Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー 2 VPN および VPLS の BFD の設定

次の手順では、レイヤー 2 VPN および VPLS に対して BFD(Bidirectional Forwarding Detection)を設定する方法について説明します。VPN の場合、PE ルーターから CE ルーターへのトラフィックを伝送するインターフェイスで BFD セッションを設定します。

BFD プロトコルは、ネットワークの障害を検出するシンプルな hello メカニズムです。Hello パケットは、指定された定期的な間隔で送信されます。ルーティング デバイスが指定した間隔を経過した後に応答の受信を停止すると、ネイバー障害が検出されます。BFDは、さまざまなネットワーク環境やトポロジーで動作します。BFD の障害検知タイマーは、BGP のデフォルトの障害検知メカニズムよりも時間制限が短く、高速な検知を提供します。

BFD障害検知タイマーは適応性があり、より速くまたは遅くするように調整することができます。BFD 障害検知タイマー値が低いほど、障害検知が速くなり、その逆も速くなります。たとえば、隣接関係に障害が発生した場合、タイマーはより高い値に適応できます(つまり、タイマーはより遅く障害を検出します)。または、ネイバーは、タイマーの設定値よりも高い値をネゴシエートできます。BFD セッション フラップが 15 秒のスパンで 3 回以上発生した場合、タイマーはより高い値に適応します。ローカル BFD インスタンスがセッション フラップの理由である場合、バックオフ アルゴリズムは受信間隔を 2 増加させます。リモート BFD インスタンスがセッション フラップの理由である場合、伝送間隔は 2 増加します。コマンドを clear bfd adaptation 使用して、BFD インターバル タイマーをそれらの設定値に戻すことができます。コマンドは clear bfd adaptation ヒットレスです。つまり、コマンドはルーティング デバイス上のトラフィック フローに影響を与えません。

  1. BFD 障害検知を有効にできます。BFD障害検知タイマーは適応性があり、より速くまたは遅くするように調整することができます。BFD 障害検知タイマー値が低いほど、障害検知が速くなり、その逆も速くなります。たとえば、隣接関係に障害が発生した場合、タイマーはより高い値に適応できます(つまり、タイマーはより遅く障害を検出します)。または、ネイバーは、タイマーの設定値よりも高い値をネゴシエートできます。BFD セッション フラップが 15 秒のスパンで 3 回以上発生した場合、タイマーはより高い値に適応します。ローカル BFD インスタンスがセッション フラップの理由である場合、バックオフ アルゴリズムは受信(Rx)間隔を 2 つ増やします。リモート BFD インスタンスがセッション フラップの理由である場合、送信(Tx)間隔は 2 増加します。

    BFD 障害検知を有効にし、BFD セッション検出時間を適応するためのしきい値を指定するには、しきい値ステートメントを使用して時間をミリ秒単位で指定します。検出時間がしきい値以上の値に適応すると、1 つのトラップと 1 つのシステム ログ メッセージが送信されます。

    メモ:

    しきい値時間は、最小間隔または最小受信間隔ステートメントで指定された値以上でなければなりません。

    コマンドを clear bfd adaptation 使用して、BFD インターバル タイマーをそれらの設定値に戻すことができます。コマンドは clear bfd adaptation ヒットレスです。つまり、コマンドはルーティング デバイス上のトラフィック フローに影響を与えません。

  2. ローカル ルーティング デバイスが hello パケットを送信し、BFD セッションを確立したネイバーから応答を受信することを想定する最小間隔を指定できます。 最小間隔 ステートメントを使用して、間隔をミリ秒で指定します。

    必要に応じて、このステートメントを使用する代わりに、最小間隔(ステートメントで transmit-interval 指定)と最小受信間隔ステートメントを使用して、最小送受信間隔を個別に指定できます。

  3. ローカル ルーティング デバイスが BFD セッションを確立したネイバーから応答を受信する必要がある最小間隔を設定できます。 最小受信間隔 ステートメントを使用してミリ秒数を指定します。
  4. 特定の数の hello パケットがそのインターフェイスを介してネイバー ルーターから受信されていない場合に、インターフェイスをダウン宣言することを指定できます。 乗数 ステートメントを含めて、hello パケットの数を指定します。
  5. 無適応ステートメントを含めると、変化するネットワーク条件に適応しないようにBFDセッションを設定できます。BFD アダプテーションをネットワークで無効にすることが望ましい場合を除き、BFD アダプテーションを無効にしないことをお勧めします。
  6. 送信間隔ステートメントを含めて、ステートメントのbfd-liveness-detection送信間隔オプションを指定します。ピアのネゴシエートされた送信間隔は、BFD パケットをピアに送信するまでの間隔です。ピアの受信間隔は、ピアから送信されたパケット間で必要な最小時間です。受信間隔はピア間でネゴシエートされません。送信間隔を決定するために、各ピアは、設定された最小送信間隔とピアの最小受信間隔を比較します。2 つの数値のうち大きい方が、そのピアの送信間隔として受け入れられます。

    ステートメントは transmit-interval 、BFD ステートメントの送信頻度を指定し、以下のオプションを含みます。

    • minimum-interval milliseconds—ローカル ルーティング デバイスが BFD セッションを確立したネイバーに hello パケットを送信する最小間隔をミリ秒で指定します。

    • threshold milliseconds—BFD セッション送信間隔を適応するためのしきい値を指定します。送信間隔がしきい値を超える値に適応すると、1 つのトラップと 1 つのシステム メッセージが送信されます。

      メモ:

      ステートメントでthreshold指定されるしきい値は、ステートメントのステートメントtransmit-intervalminimum-interval指定された値よりも大きくなければなりません。

  7. バージョン ステートメントを含めて BFD バージョン を指定します。BFD をバージョン 1 に設定することも、BFD が必要なバージョンを決定できるようにオプションを automatic 含めることもできます。