Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

マルチキャスト設定の概要

関連するプロトコル ファミリーでマルチキャスト アプリケーションをサポートするルーター ネットワークを設定します。マルチキャストを使用するには、マルチキャスト ネットワークの基本コンポーネントとその関係を理解してから、ネットワーク内のノードとして機能するデバイスを設定する必要があります。

マルチキャスト ネットワークのノードとしてデバイスを設定するには、次の手順に示します。

  1. ルーターがマルチキャスト ソースに直接接続されているかどうかを判断します。

    レシーバーは、これらのソースを特定できる必要があります。

  2. ルーターがマルチキャスト グループ レシーバに直接接続されているかどうかを決定します。

    レシーバが存在する場合、IGMPが必要です。

  3. マルチキャスト操作のスパース、密度、スパースを使用デンス モードするかどうかを決定します。

    各モードの構成に関する考慮事項は異なります。

  4. スパースまたはスパースベースのデータを使用する場合は、ランデブーポイント(RP)デンス モードを決定します。
  5. 静的設定、ブートストラップ ルーター(BSR)、または auto-RP方法で RP を探すかどうかを決定します。
  6. PIM をスパース、高密度、またはスパース密度のモードで設定する際に、独自のRPF(リバースパス フォワーディング)ルーティング テーブルを使用するマルチキャストを設定するかどうかを決定します。
  7. (オプション)SAP および SDP プロトコルを設定して、マルチキャスト セッションの通知をリッスンします。
  8. IGMP を設定します。
  9. (オプション)PIM スタティック RP を設定します。
  10. (オプション)不正なグループおよびソースからの PIM 登録メッセージをフィルタします。

    : RPルーターでの受信PIM登録メッセージの拒否 と例: 指定ルーターでの送信PIM登録メッセージの停止

  11. (オプション)PIM RPF インターフェイスをルーティング テーブル。