Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

混合または非混合バーチャルシャーシでのEX4600スイッチの設定

メモ:

Juniper Mist Wired Assuranceを使用してバーチャルシャーシを設定するには、次のトピックの手順に従ってください: EX3400、EX4100、EX4100-F、EX4300、EX4400、またはEX4600スイッチを使用してバーチャルシャーシを設定します

このトピックでは、混合されていない EX4600 バーチャル シャーシ、または EX4600 スイッチと EX4300 スイッチを含む混合 EX4600 バーチャル シャーシの構成について説明します。EX4650バーチャルシャーシは対象外です。QFX4600バーチャルシャーシというよりは、QFX5120バーチャルシャーシに近いです。代わりに、 EX4650またはQFXシリーズのバーチャルシャーシの設定を参照してください。

メモ:

混在するEX4600バーチャルシャーシには、マルチギガビットEX4300モデル(EX4300-48MP)を除く、EX4300スイッチの任意のモデルを含めることができます。

40 Gbps QSFP+ および 10 Gbps SFP+ アップリンク ポートをバーチャル シャーシ ポート(VCP)として設定し、EX4600 バーチャル シャーシのメンバーを相互接続します。アップリンクポートは、異なる建物内で数マイル離れたスイッチを同じバーチャルシャーシに接続できます。

非混合または混合EX4600バーチャルシャーシを作成するには、QSFP+またはSFP+アップリンクモジュールポートをVCPに設定する必要があります。2 つのメンバー スイッチ間に追加の VCP 帯域幅が必要な場合は、メンバー スイッチ間の VCP として追加のポートを設定できます。同一の速度のポートは、バーチャルシャーシに耐障害性を提供するために、リンクアグリゲーショングループ(LAG)内のリンクになります。たとえば、2 つの QSFP+ ポートと 2 つの SFP+ ポートを同じスイッチに接続する VCP として設定した場合、メンバー スイッチ間に 2 つの LAG があります。1 つは 2 つの 40 Gbps QSFP+ ポート メンバー リンクを持つ LAG で、もう 1 つは 2 つの 10 Gbps SFP+ ポート メンバー リンクを持つことになります。

メモ:

バーチャルシャーシ構成には、プライマリスイッチとバックアップスイッチの2つのルーティングエンジンがあります。バーチャル シャーシの変更は、常に ではなく コマンドを使用してcommit synchronizecommitコミットすることをお勧めします。これにより、コンフィギュレーションの変更が両方のルーティング・エンジンに同時に保存されます。

EX4600バーチャルシャーシは、次のいずれかで設定できます。

  • プロビジョニングされていない設定—プライマリは、他のメンバースイッチにメンバーIDを順次割り当て、プライマリロールの優先度値とプライマリロール選択アルゴリズムの他の要素からロールを決定します。

  • 事前プロビジョニングされた設定:メンバースイッチをシリアル番号に関連付けることで、メンバースイッチに割り当てられるメンバーIDとロールを確定的に制御します。

プロビジョニングされていない設定ファイルを使用したEX4600バーチャルシャーシの設定

プロビジョニングされていない設定を使用して、EX4600バーチャルシャーシを設定できます。

プロビジョニングされていない設定を使用してバーチャル シャーシを設定するには、次の手順に従います。

メモ:

EX4600バーチャルシャーシは、ケーブルが物理的に接続されているときと接続されていない状態で設定できます。

  1. プライマリスイッチとして使用する予定のスイッチのみの電源をオンにします。

    EX4300とEX4600を混在させてバーチャル シャーシを構成する場合は、EX4600スイッチを使用する必要があります。EX4300とEX4600の混在バーチャルシャーシで、EX4300をプライマリルーティングエンジンの役割として使用していない場合、サポートしています。

  2. (混合バーチャルシャーシの場合のみ必要)プライマリスイッチを混合モードに設定し、スイッチを再起動して変更を有効にします。
  3. 混合バーチャル シャーシを設定する場合は、再起動が完了するのを待ってからこの手順を実行します。初期設定を完了して、スイッチの識別パラメーターを指定します。 EX4600でのJunos OSの設定を参照してください。
    メモ:

    プライマリスイッチに指定するプロパティは、バーチャルシャーシ設定全体に適用されます。

  4. (オプション)バーチャル シャーシのアウトオブバンド管理用に、仮想管理イーサネット(VME)インターフェイスを使用してプライマリ スイッチを設定します。
  5. (EX4300とEX4600が混在するバーチャル シャーシには必須、他のバーチャル シャーシではオプション)メンバー スイッチのプライマリ ロールの優先度を設定します。
    メモ:

    EX4300とEX4600のバーチャルシャーシを混在させて設定する場合は、EX4300スイッチがプライマリロールを引き受けないように、プライマリロールの優先度が最も高いEX4600スイッチを設定します。EX4300スイッチをプライマリ ロールとして動作するEX4300とEX4600の混在スイッチはサポートされていません。

  6. (オプション。2メンバーのバーチャルシャーシに推奨)プライマリスイッチで、分割およびマージ機能を無効にします。
  7. 他のメンバースイッチの電源をオンにします。
  8. (混合バーチャルシャーシの場合のみ必要)個々のスイッチを混合モードに設定し、スイッチを再起動して変更を有効にします。

  9. 個々のメンバー スイッチで、次のコマンドを使用して、メンバー スイッチを VCP に相互接続するために使用するポートを構成します。

    ここで pic-slot-number 、はPICスロット番号です。

    例えば、PICスロット2のQSFP+インターフェイスのポート0をVCPとして設定したい場合:

    同じ速度の 2 つ以上のインターフェイスが同じ 2 つのメンバー スイッチ間の VCP に設定された場合、VCP は自動的にリンク アグリゲーション グループにバンドルされます。 バーチャルシャーシポートリンクアグリゲーションを理解するを参照してください。

メモ:

デフォルトでは、メンバーロールとプライマリロールの優先度を設定しない場合、バーチャルシャーシはプロビジョニングされていない設定で形成されます。プロビジョニングされていない設定では、各メンバースイッチ 128のプライマリロールの優先度値は で、プライマリロールがデフォルトで選択されます。プライマリ ロールの優先度を変更して、メンバーが引き受けるロールを変更できます。 バーチャル シャーシのプライマリ ロールの設定を参照してください。

プライマリ メンバーとバックアップ メンバーに同じプライマリ ロールの優先度値を指定することをお勧めします。この例では、プライマリ ロールの優先度が最も高いものが 2 つのメンバーに割り当てられています。ただし、最初に電源オンされたメンバーには、プライマリ ロール選択アルゴリズムに従って優先順位が与えられます。 バーチャルシャーシ内のプライマリがどのように選出されるかを理解するを参照してください。その他のメンバーは、この例ではデフォルトのプライマリ ロール プライオリティを使用し、ラインカード ロールを引き受けます。

メモ:

request virtual-chassis renumberプライマリがメンバースイッチに割り当てるメンバーIDを変更する場合は、 コマンドを使用します。

事前プロビジョニングされた設定ファイルを使用したEX4600バーチャルシャーシの設定

バーチャル シャーシ構成を事前プロビジョニングする場合は、バーチャル シャーシ内の各スイッチのメンバー ID とロールを割り当てます。

事前プロビジョニングされた設定を使用してバーチャル シャーシを設定するには、次の手順に従います。

メモ:

EX4600バーチャルシャーシは、ケーブルが物理的に接続されているときと接続されていない状態で設定できます。

  1. バーチャルシャーシ構成で接続するすべてのスイッチのシリアル番号のリストを作成します。
  2. 各スイッチの目的の役割(routing-engine または line-card)をメモします。メンバーにロールを設定する routing-engine と、プライマリ ロールまたはバックアップ ロールで機能する資格があります。メンバーをロールで line-card 設定した場合、プライマリ ロールまたはバックアップ ロールで機能することはできません。

    EX4300 と EX4600 バーチャル シャーシを混在させて設定する場合、EX4300 スイッチは ロールにのみ設定 line-card する必要があります。EX4300とEX4600が混在するバーチャルシャーシ

  3. プライマリスイッチとして使用する予定のスイッチのみの電源をオンにします。
  4. (混合バーチャルシャーシの場合のみ必要)プライマリスイッチを混合モードに設定し、スイッチを再起動して変更を有効にします。
  5. 混合バーチャル シャーシを設定する場合は、再起動が完了するのを待ってからこの手順を実行します。初期設定を完了して、スイッチの識別パラメーターを指定します。 EX4600でのJunos OSの設定を参照してください。
    メモ:

    プライマリスイッチに指定するプロパティは、バーチャルシャーシ設定全体に適用されます。

  6. (オプション)バーチャル シャーシのアウトオブバンド管理用に、仮想管理イーサネット(VME)インターフェイスを使用してプライマリ スイッチを設定します。
  7. 事前プロビジョニングされたコンフィギュレーション モードを指定します。
  8. バーチャルシャーシに含めるメンバーをすべて指定し、各スイッチのシリアル番号を希望のメンバーIDとロールとともにリストします。
  9. (オプション。2メンバーのバーチャルシャーシに推奨)分割およびマージ機能を無効にします。

    詳細については、 バーチャルシャーシでの分割およびマージの無効化 を参照してください。

  10. 他のメンバースイッチの電源をオンにします。メンバー ID とロールは設定によって決定されているため、メンバー スイッチの電源を任意の順序でオンにできます。
  11. (混合バーチャルシャーシを設定する場合に必須)個々のスイッチを混合モードに設定し、スイッチを再起動して変更を有効にします。

  12. 個々のメンバー スイッチで、次のコマンドを使用して、メンバー スイッチを VCP に相互接続するために使用するポートを設定します。

    ここで pic-slot-number 、はPICスロット番号です。

    例えば、PICスロット2のQSFP+インターフェイスのポート0をVCPとして設定したい場合:

    同じ速度の 2 つ以上のインターフェイスが同じ 2 つのメンバー スイッチ間の VCP に設定された場合、VCP は自動的にリンク アグリゲーション グループにバンドルされます。 バーチャルシャーシポートリンクアグリゲーションを理解するを参照してください。

メモ:

事前プロビジョニングされた設定を使用する場合、プライマリロールの優先度は変更できません。プライマリ ロールの優先度の値は自動的に生成され、コンフィギュレーション ファイルでメンバー スイッチに割り当てられたロールによって制御されます。2 つのルーティング エンジンには、同じプライマリ ロールの優先度値が割り当てられます。ただし、最初に電源がオンにされたメンバーは、プライマリ ロール選択アルゴリズムに従ってより高い優先順位付けを持ちます。 バーチャルシャーシ内のプライマリがどのように選出されるかを理解するを参照してください。