Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

システム ロギングの概要

Junos OS は、システム ログ メッセージ( syslog メッセージとも呼ばれます)を生成し、デバイスで発生する システム イベント を記録します。イベントは、日常的な操作、障害とエラーの状態、緊急の解決が必要な重大な条件で構成されます。このシステム ロギング ユーティリティは UNIX syslogd ユーティリティと似ています。

各 Junos OS システム ログ メッセージは、トリガー イベントのハードウェアベースまたはソフトウェアベースのソースを反映する 、ファシリティと呼ばれるメッセージ カテゴリに属します。同じファシリティに属するメッセージのグループは、同じソフトウェア プロセスによって生成されるか、同様のハードウェア条件やユーザー アクティビティ(認証の試行など)に関係します。各システム ログ メッセージには 重大度も事前に割り当てられ、トリガー イベントがルーター(またはスイッチ)機能にどれほど深刻な影響を与えるかを示します。イベントのファシリティと重大度は、メッセージ の優先度と呼ばれます。syslog メッセージの内容は、メッセージを生成する Junos OS プロセス を識別し、発生した操作またはエラーについて簡単に説明します。

デフォルトでは、重大度が重大度以上の info syslog メッセージは、ローカル ルーティング エンジンのディレクトリ内の/var/logメイン システム ログ ファイルmessagesに書き込まれます。これらのデフォルト値をオーバーライドするグローバル設定とファシリティ固有の設定を構成するには、階層レベルでステートメントを [edit system syslog] 含めることができます。

すべての syslog ファシリティまたは指定されたファシリティの場合、syslog メッセージ ユーティリティを設定して、指定した重大度のメッセージをメイン システム ログ ファイルではなく、指定されたファイルにリダイレクトできます。また、syslog メッセージ ユーティリティを設定して、指定した重大度の syslog メッセージを、すべての syslog ファシリティまたは指定されたファシリティに対して、追加の宛先に書き込むことができます。syslog メッセージをログ ファイルに書き込むだけでなく、ログインしたユーザーの端末セッション、ルーター(またはスイッチ)コンソール、リモート ホストまたはその他のルーティング エンジンに syslog メッセージを書き込むことができます。

ファシリティ、重大度、宛先に関係なく、すべてのシステム ロギング メッセージのグローバル レベルで、ファイル アーカイブ プロパティのデフォルト値とデフォルト タイムスタンプ形式を上書きできます。