Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー2トラフィックの監視に変数を使用する擬似ワイヤーの概要

コアでトラフィックのポリシーを設定するために必要な動的プロファイルの数を削減するには、動的プロファイルの出力ポリサーの変数を使用します。定義した変数を 呼び出します junos-layer2-output-policer 。変数は、動的プロファイルがルーティングインスタンスから値を取得したときに入力するプレースホルダーです。

レイヤー2擬似ワイヤに対して、ポリサーの変数を使用するには、次のようにします。

  1. ポリサーを作成します。

  2. 動的プロファイルを作成し、プロファイル変数セットを動的プロファイルに追加します。

  3. プロファイル変数セットで、値を変数に割り当 junos-layer2-output-policer みます。この値は、ポリサーの1人の名前です。

  4. 階層での動的プロファイル インターフェイスの設定では、レイヤー 2 ポリシーの 1 つを割 [edit dynamic-profiles profile-name interfaces "$junos-interface-ifd-name" unit "$junos-underlying-interface-unit"]junos-layer2-output-policer り当てます。

  5. 動的プロファイルをルーティング インスタンスにアタッチする場合は、動的プロファイルで設定したプロファイル変数セットを値として割り当 associate-profile てる。

  6. 動的プロファイルとプロファイル変数セットをルーティングインスタンスにアタッチします。