Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Tricolor マーキングアーキテクチャについて

Tricolor マーキング (TCM) ポリサーは、次の2つの機能を提供します。メータリングとマーキング。ポリサーは各パケットをメーター、パケットとメータリング結果をマーカーに渡します。

メーターは2つのモードで動作します。カラーブラインドモードでは、このメーターはパケットストリームをカラーなしとして扱います。事前設定の損失の優先度はすべて無視されます。カラー認識モードでは、アップストリームデバイスを高または低として設定したパケットロス優先度 (PLP) フィールドを調べます。つまり、PLP フィールドは、動作集約 (BA) またはマルチフィールド (MF) の分類子によってすでに設定されています。マーカーは、各受信 IP パケットの PLP をメーターの結果に従って変更します。

単一レート TCM と呼ばれるのは、トラフィックが 1 レート(CBR(コミットされたバースト レート)と 2 つのバースト サイズに従ってポリシー設定されるからです。コミットされたバーストサイズ (CBS) と超過バーストサイズ (EBS) 設定された情報レート (CIR) は、ビットがネットワークに対して受け付けられる平均レートを指定します。CBS は通常のバーストサイズをバイト数で指定し、EBS は、ネットワークに受け付けられるパケットの最大バーストサイズをバイト単位で指定します。この EBS は、CBS 以上であり、0になることはありません。各パケットがネットワークに入るたびに、そのバイト数がカウントされます。CBS を超えないパケットは、low PLP としてマークされます。ピーク情報レート (PIR) を超えるパケットは、high PLP としてマークされます。

2レート TCM は、トラフィックが次の2つの速度に従っているためにコールされます。CIR と PIR です。PIR は CIR と同じかそれ以上です。CIR は、ビットがネットワークに許容される平均レートを示し、PIR は、ネットワークに対してビットが受け付けられる最大レートを指定します。各パケットがネットワークに入るたびに、そのビットがカウントされます。CIR を超えないパケットのビットは、低 PLP としてマークされたパケットを持ちます。パケットの中で PIR を超えるビットは、ハイ PLP としてマークされています。