Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レイヤー 2 転送テーブル

VLAN のレイヤー 2 ラーニングおよび転送の概要

スイッチ、ルーター、NFX シリーズ デバイス上のレイヤー 2 転送テーブルについて

レイヤー 2 MAC アドレスと VLAN 学習および転送プロパティを設定するには、レイヤー 2 ブリッジングをサポートします。ユニキャスト MAC(メディア アクセス制御)アドレスは、VLAN 内のすべてのポートにパケットをフラッディングしないように学習されます。VLANに属するポートで受信したパケットから学習した各MACアドレスについて、送信元MACエントリーが送信元と宛先のMACテーブルに作成されます。

VLAN を設定すると、レイヤー 2 アドレス学習がデフォルトで有効になります。VLAN は、VLAN 内のすべてのポートにパケットをフラッディングしないように、ユニキャスト MAC(メディア アクセス制御)アドレスを学習します。各 VLAN は、VLAN に属するポートで受信したパケットから学習した各送信元 MAC アドレスに対して、送信元と宛先の MAC テーブルに送信元 MAC エントリーを作成します。

注:

トラフィックは、受信したインターフェイスにフラッディングすることはありません。ただし、この「スプリット ホライズン」は遅い段階で発生するため、などの show interfaces queue コマンドで表示されるパケット統計にはフラッド トラフィックが含まれます。

オプションで、デバイス全体または特定のVLANまたは論理インターフェイスのMAC学習を無効にすることができます。また、以下のレイヤー 2 ラーニングおよび転送プロパティを設定することもできます。

  • MAC エントリーのタイムアウト間隔

  • 論理インターフェイスのみの静的 MAC エントリー

  • 特定の論理インターフェイスまたは VLAN 内のすべての論理インターフェイスから学習した MAC アドレスの数に制限します。

  • VLAN の MAC アドレス テーブルのサイズ

  • VLAN の MAC アカウンティング

セキュリティ デバイス上のレイヤー 2 転送テーブルについて

SRX シリーズ デバイスは、各レイヤー 2 VLAN の MAC アドレスと関連するインターフェイスを含む転送テーブルを維持します。パケットがフレーム ヘッダーに新しい送信元 MAC アドレスとともに到着すると、デバイスはその転送テーブルに MAC アドレスを追加し、パケットが到着したインターフェイスを追跡します。テーブルには、デバイスが特定のMACアドレスのトラフィックを転送できる対応するインターフェイスも含まれています。

パケットの宛先MACアドレスがデバイスに不明な場合(つまり、パケット内の宛先MACアドレスに転送テーブルにエントリーがない)、デバイスはパケットを複製し、パケットが到着したインターフェイス以外のVLAN内のすべてのインターフェイスにフラッディングします。これは パケット フラッディング と呼ばれ、未知の宛先 MAC アドレスの発信インターフェイスを決定するデバイスのデフォルト動作です。パケット フラッディングは 2 つのレベルで実行されます。パケットは、設定されたレイヤー2セキュリティポリシーで許可されるように異なるゾーンにフラッディングされ、パケットは同じゾーン内で同じVLAN識別子を持つ異なるインターフェイスにフラッディングされます。デバイスは、そのMACアドレスに対する返信がそのインターフェイスの1つに到着すると、MACアドレスの転送インターフェイスを学習します。

SRX シリーズ デバイスが、パケット フラッディングではなく、ARP クエリーと traceroute リクエスト(ICMP エコーリクエストで、稼働までの時間値を 1 に設定)を使用して未知の宛先 MAC アドレスを見つけることを指定できます。この方法は、デバイスがすべてのインターフェイスで ARP クエリーと traceroute パケットを(最初のパケットではなく)フラッディングするため、パケット フラッディングよりも安全性が高いと見なされます。ARP またはトレースルート フラッディングを使用すると、元のパケットがドロップされます。デバイスはARPまたはICMPクエリーを同じサブネットワーク上の他のすべてのデバイスにブロードキャストし、指定された宛先IPアドレスのデバイスに返信を送信するよう要求します。指定されたIPアドレスを持つデバイスのみが応答し、応答側のMACアドレスをリクエスターに提供します。

ARP により、宛先 IP アドレスがイングレス IP アドレスと同じサブネットワークにある場合、ユニキャスト パケットの宛先 MAC アドレスを検出できます。(イングレスIPアドレスは、デバイスにパケットを送信する最後のデバイスのIPアドレスを指します。デバイスは、パケットを送信した送信元か、パケットを転送するルーターである可能性があります)。Traceroute では、宛先 IP アドレスがイングレス IP アドレスを超えるサブネットワーク内のデバイスに属していても、宛先 MAC アドレスを検出できます。

ARP クエリーを有効にして未知の宛先 MAC アドレスを特定すると、traceroute リクエストも有効になります。また、traceroute 要求を使用しないことをオプションで指定することもできます。ただし、デバイスは、宛先IPアドレスがイングレスIPアドレスと同じサブネットワークにある場合にのみ、ユニキャストパケットの宛先MACアドレスを検出できます。

ARP クエリーと traceroute リクエストまたは ARP のみのクエリーで未知の宛先 MAC アドレスを特定する場合でも、SRX シリーズ デバイスは以下の一連のアクションを実行します。

  1. デバイスは、最初のパケットで宛先MACアドレスをメモします。送信元MACアドレスとそれに対応するインターフェイスがまだ存在しない場合、デバイスは転送テーブルに追加します。

  2. デバイスは最初のパケットをドロップします。

  3. デバイスはARPクエリーパケットを生成し、オプションで traceroute パケットを生成し、これらのパケットを最初のパケットが到着したインターフェイスを除くすべてのインターフェイスにフラッディングします。

    ARPパケットは、以下のフィールド値で送信されます。

    • IRB の IP アドレスに設定された送信元 IP アドレス

    • 元のパケットの宛先 IP アドレスに設定された宛先 IP アドレス

    • IRB の MAC アドレスに設定された送信元 MAC アドレス

    • ブロードキャスト MAC アドレスに設定された宛先 MAC アドレス(すべて 0xf)

    Traceroute(ICMP エコー要求または ping)パケットは、以下のフィールド値で送信されます。

    • 元のパケットの IP アドレスに設定された送信元 IP アドレス

    • 元のパケットの宛先 IP アドレスに設定された宛先 IP アドレス

    • 元のパケットの送信元 MAC アドレスに設定された送信元 MAC アドレス

    • 元のパケットの宛先 MAC アドレスに設定された宛先 MAC アドレス

    • TTL(Time-to-Live)を に設定 1

  4. 最初のパケットからの宛先MACアドレスとそのMACアドレスにつながるインターフェイスを組み合わせることで、デバイスは転送テーブルに新しいエントリーを追加します。

  5. デバイスは、宛先MACアドレスに対して受信したすべての後続のパケットを、正しいインターフェイスから宛先に転送します。

レイヤー 2 トランク ポートのスイッチとして機能する VLAN のレイヤー 2 学習と転送

レイヤー 2 学習はデフォルトで有効になっています。レイヤー 2 トランク ポートを持つスイッチとして機能するように設定された VLAN のセットは、ユニキャスト MAC(メディア アクセス制御)アドレスを学習して、トランク ポートへのパケットフラッディングを回避します。

注:

トラフィックは、受信したインターフェイスにフラッディングすることはありません。ただし、この「スプリット ホライズン」は遅い段階で発生するため、などの show interfaces queue コマンドで表示されるパケット統計にはフラッド トラフィックが含まれます。

オプションで、VLAN 全体のレイヤー 2 学習を無効にしたり、以下のレイヤー 2 学習および転送プロパティを変更したりすることもできます。

  • VLAN のセットに関連付けられたレイヤー 2 トランク ポートから学習した MAC アドレスの数を制限します。

  • VLAN のセットの MAC アドレス テーブルのサイズを変更する

  • VLAN のセットの MAC アカウンティングを有効にする

統合型転送テーブルについて

統合型転送テーブルのメリット

従来、転送テーブルは静的に定義されており、アドレスタイプごとに一定のエントリー数しかサポートされていませんでした。UFT(統合型転送テーブル)には、以下のメリットがあります。

  • 転送テーブル リソースを割り当て、ネットワークのニーズに応じてさまざまなアドレス タイプで使用可能なメモリを最適化できます。

  • アドレスの 1 種類または別のメモリの高い割合を割り当てることができます。

統合型転送テーブルを使用してアドレス ストレージを最適化する

QFX5100、EX4600、EX4650、QFX5110、QFX5200、およびQFX5120スイッチでは、以下を格納するために利用可能な転送テーブルメモリの割り当てを制御できます。

  • MAC アドレス—レイヤー 2 環境では、スイッチは新しい MAC アドレスを学習し、MAC アドレス テーブルに保存します。

  • レイヤー3ホストエントリー - レイヤー2およびレイヤー3環境では、スイッチはどのIPアドレスがどのMACアドレスにマッピングされているかを学習します。これらのキーと値のペアは、レイヤー3ホストテーブルに保存されます。

  • LPM(Longest Prefix Match)テーブル エントリー — レイヤー 3 環境では、スイッチにはルーティング テーブルがあり、最も具体的なルートには、プレフィックスまたはネットマスクをネクスト ホップに関連付けるエントリーがあります。ただし、すべての IPv4/32 プレフィックスと IPv6/128 プレフィックスがレイヤー 3 ホスト テーブルに格納されていることに注意してください。

UFT では基本的に、3 つの異なる転送テーブルを組み合わせて、柔軟なリソース割り当てで 1 つのテーブルを作成します。ネットワークのニーズに最適な転送テーブル プロファイルを 5 つから 1 つ選択できます。各プロファイルは、アドレスのタイプごとに異なる最大値で設定されています。たとえば、多数のサーバーや仮想マシンを持つ仮想化ネットワークなど、多数のレイヤー 2 トラフィックを処理するスイッチでは、より高い割合のメモリを MAC アドレスに割り当てるプロファイルを選択する可能性があります。ネットワークのコアで動作し、IPファブリックに参加するスイッチについては、おそらく、保存できるルーティングテーブルエントリーの数を最大化したいと思うでしょう。この場合、メモリの高い割合を最長一致プレフィックスに割り当てるプロファイルを選択します。QFX5200 スイッチはカスタム プロファイルをサポートしており、MAC アドレス、レイヤー 3 ホスト アドレス、LPM プレフィックスのうち、合計 128,000 エントリで 4 つの使用可能な共有メモリ バンクをパーティション化できます。

注:

Junos OS リリース 15.1x53-D30 で QFX5200 スイッチのサポートが導入されました。QFX5200スイッチは、Junos OSリリース16.1R1ではサポートされていません。

MAC アドレスとホスト アドレスの割り当てについて

5 つのプロファイルすべてがサポートされており、それぞれがレイヤー 2 またはレイヤー 3 エントリーに異なるメモリ量を割り当てることで、ネットワークのニーズに最適なプロファイルを選択できます。ただし、QFX5200およびQFX5210スイッチは、他のスイッチとは異なる最大値をサポートしています。カスタム プロファイルの詳細については、 を参照してください スイッチ上の統合型転送テーブルの設定

注:

デフォルト プロファイルは、 で l2-profile-three、MAC アドレスとレイヤー 3 ホスト アドレスに等しい領域を割り当てます。QFX5100、EX4600、QFX5110、およびQFX5200スイッチでは、LPMテーブルの16,000 IPv4エントリーに対してスペースが、QFX5210スイッチでは、LPMテーブルの32,000 IPv4エントリーに等しくなります。lpm-profile LPM テーブルのサイズは、256,000 IPv4 エントリーに相当します。

注:

QFX5210-64CスイッチのJunos OSリリース18.1R1以降、LPM(最長プレフィックス一致)テーブルサイズを除き lpm-profile 、これらのプロファイルはすべて、32,000のIPv4エントリーに相当します。

注:

QFX5120およびEX4650スイッチのJunos OSリリース18.3R1以降は、LPM(最長プレフィックス一致)テーブルサイズが32,000のIPv4エントリーに相当する場合を除き lpm-profile 、これらのプロファイルすべてについてです。

注:

QFX5100、EX4600、EX4650、QFX5110、QFX5200、QFX5120、QFX5210-64C スイッチでは、ECMP ネクスト ホップを持つ IPv4 および IPv6 ホスト ルートがホスト テーブルに格納されます。

ベスト プラクティス:

ホストまたは LPM テーブルに特定のタイプのエントリーの最大数が格納されている場合、共有テーブル全体がフルになり、他のタイプのエントリーに対応 any できません。異なるエントリの種類は、メモリの異なる量を占有します。例えば、IPv6 ユニキャスト アドレスは IPv4 ユニキャスト アドレスの 2 倍のメモリを占有し、IPv6 マルチキャスト アドレスは IPv4 ユニキャスト アドレスの 4 倍のメモリを占有します。

表 1 は、選択できるプロファイルと、QFX5100およびEX4600スイッチのMACアドレスとホストテーブルエントリーに関連する最大値を示しています。

表 1: QFX5100およびEX4600スイッチの統合型フォワーディングテーブルプロファイル
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャストアドレスとマルチキャスト アドレス)
  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G)

l2-profile-one

288K

16,000

8,000 万

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

l2-profile-two

224K

8万

40,000

40,000

40,000

20K

20K

l2-profile-three (デフォルト)

160K

144K

72,000

72,000

72,000

36,000

36,000

l3-profile

96K

208K

104,000

104,000

104,000

52,000

52,000

lpm-profile

32K

16,000

8,000 万

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

lpm-profileオプションありunicast-in-lpm

32K

(LPMテーブルに保存)

(LPMテーブルに保存)

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

表 2 は、選択できるプロファイルと、QFX5110スイッチのMACアドレスとホストテーブルエントリーに関連する最大値を示しています。

表 2: QFX5110スイッチの統合型転送テーブルプロファイル
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャストアドレスとマルチキャスト アドレス)
  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G)

l2-profile-one

288K

16,000

8,000 万

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

l2-profile-two

224K

8万

40,000

40,000

40,000

20K

20K

l2-profile-three (デフォルト)

160K

144K

72,000

72,000

72,000

36,000

36,000

l3-profile

96K

208K

104,000

104,000

104,000

52,000

52,000

表 3 は、プレフィックス エントリーに応じた QFX5110 スイッチの LPM テーブル サイズバリエーションの一覧です。

表 3: QFX5110スイッチのLPMテーブルサイズバリエーション
プロファイル名

プレフィックス エントリー数

num-65-127-prefix IPv4 LPM<= /32 IPv6 LPM <= /64 IPv6 LPM > /64

0

16,000

8,000 万

0K

1

12K

6K

1K

2

8,000 万

4,000 万

2K

3

4,000 万

2,000 万

3K

4

0K

0K

4,000 万

表 4 は、選択できるプロファイルと、QFX5200-32CスイッチのMACアドレスとホストテーブルエントリーに関連する最大値を示しています。

表 4: QFX5200-32Cスイッチの統合型フォワーディングテーブルプロファイル
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャストアドレスとマルチキャスト アドレス)

  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G) 完全一致

l2-profile-one

136K

8,000 万

4,000 万

4,000 万

4,000 万

2,000 万

2,000 万

0

l2-profile-two

104,000

40,000

20K

20K

20K

10K

10,000

0

l2-profile-three (デフォルト)

72,000

72,000

36,000

36,000

36,000

18K

18,000

0

l3-profile

40,000

104,000

52,000

52,000

52,000

26K

26,000

0

lpm-profile

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

4,000 万

2,000 万

2,000 万

0

表 5 は、選択できるプロファイルと、QFX5200-48YスイッチのMACアドレスとホストテーブルエントリーに関連する最大値を示しています。

表 5: QFX5200-48Yスイッチの統合型転送テーブルプロファイル
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャストアドレスとマルチキャスト アドレス)

  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G)

l2-profile-one

136,000

8,000 万

4,000 万

4,000 万

4,000 万

2,000 万

2,000 万

l2-profile-two

104,000

40,000

20K

20K

20K

10,000

10,000

l2-profile-three (デフォルト)

72,000

72,000

36,000

36,000

36,000

18,000

18,000

l3-profile

40,000

104,000

52,000

52,000

52,000

26,000

26,000

lpm-profile

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

4,000 万

2,000 万

2,000 万

表 6 は、プレフィックス エントリーに応じて、QFX5200-48Y スイッチの LPM テーブル サイズバリエーションの一覧です。

表 6: QFX5200-48YスイッチのLPMテーブルサイズバリエーション
プロファイル名

プレフィックス エントリー数

num-65-127-prefix IPv4 LPM<= /32 IPv6 LPM <= /64 IPv6 LPM > /64

0

16,000

8,000 万

0K

1

12,000,000

6,000

1,000,00

2

8,000 万

4,000 万

2,000 万

3

40,000

2,000 万

3,000 万

4

0K

0K

4,000 万

表 7 は、選択できるプロファイルと、QFX5210-64CスイッチのMACアドレスとホストテーブルエントリーに関連する最大値を示しています。

表 7: QFX5210-64Cスイッチの統合型転送テーブルプロファイル
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャストアドレスとマルチキャスト アドレス)

  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G) 完全一致

l2-profile-one

264K

8,000 万

4,000 万

4,000 万

4,000 万

2,000 万

2,000 万

0K

l2-profile-two

200K

72,000

36,000

36,000

36,000

18,000

18,000

0K

l2-profile-three (デフォルト)

136,000

136,000

72,000

72,000

72,000

36,000

36,000

0K

l3-profile

72,000

20万

10万

10万

10万

50K

50,000

0K

表 8 は、選択できるプロファイルと、QFX5120およびEX4650スイッチのMACアドレスとホストテーブルエントリーに関連する最大値を示しています。

表 8: QFX5120およびEX4650スイッチの統合型転送テーブルプロファイル
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャストアドレスとマルチキャスト アドレス)

  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G)

l2-profile-one

288K

16,000

8,000 万

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

l2-profile-two

224K

8万

40,000

40,000

40,000

20K

20K

l2-profile-three (デフォルト)

160K

144K

72,000

72,000

72,000

36,000

36,000

l3-profile

96K

208K

104,000

104,000

104,000

52,000

52,000

表 9 は、プレフィックス エントリーに応じた QFX5210-64C スイッチの LPM テーブル サイズバリエーションの一覧です。

表 9: QFX5210-64CスイッチのLPMテーブルサイズバリエーション
プロファイル名

プレフィックス エントリー数

num-65-127-prefix IPv4 LPM<= /32 IPv6 LPM <= /64 IPv6 LPM > /64

0

32K

16,000

0K

1

28K

14K

1,000,00

2

24K

12,000,000

2,000 万

3

20K

10,000

3,000 万

4

0K

0K

4,000 万

表 10 は、変化する IPv6/128 プレフィックス エントリーに応じて、QFX5120 および EX4650 スイッチのレイヤー 3 デフip テーブル サイズのバリエーションを示しています。

表 10: QFX5210-64CおよびEX4650スイッチのLPMテーブルサイズバリエーション
プロファイル名

プレフィックス エントリー数

num-65-127-prefix IPv4 LPM<= /32 IPv6 LPM <= /64 IPv6 LPM > /64

0

32K

16,000

0K

2

24,000

12,000,000

2,000 万

4

16,000

8,000 万

4,000 万

6

8,000 万

4,000 万

6,000

8

0K

0K

8,000 万

Junos OS Evolved リリースの QFX5130 および QFX5700 スイッチ上の統合型転送テーブル プロファイル

Junos OS Evolvedの [edit system packet-forwarding-options] 階層レベルで 設定ステートメントを使用して forwarding-profile 、QFX5130 および QFX5700 スイッチで統合転送テーブルの転送プロファイルを設定できます。

表 11: QFX5130およびQFX5700スイッチの統合型転送テーブルプロファイル
アプリケーションのプロファイル デフォルト プロファイル LPM プロファイル ホストプロファイル ホスト ACL プロファイル
特長
レイヤー 2-MAC 32K 32K 160K 160K
レイヤー 3 ホスト ユニキャスト -IPv4 32K 32K 160K

160K

レイヤー 3 ホスト ユニキャスト -IPv6 16,000 16,000 8万 8万
IPv4 LPM 720K 1.24 億 72,000 65K
IPv6 LPM <= /64 550K 868K 50,000 22K
IPv6 LPM > /64 335K 495K 22,000 12,000,000
FP圧縮 18,000 0 0 18,000
ARP & NDP 32K 61K 32K 32K
Vrf 最大 8,000 最大12,000 最大 8,000 最大 4,000
レイヤー 3 マルチキャスト IPv4 8,000 万 8,000 万 16,000 16,000
レイヤー 3 マルチキャスト IPv6 4,000 万 4,000 万 8,000 万 8,000 万

トンネル

(VXLAN と GRE)

対応 サポートされていません 対応 対応
注:
  1. ホスト容量を超えた場合、ホストユニキャストルート(IPv4およびIPv6)はLPMテーブルにロールオーバーします。
  2. LPMプロファイルは、オーバーレイネクストホップスケールが64Kに増加し、ARP/NDPスケールが61Kに増加するため、トンネル(vxlan、greなど)をサポートしていません。

TCAM(Ternary Content Addressable Memory)と最長プレフィックス一致エントリーの理解

非 LPM プロファイルをさらにカスタマイズするには、TCAM(3 次コンテンツ・アドレッシング可能メモリー)に使用可能なスペースを構成し、最長プレフィックス一致エントリーに対してより多くのメモリーを割り当てることができます。これらの IPv6 アドレスに割り当てられるエントリー数を変更することで、基本的に、任意のプレフィックス長の LPM IPv4 エントリーまたはプレフィックス長が 64 の IPv6 エントリーに対して、より多かれ少なかれスペースを割り当てます。LPM エントリーの TCAM メモリー・スペースのデフォルト・パラメーターを変更する方法の詳細については、を参照してください スイッチ上の統合型転送テーブルの設定

注:

TCAM スペースを調整するオプションは、最長プレフィックス一致(LPM)またはカスタム プロファイルではサポートされていません。ただし、LPMプロファイルでは、プレフィックス長が65以上のIPv6エントリーにメモリを割り当てないようにTCAMスペースを設定することで、プレフィックス長が64以下のIPv4ルートまたはIPルートにのみメモリスペースを割り当てます。または、2種類のプレフィックスの組み合わせが割り当てられます。

注:

QFX5210スイッチのJunos OSリリース18.1R1以降、プレフィックス長が65以上の最大8,000個のIPv6エントリーを割り当てるTCAMスペースを設定できます。デフォルト値は 2,000 エントリーです。Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降、プレフィックス長が 65 以上の最大 4,000 個の IPv6 エントリーを割り当てするように TCAM スペースを設定できます。デフォルト値は 1,000 エントリーです。Junos OS リリース 13.2X51-D15 以前は、/65~/127 の範囲の長さの IPv6 プレフィックスに、IPv6 に最大 2,048 エントリーのみを割り当てることができます。これらのタイプの IPv6 プレフィックスのデフォルト値は 16 エントリーでした。

Junos OS リリース 13.2x51-D10 および 13.2x52D10 では、16 エントリーのデフォルト値を変更する手順は、以降のリリースとは異なり、最大値とデフォルト値が高くなります。この手順の詳細については、 スイッチ上の統合型転送テーブルの設定

重いレイヤー 2 トラフィックを持つプロファイルのホスト テーブルの例

表 12 は、QFX5100およびEX4600スイッチでプロファイルを l2-profile-one 使用する場合にホストテーブルに保存できるさまざまな有効な組み合わせを示しています。このプロファイルは、メモリの割合をレイヤー 2 アドレスに割り当てます。他のスイッチでは、デフォルト値が異なる場合があることに注意してください。テーブルの各行は、ホストテーブルが満杯になり、それ以上のエントリーに対応できないケースを表しています。

表 12: QFX5100スイッチとEX4600スイッチでのl2プロファイル1を使用したホストテーブルの組み合わせ例
IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4 マルチキャスト(*、G) IPv4 マルチキャスト(S、G) IPv6 マルチキャスト(*、G) IPv6 マルチキャスト(S、G)

16,000

0

0

0

0

0

12,000,000

2,000 万

0

0

0

0

12,000,000

0

2,000 万

2,000 万

0

0

8,000 万

4,000 万

0

0

0

0

4,000 万

2,000 万

2,000 万

2,000 万

0

0

0

4,000 万

0

0

1,000,00

1,000,00

例:統合転送テーブル カスタム プロファイルの設定

従来、転送テーブルは静的に定義されており、アドレスタイプごとに一定のエントリー数しかサポートされていませんでした。UFT(Unified Forwarding Table)機能により、ネットワークのニーズに最適な転送テーブル メモリの割り当て方法を最適化できます。この例では、3 つの異なるタイプの転送テーブル エントリー間で 4 つの共有ハッシュ メモリ バンクをパーティション化できるようにする統合型転送テーブル プロファイルを設定する方法を示します。MAC アドレス、レイヤー 3 ホスト アドレス、LPM(Longest Prefix Match)です。

UFT 機能は、転送テーブル エントリの種類ごとに特定の最大メモリ量を割り当てる 5 つのプロファイルもサポートしています。一部のプロファイルでは、レイヤー 2 エントリにより多くのメモリを割り当てますが、他のプロファイルではレイヤー 3 または LPM エントリにより多くのメモリを割り当てます。エントリーの各タイプの最大値は、これらのプロファイルで固定されています。カスタム プロファイルを使用すると、1 つ以上の共有メモリ バンクに、特定の種類の転送テーブルエントリを格納するよう指定できます。カスタム プロファイルでは、1 つまたは複数のメモリ バンクを 1 つでも、4 つでも設定できます。そのため、カスタム プロファイルは、特定のタイプのエントリに転送テーブル メモリを割り当てるための柔軟性をさらに高めます。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • QFX5200スイッチ1台

  • Junos OS リリース 15.1x53-D30 以降。

カスタム プロファイルを設定する前に、以下が必要であることを確認してください。

  • 設定されたインターフェイス

概要

Unified Forwarding Table カスタム プロファイルでは、共有ハッシュ テーブルの 4 つのバンク間で転送テーブル エントリーを割り当てることができ、メモリの合計は 128,000 個のユニキャスト IPv4 アドレス、または各銀行の 32,000 エントリーに相当します。具体的には、これらの共有バンクのうち1つ以上を割り当てて、特定の種類の転送テーブルエントリを格納することができます。カスタム プロファイルは、専用のハッシュ テーブルには影響しません。これらのテーブルは、レイヤー 2 アドレスに割り当てられた 8,000 エントリー、IPv4 アドレスに割り当てられた 8,000 エントリーに相当し、最長プレフィックス一致(LPM)アドレスに割り当てられた 16,000 エントリーに相当するもので固定されています。

この例では、レイヤー 3 ホスト アドレスに 2 つのメモリ バンクを割り当て、2 つのメモリ バンクを LPM エントリに割り当てます。つまり、レイヤー 2 アドレスに共有ハッシュ テーブル メモリは割り当てされません。このシナリオでは、専用のハッシュ テーブル メモリのみがレイヤー 2 アドレスに割り当てられます。

設定

レイヤー 3 ホスト アドレス用に 2 つの共有メモリ バンクを割り当て、LPM エントリ用に 2 つの共有メモリ バンクを割り当てる QFX5200 スイッチ上で、統合型転送テーブル機能のカスタム プロファイルを設定するには、次のタスクを実行します。

CLI クイックコンフィギュレーション

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーしてテキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致させる必要がある詳細情報を変更し、コマンドを 階層レベルの [edit] CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力 commit します。コミット・チェックが実行され、4 つ以下のメモリー・バンクに対して転送表スペースが割り当てられていることを確認します。

注意:

プロファイルを設定してコミットすると、パケット転送エンジンが再起動し、スイッチ上のすべてのデータインターフェイスがダウンして復帰します。

カスタム プロファイルの設定

手順

カスタム プロファイルを作成するには、次の手順にしたがっています。

  1. オプションを指定します custom-profile

共有メモリ バンクの割り当ての設定

手順

共用メモリー・バンクの特定タイプのエントリーにメモリーを割り振る場合。

  1. レイヤー 2 エントリ用に共有バンク メモリを割り当てないを指定します。

  2. レイヤー 3 ホスト エントリーに対して 2 つの共有メモリ バンク(または 64,000 IPv4 エントリー相当)を割り当てるために指定します。

  3. LPM エントリーに対して 2 つの共用メモリー・バンク (または 64,000 IPv4 エントリーに相当) を割り当てるために指定します。

結果

設定モードから、 show chassis forwarding-options コマンドを入力して、設定を確認します。出力結果に意図した設定が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

スイッチの設定が完了したら、 commit 設定モードから

注意:

パケット転送エンジンが再起動し、スイッチ上のすべてのデータ インターフェイスがダウンして復帰します。

検証

設定が正しく機能していることを確認します。

カスタム プロファイルのパラメータを確認する

目的

カスタム プロファイルが有効になっていることを確認します。

対処
意味

出力では、カスタム プロファイルが、レイヤー 3 ホスト エントリー用に指定された 2 つの共有メモリ バンクで設定されたとおりに有効になっていることを示しています。LPMエントリ用に指定された2つの共有メモリバンク。レイヤー 2 エントリーに共有メモリは割り当てされません。

total scale(K)フィールドには、メモリの総割り当て、つまり、共有メモリ バンクを介して割り当てられた量と、専用ハッシュ テーブルを介して割り当てられた量が表示されます。専用ハッシュ テーブルを介して割り当てられる量は固定であり、変更できません。そのため、レイヤー 2 エントリーには、専用のハッシュ テーブルを介してのみ 8K のメモリが割り当てられます。レイヤー 3 ホスト エントリーには、2 つの共有メモリ バンクを介して 64K のメモリが割り当てられ、専用ハッシュ テーブルを介して 8K のメモリが割り当てられ、合計 72K のメモリが使用されます。LPM エントリーには、2 つの共有メモリ バンクを介して 64K のメモリが割り当てられ、専用ハッシュ テーブルを介して 16K、合計 80K のメモリが割り当てられます。

スイッチ上の統合型転送テーブルの設定

従来、転送テーブルは静的に定義されており、テーブルに格納されているアドレスタイプごとのエントリー数が固定されていました。統合型転送テーブル機能により、スイッチがさまざまなタイプのアドレスに転送テーブル メモリを割り当てる方法を最適化できます。5 つの統合型転送テーブル プロファイルのいずれかを選択できます。各プロファイルは、レイヤー 2、レイヤー 3 ホスト、LPM(Longest Prefix Match)エントリーに異なる最大メモリ量を割り当てます。プロファイルの選択に加えて、LPM エントリに割り当てる追加メモリの量も選択できます。

2 つのプロファイルにより、メモリのパーセンテージがレイヤー 2 アドレスに割り当てられます。3 つ目のプロファイルでは、レイヤー 3 ホスト アドレスにメモリの高い割合を割り当て、4 番目のプロファイルでは LPM エントリにメモリの高い割合を割り当てます。レイヤー 2 およびレイヤー 3 ホスト アドレスに等量のメモリを割り当て、残りを LPM エントリーに割り当てるデフォルト プロファイルが構成されています。多くのレイヤー 2 トラフィックを処理する仮想化ネットワーク内のスイッチの場合、レイヤー 2 アドレスにメモリの高い割合を割り当てるプロファイルを選択します。ネットワークのコアで動作するスイッチの場合、LPM エントリにメモリの高い割合を割り当てるプロファイルを選択します。

QFX5200 および QFX5210-64C スイッチのみで、カスタム プロファイルを設定して、異なる種類の転送テーブル エントリ間で共有メモリ バンクをパーティション化することもできます。QFX5200スイッチでは、これらの共有メモリバンクには、128,000個のIPv4ユニキャストアドレスに相当する合計メモリがあります。QFX5210スイッチでは、これらの共有メモリバンクには、256,000個のIPv4ユニキャストアドレスに相当する合計メモリがあります。カスタム プロファイルの設定の詳細については、 を参照してください 例:統合転送テーブル カスタム プロファイルの設定

統合型転送テーブル プロファイルの設定

統合転送テーブル プロファイルを設定するには:

転送テーブル プロファイルを指定します。

たとえば、メモリの最大割合をレイヤー 2 トラフィックに割り当てるプロファイルを指定するには、

注意:

プロファイルを設定してコミットすると、ほとんどの場合、パケット転送エンジンが自動的に再起動し、スイッチ上のすべてのデータ インターフェイスがダウンして復旧します(管理インターフェイスには影響はありません)。

Junos OS リリース 14.1X53-D40、15.1R5、16.1R3 以降、EX4600 または QFX5100 スイッチで構成されるバーチャル シャーシまたはバーチャル シャーシ ファブリック(VCF)では、メンバー スイッチのパケット転送エンジンは、統合転送テーブル プロファイル変更の設定とコミット時に自動的に再起動しません。この動作により、変更がメンバー スイッチに伝播した後のバーチャル シャーシや VCF の不安定性が回避され、複数のパケット転送エンジンが同時に自動的に再起動します。代わりに、CLIプロンプトにメッセージが表示され、スイッチのシステムログにログが記録され、次回バーチャルシャーシまたはVCFを再起動するまでプロファイルの変更が有効にならないことを通知します。プロファイルの変更は、構成更新をコミットした直後にバーチャル シャーシまたは VCF システムを再起動できる場合にのみ行うことをお勧めします。それ以外の場合、1 つ以上のメンバーが問題を抱え、計画されたシステムの再起動によってすべてのメンバーの変更がアクティブになる前に、新しい構成で再起動すると、バーチャル シャーシまたは VCF の不整合が発生する可能性があります。

注:

スイッチ全体に設定できるプロファイルは 1 つだけです。

注:

l2-profile-threeはデフォルトで設定されています。

注:

ホスト・テーブルが特定のタイプのエントリーの最大数を格納する場合、テーブル全体が満杯になり、他のタイプのエントリーに対応 any できません。IPv6 ユニキャスト アドレスは IPv4 ユニキャスト アドレスの 2 倍のメモリを占有し、IPv6 マルチキャスト アドレスは IPv4 ユニキャスト アドレスの 4 倍のメモリを占有します。

最長プレフィックス一致エントリーのメモリ割り当ての設定

プロファイルの選択に加えて、/65~/127 の長さで保存する IPv6 プレフィックスの数を設定することで、LPM(最長プレフィックス一致)エントリーのメモリ割り当てを最適化できます。スイッチは、アドレス ルックアップ中に LPM エントリーを使用して、最も固有(最長)の適用可能なプレフィックスにアドレスを一致させます。このタイプのプレフィックスは、TCAM(三元コンテンツ アドレス可能メモリ)の領域に格納されます。デフォルト パラメータを変更すると、この領域を LPM エントリで使用できるようになります。これらの IPv6 プレフィックスで使用可能なメモリ量を増やすと、IPv4 ユニキャスト プレフィックスと長さが 64 以下の IPv6 プレフィックスを保存するために使用できるメモリの量が同じになります。

LPM テーブルを設定する手順は、使用する Junos OS のバージョンによって異なります。UFT がサポートされている最初のリリースである Junos OS リリース 13.2X51-D10 および 13.2X52-10 では、 を除く lpm-profileすべてのプロファイルで、長さが /65~/127 の IPv6 プレフィックスに割り当てられるメモリの量のみを増やすことができます。Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降では、設定されているプロファイルに応じて、/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスにメモリを割り当てることもできます。ただし、 では lpm-profie、デフォルト パラメーターに対して行える唯一の変更は、これらのタイプのプレフィックスにメモリを割り当てないようにすることです。

Junos OS リリース 13.2X51-D10 および 13.2X52-D10 を使用した LPM テーブルの設定

Junos OS リリース 13.2x51-D10 および 13.2X52-D10 では、デフォルトで、スイッチは/65~/127 の長さのプレフィックスを持つ 16 の IPv6 にメモリを割り当てます。スイッチを設定して、/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスにメモリを追加するように設定できます。

/65~/127の範囲のIPv6プレフィックスに対して、より多くのメモリを割り当てるため。

  1. 転送テーブル プロファイルを選択します。

    たとえば、メモリの最大割合をレイヤー 2 トラフィックに割り当てるプロファイルを指定するには、

  2. /65 tough 127 の範囲内の IPv6 プレフィックスに割り当てるメモリの量を選択します。

    例えば、/65~127 の範囲の 32 個の IPv6 プレフィックスにメモリを割り当てるを指定するには、

注:

ステートメントを設定してコミット num-65-127-prefix number すると、スイッチ上のすべてのデータインターフェイスが再起動します。管理インターフェイスには影響はありません。

ステートメントは num-65-127-prefix number 、 では lpm-profileサポートされていません。

Junos OS リリース 13.2x51-D15 以降を使用した LPM テーブルの設定

Junos OS リリース 13.2x51-D15 以降を使用したレイヤー 2 およびレイヤー 3 プロファイルの設定

Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降、or custom-profile以外のプロファイルに対して/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスを 4,000 個まで転送テーブル メモリを割り当てるようにスイッチをlpm-profile設定できます。また、これらの IPv6 エントリーにメモリーを割り振らないよう指定することもできます。デフォルトは、/65~/127の長さのIPv6プレフィックスの1,000エントリーです。以前は、設定できる最大は、/65~/127の範囲の長さのIPv6プレフィックスの2,048エントリに対してでした。最小エントリー数は以前は 16 で、これがデフォルトでした。

/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスに割り当てる転送テーブル メモリの量を指定するには:

  1. 転送テーブル プロファイルを選択します。

    たとえば、メモリの最大割合をレイヤー 2 トラフィックに割り当てるプロファイルを指定するには、

  2. /65 tough 127 の範囲内の IPv6 プレフィックスに割り当てるメモリの量を選択します。

    例えば、/65~127 の範囲の 2,000 個の IPv6 プレフィックスにメモリを割り当てる場合を指定します。

Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降では、 ステートメントを num-65-127-prefix 使用してエントリーを割り当てることができます。 表 13 は、割り当て可能なエントリー数を示しています。各行は、テーブルが満杯になり、それ以上のエントリーを収容できないケースを表しています。

表 13: L2 および L3 プロファイルと Junos OS 13.2X51-D15 以降の LPM テーブルの組み合わせ
num-65-127-prefix値 IPv4 エントリー数 IPv6 エントリー(プレフィックス <= 64) IPv6 エントリー(プレフィックス >= 65)

0

16,000

8,000 万

0K

1 (デフォルト)

12K

6K

1K

2

8,000 万

4,000 万

2K

3

4,000 万

2,000 万

3K

4

0K

0K

4,000 万

注意:

ステートメントを使用してプロファイル変更 num-65-127-prefix number を設定およびコミットすると、パケット転送エンジンが自動的に再起動し、スイッチ上のすべてのデータインターフェイスがダウンして復旧します(管理インターフェイスには影響はありません)。

ただし、Junos OS リリース 14.1X53-D40、15.1R5、および 16.1R3 以降では、バーチャル シャーシまたは VCF(バーチャル シャーシ ファブリック)内のスイッチ上のパケット転送エンジンは、統合転送テーブル プロファイルの変更設定時に自動的に再起動することはありません。この動作により、変更がメンバー スイッチに伝播した後のバーチャル シャーシや VCF の不安定性が回避され、複数のパケット転送エンジンが同時に自動的に再起動します。代わりに、CLIプロンプトにメッセージが表示され、スイッチのシステムログにログが記録され、次回バーチャルシャーシまたはVCFを再起動するまでプロファイルの変更が有効にならないことを通知します。プロファイルの変更は、構成更新をコミットした直後にバーチャル シャーシまたは VCF システムを再起動できる場合にのみ行うことをお勧めします。それ以外の場合、1 つ以上のメンバーが問題を抱え、計画されたシステムの再起動によってすべてのメンバーの変更がアクティブになる前に、新しい構成で再起動すると、バーチャル シャーシまたは VCF の不整合が発生する可能性があります。

Junos OS リリース 13.2x51-D15 以降を使用した lpm プロファイルの設定

Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降では、/65~/127 のプレフィックス長を持つ IPv6 エントリーにメモリを割り当てないようにプロファイルを設定 lpm-profile できます。アドレス タイプ別に LPM メモリ lpm-profile に割り当てられるデフォルトの最大値は次のとおりです。

  • 128,000 個の IPv4 プレフィックス

  • 16K の IPv6 プレフィックス(すべての長さ)

注:

各アドレス タイプに割り当てられたメモリは、すべての LPM メモリの最大既定値を表します。

/65~/127のプレフィックスを持つIPv6エントリーに転送テーブルメモリを割り当てないように設定 lpm-profile するには、IPv4により多くのメモリを割り当てます。

/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスの転送テーブル メモリを無効にするを指定します。

例えば、QFX5100スイッチとEX4600スイッチのみで、 オプションを prefix-65-127-disable 使用する場合、以下の各組み合わせは有効です。

  • 100K IPv4 および 28K IPv6/64 または短いプレフィックス。

  • 64K IPv4 および 64K IPv6/64 または短いプレフィックス。

  • 128K IPv4 および 0K IPv6/64 または短いプレフィックス。

  • 0K IPv4 および 128K IPv6/64 または短いプレフィックス。

注:

QFX5200スイッチでは、 ステートメントを prefix-65-127-disable 設定すると、プレフィックスが64以上のIPv6エントリーの最大数は98,000です。

Junos OS リリース 14.1x53-D30 およびそれ以降を使用した lpm-profile の設定

Junos OS リリース 15.1X53-D30 以降では、ユニキャスト IPv4 および IPv6 ホスト アドレスを LPM テーブルに格納するようにプロファイルを設定 lpm-profile して、ホスト テーブルにメモリを解放できます。ユニキャストIPv4およびIPv6アドレスは、QFX5100およびEX4600スイッチに示 表 14 すように、ホストテーブルの代わりにLPMテーブルに保存されます。(プラットフォームのサポートは、インストールされている Junos OS リリースによって異なります)。このオプションを オプションと組み合わせて使用すると、/65~/127 の範囲のプレフィックス長を持つ IPv6 エントリーに対して LPM テーブルにメモリーを割り当てなくなります。これらのオプションを組み合わせることで、IPv4 ユニキャスト エントリーとプレフィックス長が 64 以下の IPv6 エントリーで使用可能なメモリ量が最大化されます。

表 14: QFX5100およびEX4600スイッチ用ユニキャスト-in-lpmオプションを備えたlpmプロファイル
prefix-65- 127-disable MAC テーブル ホスト テーブル(マルチキャスト アドレス) LPM Table ユニキャスト アドレス)
  Mac IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G) IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト(</65) IPv6 ユニキャスト(>/64)

いいえ

32K

0

0

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

12万8,000

16,000

16,000

はい

32K

0

0

8,000 万

8,000 万

4,000 万

4,000 万

12万8,000

12万8,000

0

Junos リリース 18.1R1 以降、LPM 以外のプロファイルで ステートメントの num-65-127-prefix プレフィックスを設定することはできません。の ステートメントlpm-profileのみを有効または無効にすることができますprefix-65-127-disable

表 15 は、 ステートメントを有効または無効にすべき状況 prefix-65-127-disable を示しています。

表 15: QFX5200-48YスイッチのLPMテーブルサイズバリエーション
プロファイル名

プレフィックス エントリー数

num-65-127-prefix IPv4 <= /32 IPv6 <= /64 IPv6 > /64

Enabled

> 128K(最小保証)

98K

0K

Disabled

12万8,000

16,000

16,000

QFX5120およびEX4600スイッチでは、非LPMプロファイルで ステートメントの num-65-127-prefix プレフィックスを設定することはできません。ステートメントを有効または無効にできるのは、prefix-65-127-disablelpm-profile

表 16 は、 ステートメントを有効または無効にすべき状況 prefix-65-127-disable を示しています。

表 16: QFX5120およびEX4650スイッチのLPMテーブルサイズバリエーション
プロファイル名

プレフィックス エントリー数

prefix-65-127-disable IPv4 <= /32 IPv6 <= /64 IPv6 > /64

Enabled

351,000(約 360,000)

168,000(約 172,000)

0K

Disabled

168,000(約 172,000)

64,000(約 65,524)

64,000(約 65,524)

各テーブルのすべてのエントリーは、同じメモリー・スペースを共有します。あるテーブルに特定のタイプのエントリーの最大数が格納されている場合、共有テーブル全体がフルになり、他のタイプのエントリーに対応できません。例えば、 オプションを unicast-in-lpm 使用し、LPM テーブルに 128,000 の IPv4 ユニキャスト アドレスが格納されている場合、LPM テーブル全体がフルになり、IPv6 アドレスは格納できません。同様に、 オプションを使用しても オプションをunicast-in-lpmprefix-65-127-disable使用せず、プレフィックスが /65 より短い 16K IPv6 アドレスが格納される場合、LPM テーブル全体がフルになり、追加のアドレス(IPv4 または IPv6)は格納できません。

ユニキャスト IPv4 エントリーとプレフィックス長が 64 以下の IPv6 エントリーを LPM テーブルに格納するように 設定 lpm-profile するには:

  1. これらのエントリーを LPM テーブルに格納するためのオプションを指定します。
  2. (オプション)/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスに対して LPM テーブルにメモリを割り当てないで指定します。
QFX5120およびEX4650スイッチでの非LPMプロファイルの設定

非 LPM プロファイルの場合、各プロファイルは、16K L3-defip テーブルの一部を予約して IPv6 プレフィックス > 64 を保存するオプションを提供します。これらは128ビットのプレフィックスであるため、l3-defipテーブルには最大8k IPv6/128エントリーを持つことができます。

  1. 転送テーブル プロファイルを選択します。

    たとえば、メモリの最大割合をレイヤー 3 トラフィックに割り当てるプロファイルを指定するには、

  2. /65 tough 127 の範囲内の IPv6 プレフィックスに割り当てるメモリの量を選択します。

    例えば、/65~127 の範囲の 2,000 個の IPv6 プレフィックスにメモリを割り当てる場合を指定します。

    デフォルトは「0」と「4」から「1」を選択できます。

スイッチでの転送モードの設定

デフォルトでは、パケットパケットはストアアンドフォワードモードを使用して転送されます。すべてのインターフェイスを、代わりにカットスルー モードを使用するように設定できます。

カットスルー スイッチング モードを有効にするには、以下のステートメントを入力します。

レイヤー 2 ラーニングと転送の無効化

MXシリーズルーターまたはEXシリーズスイッチで動的MAC学習を無効にすると、ルーターまたはスイッチ上のすべての論理インターフェイスが送信元と宛先のMACアドレスを学習できなくなります。

MXシリーズルーターまたはEXシリーズスイッチのMAC学習を無効にするには、 階層レベルに ステートメントを[edit protocols l2-learning]global-no-mac-learningめます。

仮想スイッチの設定方法については、 レイヤー2仮想スイッチの設定を 参照してください。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
18.1R1
QFX5210-64CスイッチのJunos OSリリース18.1R1以降、LPM(最長プレフィックス一致)テーブルサイズを除き lpm-profile 、これらのプロファイルはすべて、32,000のIPv4エントリーに相当します。
18.1R1
QFX5120およびEX4650スイッチのJunos OSリリース18.3R1以降は、LPM(最長プレフィックス一致)テーブルサイズが32,000のIPv4エントリーに相当する場合を除き lpm-profile 、これらのプロファイルすべてについてです。
18.1R1
QFX5210スイッチのJunos OSリリース18.1R1以降、プレフィックス長が65以上の最大8,000個のIPv6エントリーを割り当てるTCAMスペースを設定できます。デフォルト値は 2,000 エントリーです。
18.1R1
Junos リリース 18.1R1 以降、LPM 以外のプロファイルで ステートメントの num-65-127-prefix プレフィックスを設定することはできません。の ステートメントlpm-profileのみを有効または無効にすることができますprefix-65-127-disable
14.1X53-D40
Junos OS リリース 14.1X53-D40、15.1R5、16.1R3 以降、EX4600 または QFX5100 スイッチで構成されるバーチャル シャーシまたはバーチャル シャーシ ファブリック(VCF)では、メンバー スイッチのパケット転送エンジンは、統合転送テーブル プロファイル変更の設定とコミット時に自動的に再起動しません。
13.2X51-D15
Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降、プレフィックス長が 65 以上の最大 4,000 個の IPv6 エントリーを割り当てするように TCAM スペースを設定できます。デフォルト値は 1,000 エントリーです。
13.2X51-D15
Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降では、設定されているプロファイルに応じて、/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスにメモリを割り当てることもできます。
13.2X51-D15
Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降、or custom-profile以外のプロファイルに対して/65~/127 の長さの IPv6 プレフィックスを 4,000 個まで転送テーブル メモリを割り当てるようにスイッチをlpm-profile設定できます。
13.2X51-D15
Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降では、 ステートメントを num-65-127-prefix 使用してエントリーを割り当てることができます。