Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

LDPの概要

LDP の概要

ラベル配布プロトコル (LDP) は、トラフィックを設計していないアプリケーションでラベルを配信するためのプロトコルです。LDP は、ネットワークレイヤーのルーティング情報をデータリンクレイヤー交換パスに直接マッピングすることで、ルーターがネットワークを介してラベルスイッチパス (Lsp) を確立できるようにします。

これらの Lsp は、直接接続された隣接ノード (IP ホップ単位の転送に匹敵) またはネットワーク送信ノードでエンドポイントを持つことができます。これにより、すべての中間ノードを通じてスイッチングが可能になります。LDP によって確立された Lsp は、RSVP が作成したトラフィックエンジニアリング Lsp を横断することもできます。

LDP は、転送の同等クラス (FEC) を、作成した各 LSP に関連付けます。LSP に関連付けられている FEC は、その LSP にマップされるパケットを指定します。各ルーターは、FEC のネクストホップによって通知されたラベルを選択し、それを他のすべてのルーターにアドバタイズするラベルとスプライスしているため、ネットワークを通じて Lsp を拡張しています。このプロセスは、送信ルーターに集約された Lsp のツリーを形成します。

LDP シグナリングプロトコルについて

LDP は、MPLS サポート用に設定されたデバイス上で動作するシグナリングプロトコルです。MPLS と LDP の両方を正常に設定すると、LDP インターフェイスで TCP パケットの交換が開始されます。パケットは、ネットワーク内の MPLS 情報を交換するために、TCP ベースの LDP セッションを確立します。Lsp を確立するには、適切なインターフェイスで MPLS と LDP の両方を有効にするだけで十分です。

LDP は、シンプルですばやい機能を備えたシグナリングプロトコルで、MPLS ネットワーク内で LSP の隣接関係を自動的に確立します。ルーターは、hello packets や LSP 通知などの LSP 更新を隣接関係で共有します。LDP は IS-IS や OSPF などの IGP 上で実行されるため、LDP と IGP を同じインターフェイスセット上で設定する必要があります。両方の設定が完了すると、ldp によって、ldp 対応のすべてのインターフェイスで LDP メッセージの送信と受信が開始されます。LDP はシンプルなので、RSVP が実行できる真トラフィック制御パフォーマンスを実現することはできません。LDP は、帯域幅予約やトラフィック制約をサポートしていません。

ラベルスイッチングルーター (LSR) 上で ldp を設定すると、ルーターは ldp 探索メッセージの送信を開始します。一連の LSR が LDP 探索メッセージを受信すると、基盤となる TCP セッションが確立されます。その後、LDP セッションが TCP セッションの上に作成されます。TCP スリーウェイハンドシェイクは、LDP セッションが双方向の接続を備えていることを保証します。Ldp セッションを確立した後、LDP 近隣はメッセージを交換することでセッションを維持し、終了します。LDP アドバタイズメントメッセージを使用すると、LSRs でラベル情報を交換して、特定の LSP 内の次のホップを特定できます。ルーターの障害などのトポロジーの変更により、ldp セッションを終了させたり、追加の LDP 広告を生成して LSP の変更を反映したりする LDP の通知を生成することができます。

リリース Junos OS リリース 20.3R1、MPLS 機能を使用して LDP シグナリング プロトコル構成を提供する コントロール プレーンします。

例:LDP シグナル Lsp を構成する

次の例は、MPLS ネットワーク内で LDP インスタンスを作成して設定する方法を示しています。

要件

開始する前に:

  • ネットワークインターフェイスを構成します。セキュリティーデバイスのユーザーガイドを参照してください。

  • ネットワーク全体で IGP を構成します。LDP 構成は既存の IGP 構成に追加され、MPLS 構成に含まれています。

  • MPLS ネットワーク内のすべての伝送インターフェイスで MPLS を有効化して、LSP を確立するために LDP を使用するようにネットワークを構成します。

    注:

    LDP は IS-IS や OSPF などの IGP 上で実行されるため、LDP と IGP を同じインターフェイスセット上で設定する必要があります。

概要

LDP シグナル Lsp を構成するには、MPLS ネットワーク内のすべての伝送インターフェイスで MPLS シリーズを有効にし、[protocols mpls] および [protocols ldp] 階層レベルですべての通過インターフェイスを含める必要があります。

この例では、MPLS シリーズを有効にし、すべての通過インターフェイスで LDP インスタンスを作成します。さらに、MPLS ネットワークのすべての通過インターフェイスで MPLS プロセスを有効にします。この例では、に図 1示すようにサンプルネットワークを設定します。

図 1: 一般的な LDP の LSP一般的な LDP の LSP

構成

手順

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーし、テキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細を変更して、コマンド[edit]を階層レベルで CLI にコピー & ペーストしてから設定commitモードから開始します。

ルーター R1 の場合は、次の手順に従います。

ルーター R2 については、次の手順に従います。

ルーター R3 の場合は、次の手順に従います。

順を追った手順

MPLS ネットワーク内で LDP インスタンスを有効にするには、次のようにします。

  1. ルーター R1 上の通過インターフェイス上で MPLS ファミリを有効にします。

  2. 通過インターフェイス上で MPLS プロセスを有効にします。

  3. 通過インターフェイスで LDP インスタンスを作成します。

結果

設定を確認するにはshow 、構成モードからコマンドを入力します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して修正してください。

このshow出力には、この例に関連する構成だけが含まれているので、簡潔にすることができます。システム上のその他の設定はすべて省略記号 (...) で置き換えられています。

デバイスの設定が完了したら、設定モードcommitからコマンドを入力して、構成をアクティブにします。

結果

LDP プロトコルの実装 Junos OS

LDP の Junos OS 実装では、LDP バージョン1をサポートしています。Junos OS は、内部ゲートウェイプロトコル (IGP) でルーター間をトンネリングするためのシンプルなメカニズムをサポートしているため、コア内での外部ルートの必要な配信を排除できます。この MPLS Junos OS では、ネットワーク内のすべての送信ルーターにネクストホップをトンネリングし、コアで実行されている IGP のみを使用して、送信ルーターにルートを配信します。エッジルーターは BGP を実行しますが、コアへの外部ルートの配信は行いません。その代わりに、エッジの再帰的なルートルックアップは、送信ルーターに切り替わった LSP に解決されます。移行している LDP ルーターで外部ルートは必要ありません。

LDP 運用

LDP を実行する各インターフェイスに対して LDP を設定する必要があります。LDP は、後続の BGP ネクストホップであるルーター ID アドレスについて、各送信ルーターをルートとして LSP ツリーを作成します。受信ポイントは LDP を実行しているすべてのルーターに搭載されています。このプロセスにより、すべての送信ルーターへの inet. 3 ルートが提供されます。BGP が実行されている場合、次ホップを解決するには、最初に inet. 3 番目の表を使用します。これは、すべてではない場合でも、BGP ルートのほとんどをバインドしています。 MPLS トンネルのネクストホップに接続します。

LDP を実行する2つの隣接したルーターは、近隣ノードになります。2つのルーターが複数のインターフェイスによって接続されている場合、各インターフェイスの近くにあることになります。LDP ルーターが近隣になると、ラベル情報を交換するための LDP セッションを確立します。両方のルーターでルーターごとのラベルが使用されている場合は、複数のインターフェイスを介している場合でも、1つの LDP セッションのみが確立されます。このため、LDP セッションは特定のインターフェイスに関連付けられていません。

LDP はユニキャストルーティングプロトコルと連携して動作します。Ldp が Lsp をインストールするのは、LDP とルーティングプロトコルの両方が有効になっている場合のみです。このため、同じインターフェイスセットで LDP とルーティングプロトコルの両方を有効にする必要があります。これが行われない場合、各送信ルーターとすべての受信ルーター間で Lsp が確立されない可能性があります。これにより、BGP ルーティングされたトラフィックが失われる可能性があります。

LDP を介して他のルーターとの間で送受信されたラベルにポリシーフィルターを適用できます。ポリシーフィルターには、Lsp の確立を制御するメカニズムが用意されています。

LDP がインターフェイス上で実行されるようにするには、そのインターフェイス上の論理インターフェイス上で MPLS を有効にする必要があります。詳細については、論理インタフェースを参照してください。

LDP メッセージタイプ

LDP は、以下のセクションで説明されているメッセージタイプを使用して、マッピングを確立して削除し、エラーを報告します。すべての LDP メッセージには、型、長さ、および値 (TLV) エンコードスキームを使用する共通の構造があります。

探索メッセージ

検出メッセージは、ネットワーク内のルーターの存在をアナウンスして維持します。ルーターは、hello メッセージを定期的に送信することによって、ネットワークにおける存在を示しています。Hello メッセージは、サブネット上のすべてのルーターについて、グループマルチキャストアドレスの LDP ポートに UDP パケットとして送信されます。

LDP では、以下の検出手順を使用しています。

  • 基本的な検出—ルーターが、インターフェイスを介して LDP リンク hello メッセージを定期的に送信します。LDP link hello メッセージは、UDP パケットとして LDP 発見ポートに送信されます。インターフェイス上での LDP link hello メッセージの受信は、LDP ピアルーターで隣接関係を識別します。

  • 拡張検出—直接接続されていないルーター間の LDP セッションは、LDP 拡張検出でサポートされます。ルーターは、LDP の対象となる hello メッセージを特定のアドレスに定期的に送信します。ターゲットとなる hello メッセージは、UDP パケットとして送信されます。これは、特定のアドレスにある LDP 発見ポートに宛先を示しています。ターゲットルーターは、対象とする hello メッセージを応答するか無視するかを決定します。対象となるルーターは、対象とする hello メッセージを、開始ルーターに定期的に送信することで、そのような応答を選択します。

セッションメッセージ

セッションメッセージは、LDP ピア間のセッションの確立、維持、終了を行います。ルーターが hello メッセージによって学習した別のルーターとのセッションを確立すると、TCP トランスポート上で LDP 初期化手順を使用します。初期化の手続きが正常に完了すると、2つのルーターは LDP ピアであり、広告メッセージを交換できます。

広告メッセージ

アドバタイズメントメッセージは、転送の同値クラス (FECs) のラベルマッピングを作成、変更、削除します。ラベルを要求したり、ピアにラベルをマッピングしたりすることは、ローカルルーターによって決定されたものです。一般に、ルーターは、近隣ルーターが必要な場合に隣接するルータからラベルマッピングを要求し、ラベルを使用することを希望する場合には近隣ルーターにラベルマッピングを通知します。

通知メッセージ

通知メッセージは、アドバイザリ情報を提供し、エラー情報を送信します。LDP が通知メッセージを送信して、関心のあるエラーやその他のイベントを報告します。LDP 通知メッセージには、以下の2種類があります。

  • 致命的なエラーを知らせるエラー通知。ルーターが LDP セッションのピアからエラー通知を受信すると、そのセッションの TCP トランスポート接続を閉じ、セッションを通じて学習したすべてのラベルマップを破棄することによって、LDP セッションを終了させます。

  • アドバイザリの通知では、LDP セッションに関する情報や、ピアから受信した以前のメッセージのステータスについて、ルーターにそのことを伝えることができます。

RSVP Lsp での LDP Lsp のトンネリング

LDP Lsp は、RSVP Lsp 経由でトンネルをトンネリングできます。以下のセクションでは、RSVP Lsp における LDP Lsp のトンネリングの仕組みについて説明します。

RSVP Lsp での LDP Lsp のトンネリングの概要

トラフィックエンジニアリングに RSVP を使用している場合は、LDP を同時に実行して、コアへの外部ルートの分散をなくすことができます。LDP によって確立された Lsp は、RSVP が設定した Lsp を経由してトンネリングを実行します。LDP は、トラフィックエンジニアリングされた Lsp を1ホップとして効果的に扱うことができます。

RSVP によって確立された Lsp 全体で LDP を実行するようにルーターを構成すると、LDP は、LSP の相手側のルーターとのセッションを自動的に確立します。LDP コントロールパケットは、LSP を通過するのではなく、ホップ単位でルーティングされます。このルーティングにより、シンプレックス (一方向) のトラフィックエンジニアリング Lsp を使用できるようになります。逆方向のトラフィックは、トラフィックエンジニアリングされたトンネルではなく、ユニキャストルーティングを実行する LDP によって確立される Lsp を介して流れます。

LDP over RSVP Lsp を構成した場合でも、コアおよびそれ以降の LDP クラウドでのトラフィックの設計において、複数の OSPF 領域と IS-IS レベルを設定することができます。

Junos OS リリース15.1 から、仮想ルータールーティングインスタンス用に、マルチインスタンスのサポートを LDP 以上の RSVP トンネリングに拡張しています。これにより、単一のルーティングおよび MPLS ドメインを複数のドメインに分割し、各ドメインを個別に拡張できるようになります。BGPラベル付きユニキャストを使用して、これらのドメインをスティッチして、FEC(サービス転送同等クラス)を作成できます。各ドメインは、トラフィック転送にドメイン内 LDP-over-RSVP LSP をMPLSします。

注:

LDP over RSVP Lsp 用のマルチインスタンスサポートを導入することで、既に別のルーティングインスタンスに割り当てられているインターフェイス上で MPLS を有効にすることはできません。[edit protocols mpls]階層レベルで別のルーティングインスタンスの一部であるインターフェイスを追加すると、コミット時に構成エラーがスローされます。

RSVP Lsp での LDP Lsp のトンネリングのメリット

RSVP Lsp で LDP Lsp をトンネリングすると、次のようなメリットが得られます。

  • IPv4、IPv6、ユニキャスト、マルチキャストなどのさまざまなトラフィックタイプをレイヤー2とレイヤー 3 Vpn でコンバージェンスします。

  • 複数のトポロジー、さまざまなプロトコル、複数の管理境界に対応できる柔軟なアクセス接続オプションを実現します。

  • 複数のプロバイダ間でのセキュアな相互動作を実現します。

  • RSVP TE がトラフィックエンジニアリング、帯域幅保証、リンクおよびノードの冗長化機能をサポートしているため、顧客ごとに差別化されたサービスを提供できます。

  • コアに必要な Lsp の数を削減します。これにより、プロトコルとルーターのリソース要件が削減され、コンバージェンス時間も短縮されます。

  • 直接接続された隣接ノードへのポイントツーポイント TE トンネルを使用して Lsp を構築しているため、ネットワークの中断を最小限に抑えながら、費用対効果の高い展開を実現できます。これらの TE トンネルは、エンドツーエンドではなく、次のホップにのみアクセスします。その後、これらのトンネル上で LDP が実行されると、ダイレクト接続された隣接ノードにセッションが構築します。新しいノードの追加など、ネットワークに変更があった場合、新しいノードの直接接続された近隣には、RSVP セッションと LDP 登録が含まれます。そのため、RSVP Lsp は次ホップのみに対応し、LDP は新しいアドレスの広告ラベルを扱います。

SR-VPN 上でのトンネリング LDP TE

メリットを知り、SR-VPN 上での LDP トンネリングの概要をTE。

SR-Vpn 上でのトンネリング LDP のTE

  • コア ネットワークの SR-TE上で LDP のシームレスな統合が可能。

  • 柔軟な接続オプションを提供し、複数のトポロジー、プロトコル、ドメインに対応します。

  • LDP と SR 対応デバイス間の相互運用性を実現します。

  • SR サービスTE共有機能を活用します。

  • SR-TE ドメイン内で Topology Independent Loop-Free Alternate(TI-LFA)を使用して、ネットワーク接続の高速復元をTEします。SR は TI-LFA を使用してトラフィックを即座にバックアップまたは代替パスにルーティングします。プライマリ パスに障害が発生したり、使用できない場合は代替パスになります。

SR-VPN 上のトンネリング LDP TEの概要

サービス プロバイダがネットワークのエッジで LDP シグナリング プロトコルとプロトコルを使用MPLSに使用するのは一般的です。LDP にはシンプルというメリットがありますが、LDP には トラフィック制御(TE)機能や高度なパス修復機能が欠けているので、ネットワークのコアでよく望ましい機能を備える必要があります。多くのサービス プロバイダが RSVP から、コア内のセグメント ルーティング トラフィック制御(SR-TE)に移行しています。SR-TE、パケット ネットワーク(SPRING)のソース ルーティングとも呼ばれます。

エッジで LDP を実行しているルーターが SR 機能をサポートしていない可能性があります。サービス プロバイダは、アップグレードの必要性を避けるために、これらのルーターで LDP を引き続き使用したい場合があります。このようなシナリオでは、SR-TE トンネリング機能を使用する LDP は、SR に対応していない(LDP を実行している)ルーターを、SR 対応ルーター(SR-TE を実行)と統合する機能を提供します。

LDP LSP は SR-TE ネットワークを介してトンネリングされ、LDP LSP と SR-TEできます。たとえば、コア ネットワークにプロバイダ エッジ ネットワーク と SR-TE の LDP ドメインがある場合は、 に示すように、 SR-TE を使用して LDP ドメインを接続できます 図 2

SR-TEを使用した LDP トンネリングは、LDP LSP と SR-TEの両方の存在をサポートします。

図 2: コア ネットワークの SR-TEを使用した LDP ドメインの相互接続コア ネットワークの SR-TEを使用した LDP ドメインの相互接続

また、地域間コア ネットワークに接続された LDP ドメインTE SR-トンネルを使用して LDP をトンネリングできます。たとえば、 に示すように、複数の地域の LDP ドメインを地域間 SR-TE コア ネットワークに接続している場合、地域間 SR-TE コア ネットワーク全体で LDP をトンネリングできます 図 3

図 3: 地域間コア ネットワーク間TE SR-TE上の LDP地域間コア ネットワーク間TE SR-TE上の LDP

では 図 3 、LDP を実行している 3 つの地域ネットワーク(A、B、C)があります。これらの地域の LDP ドメインは、SR-TE を実行するそれぞれの地域コア ネットワークにTE。地域の SR-TE コア ネットワークは、他の地域の SR-TE コア ネットワーク(地域間コア ネットワーク)と相互接続されています。これらの地域間の SR-TE コア ネットワーク上で LDP をトンネリングし、レイヤー 3 VPN などのサービスをシームレスに導入できます。このシナリオは、コア アグリゲーション レイヤーが SR-TE 上で LDP トンネリングを実行し、アクセス レイヤーが LDP のみを実行している モバイル バックホール ネットワークで使用できます。

SR-TEを使用して LDP トンネリングを有効にするには、次のステートメントを設定する必要があります。

  • ldp-tunneling を [ edit protocols source-packet-routing source-routing-path source-routing-path-name ] 階層レベルで選択し、SR-階層レベルで LDP トンネリングを有効TE。

  • spring-te [ ] 階層レベルで、LSP 上の LDP がTEソース edit protocols isis traffic-engineering tunnel-source-protocol プロトコルとして選択されます。

IGP 用に複数のトンネル ソース プロトコルを設定して、ショートカット ルートを作成できます。複数のトンネル ソース プロトコルが設定され、複数のプロトコルからのトンネルが宛先に使用可能な場合、最も望ましいルートを持つトンネルが確立されます。たとえば、コア ネットワークで RSVP LSP と SR-TE LSP の両方と LDP トンネリングが RSVP と SR-TE LSP の両方で有効になっている場合、設定では設定値に基づいてトンネルが選択されます。 tunnel-source-protocol 最も低い設定値のトンネルが最も望ましいです。次の例に示すように、設定値を設定すると、すべての宛先の特定のプロトコルでこのルート設定を上書きできます。

この例では、SR-TEトンネル ソース プロトコルに対して設定された設定値が2で、RSVPトンネル送信元プロトコルの設定値が5であるのを確認できます。この場合、SR-TEが、RSVPトンネル送信元プロトコルと比較して最も低い優先値を持つため、推奨されます。

注:

トンネル 送信元プロトコルの優先値を設定する必要があります。複数のトンネル 送信元プロトコルが同じ優先値を持つ場合、宛先への優先ルートに基づいてトンネルが確立されます。

対象となる LDP セッションは確立され、SR-イベント LSP が起動TEトリガーされます。LDP トンネリング( )設定が削除されるまで、または設定から ldp-tunneling SR-TE LSP が削除されるまで、LSP セッションは確立されたままです。

注:

Junos OSは、色付き SR-光 LSP で LDP TEされていません。

例:SR-VPN 上でのトンネリング LDP TE

この例では、コア ネットワークの SR-TEを使用して LDP LSP をトンネリングする方法を学習します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • MX シリーズ PE、CEルーターとして使用できます。

  • Junos OSデバイスで20.3R1実行されている場合は、このリリースの変更を行います。

概要

次のトポロジ( )は、SR-TE コア ネットワークに接続された 2 つの LDP ドメイン(LDP ドメイン A および LDP ドメイン B)を示しています。これは、SR-TE を使用してトンネリングすることで、コア上で LSP セッションを拡張します。 図 4

Topology

図 4: コア ネットワーク内の SR-TEを使用したトンネリング LDPコア ネットワーク内の SR-TEを使用したトンネリング LDP
表 1: トポロジーのドメイン、ルーター、接続について説明します。

ドメイン

デバイス

ルーター ID/lo0 アドレス

接続の詳細

LDPドメイン A

CE1

192.168.11.11

インターフェイス ge-0/0/1 を介して PE1 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.1.1/24。

PE1

192.168.22.22

インターフェイス ge-0/0/1 を介して CE1 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.1.2/24。

インターフェイス ge-0/0/3 を介して R1 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.2.1/24。

SR-TE ドメイン(コア ネットワーク)

R1

192.168.33.33

インターフェイス ge-0/0/1 を介して R2 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.3.1/24。

インターフェイス ge-0/0/2 を介して R3 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.4.1/24。

インターフェイス ge-0/0/3 を介して PE1 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.2.2/24。

R2

192.168.44.44

インターフェイス ge-0/0/1 を介して R1 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.3.2/24。

インターフェイス ge-0/0/2 を介して R4 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.6.2/24。

インターフェイス ge-0/0/3 を介して PE2 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.7.2/24。

R3

192.168.55.55

インターフェイス ge-0/0/1 を介して R4 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.5.1/24。

インターフェイス ge-0/0/2 を介して R1 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.4.2/24。

R4

192.168.66.66

インターフェイス ge-0/0/1 を介して R3 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.5.2/24。

インターフェイス ge-0/0/2 を介して R2 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.6.1/24。

LDPドメインB

PE2

192.168.77.77

インターフェイスge-0/0/2を介してCE2に接続され、割り当てられたIPアドレス192.168.8.1/24。

インターフェイス ge-0/0/3 を介して R2 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.7.2/24。

CE2

192.168.88.88

インターフェイス ge-0/0/2 を介して PE2 に接続され、割り当てられた IP アドレス 192.168.8.2/24。

構成

コア ネットワークの SR-TE LDP LSP をトンネリングするには、以下のタスクを実行します。

CLI クイック構成

この例を簡単に構成するには、以下のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細を変更し、コマンドを[edit]階層レベルで CLI にコピー & ペーストしてから設定commitモードから開始します。

デバイス CE1

デバイス PE1

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

デバイス R4

デバイス PE2

デバイス CE2

CE1 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス CE1 を構成するには、次のようにします。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP、プロトコル、ISO 転送を有効MPLSインターフェイスを設定します。

  3. トンネル エンドポイントとサービス エンドポイントを有効に設定するには、ループバック インターフェイスを設定します。

  4. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  5. インターフェイスOSPFプロトコルを有効にします。

結果

構成モードからshow chassis、、、 show interfacesshow routing-options、およびshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

PE1 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス PE1 を構成するには、次のようにします。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. LSP トンネルとピアリング エンドポイントを提供するループバック インターフェイスBGPします。

  4. この例で使用している BGP プロトコルを実行CEルーティング ルーターにルートをエクスポートOSPFポリシー オプションを設定します。

  5. レイヤー 3 VPN ルーティング インスタンスを設定して、OSPF CE1 デバイスをサポートします。

  6. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  7. コア ネットワークに接続されたインターフェイスで ISIS と LDP を設定する。

  8. プロバイダ エッジ BGP間のパケット を設定します。

結果

設定show chassisモードから、、、、、およびshow interfacesshow policy-optionsshow routing-instancesshow routing-optionsshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

R1 デバイスの設定

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス R1 を設定するには、次の手順に示します。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. トンネル エンドポイントとサービス エンドポイントを有効に設定するには、ループバック インターフェイスを設定します。

  4. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  5. インターフェイス上で ISIS 隣接関係 SID を設定し、SRGB ラベルを割り当て、セグメント ルーティングを有効にします。SRGB 全体のラベルは ISIS で使用可能です。プレフィックスSED(およびノードSED)は、SRGBからインデックス作成されます。

  6. TI-LFA を設定して、リンク障害やノード障害からの保護を可能にします。SR は TI-LFA を使用して、プライマリ パスに障害が発生したり使用不能になったりした場合に、トラフィックをバックアップまたは代替パスに即座にルーティングすることで、ネットワーク接続の高速復元を可能にします。

  7. ISISパラメーターをトラフィック制御します。

  8. SR-VPN 上で LDP トンネリングを有効TE。

  9. LDP MPLSのラベルを交換するために、LDP ドメイン内のインターフェイス上に MPLS と LDP プロトコルを設定します。

  10. LDP ドメインのエッジ ルーター間で、ターゲットを絞った LDP セッションを有効にします。

  11. トラフィックを特定のパスにルーティングするために、セグメント リストを設定します。

  12. SR-TEを使用した LDP トンネリングを有効に設定するには、リモート エッジ ルーターに SR-TE。

結果

構成モードからshow chassis、、、 show interfacesshow routing-options、およびshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

R2 デバイスの設定

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス R2 を設定するには、次の手順に示します。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. LSP トンネルとピアリング エンドポイントを提供するループバック インターフェイスBGPします。

  4. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  5. インターフェイス上で ISIS 隣接関係 SID を設定し、SRGB ラベルを割り当て、セグメント ルーティングを有効にします。SRGB 全体のラベルは ISIS で使用可能です。プレフィックスSED(およびノードSED)は、SRGBからインデックス作成されます。

  6. TI-LFA を設定して、リンク障害やノード障害からの保護を可能にします。SR は TI-LFA を使用して、プライマリ パスに障害が発生したり使用不能になったりした場合に、トラフィックをバックアップまたは代替パスに即座にルーティングすることで、ネットワーク接続の高速復元を可能にします。

  7. ISISパラメーターをトラフィック制御します。

  8. SR-VPN 上で LDP トンネリングを有効TE。

  9. LDP MPLSのラベルを交換するために、LDP ドメイン内のインターフェイス上に MPLS と LDP プロトコルを設定します。

  10. トラフィックを特定のパスにルーティングするために、セグメント リストを設定します。

  11. SR-TEを使用した LDP トンネリングを有効に設定するには、リモート エッジ ルーターに SR-TE。

結果

構成モードからshow chassis、、、 show interfacesshow routing-options、およびshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

R3 デバイスの設定

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス R3 を設定するには、次の手順に示します。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. LSP トンネルとピアリング エンドポイントを提供するループバック インターフェイスBGPします。

  4. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  5. インターフェイス上で ISIS 隣接関係 SID を設定し、SRGB ラベルを割り当て、セグメント ルーティングを有効にします。SRGB 全体のラベルは ISIS で使用可能です。プレフィックスSED(およびノードSED)は、SRGBからインデックス作成されます。

  6. TI-LFA を設定して、リンク障害やノード障害からの保護を可能にします。SR は TI-LFA を使用して、プライマリ パスに障害が発生したり使用不能になったりした場合に、トラフィックをバックアップまたは代替パスに即座にルーティングすることで、ネットワーク接続の高速復元を可能にします。

  7. ISISパラメーターをトラフィック制御します。

  8. インターフェイスMPLSプロトコルを設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show interfacesshow routing-options、およびshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

R4 デバイスの設定

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス R4 を設定するには、次の手順に合います。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. LSP トンネルとピアリング エンドポイントを提供するループバック インターフェイスBGPします。

  4. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  5. インターフェイス上で ISIS 隣接関係 SID を設定し、SRGB ラベルを割り当て、セグメント ルーティングを有効にします。SRGB 全体のラベルは ISIS で使用可能です。プレフィックスSED(およびノードSED)は、SRGBからインデックス作成されます。

  6. TI-LFA を設定して、リンク障害やノード障害からの保護を可能にします。SR は TI-LFA を使用して、プライマリ パスに障害が発生したり使用不能になったりした場合に、トラフィックをバックアップまたは代替パスに即座にルーティングすることで、ネットワーク接続の高速復元を可能にします。

  7. ISISパラメーターをトラフィック制御します。

  8. インターフェイスMPLSプロトコルを設定します。

結果

構成モードからshow interfaces、、、 show interfacesshow routing-options、およびshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

PE2 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス PE2 を構成するには、次のようにします。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. LSP トンネルとピアリング エンドポイントを提供するループバック インターフェイスBGPします。

  4. この例で使用している BGP プロトコルを実行CEルーティング ルーターにルートをエクスポートOSPFポリシー オプションを設定します。

  5. レイヤー 3 VPN ルーティング インスタンスを設定して、OSPF CE2 デバイスをサポートします。

  6. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  7. コア ネットワークに接続されたインターフェイス上MPLS ISIS、LDP、プロトコルの設定。

  8. プロバイダ エッジ BGP間のパケット を設定します。

結果

設定show chassisモードから、、、、、およびshow interfacesshow policy-optionsshow routing-instancesshow routing-optionsshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

CE2 の構成

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。Cli のナビゲートの詳細については、『 Cli ユーザーガイド』の「 Cli エディターを設定モードで使用する」を参照してください。

デバイス CE2 を構成するには、次のようにします。

  1. ネットワーク サービス モードを拡張 IP として設定します。拡張 IP では、ルーターのネットワーク サービスを拡張インターネット プロトコルに設定し、拡張モード機能を使用します。

    ステートメントを設定して設定をコミットした後、次の警告メッセージが表示され、ルーターを enhanced-ip 再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

    再起動すると、ルーターにFPCが起動します。

  2. IP および MPLS トランスポートを有効にするように、インターフェイスを構成します。

  3. LSP トンネルとピアリング エンドポイントを提供するループバック インターフェイスBGPします。

  4. ドメイン内のルーターを識別するために、ルーティング オプションを設定します。

  5. インターフェイスOSPFプロトコルを有効にします。

結果

構成モードからshow chassis、、、 show interfacesshow routing-options、およびshow protocolsコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能確認するには、次のタスクを実行します。

SR-TE を使用した LDP トンネリングのTE

目的

SR-TE トンネル上の LDP が有効で、リモート デバイスへの LDP トンネルが適切なパスを通エッジ ルーターを確認します。

アクション

動作モードから、 show spring-traffic-engineering lsp detailコマンドを実行します。

R1 で

R2 について

  • R1 では、LDP トンネルは SR-エッジ ルーター コア ネットワークのリモート トンネルTE 192.168.66.66 確立されます。出力には SID ラベル値 80104, 80204, 80304 も表示されます。

  • R2 では、LDP トンネルは SR-エッジ ルーター コア ネットワークのリモート トンネルTE 192.168.33.33 確立されます。出力には SID ラベル値 80504, 80300, 80200 も表示されます。

リモート PE デバイスへの LDP 転送を検証

目的

リモート PE ルーターへのルートが LDP 転送を使用し、SR-TE を使用してトンネリングTE。

アクション

動作モードから、 show route destination-prefix table inet.3コマンドを実行します。

R1 で

リモート PE( )ルーターへのルートが SR-TE トンネルを介 PE2 TEします。

R2 について

リモート PE( )ルーターへのルートが SR-TE トンネルを介 PE1 TEします。

PE1 について

リモート PE( )ルーターへのルートが、対象の LDP セッションからリモート PE2 PE へのセッションを通って行われたか検証します。

PE2 について

リモート PE( )ルーターへのルートが、対象の LDP セッションからリモート PE1 PE へのセッションを通って行われたか検証します。

  • R1では LDPラベルが および 17 SR-TEスタックとして表示されます 80304, 80204, 85003, 85004

  • R2では LDPラベルとして 17 、SR-TEスタックとして表示されます 80200, 80300, 85004, 85003

  • PE1では LDPラベルが . 18

  • PE2では LDPラベルが . 19

エッジ ルーターと PE ルーター間の LDP セッションを検証

目的

エッジ ルーター間(SR-TE トンネリング経由)、SR-TE コア上の CE デバイス間で、PE ルーターとエッジ ルーターの間で LDP セッションが確立TEします。

アクション

動作モードから、 show ldp sessionコマンドを実行します。

R1 で

接続された PE( )ルーターとリモート セッション( )を使用して LDP セッション PE1 が確立されていることをエッジ ルーターします R2

R2 について

接続された PE( )ルーターとリモート セッション( )を使用して LDP セッション PE2 が確立されていることをエッジ ルーターします R1

PE1 について

LDP セッションが SR-エッジ ルーター コアに接続された状態で確立TEします。

PE2 について

LDP セッションが SR-エッジ ルーター コアに接続された状態で確立TEします。

  • R1 では、LDP セッションは接続された PE1( )ルーターと、リモート エッジ ルーター R2 ( )とともに確立されます。これは 192.168.22.22 、SR-TE コアを通して LDP ドメインを拡張する、トンネリングされた LDP セッションです。 192.168.66.66

  • R2 では、LDP セッションは接続された PE2( )ルーターと、リモート エッジ ルーター R2( )とともに確立されます。これは 192.168.77.77 、SR-TE コアを通して LDP ドメインを拡張する、トンネリングされた LDP セッションです。 192.168.33.33

  • PE1 では、ローカル LDP ドメインにある接続された接続された エッジ ルーター R1 ( )とともに 192.168.33.33 LDP セッションが確立されます。

  • PE2 では、ローカル LDP ドメインにある接続された接続済みセッション r2( 192.168.66.66 )エッジ ルーター LDP セッションが確立されます。

アドバタイズされたラベルの検証

目的

FEC(転送同等クラス)用にアドバタイズされたラベルを検証します。

アクション

動作モードから、 show ldp database コマンドを実行します。

R1 で

直接接続された PE(PE1)に向けてアドバタイズされたラベルと、リモート セッション(R2)から受信したエッジ ルーター検証します。

R2 について

直接接続された PE(PE2)に向けてアドバタイズされたラベルと、リモート セッション(R1)から受信したエッジ ルーター検証します。

PE1 について

リモート PE(PE2)デバイスのループバック アドレスのラベルが、エッジ デバイス R1 によってローカル PE(PE1)デバイスにアドバタイズされているのを検証します。

PE2 について

リモート PE(PE1)デバイスのループバック アドレスのラベルが、エッジ デバイス R2 によってローカル PE(PE2)デバイスにアドバタイズされているのを検証します。

  • R1 では、ラベルが直接接続された PE(PE1)に向かってアドバタイズされ、ラベルがリモート デバイスから R2(エッジ ルーターされる)のを 1817 確認できます。

  • R2 では、ラベルが直接接続された PE(PE2)に向かってアドバタイズされ、ラベルがリモート デバイス 1917 (R1)エッジ ルーターされます。

  • PE1 では、ラベルがローカル 18 フィールド(R1)からエッジ ルーターしています。

  • PE2 では、ラベルがローカル 19 ネットワーク(R2)からエッジ ルーターしています。

ラベルの操作

図 5RSVP LSP によってトンネリングされている LDP LSP を示しています。(ラベル操作の定義についてはMPLS ラベルの概要を参照してください)。シェード内側の楕円は RSVP ドメインを表し、外側の楕円は LDP ドメインを示しています。RSVP は、ルーター B、C、D、E で LSP を確立し、一連のラベル L3、L4 を使用します。LDP は、ルーター A、B、E、F、および G を通じて LSP を構築し、一連のラベルとして L1、L2、L5 を設定しています。LDP は、ルーター B と E 間の RSVP LSP を単一のホップとして表示します。

パケットがルーター A に到着すると、LDP が設定した LSP に入り、ラベル (L1) がパケットにプッシュされます。パケットがルーター B に到着すると、ラベル (L1) は別のラベル (L2) と交換されます。パケットが RSVP によって設定されたトラフィックエンジニアリング LSP に入っているため、第2ラベル (L3) がパケットにプッシュされます。

この外部ラベル (L3) は、RSVP LSP トンネル内の中間ルーター (C) で新しいラベル (L4) とスワップされ、penultimate ルーター (D) に到達すると、一番上のラベルがポップされます。ルーター E はラベル (L2) を新しいラベル (L5) と交換し、LDP によって確立された LSP (F) の penultimate ルーターで最後のラベルを表示します。

図 5: RSVP lsp を通じて LDP Lsp がトンネリングされた場合にスワップとプッシュを行うRSVP lsp を通じて LDP Lsp がトンネリングされた場合にスワップとプッシュを行う

図 6二重プッシュラベルオペレーション (L1L2) を示しています。二重プッシュラベルの運用は、LDP LSP と、それを通過する RSVP LSP の受信ルーター (A) が同じデバイスである場合に使用されます。ルーター D は LDP が確立した LSP の最下級ホップなので、ルーター D によってパケットから L2 がポップされます。

図 6: LDP LSP が RSVP LSP を介してトンネリングされる場合の二重プッシュLDP LSP が RSVP LSP を介してトンネリングされる場合の二重プッシュ

LDP セッション保護

LDP セッション保護は、RFC 5036、LDP Specificationで定義されている LDP を対象とした hello 機能に基づいており、Junos OS および他のほとんどのベンダーの LDP 実装でサポートされています。ユニキャストユーザーデータグラムプロトコル (UDP) hello パケットをリモートの近隣ノードに送信し、近隣ルーターから同様のパケットを受信する必要があります。

ルーターで LDP セッション保護を構成すると、LDP セッションは以下のように維持されます。

  1. ルーターとリモートの近接ルーターの間に LDP セッションが確立されます。

  2. ルーター間の直接リンクがすべて停止した場合、ネットワーク上の別の接続をベースにしたルーター間に IP 接続がある限り、LDP セッションは継続して残ります。

  3. ルーター間の直接リンクが再確立されると、LDP セッションは再開されません。ルーターは、直接リンクを介して LDP を相互に交換するだけです。その後、元の LDP セッションを使用して LDP シグナル MPLS パケットを転送し始めます。

デフォルトでは、ldp のターゲットは、そのルーターへのリンクが存在しない場合でも、LDP セッションが行われている限り、リモート近傍に設定されています。リンク相手がいない場合に、リモート近傍接続を維持する期間を指定することもできます。セッションの最後のリンク近隣ノードがダウンすると、Junos OS は LDP セッション保護タイマーを開始します。リンクされたすべての隣接ノードが復帰する前にこのタイマーが満了した場合、リモート近傍接続は停止し、LDP セッションは終了します。現在実行中のタイマーに別の値を設定した場合、Junos OS は、LDP セッションの現在の状態を中断することなく、指定された値にタイマーを更新します。

LDP ネイティブ IPv6 サポートの概要

IPv6 接続は多くの場合、ipv4 MPLS コアで IPv4 信号 MPLS ラベル交換パス (Lsp) でのトンネリングに依存しています。そのためには、IPv4 シグナル Lsp を静的に構成するか、IPv6 プロバイダエッジルーターによって動的に確立する必要があります。Ipv6 の需要が高まっているため、ipv6 の接続を提供するために、ipv6 MPLS コアを IPv6 シグナル LSP に導入することが不可欠になっています。さらにJunos OSでは、IPv6 ネットワークでのみ LDP がサポートされ 、RFC 7552で説明されている IPv6/IPv4 デュアルスタック ネットワークでサポートされています。Junos OS LDP は、IPv4 と IPv6 の両方で1つのセッションを提供するだけではありません。また、IPv4 専用の ipv4 セッションと ipv6 セッションをサポートしています。

IPv4 またinetは IPv6 のいずれかinet6または両方のアドレスファミリを構成できます。ファミリアドレスが設定されていない場合、デフォルトアドレスの family inet が有効になります。IPv4 と IPv6 の両方が設定されている場合transport-preferenceは、この文を使用して、 IPv4優先IPv6するトランスポートをまたはに設定できます。この設定に基づいて、LDP は IPv4 または IPv6 を使用して TCP 接続を確立しようとします。デフォルトでは、IPv6 が選択されています。このdual-transportステートメントにより、Junos OS LDP は ipv4 隣接ノードを使用して ipv4 経由で TCP 接続を確立し、ipv6 近隣ルーターを単一スタック LSR として構築できます。inet-lsr-idおよびinet6-lsr-id ids は、IPv4 および IPv6 TCP トランスポート上で LDP セッションを確立するために構成する必要がある2つの LSR id です。この2つの Id は0以外にする必要があり、異なる値で構成する必要があります。

LDP の概要をサポートします。

LDP は、OSPF や IS-IS などの IGP を使用して、完全なネットワークドメイン全体で MPLS ラベルスイッチパス (Lsp) を確立するために使用されることがよくあります。このようなネットワークでは、ドメイン内のすべてのリンクには、IGP の隣接関係があり、また、LDP の隣接関係もあります。LDP は、IGP によって決定される宛先への最短パスで Lsp を確立しました。Junos OS において、LDP 実装は、ルーティング情報ベース (リブ) または IGP ルートにある転送用の同値クラス (FEC) の IP アドレスをラベルマッピング用に完全に照合します。この厳密なマッピングにより、すべてのラベルエッジルーター (LERs) で、エンドツーエンドの LDP エンドポイント IP アドレスを設定 MPLS 必要があります。これは、アクセスデバイスでの IP 階層設計やデフォルトのルーティングの目的を損なうことはありません。構成longest-matchによって、LDP は、ドメイン間の OSPF 領域または IS-IS レベルで集約または要約されたルートに基づいて LSP を設定できます。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
20.3R1
リリース Junos OS リリース 20.3R1、MPLS 機能を使用して LDP シグナリング プロトコル構成を提供する コントロール プレーンします。
15.1
Junos OS リリース15.1 から、仮想ルータールーティングインスタンス用に、マルチインスタンスのサポートを LDP 以上の RSVP トンネリングに拡張しています。