 11 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. FPC を静電防止マットの上に置します。
  3. 各 PIC を交換用の FPC に取り付け、静電袋から取り出し、接続する FPC のスロットを識別します。
  4. 各光ファイバーPICにPICトランシーバを覆うゴム製安全キャップが付い合って確認します。覆されていない場合、トランシーバを安全キャップで覆います。
  5. 各PICをFPCの適切なスロットに設置します。
  6. FPC の設置を予定しているカード ケージ内のスロットを探します。
  7. フェースプレートが向き合うので、FPC の方向を指定します。
  8. FPC を持ち上げ、FPCの側面をカード ケージ内のガイドと慎重に合わせて調整します。
    注意:

    FPC がシャーシ外にある場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで FPC を押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

  9. FPC をカード ケージにまで押し込み、抵抗を感じるまでします。
  10. 両方のイジェクター ハンドルをつかみ、FPC が完全に取り付くまで同時に取り付けます。
  11. FPC 上の PIC が光ファイバー ケーブルと接続されている場合、各トランシーバとケーブルからゴム製安全キャップを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

  12. 適切なケーブルを、FPC の各 PIC のケーブル コネクター ポートに挿入します。
  13. ケーブルをケーブル管理ブラケットに配置し、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。ループに大き目を置くことは、その形を維持するのに役立ちます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  14. 以下のいずれかの方法で FPC をオンラインにできます。
    • FPC オンライン/オフライン ボタンを、ボタンの横の緑色の OK LED が着実に点灯するまで、約 5 秒で押したままにします。各 FPC の LED とオンライン/オフライン ボタンは、クラフト インターフェイス上のその上に直接表示されます。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    注意:

    OK LED が着実に点灯した後、少なくとも 30 秒待機してから FPC を再度取り外し、別のスロットから FPC を削除するか、別のスロットに FPC を挿入します。

FPC の保守 と MX480 PIC のメンテナンス で説明されているコマンドおよび コマンドを発行して、正しい FPC と PIC がMX480 show chassis fpc show chassis fpc pic-status 確認することもできます

図 11:FPCの設置 Installing an FPC

MICS MX480の維持

目的

ルーターのパフォーマンスを最適化するために、MIC の状態を検証します。

アクション

通常、次の結果を得る必要があります。

  • MIC フェースプレートの LED を確認します。LED状態の意味は、さまざまなMICSで異なります。詳細については、「 インターフェイス モジュール リファレンス MX シリーズ を参照してください。MIC を送信する MPC で MIC エラーが検出された場合、MPC はアラーム メッセージを生成してデバイスに送信ルーティング エンジン。

  • CLI を show chassis fpc pic-status 発行します。MPCのMICスロットには、左から右に 、PIC 0/1 およびPIC 2/3の番号が付けされています。

    コマンドからの出力の詳細については、 CLI Explorer を参照してください

MIC のMX480交換

MIC の取りMX480取り外す

MICs はホットインサート可能で、ホットリムーバブルです。MIC を削除すると、ルーターは機能し続けますが、MIC インターフェイスは削除されません。

MICs は、ルーター前面に設置された MPC 内に設置されています。MIC の重量は 0.9 kg(2 ポンド)未満です。

MIC を取り外す方法(図12 および図 13 を参照):

  1. 帯電防止袋または静電防止マットを安定した平らな面に置き、MIC を受け取れます。MIC を光ファイバー ケーブルに接続する場合、トランシーバおよびケーブルごとにゴム製安全キャップを準備します。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. MIC をオフラインにするには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • [Online/Offline]ボタンを押します。ボタンにつながる開口部の中に入る絞り込み型ツールを使用します。MIC OK/FAIL LED がオフになるまで、ボタンを押したままにします(約 5 秒)。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

  4. 後で各ケーブルを正しい MIC に再接続できるよう、MIC に接続したケーブルにラベルを付けます。
  5. MIC からケーブルを取り外します。MIC で光ファイバー ケーブルを使用する場合、直ちに各トランシーバと各ケーブルの端をゴム製安全キャップで覆います。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  6. ケーブルを配置して、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。
    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  7. MPC で、取り外している MIC の隣接するイジェクター レバーをMPC フェースプレートから取り外します。イジェクター レバーを外して MIC を MPC から外す。
    注:

    両方の MIC スロットを取り付けるデュアルワイド MIC を取り外す場合、両方のイジェクター レバーを MPC フェースプレートから取り外す必要があります。

  8. MIC フェースプレートのハンドルをつかみ、MIC を MPC カード キャリアから引き出します。帯電防止袋の中または静電防止マットの上に入れます。
  9. MIC を空の MIC スロットに短時間で再インストールしない場合、ブランクの MIC パネルをスロットに取り付け、MPC カード ケージ内の気流を適切に維持します。
図 12:MICの取り外し Removing a MIC
図 13:デュアルワイド MIC の取り外し Removing a Dual-Wide MIC

MIC へのMX480の取り付け

MIC を設置するには、次の手順 にアクセスします(図 15 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. デュアルワイド MIC を使用し、2 つの「シングル」MIC に交換する場合、隔をインストールします(図14を参照)。
    1. MPC を平らな面に置きます(必要な場合、MPC の交換 に関する説明に従って 、MPC をMX480します)。
    2. 9 月を MPC の中央に配置し、MPC の最上部に S とラベル付けされた穴と一緒に線を立てます。
    3. Sとラベルが付いた 2 つの穴のそれぞれにねじを挿入し、完全に締めます。
    4. MPC の下部に S とラベルが付いた 4 個の穴それぞれにねじを挿入し、完全に締めます。
    5. MPC の交換 に関する説明に従って MPC をMX480します
    図 14:9月の設置 Installing the Septum
  3. MIC で光ファイバー ケーブルを使用している場合、ゴム製安全キャップがフェースプレート上の各トランシーバ上にあるか確認します。必要に応じてキャップを設置します。
  4. MPC で、取り付ける MIC の隣接するイジェクター レバーを MPC フェースプレートから取り外します。
  5. MIC の背面を MIC スロットの隅に配置したガイドと合わせて調整します。
  6. MIC を MPC にしっかりと挿入するまで押し込します。
    注意:

    MIC を真っ直ぐにスロットに押し込み、MIC のコンポーネントの損傷を防きます。

  7. イジェクター レバーが MPC フェースプレートに押し付けられている状態を確認します。
  8. MIC で光ファイバー ケーブルを使用している場合、各トランシーバと各ケーブルの端からゴム製安全キャップを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  9. 適切なケーブルを MIC のケーブル コネクターに挿入します。
  10. ケーブルが外れ、ストレス ポイントが発生しなから、各ケーブルを手配します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  11. 以下のいずれかの方法で MIC をオンラインにできます。
    • MIC OK/FAIL LED が緑色に点灯するまで、MIC オフライン/オンライン ボタン を押します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    正常に機能している状態 LED は、MIC がオンラインか確認します。MIC の保守 で説明されているコマンドを発行して、正しい MIC show chassis fpc pic-status がMX480確認することもできます

図 15:MICの設置 Installing a MIC

デュアルワイド MIC MX480の取り付け

デュアルワイド MIC を設置するには、以下を参照してください(図 17 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. 必要に応じて隔隔を削除します(図 16 を参照)。
    1. MPC を平らな面に置きます(必要に応じて、MPC の交換 に関する説明に従って MPC をMX480します
    2. MPC の最下部にある S と ラベルが 付いた 4 個のねじを取り外します。
    3. MPC の上部に S とラベルが付いた 2 個のねじを取り外します。
    4. 9 月を自分の方向に引き出し、MPC から出ます。
    5. 9月およびねじは後で使用するために保管します。
    6. MPC の交換 に関する説明に従って MPC をMX480します
    図 16:9 Removing the Septum 月の削除
  3. MIC で光ファイバー ケーブルを使用している場合、ゴム製安全キャップがフェースプレート上の各トランシーバ上にあるか確認します。必要に応じてキャップを設置します。
  4. 両方の MIC スロット上のイジェクター レバーをルーターから引き出します。
  5. MIC の背面を MIC スロットの隅に配置したガイドと合わせて調整します。
  6. MIC をシャーシにしっかりと取り付くまで MIC スロットに挿入します。
    注意:

    MIC を真っ直ぐにスロットに押し込み、MIC のコンポーネントの損傷を防きます。

  7. イジェクター レバーがルーターに押し込み、エンゲージされているのを確認します。
  8. MIC で光ファイバー ケーブルを使用している場合、各トランシーバと各ケーブルの端からゴム製安全キャップを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  9. 適切なケーブルを MIC のケーブル コネクターに挿入します。
  10. ケーブルが外れ、ストレス ポイントが発生しなから、各ケーブルを手配します。ケーブルを床につり下がっている間、ケーブルの重量が支えからなからなついでおく。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  11. 以下のいずれかの方法で MIC をオンラインにできます。
    • MIC OK/FAIL LED が緑色に点灯するまで、MIC オフライン/オンライン ボタン を押します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

    正常に機能している状態 LED は、MIC がオンラインか確認します。MIC の保守 で説明されているコマンドを発行して、正しい MIC show chassis fpc pic-status がMX480確認することもできます

図 17:デュアルワイド MIC の設置 Installing a Dual-Wide MIC

MPC MX480の維持

目的

ルーターは、シャーシ前面のカード ケージに最大 6 個の MPC を水平に取り付けできます。ルーターのパフォーマンスを最適化するために、MPC の状態を検証します。

アクション

通常、次の結果を得る必要があります。

  • 各 MPC スロット上のクラフト インターフェイス上の LED を確認します。MPCが正常に 機能 している場合、緑色のLEDで「OK」のラベルが付いた緑色の LED が点灯しています。

  • MPC の OK/FAIL LED を確認してください。MPC で障害が検知された場合、MPC はアラーム メッセージを通知ルーティング エンジン。

  • CLI コマンド show chassis fpc を発行して、インストールされている MPC のステータスを確認します。サンプル出力に示すように、 状態 の列の [オンライン] の値は、MPC が正常に機能している状態を示しています。

    出力の詳細については、 オプションを追加 detail してください。次の例では、スロット番号は指定ではなく、オプションです。

  • CLI を show chassis fpc pic-status 発行します。MPCスロットには、下から上に0~5の番号が付けされています。

    コマンドからの出力の詳細については、 CLI Explorer を参照してください

MPC のMX480交換

MPC のMX480取り外し

MPC を削除すると、ルーターは機能し続けますが、MPC にインストールされている MIC インターフェイスは削除されません。

MPC はルーター正面に水平に設置されます。また、ホットインサート対応でホットリムーバブル型です。フル構成の MPC の重量は最大 8.3 kg(18.35 ポンド) です。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

MPC を取り外す方法(図 18 を参照):

  1. 交換用の MPC またはブランク パネルDPC MPC 用の静電防止マットの準備が整います。取り外す MPC の光インターフェイスを使用して、各 MIC にゴム製安全キャップを準備します。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. 後でケーブルを正しい MIC に再接続できるよう、MPC の各 MIC に接続したケーブルにラベルを付けます。
  4. MPC をオフラインにする場合、以下のいずれかの方法を使用します。
    • クラフト インターフェイスで、対応するオンライン ボタンを押したままにします。ボタンの 横にある緑色の[OK/FAIL LED]が点滅し始める。LED がオフになるまでボタンを押したままにします。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

  5. MPC に取り付け済み MICS からケーブルを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、覆い付けされていない光ファイバー トランシーバを放置していけな けれ。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  6. MIC で光ファイバー ケーブルを使用する場合、直ちに各トランシーバと各ケーブルの端をゴム製安全キャップで覆います。
  7. ケーブルがストレス ポイントを発生防止するために、ケーブル管理ブラケットに取り外したケーブルを配置します。
  8. 両方のイジェクターを同時に回して反ロックインして MPC の外に出します。
  9. ハンドルをつかみ、MPC をカード ケージから真っ直ぐ引き出します。
  10. MPC の前面(MIC 筐体)の前と下に手を回して、それをサポートします。MPC をシャーシから完全に引き出し、静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
    注意:

    MPC の重量はバック エンドに集中しています。MPC をシャーシから引き出す場合、フル 重量(最大 8.3 kg(18.35 ポンド)をお受け取りください。

    MPC がシャーシ外にある場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで MPC を押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

    取り外した後は、MPC を積み重ねない。それぞれを帯電防止袋または安定した平らな面の静電防止マットの上に置きます。

  11. 必要に応じて、設置した各 MIC を MPC から取り外します。
  12. 各 MIC を取り外した後、すぐに静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
  13. MPCを空のライン カード スロットに短時間で再インストールしない場合、カード ケージ内の気流を適切に維持するために、各スロットにブランク DPC パネルを設置します。
    注意:

    MPC をシャーシから取り外した後、少なくとも 30 秒待機してから、MPC を再挿入するか、別のスロットに挿入します。

図 18:MPCの取り外し Removing an MPC

MPC へのMX480設置

MPC はルーター正面に水平に取り付けます。また、ホットインサート対応でホットリムーバブル対応です。フル構成の MPC は最大 8.3 kg(18.35 ポンド)の重量を量ります。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

MPC を設置するには、以下を参照してください(図 19 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. MPC を静電防止マットの上に置します。
  3. 各 MIC を交換用の MPC に取り付け、静電袋から取り出し、接続する MPC のスロットを識別します。
  4. 各光ファイバー MIC に MIC トランシーバを覆うゴム製安全キャップが付い合ってい確認します。覆されていない場合、トランシーバを安全キャップで覆います。
  5. 各 MIC を MPC の適切なスロットに取り付けます。
  6. MPC の設置を予定しているカード ケージのスロットを探します。
  7. フェースプレートが向き合うので、MPC の方向を指定します。
  8. MPC を持ち上げ、MPCの側面をカード ケージ内のガイドと慎重に合わせて調整します。
    注意:

    MPC がシャーシ外にある場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで MPC を押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

  9. 抵抗を感じるまで MPC をカード ケージにまで押し込します。
  10. 両方のイジェクター ハンドルをつかみ、MPC が完全に取り付くまで同時に取り付けます。
  11. MPC 上の MIC が光ファイバー ケーブルと接続されている場合、各トランシーバとケーブルからゴム製安全キャップを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

  12. MPC の各 MIC のケーブル コネクター ポートに適切なケーブルを挿入します。ケーブルの重量がかからなかからなかには、ケーブルを固定します。余ったケーブルは、ケーブル管理システムを使用して、きちんとループ状に巻いて配置します。ループに大きな変更を行うのは、その形を維持するのに役立ちます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  13. MPC をオンラインに設定するには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • クラフト インターフェイス上で、対応する MPC オンライン ボタンを押したまま、ボタンの横にある緑色の OK/FAIL LED が着実に点灯するまで、約 5 秒で点灯します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    注意:

    OK/FAIL LED が着実に点灯した後、少なくとも 30 秒待機してから、MPC を再度取り外し、別のスロットから MPC を削除するか、別のスロットに MPC を挿入します。

また、「 MPC の管理 と MIC の保守 」 に記載されているコマンドおよび コマンドを発行して、正しい MPC と MX480 MIC がMX480 show chassis fpc show chassis fpc pic-status 確認できます

図 19:MPCの設置 Installing an MPC

PIC MX480の保守

目的

ルーターのパフォーマンスを最適化するために、PICの状態を確認します。

アクション

通常、次の結果を得る必要があります。

  • PICのフェースプレートの LED を確認します。LED状態の意味は、さまざまなICで異なります。詳細については、「 インターフェイス モジュール リファレンス MX シリーズ を参照してください。PICを取り付しているFPCがPICの障害を検知すると、FPCはアラーム メッセージを生成してデバイスに送信ルーティング エンジン。

  • CLI を show chassis fpc pic-status 発行します。FPCのPICスロットには、0~1、から右の番号が付けされています。

    コマンドからの出力の詳細については、 CLI Explorer を参照してください

PIC のMX480交換

PIC からMX480取り外す

PIC はホットインサート可能で、ホットリムーバブルです。PICを取り外す場合、PICインターフェイスはもう機能しませんが、ルーターは機能し続けます。

PIC は、ルーター前面に設置された FPC に設置されています。PIC の重量は 0.9 kg(2 ポンド)未満です。

PIC を取り外するには(図 20 を参照)。

  1. 帯電防止袋または静電防止マットを安定した平らな面に置き、PIC を受け取れます。PIC が光ファイバー ケーブルに接続されている場合、トランシーバおよびケーブルごとにゴム製安全キャップを準備します。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. PICをオフラインにするには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • [Online/Offline]ボタンを押します。FPC3に設置されたPICの場合、ボタンにつながる開口部の中に収まる狭範囲のツールを使用します。PIC LEDがオフになるまで、ボタンを押したままにします(約5秒)。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

  4. 後で各ケーブルを正しいPICに再接続できるよう、PICに接続したケーブルにラベルを付けます。
  5. ケーブルをPICから取り外します。PIC で光ファイバー ケーブルを使用する場合、直ちに各トランシーバと各ケーブルの端をゴム製安全キャップで覆います。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  6. ケーブルをケーブル管理ブラケットに配置し、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がった状態でケーブルの重量が支えからなかからなた場合、ケーブルを固定します。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。ループに大き目を置くことは、その形を維持するのに役立ちます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  7. FPC3 PIC では、PIC フェースプレートの最下部にあるキャプティブ ねじを緩め、フェースプレートの上部にあるイジェクター ハンドルを反ロックして PIC の外に回します。
  8. PIC を FPC カード キャリアから引き出し、帯電防止袋または静電防止マットの上に置します。
  9. あらためてPICを空のPICスロットに再インストールしない場合、FPCカード ケージ内の気流を適切に維持するために、スロットにブランクPICパネルを設置します。
図 20:PICの取り外し Removing a PIC

デバイス PIC のMX480取り付け

PIC を設置するには(図 21 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. PIC で光ファイバー ケーブルを使用している場合、ゴム製安全キャップがフェースプレート上の各トランシーバ上にあるか確認します。必要に応じてキャップを設置します。
  3. PICの背面のコネクターのッチの位置をFPCのPICスロットのの入り口と合わせ、FPCに入り込むまでPICを挿入します。
    注意:

    PIC を真っ直ぐにスロットに押し込み、PIC の最下部にあるコンポーネントの損傷を防きます。

  4. FPC3 PIC では、PIC のフェースプレートの上部にあるイジェクター ハンドルをクロック回りに回し、フェースプレートの最下部にあるキャプティブ ねじを締めて、FPC 内の PIC を固定します。
  5. PIC で光ファイバー ケーブルを使用している場合、各トランシーバと各ケーブルの端からゴム製安全キャップを取り外します。
    レーザーに関する警告:

    光ファイバー トランシーバや、光ファイバー ケーブルの端を直接ののめ込む必要があります。光ファイバー トランシーバ、およびトランシーバと接続された光ファイバー ケーブルは、目を傷つける可能性があるレーザー光を放射します。

    注意:

    ケーブルの挿入や取り外しの場合を除き、カバーされていない光ファイバー トランシーバは放置していけなく。安全キャップはポートが清潔な場所を保ち、レーザー光線に誤って露出しないようにします。

  6. 適切なケーブルを PIC のケーブル コネクターに挿入します。
  7. ケーブルをケーブル管理ブラケットに配置し、ストレス ポイントの外れや発生を防止します。ケーブルを床につり下がった状態でケーブルの重量が支えからなかからなた場合、ケーブルを固定します。余ったケーブルはきちんとループ状に巻いて配置します。ループに大き目を置くことは、その形を維持するのに役立ちます。
    注意:

    光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下けさせしないでください。ケーブルのループをぶら下がって固定すると、ケーブルのループがぶら下がった時点で強調されません。

    注意:

    光ファイバー ケーブルを最小曲げ半径を超えて曲げるのは避ける。直径が数インチ未満の場合、ケーブルが損傷し、診断が難しい問題が発生する可能性があります。

  8. PICをオンラインにするには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • PIC LEDが緑色に点灯するまで、PICオフライン/オンライン ボタンを押します。FPC2またはFPC3に設置されたPICの場合、ボタンにつながる開口部の中に収まる狭範囲のツールを使用します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    通常の機能状態LEDは、PICがオンラインの状態を確認します。また、 PICのメンテナンス で説明されている コマンドを発行して、正MX480 show chassis fpc pic-status 確認できます

図 21:PICの取り付け Installing a PIC

MLCへのMX480 AS交換

MLCのMX480 AS取り外す

AS MLCにインストールされているモジュラーカード(AS MXCおよびAS MSC)は削除されなくなるが、アプリケーション・サービス・モジュラー・ラインカード(AS MLC)を削除すると、ルーターは機能し続けます。

最大 5 AS の MLC を、デバイス ルーターの前面に水平MX480できます。MLC ASホットインサートおよびホットリ取り外しが可能です。4.76 kg AS 10.5 ポンドの空き 10.5 ポンドの場合。フル構成のフル構成AS MLC の重量は最大 6.93 kg(15.27 ポンド)です。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

MLCをASするには、次の方法に 当たって行います(図22を参照)。

  1. MLC または MLC ASの交換用AS、MLC 用の静電防止マットAS用意しています。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. 次のいずれかの方法を使用して、MLCのASにします。
    • MLCオンライン/オフライン ボタンASを押したままにします。ボタンの横にある緑色の [OK]LED が点滅し始まります。LEDが消されるまでボタンを押したままにします。各 MLC のオンライン/AS ボタンは、クラフト インターフェイス上のその上に表示されます。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

      注:

      スロット番号は、スロットMLCがインストールされている最小番号AS対応しています。

  4. 両方のイジェクターを同時に回して反ロックを行い、すべての MLC にASします。
  5. ハンドルをつかみ、MLC のASをカード ケージの中から真っ直ぐ引き出します。
  6. 2 つ目の手は MLC(AS カード 筐体)の前面と、もう一方の手を回してそれをサポートします。MLC をAS出し、静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
    注意:

    MLCのASはバックエンドに集中している。フル 重量(最大 6.93 kg(15.27 ポンド)を受け入れる準備は、シャーシから AS MLC を引き出す場合です。

    スイッチのAS MLC がシャーシ外にある場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

    取り外した後AS MPCを上に積み重ねない。それぞれを帯電防止袋または安定した平らな面の静電防止マットの上に置きます。

  7. 必要に応じて、MSCにインストールされている各AS、MXC AS MLCから取りASします。
  8. 各モジュラー カードを取り外した後、すぐに静電防止マットの上または帯電防止袋の中に入れます。
  9. AS MLCを空のスロットに短時間で再インストールしない場合、カード ケージ内の気流を適切に維持するために、各スロットにブランク AS MLC パネルを設置します。
    注意:

    シャーシからAS MLCを取り外した後、少なくとも30秒待機してから、再挿入するか、AS MLCを別のスロットに挿入します。

図 22:MLCのAS取り外す Removing an AS MLC

MLCへのMX480 ASのインストール

最大 5 つのアプリケーション サービス モジュラー ライン カード(AS MPC)を、ルーターの前面に水平MX480できます。また、AS C はホットインサート可能で、ホットリ取り外しが可能です。4.76 kg(AS 10.5 ポンド)の空き 10.5 ポンドの場合。フル構成のフル構成AS MLC は、最大 6.93 kg(15.27 ポンド)の重量を量ります。フル ウェイトを受け入れる準備が必要です。

MLCをASするには、次の手順 にアクセスします(図23を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. MLCのAS静電防止マットの上に置く。
  3. MSC と AS MXC(AS カード)を、静電袋から AS MLC に取り付けします。データ AS MSC は左のスロットに挿入し、右側ASに MXC を挿入する必要があります。
  4. MSC のASをインストールしAS、MXC を別の MLC のASします。
  5. カード ケージ内のスロットを探して、MLC への取り付ASします。
  6. フェースプレートがAS向け、MLCの方向を指定します。
  7. MLCのAS持ち上げ、カードケージの中にあるガイドとASを慎重に合わせています。
    注意:

    スイッチのAS MLC がシャーシ外にある場合、イジェクター ハンドル、バス バー、またはエッジ コネクターで押し込む必要があります。重量をサポートすることはできません。

  8. 抵抗を感ASまで、カード のケージの中にすべての方法で MLC のカードを押し込します。
  9. 両方のイジェクター ハンドルをつかみ、取り付け MLC が完全に取り付AS同時に取り付けます。
  10. 以下のいずれかの方法を使用して、MLCのASしてください。
    • MLCオンライン/オフライン ボタンのASを押したまま押し続け、ボタンの横にある緑色のOK LEDが 着実に点灯するまで、約5秒で点灯します。各インターフェイスの LED とオンライン/オフライン ボタンASクラフト インターフェイス上に表示されます。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    注意:

    OK LED が着実に点灯した後、少なくとも30秒待機してから再度AS MLCを取り外し、別のスロットからAS MLCを削除するか、別のスロットにAS MLCを挿入します。

show chassis fpc と . を発行すると、M AS LC および AS MSC または MXC AS正しいリンクを検証できます show chassis fpc pic-status

図 23:MLCへのAS設置 Installing an AS MLC

MSC へのMX480 AS交換

MSC のMX480 AS削除

AS MSC はホットインサート可能で、ホットリ取り外し可能です。MSC のサーバーをASすると、ルーターは引き続き機能します。

デバイスAS MPCは、ルーターの正面AS設置されているMPCの中に設置されます。1 AS MSC の重量は 0.6 kg(1.4 ポンド) です。

MSC から削除ASするには、次の方法に アクセスします(図 24 を参照)。

  1. 帯電防止袋または静電防止マットを安定した平らな面に置き、ASします。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. 以下のいずれかの方法を使用して、MSCのオフラインASします。
    • [Online/Offline]ボタンを押します。ボタンにつながる開口部の中に入る絞り込み型ツールを使用します。MSC LED が表示されるまで(約 5 AS)、ボタンを押したままにします。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

  4. ハンドルをASして、AS MLC カード キャリアから別の MSC を引き出し、帯電防止袋または静電防止マットの上に置きます。
  5. AS MSC を空の AS MSC スロットに短時間で再インストールしない場合、スロットにブランク AS MSC パネルを設置して、AS MLC カード ケージ内の気流を適切に維持します。
図 24:MSC ASの削除 Removing an AS MSC

MSC へのMX480 ASインストール

MSC をインストールするには、ASします(図 25 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. AS MSC の背面のコネクターの入り位置を、AS MLC スロット(スロット0-AS MLCのトップ スロット)の入り込みと合わせ、AS MLC に入り込むまで AS MSC を押し込みます。
    注意:

    MSC をAS真っ直ぐにスロットに入れ、MSC の最下部にあるコンポーネントの損傷をASします。

  3. 以下のいずれかの方法を使用して、MSC のAS使用します。
    • LEDライトがASになるまで、MSCオフライン/オンラインボタンを押します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    正常な機能状態 LED は、MSC がASであることを確認します。MSC が機能している正ASを検証するには、 を発行します show chassis fpc pic-status

図 25:MSCへのASインストール Installing an AS MSC

MXC へのMX480 AS交換

MXC のMX480 AS取り外す

AS MXC はホットインサート可能で、ホットリムーバブルです。MXC のポートをASすると、ルーターは機能し続けます。

MXC ASは、ルーター正面AS設置されたMPCの内に設置されます。MXC AS 0.6 kg(1.4 ポンド)の重量を測定します。

MXC を削除AS、以下を参照してください(図 26 を参照)。

  1. 帯電防止袋または静電防止マットを安定した平らな面に置き、ASします。
  2. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  3. 以下のいずれかの方法を使用して、MXC のASに使用します。
    • [Online/Offline]ボタンを押します。ボタンにつながる開口部の中に入る絞り込み型ツールを使用します。MXC LED の電源が切れるまでASボタンを押し続けます(約 5 秒)。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください


  4. ハンドルをASして MXC を AS MLC カード キャリアから引き出し、帯電防止袋の中または静電防止マットの上に置います。
  5. AS MXC を空の AS MXC スロットに短時間で再インストールしない場合、ブランクの AS MXC パネルをスロットに取り付け、AS MLC カード ケージ内の気流を適切に維持します。
図 26:MXCのAS取り外す Removing an AS MXC

MXC へのMX480 AS設置

MXC に設置ASするには、次の手順にアクセスします(図 27 を参照)。

  1. ESD 接地ストラップを手首に着け、ストラップのもう一方の端を ESD 接地ポイントと接続します。
  2. AS MXC の背面のコネクターの隅の位置を、AS MXC スロット(スロット1 、AS MLCの最下部スロット)の隅に合わせ、AS MLC に付き込むまで AS MXC を押し込みます。
    注意:

    MXC のASを真っ直ぐにスロットに入れ、MXC の最下部にあるコンポーネントの損傷をASします。

  3. 以下のいずれかの方法を使用して、MXC のAS使用します。
    • LED ライトがASまで MXC オフライン/オンライン ボタンのボタンを押します。

    • 次のコマンドを実行CLIします。

      コマンドの詳細については、 CLI Explorer を参照してください

    正常に機能している状態 LED は、MXC がASか確認します。コマンドを発行して、MXC AS正しいポートを検証 show chassis fpc pic-status することもできます。

図 27:MXCへのAS設置 Installing an AS MXC

DPC、MPC、MICS、または PIC MX480接続するケーブルの保守

目的

ルーターのパフォーマンスを最適化するには、DPC、MPC、MICS、または PIC と接続するケーブルの状態を確認します。

アクション

通常、次の結果を得る必要があります。

  • ケーブル管理ブラケットを使用してケーブルをサポートし、ケーブルの外れやストレス ポイントの発生を防止します。

  • 余ったケーブルはケーブル管理用ブラケットに取り付け外します。ループ状に固定したケーブルをコネクターやケーブル管理ブラケットからぶら下がってぶら下がってはいけないので、ループが固定されています。ループに分き金を入れるのは、問題の形成を維持するのに役立ちます。

  • ケーブルの接続が汚れやほこりなどの発生から解放され、受信した電力レベルが低下する可能性があります。インターフェイスを接続する前に、ケーブルを常に検査し、必要に応じて清掃してください。

  • ケーブルの両端にラベルを付け、特定します。

次のガイドラインは、特に光ファイバー ケーブルに適用されます。

  • 光ファイバー ケーブルを取り外す場合、必ず、トランシーバのフェースプレートとケーブルの端にゴム製安全プラグをかめます。

  • コネクターにストレスが生じしないように、光ファイバー ケーブルを固定します。重みで床にたる場合、対応していない光ファイバー ケーブルは必ず確保してください。決して光ファイバー ケーブルをコネクターからつり下がけさせない。

  • 曲げ半径を越えて光ファイバー ケーブルを曲げるのは避ける。数インチ未満の ARC でケーブルを損傷し、診断が困難な問題を引き起こす可能性があります。

  • 光ファイバー ケーブルの頻繁なプラグの差し込みと光学機器の取り外しは、修理に費用がかかる機器の損傷を引き起こす可能性があります。短い光ファイバー延長ケーブルを光学機器に接続します。頻繁にプラグを差し込んでプラグを抜く場合による摩耗は、短い光ファイバーの延長線に吸収され、交換が容易で低価格です。

  • 光ファイバー ケーブルの接続がすくい保つ。トランシーバの管またはケーブル コネクターに油やほこりの小さな付け根があると、光の損失が発生し、信号電力が減少し、光学接続の断続的な問題が発生する可能性があります。

    トランシーバをクリーニングするには、RIFOCS Fiber Optic Adaptor Cleaning Wands(パーツ番号 946)のような適切な光ファイバー クリーニング デバイスを使用します。使用するクリーニング キットに関する指示に従います。

    光トランシーバの清掃後は、光ファイバー ケーブルのコネクターの先端がクリーンな方を確認します。Opptex Cletop-S Fiber Cleaner など、承認されたアルコールフリーの光ファイバー ケーブル クリーニング キットのみを使用します。使用するクリーニング キットに関する指示に従います。