Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

変更された内容

MX シリーズ ルーターのこのリリースで何が変わったかをご確認ください。

ネットワークの管理と監視

  • operator ログインクラスは、(ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、vSRX)のNETCONFトレースファイル no-world-readable の表示を制限します。階層レベルで [edit system services netconf traceoptions] NETCONFトレースオプションを設定し、ステートメント(デフォルト)を設定または省略 no-world-readable してファイル所有者へのファイルアクセスを制限する場合、ログインクラスに operator 割り当てられたユーザーはトレースファイルを表示する権限を持っていません。

  • junos:cli-featureのサポートYANG拡張(ACXシリーズ、EXシリーズ、MXシリーズ、QFXシリーズ、SRXシリーズ、vMX、vSRX)—YANG拡張はcli-feature、いくつかのコマンドオプションと設定ステートメントに関連する特定のCLIプロパティを識別します。設定または RPC を定義する Junos YANG モジュールには、拡張で出力されるスキーマに、必要に応じて拡張ステートメントが含まれますcli-feature。この拡張は、クライアントが YANG データ モデルを使用する場合に有益ですが、特定のワークフローでは、クライアントが CLI ベースのツールを生成する必要があります。

    [ Junos MPLS 拡張 YANG モジュールについてを参照してください。

  • の XML タグ get-system-yang-packages RPC 応答が変更されました(ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ、vMX、vSRX)—RPC 応答は get-system-yang-packages 、タグを xmlproxy-yang-modules XML 出力のタグ proxy-xml-yang-modules に置き換えます。

  • 操作が存在しない設定オブジェクト(ACX シリーズ、EX シリーズ、MX シリーズ、QFX シリーズ、SRX シリーズ、vMX、vSRX)を削除した場合operation="delete"の NETCONF サーバー<rpc-error>要素の変更-または <load-configuration> 操作で使用operation="delete"する構成要素を削除する際<edit-config>に NETCONF サーバーが返す応答は、ターゲット構成に存在しない構成要素を削除するように変更<rpc-error>しました。エラーの重大度は警告ではなくエラーであり<rpc-error>、要素には および <error-type>application</error-type> 要素が<error-tag>data-missing</error-tag>含まれます。