Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

PICコンビネーションの検証(Junos OS)

ジュニパーネットワークスのルーティングプラットフォームでは、通常、物理インターフェイスカード(PIC)を任意の組み合わせで、1台の拡張フレキシブルPICコンセントレータ(FPC)または1台のレイヤー2/レイヤー3パケットプロセッシングASIC(特定用途向け集積回路)がサービスを提供する2個のPICスロットにインストールできます。

一部のPIC向けの新しいJunos OSサービスでは、大量のインターネットプロセッサASICメモリが必要になることがあります。また、一部のプラットフォームにインストールされている場合、設定ルールによってはPICの特定の組み合わせが制限されています。

ソフトウェアのインストール中に、インストール プログラムの構成チェッカーがルーターのPICをチェックします。PIC の組み合わせに影響する設定ルールがある場合、インストール プロセスが中断され、次のようなメッセージが表示されます。

構成チェッカーには、次の制限があります。

  • 新しいソフトウェアでルーターをアップグレードする際にPICがオフラインの場合、設定チェッカーは設定ルールの影響を受けるPICの組み合わせを検出できず、警告することもできません。

  • Junos OSのアップグレード時に オプションを指定し force た場合、設定チェッカーは影響を受けるPICの組み合わせについて警告し、ソフトウェアのインストールが続行されます。ただし、再起動後、1つ以上のPICが初期化に失敗する場合があります。

  • コンフィギュレーション チェッカーは、影響を受ける 3 つの PIC の組み合わせを探します。拡張FPCに影響を受けるPICが4つ含まれている場合、スクリプトは複数の警告を生成します。

すでにJunos OSを実行しているルーターにPICをインストールした場合、システムロギング(syslog)ファイルのメッセージから、影響を受けるPICの組み合わせの存在を特定できます。

サポートされていないPICの組み合わせを確認する方法については、お使いのルーターに対応するPICガイド、Junos OSリリースノート、およびジュニパーネットワークスのサポートWebサイト(https://www.juniper.net/support/)にあるテクニカルサポート速報PSN-2004-12-002、 PICの組み合わせに関する要約を参照してください。

For SRX Series Services Gateways

SRX5600デバイスとSRX5800デバイスは、どのカードスロットでもIOCまたはSPCをサポートしているため、処理容量とI/O容量の完璧なバランスをサービスゲートウェイに装備することに複雑さはありません。デバイスには最大 11 個(SRX5800 上)および 5 個(SRX5600)の SPC と IOC をインストールできます。ただし、デバイスには少なくとも 1 つの SPC をインストールする必要があります。詳しくは、 SRX5600およびSRX5800サービスゲートウェイカードガイドを参照してください。

SRX3600、シャーシあたり最大7台のSPC、3台のNPC、6台のIOC、および11台のNP-IOCをサポートします。ただし、シャーシには少なくとも 1 つの SPC と NPC をインストールする必要があります。SRX3400、シャーシごとに最大4つのSPC、2つのNPC、4つのIOC、および6つのNP-IOCをサポートします。ただし、シャーシには少なくとも 1 つの SPC と NPC をインストールする必要があります。SRX3400およびSRX3600デバイスでは、シャーシの前面スロットにPICを取り付ける必要があります。詳細については、 SR X1400、SRX3400、およびSRX3600サービスゲートウェイモジュールガイドを参照してください。