Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

トラフィック転送および監視の構成

転送オプションとトラフィック監視を設定するには、階層レベルにステートメントを [edit forwarding-options] 含める:

注:

複数のサービスPICを指すルートが使用可能で、Aラグ(アプリケーション レイヤー ゲートウェイ)が設定されている場合は、IPv4トラフィックの [ ] 階層レベルに ステートメントを含め family inet layer-3-services source-address edit forwarding-options enhanced-hash-key services-loadbalancing family inet6 layer-3-services source-address 、IPv6トラフィックの[edit forwarding-options enhanced-hash-key services-loadbalancing]階層レベルで ステートメントを含めて、ソースIPアドレスに基づいて、PIC間のトラフィック配信を常に設定する必要があります。Aラグを使用してセッションの親と子の関係を管理するには、親と子の両方のセッションを同じタイプのサービスPICで処理する必要があります。