Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

テナント システムの Screen オプション

SRX シリーズ デバイスのテナント システムの Screen オプションは、論理システムと同じ IP アドレス スイープ、ポート スキャン、サービス拒否(DOS)攻撃、ICMP、UDP、SYN フラッドなどの攻撃を防きます。詳細については、以下のトピックを参照してください。

テナント システム画面のオプションについて

screen オプションを使用して、デバイスはゾーンを検査してゾーンを保護し、そのゾーンにバインドされたインターフェイスを越える必要があるすべての接続試行を許可または拒否します。Junos OSは、コンテンツ フィルタリングや IDP コンポーネントを Screen フィルターを通過するトラフィックに含まれるファイアウォール ポリシーを適用します。デバイスで使用可能なすべての画面オプションも各テナント システムで使用できます。

リリース Junos OS リリース 18.3R1、論理システムでサポートされている screen オプションはテナント システムまで拡張されます。

例: テナント システムの Screen オプションの設定

この例では、テナントシステムのスクリーンオプションを設定する方法を示しています。

要件

開始する前に、以下を実行します。

  • テナント システムの構成プロセスを理解する。この タスクが全体の設定 プロセスに適合する方法については、「 テナント システム設定の概要 」を参照してください。

  • テナント システムのゾーンを設定します。テナント システムのゾーンを構成する方法については、「 テナント システムのセキュリティ ゾーン 」を参照してください。

概要

screen オプションを使用すると、セキュリティ デバイスはセキュリティ ゾーンに対するさまざまな内部攻撃と外部攻撃から保護できます。同時セッション数は、テナント システム内の同じ宛先 IP アドレスに制限できます。宛先ベースのセッション制限を設定することで、Junos OS では、送信元に関係なく、1 つのホストへの同時接続要求の許容数のみを許可できます。IP アドレスへの同時接続要求数が上限を超えた場合、Junos OSへの接続の試みをブロックします。

構成

手順

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 [edit] commit

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。その方法の詳細については、「 ネットワーク ユーザー ガイド 」の「 設定モードでの CLI エディターの Junos OS CLI使用 」を参照してください。

テナント システムで宛先ベースのセッション制限を設定するには、以下の手順に示します。

  1. 管理者としてテナント システムにログインし、設定モードにします。

  2. テナント システム名を TN1 として定義し、宛先ベースのセッション制限の screen オプションを設定します。

  3. ICMP スクリーニング オプションを設定します。

  4. IP スクリーニング オプションを構成します。

  5. TCP スクリーニング オプションを構成します。

  6. UDP スクリーニング オプションを設定します。

  7. IDSをゾーンに接続します。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して設定を確認 show tenants TN1 security screen します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認するには、以下のタスクを実行します。

セキュリティ画面のステータスの検証

目的

複数のスクリーニング オプションのIDSプロファイルが適切に設定されていることを検証します。

アクション

設定が正常に機能されていることを確認するには、動作モードから show security screen ids-option jscreen tenant TN1 and show security zone tenant TN1 コマンドを入力します。

意味

テナント システムの出力に画面のステータスが表示されます。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
18.3R1
リリース Junos OS リリース 18.3R1、論理システムでサポートされている screen オプションはテナント システムまで拡張されます。