Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ルーティングインスタンスへの動的プロファイルのアタッチ

動的プロファイルを疑似ワイヤにバインドするには、ルーティングインスタンスに接続します。ルーティングインスタンスは、VPLS インスタンスタイプまたは仮想スイッチインスタンスタイプにすることができます。動的プロファイルは、VPLS のプロトコルレベル、メッシュグループレベル、または近隣レベルでルーティングインスタンスに接続できます。

この機能はトンネルインターフェイスではサポートされていないため、VPLS のルーティングインターフェイスno-tunnel-servicesでは、 [edit routing-instances routing-instance-name protocols vpls]階層レベルにステートメントを含める必要があります。

  • VPLS のプロトコルレベルで動的プロファイルをアタッチするには、次のようにします。

  • メッシュグループレベルでダイナミックプロファイルを接続するには、次のようにします。

  • 近傍レベルで動的プロファイルを接続するには、次のようにします。