Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

トラフィック制御CoSの定義(優先度グループのスケジューリング)

トラフィック制御プロファイルは、転送クラス セット(優先度グループ)の出力帯域幅とスケジューリング特性を定義します。転送クラス セット(fc-set)に含まれる転送クラス(出力キューにマッピングされます)は、トラフィック制御プロファイルで設定した帯域幅リソースを共有します。スケジューラ マップでは、転送クラスをスケジューラに関連付け、fc セットに属する個々の転送クラスが、fc-set に割り当てられた帯域幅を共有する方法を定義します。

トラフィック制御プロファイルで設定するパラメータは、fc-setに対して以下の特性を定義します。

  • guaranteed-rate—最小帯域幅( CIR(コミット情報レート)とも呼ばれる)。保証レートは、fc セットが共有できる過剰(追加)ポート帯域幅も決定します。追加のポート帯域幅は、各fcセットの保証レートと比例して、ポート上のfcセット間で割り当てられる。

    メモ:

    厳格優先キューを含む fc セットの保証レートを設定することはできません。トラフィック制御プロファイルがス厳優先度キューを含む fc セットに対する場合、保証レートは設定しません。

  • shaping-rate—ピーク情報レート( GREEN)とも呼ばれる最大帯域幅

  • scheduler-map:転送クラスをスケジューラにマッピングして定義された、キューの帯域幅とスケジューリングの特性。(キュー スケジューリング特性は、リンク帯域幅全体の量または割合ではなく、fc セット帯域幅の量または割合を表します)。

メモ:

ポートは複数のfcセットを持つ場合があります。fcセットにリソースを割り当てる場合、ポートの帯域幅全体は、そのポートに関連付けられたキュー全体に対応する必要があります。

このプロファイルを使用してトラフィック制御プロファイルを設定するには、次の手順にCLI。

  1. トラフィック制御プロファイルに名前を付け、fc-set の最小保証帯域幅を定義します。

  2. fc セットの最大帯域幅を定義します。

  3. スケジューラ マップをトラフィック制御プロファイルにアタッチします。