Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

LLDP 操作のトレース

LLDP 動作トラフィックをトレースするには、 traceoptions[edit routing-options]階層レベルに含まれるグローバルステートメントのオプションを指定し、次のtraceoptionsステートメントを使用して LLDP 固有のオプションを指定できます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

  • [edit protocols lldp]

  • [edit routing-instances routing-instance-name protocols lldp]

LLDP traceoptionsステートメントには、以下の lldp 固有のオプションを指定できます。

  • all:すべての運用をトレースします。

  • config—設定イベントをログに記録します。

  • interface—インターフェイスの更新イベントをトレースします。

  • protocol—プロトコル情報をトレースします。

  • rtsock—リアルタイムのソケット イベントを追跡します。

  • vlan—VLAN の更新イベントをトレースします。

    注:

    注意しながらトレースallフラグを使用します。このフラグを使用すると、CPU が非常にビジーになる場合があります。

トレースとグローバル トレース オプションの一般情報については、 ルーティング デバイスのルーティング プロトコル ライブラリ の Junos OS ステートメントのサマリ を traceoptions参照してください