Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

DCIスティッチングによるEVPNタイプ2対称ルーティング

概要 このドキュメントでは、イーサネットVPN(EVPN)タイプ2ルートの対称統合型ルーティングおよびブリッジング(IRB)を設定するために必要な手順について説明します。レイヤー2データセンターの相互接続(DCI)ゲートウェイデバイスは、ステッチされた仮想拡張LAN(VXLAN)トンネルを介してルーティングを実行します。レイヤー 2 DCI スティッチングについては、 レイヤー 2 データ センター相互接続用の VXLAN スティッチングの設定で詳しく説明しています。

DCIを使用すると、データセンターファブリックを複数のPOD(ポイントオブデリバリーポイント)にセグメント化できます。VXLAN仮想ネットワーク識別子(VNI)のシームレスなステッチにより、POD間のレイヤー2ネットワークを選択的に拡張できます。各PODは、スパインとリーフの設計に従います。特定の POD のリーフノードは、POD 内にリーフとスパインのみを持つ VXLAN トンネルを確立します。スパインは、異なる POD の他のスパインにトラフィックを転送します。DCI を使用した VXLAN スティッチングは、POD 間で必要な VXLAN トンネル数を減らすことで MAC フラッドを低減できるため、大規模ネットワークに最適です。

EVPN-VXLAN 環境の対称 IRB は、イングレスとエグレスの VXLAN トンネル エンドポイント(VTEP)が、VXLAN トンネルの両側でルーティングとブリッジングの両方を実行する場合に発生します。イングレスプロバイダーエッジ(PE)デバイスは、MACルックアップとそれに続くIPルックアップを実行します。エグレスPEは反対に、IPルックアップとそれに続くMACルックアップを実行します。対称モデルと非対称モデルについては、 RFC 9135 で説明しています。

メモ:

ジュニパーネットワークスは、EVPNによる対称型ルーティングをサポートしています。

  • 同じ DCI 内の POD で対称タイプ 2 ルーティングのみを使用するネットワーク。

  • EVPN-VXLAN環境。

  • エッジルーテッドブリッジング(ERB)オーバーレイ。

図 1 に、この例のトポロジを示します。トポロジーは、WAN で接続された 2 つのデータ センターで構成されています。どちらのデータセンターも、同様のERBアーキテクチャを備えています。左側のデータ センターを DC1、右側のデータ センターを DC2 と呼びます。

DC2では、ゲートウェイとリーフレイヤーの間にリーンスパインデバイスのレイヤーがあります。これらのリーンスパインは、アンダーレイ用のトランジットデバイスです。トポロジーは、DC1 と DC2 の両方で、アンダーレイとオーバーレイの両方に EBGP を使用します。

図 1: EVPNタイプ2ルートを使用したDCIおよび対称IRBルーティングのトポロジTopology for DCI and Symmetric IRB Routing with EVPN Type 2 Routes

DC間アンダーレイとオーバーレイ

DC2-GW21 の EBGP DCI アンダーレイを設定します。

DC2-GW21のEBGP DCIアンダーレイを検証します。

DC2-GW21でEBGP DCIオーバーレイを設定します。

DC2-GW21のEBGP DCIオーバーレイを検証します。

DC内アンダーレイおよびオーバーレイ

DC2-GW21のEBGPDC内アンダーレイを設定します。

DC2-GW21のEBGPDC内アンダーレイを確認します。

レイヤー 2 対称 IRB

DCIゲートウェイでレイヤー2対称IRBインターフェイスを設定します DC2-GW21上のレイヤー3仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス:

リモートゲートウェイ用のDC2-GW21で対称ルートを確認します。対称ルートのプロトコル優先度は 7 に設定され、非対称ルートのプロトコル優先度は 170 になります。

レイヤー2対称ルートは、レイヤー2およびレイヤー3のVNIとともに、タイプ2 DCIルートターゲット(RT)およびタイプ5のスティッチング相互接続RTを伝送します。また、ルーターのMACアドレスや相互接続イーサネットセグメント識別子(iESI)の詳細も伝送します。

レイヤー2データセンターの相互接続

対称ルーティングとシームレスなスティッチング用のVLANを設定します。シームレスなステッチングには、相互接続されたゲートウェイデバイスが同じ translation-vniものを使用する必要があります。

メモ:

QFX5120シリーズスイッチでは、レイヤー2スティッチを有効にするように設定する必要があります set forwarding-options evpn-vxlan vxlan-trans-vni-enable 。この設定が適用されると、パケット転送エンジン(PFE)が再起動し、関連するFPCとインターフェイスが再起動します。

メモ:

ACXシリーズルーターでレイヤー2スティッチを有効にするには、 を構成する set system packet-forwarding-options system-profile vxlan-stitching 必要があります。この設定が適用されると、PFE が再起動します。

メモ:

ACX シリーズルーターで以下のパラメーターを構成して、トラフィックペイロードに基づく負荷分散を有効にできます。

すべてのゲートウェイデバイスに対して、DC2-GW21で変換VNIを構成します。

DCIにアドバタイズされたDC2-GW21のEVPNルートを確認します。指定された MAC-VRF および VNI の EVPN データベースを表示します。このオプションは dci-adv 、DCI ゲートウェイ ノードへの MAC アドバタイズの表示に固有です。

データセンターにアドバタイズされたDC2-GW21のEVPNルートを確認します。指定された MAC-VRF および VNI の EVPN データベースを表示します。この dc-adv ステートメントは、データセンターゲートウェイノードへのMACアドバタイズの表示に固有です。

を設定します。 interconnect vrf-targetおよび route-distinguisher DC1-GW12 上の DC1 相互接続ゲートウェイ (iGW) デバイスの場合。これらは、 vrf-targetローカルDC用に構成された および route-distinguisher とは異なる必要があります。

以前に定義した変換 VNI を MAC-VRF の下の DC1 interconnect 構成に追加します。

interconnect vrf-target DC2 iGW デバイスには および route-distinguisher を設定します。これらは、vrf-targetローカルDC用に構成された および route-distinguisher とは異なる必要があります。

以前に定義した変換 VNI を MAC-VRF の下の DC2 interconnect 構成に追加します。

DC1-GW12 のリモート VTEP を確認します。

DC1-GW12でタイプ2ステッチを確認します。

DC2-GW21のリモートVTEPを確認します。

DC2-GW21でタイプ2ステッチを確認します。

DC2-GW21で、変換されていないグローバルVNIを使用してレイヤー2ステッチを設定します。

DC2-GW21で変換されていないグローバルVNIを検証します。

DC2-GW21でデータセンターにアドバタイズされたEVPNルートを確認します。

タイプ5ステッチング

タイプ 5 スティッチングは、ルーターの MAC アドレスをアドバタイズする場合にジュニパーネットワークスが推奨する方法です。ルーターのMACアドレスとレイヤー3 VNIは、ステッチされた環境でデータを転送する方法です。タイプ 2 対称ルーティングは、レイヤー 2 およびレイヤー 3 VNI 情報のみをリモート ゲートウェイに伝送し、データ転送は実行しません。DC2-GW21でタイプ5ステッチを設定します。

リモートゲートウェイとローカルリーフノードにエクスポートまたはステッチされているDC2-GW21のタイプ5ルートを確認します。

リモートゲートウェイおよびローカルリーフノードからインポートまたはステッチされるDC2-GW21のタイプ5ルートを確認します。

DCIゲートウェイピアの相互接続マルチホーミング

冗長性を確保するために、DC2-GW21でマルチホーミングを構成します。マルチホーミングの完全な説明は、このドキュメントの範囲を超えています。マルチホーミングの詳細については、「 EVPN マルチホーミングの概要」を参照してください。
メモ:

グローバルに設定 interconnect-multihoming-peer-gateways する必要があります。

示されているように、MAC-VRF内で設定することはできません。

DC2-GW21のマルチホーミングが正しく機能していることを確認します。マルチホーム ピアに I-ESI-Peer が指定されていることがわかります。

DC2-GW21およびDC2-リーフ21の構成

構成は参照用としてのみ提供されています。これらの設定をそのままデバイスにコピー&ペーストしないでください。他のゲートウェイ ノードとリーフ ノードの構成も同様です。これらの構成は、読みやすくするために切り捨てられています。

DC2-GW21

DC2リーフ21