Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

RIP ネットワークのトラフィック制御

RIPネットワークにおけるメトリックによるトラフィック制御について

RIP ネットワークを調整し、ネットワークを流れるトラフィックを制御するには、ネットワークを通過するパスのコストを増減できます。RIP は、パス コストを変更する 2 つの方法を提供します。1 つ目の受信メトリックと送信メトリックは、それぞれデフォルトで 1 に 設定されています。これらのメトリックは、ホスト経由でアドバタイズされるルートのコストを手動で指定する属性です。ネットワーク全体のリンクのメトリック(つまりコスト)を増減することで、ネットワーク全体でのパケット伝送を制御できます。

受信したメトリックにより、セグメント全体のルートがデータ モデルにインポートされると、個々のセグメントのコストがルーティング テーブル。たとえば、セグメントの受信メトリックを 3 に設定すると、リンクに沿った個々のセグメント コストが1から3変更されます。コストの増加は、そのリンクを通じたすべてのルート計算に影響します。高ホップ数が理由で以前に除外していたその他のルートも、ルーターの転送テーブルに選択される場合があります。

送信メトリックは、特定のインターフェイスでアドバタイズされたルートのパス コストを変更します。受信メトリックとは異なり、送信メトリックは、他のルーターが学習しているルートを変更して、トラフィックの送信方法を制御します。

エクスポートしたルートが同じ RIP グループのメンバーから学習された場合、そのルートに関連付けられたメトリックが正常な RIP メトリックです。たとえば、受信メトリック 2 で設定されたネイバーから学習したメトリック 5 を持つ RIP ルートは、同じグループ内のネイバーにアドバタイズされた場合、メトリックの組み合わせは 7 でアドバタイズされます。ただし、このルートが別のグループ内または別のプロトコルから RIP ネイバーから学習された場合、そのグループの送信メトリックに設定されたメトリック値を使用してルートがアドバタイズされます。

ルートのメトリックを増やして、ルート内で特定のルートを選択して設置する確率を減らルーティング テーブル。このプロセスはルート ポイズン とも呼ばれます。ルートにポイズドが必要になる理由は、ルートの使用コストが比較的高い、またはルートの帯域幅が比較的低い、という理由があります。

別のルートよりも高いメトリックを持つルートは、下位メトリック ルートが使用できない場合にのみ、アクティブ ルートになります。この方法では、より高いメトリックのルートがバックアップ パスとして機能します。

インポートしたルートのメトリックを増やす方法の 1 つが、インポート ポリシーを設定する方法です。もう 1 つの方法は、ステートメント metric-in を RIP ネイバー設定に含める方法です。エクスポート ルートのメトリックを増やす方法の 1 つは、エクスポート ポリシーを設定する方法です。もう 1 つの方法は、ステートメント metric-out を RIP ネイバー設定に含める方法です。

例:受信メトリックを使用した RIP ネットワーク内のトラフィックの制御

この例では、受信メトリックでトラフィックを制御する方法を示しています。

要件

開始する前に RIP グループを定義し、グループにインターフェイスを追加します。次に、RIP ルーティング ルーティング ポリシーを通じて学習した、直接接続されたルートとルートをエクスポートするインターフェイスを設定します。「 例:基本的な RIP ネットワークの設定 」を参照してください

概要

この例では、図 1 に示すように、RIP 対応インターフェイスの両方でルーター A がルーター D へのルート を受信します。ルーター B を通るルートとルーター C を通るルートのホップ数は同じため、両方のルートが転送テーブルにインポートされます。ただし、ルーター B からルーター D への T3 リンクの方が、ルーター C からルーター D への T1 リンクよりも広い帯域幅を持つため、トラフィックはルーター A からルーター B からルーター D に流れる必要があります。

図 1:受信メトリックを使用した RIP ネットワーク内のトラフィックの制御 Controlling Traffic in a RIP Network with the Incoming Metric

トポロジ

このフローを強制するには、ルート メトリックをルーター A のルート メトリックにインポートする時にルーティング テーブル。ルーター A からルーター C へのインターフェイスで受信メトリックを設定することで、そのインターフェイスから受信したルートすべてでメトリックを変更します。ルーター A で受信ルート メトリックを設定すると、ルーター A の ルーティング テーブル 内のルートだけが変更され、ルーター A がトラフィックをルーター D に送信する方法にのみ影響を与えます。 ルーター D のルート選択は、独自の ルーティング テーブル に基づいて行います。デフォルトでは、調整されたメトリック値は含されません。

この例では、ルーター C はルーター D からルート アドバタイズメントを受け取り、ルーター A へのルートをもう一アドバタイズします。ルーター A がルートを受信すると、受信したメトリックがインターフェイスに適用されます。メトリックを 1(デフォルト)増やす代わりに、ルーター A は 3(受信メトリックとして設定済み)増え、ルーター A からルーター D へのルートにルーター C からルーター C までの総パス メトリック 4 を指定します。ルーター B を通るルートは 2 のメトリックを持つため、ルーター A からルーター D までのすべてのトラフィックに対する推奨ルートになります。

この例では、インターフェイスg3-0/0/0上でalpha 1と呼ばれる RIP グループを使用しています。

構成

手順

手順

受信メトリックでトラフィックを制御するには、次の方法に示します。

  1. インターフェイスで RIP を有効にします。

  2. 受信メトリックを設定します。

  3. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

検証

設定が正常に機能されていることを確認するには、 コマンドを入力 show route protocols rip します。

例: 送信メトリックを使用して RIP ネットワーク内のトラフィックを制御する

この例では、送信メトリックでトラフィックを制御する方法を示しています。

要件

開始する前に、以下を実行します。

概要

この例では、図 2 に示すように、ルーター A からルーター D への各ルートには 2ホップがあります。ただし、RIP グループ内のルーター A からルーター B へのリンクの帯域幅は、RIP グループ Alpha 1 のルーター A からルーター C へのリンクよりも広いので、ルーター D からルーター A へのトラフィックはルーター B を通過する必要があります。ルーター D がルーター A にトラフィックを送信する方法を制御するには、Alpha 1 RIP グループ内のルーター A のインターフェイス上で送信メトリックを設定して、ルーター D が受信するルートを変更できます。

図 2:送信メトリックを使用した RIP ネットワーク内のトラフィックの制御 Controlling Traffic in a RIP Network with the Outgoing Metric

トポロジ

Alpha 1 RIP グループ(A 対 C リンク)の送信メトリックを 3 に変更すると、ルーター D はルーター A からルーター C までのパスの総メトリックを 4 として計算します。対照的に、RIP グループのルーター A からルーター B へのデフォルトの総パス メトリックは変更されていませんが 2 です。ルーター A のインターフェイスは 2 つの異なる RIP グループに属しているという事実により、グループ レベルでパス メトリックを設定することで、そのインターフェース上で 2 つの異なる送信メトリックを設定できます。

送信メトリックを設定することで、ルーター A がルーター D にトラフィックを送信する方法を制御できます。同じルーターで送信メトリックを設定することで、ルーター D がルーター A にトラフィックを送信する方法を制御できます。

この例では、出力メトリック 3 を使用しています

構成

手順

手順

送信メトリックでトラフィックを制御するには、次の方法に示します。

  1. 出力メトリックを設定します。

  2. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

検証

設定が正常に機能されていることを確認するには、 コマンドを入力 show protocols rip します。

例: インポートした RIP ルートに追加されるメトリック値の設定

この例では、受信ルートに追加するデフォルト のメトリックを変更して、ルート選択プロセスを制御する方法を示しています。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外の特別な設定を行う必要はありません。

概要

通常、複数のルートが使用可能な場合、RIP は最も少ないホップ数のルートを選択します。デフォルト のメトリックを変更すると、ルート選択プロセスを制御して、ホップ数が多いルートを低いホップ数のルートよりも優先できます。

図 3 は 、この例で使用されているトポロジを示しています。

図 3:RIP受信メトリック ネットワーク トポロジー RIP Incoming Metrics Network Topology

デバイス R1 には 2 つの潜在的なパスが 172.16.2.2/32 に到達します。デフォルトの動作は、デバイスR2に面した0.1/30インターフェイスからトラフィックを送信します。しかし、デバイス R3 を通過するパスが使用コストが低かったり、帯域幅が広かったりするとします。この例では、 ステートメントを使用して、デバイス R1 がデバイス R3 を通るパスを使用して metric-in 172.16.2.2/32 に到達する方法を示しています。 CLI簡易構成は 、図 3 のすべてのデバイスの設定 を示しています。このセクション #d119e58__d119e201、 デバイス R1 の手順について説明します。

トポロジ

構成

手順

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペースト [edit] します。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI CLI ガイド 」 の「 設定モードでの CLI エディターの使用 」を 参照してください

RIP メトリックを設定するには、以下の手順に示します。

  1. ネットワーク インターフェイスを設定します。

  2. RIP グループを作成し、インターフェイスを追加します。

    ネットワークで RIP をJunos OS、RIP が有効になっているインターフェイスを含む 1 つ以上のグループを設定する必要があります。ループバック インターフェイスで RIP を有効にする必要は不要です。

    デバイス R2 に向かっているインターフェイスでは、メトリックイン 4 の設定により、このルートがアクティブ ルートとして選択される可能性が低くなっています。

  3. 直接ルートルーティング ポリシー RIP 学習ルートの両方をアドバタイズする方法を作成します。

  4. アプリケーションを適用ルーティング ポリシー。

    このJunos OS、グループ レベルでのみ RIP エクスポート ポリシーを適用できます。

結果

設定モードから、 、 、 および のコマンドを入力して show interfaces show protocols 設定を確認 show policy-options します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モード から Commit を入力します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

予想されるルートがアクティブな状態の検証

目的

172.16.2.2/32 に到達するには、デバイス R1 がデバイス R3 を通過するパスを使用します。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show route 172.16.2.2 します。

意味

ge-1/2/1.10 経由の 10.0.0.9への出力は、デバイス R1 がデバイス R3 を通るパスを使用して 172.16.2.2/32 に到達すると示しています。このルートのメトリックは 3 です。

metric-in ステートメントの削除

目的

ステートメントを削除または metric-in 非アクティブにして、172.16.2.2/32 ルートがどうなるかを確認します。

アクション
  1. 設定モードから、 ステートメントを非アクティブ metric-in にします。

  2. 動作モードから コマンドを入力 show route 172.16.2.2 します。

意味

fe-1/2/0.1 経由で 10.0.0.2への出力は、デバイス R1 がデバイス R2 を通るパスを使用して 172.16.2.2/32 に到達すると示しています。このルートのメトリックは 2 です。