Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

3 色マーキング ポリサーの設定

EX シリーズ スイッチのトラフィックをレート制限するには、ポリサーを設定し、ファイアウォール フィルタの条件のアクション修飾子として指定します。デフォルトでは、複数の用語で同じポリサーを指定した場合、Junos OSは各条件に対して個別のポリサーインスタンスを作成し、各インスタンスに個別にレート制限を適用します。たとえば、1 Gbps を超えるトラフィックを破棄し、そのポリサーを 3 つの異なる条件で参照するようにポリサーを設定すると、各ポリサー インスタンスは 1 Gbps の制限を適用します。この場合、フィルタで許可される帯域幅の合計は 3 Gbps です。

また、ポリサーをフィルター固有に設定することもできます。つまり、ポリサーが何回参照されているかに関係なく、Junos OS は 1 つのポリサー インスタンスのみを作成します。これを行うと、レート制限が集約的に適用されるため、1 Gbps を超えるトラフィックを破棄し、そのポリサーを 3 つの異なる条件で参照するようにポリサーを設定すると、フィルタで許可される総帯域幅は 1 Gbps になります。

このトピックでは、単一レートおよび 2 レート 3 カラー ポリサー(TCM)ポリサー(シングルレートおよび 2 レート 3 カラー ポリサーとしても知られる)を設定する方法について説明します。単一レート 2 カラー ポリサー(「ポリサー」とも呼ばれる)を設定する場合は、「 トラフィック レートを制御するためのポリサーの設定(CLI プロシージャ)」を参照してください。

3 色マーキング ポリサーの設定

3 色マーキング ポリサーは、設定済みの情報レート(CIR)、ピーク情報レート(PIR)、関連するバースト サイズ、トラフィックに設定されたポリシング アクションなど、測定レートに基づいてトラフィックをポリシングします。3 色マーキングでは、カラーブラインドとカラー認識という 2 つのモードに従ってトラフィック ポリシングを設定できます。カラー ブラインド モードでは、現在のパケット 損失優先度(PLP)値は無視されます。カラー認識モードでは、現在の PLP 値はポリサーによって考慮され、ポリサーはこれらの値を増やすことができますが、それらの値を小さくすることはできません。

TCM(三色マーキング)ポリサーを設定するには、

  1. ポリサーの名前と(オプションで)PLP(高損失優先度)のパケットを自動的に破棄するかどうかを指定します。
  2. ポリサーを単一レートまたは 2 レートとして指定し、カラー認識またはカラー ブラインドとして指定します。

    例えば、

  3. 単一レート TCM ポリサーの場合、CIR、CBS(コミットバーストサイズ)、超過バーストサイズ(EBS)を設定します。
  4. 2 レート TCM ポリサーの場合は、CIR、CBS、PIR、ピーク バースト サイズ(PBS)を設定します。

ファイアウォール フィルターへの 3 色マーキング ポリサーの適用

ファイアウォール フィルタに 3 色マーキング(TCM)ポリサーを適用してトラフィックをレート制限するには、次の手順に該当します。

例えば、

このステートメントは、 single-rate ファイアウォール フィルター設定のポリサーへの参照にステートメントまたは two-rate ステートメントのいずれかを含める必要があり、このステートメントは、設定された TCM ポリサーと一致する必要があります。それ以外の場合、設定リストにエラーメッセージが表示されます。

たとえば、単一レート TCM ポリサーとして設定 srTCM1-ca し、2 レート ポリサーとして適用しようとすると、次のメッセージが表示されます。