Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

物理インターフェイスのプロパティ

セキュリティ デバイスの物理インターフェイスは、リンクレイヤー信号またはリンク全体のデータのいずれか送信に影響します。以下のトピックでは、クリング プロパティ、最大送信単位(MTU)などの伝送プロパティ、ポイント to-point やフレーム リレー カプセル化などのカプセル化方法を含む物理プロパティについて説明します。SRX シリーズ デバイスは、ジャンボ フレームもサポートします。

インターフェイスの物理プロパティについて

ネットワーク インターフェイスの物理特性は、リンク レイヤー信号またはリンク全体のデータの送信に影響を与える物理リンクに関連付けられた特性です。物理プロパティには、クリング プロパティ、最大送信単位(MTU)などの伝送プロパティ、ポイント to-ポイント およびフレーム リレー カプセル化などのカプセル化方法があります。

通常、インターフェイスのデフォルト プロパティ値は、双方向リンクを正常に有効化するのに十分です。ただし、インターフェイス上で物理プロパティのセットを設定する場合は、直接接続が行われたすべての隣接インターフェイスで同じプロパティを設定する必要があります。

表 1 は、 デバイス インターフェイスの主な物理特性の一部をまとめた形式です。

表 1:インターフェイスの物理プロパティ

物理的財産

説明

bert-error-rate

BER(ビット エラー レート)エラー レートは、BERTエラー状態の生成に必要な特定のビット エラー レート テスト(BERT)期間のビット エラー数を指定します。ビット エラー レート テストについて を参照してください

bert-period

ビット エラーがサンプリングされる BERT(ビット エラー レート テスト)期間。ビット エラー レート テストについて を参照してください

chap

Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)インターフェイスで chap CHAP 認証を指定する。 PPPoEインターフェイスにおける CHAP認証について を参照してください

clocking

リンクのクロック ソース。クリングは、ローカル システム(内部)またはリンク上のリモート エンドポイント(外部)によって提供できます。デフォルトでは、すべてのインターフェイスで内部クリング モードが使用されます。外部クロック ソースを受け入れるインターフェイスが設定されている場合、1 つの隣接するインターフェイスを、クロック ソースとして機能するように設定する必要があります。この設定では、インターフェイスはループ タイミング モードで動作します。このモードでは、クこれが個々のネットワーク セグメントまたはループに対して一意です。「 インターフェイス ククリングについて 」を参照してください

description

インターフェイスのユーザー定義テキストの説明。多くの場合、インターフェイスの目的を説明するために使用されます。

disable

管理上、インターフェイスを無効にします。

encapsulation

インターフェイス上のカプセル化のタイプ。一般的なカプセル化タイプには、PPP、フレーム リレー、Cisco HDLC、PPP over Ethernet(PPPoE)があります。インターフェイス における物理カプセル化について を参照してください

fcs

フレーム チェック シーケンス(FCS)。FCSは、パリティビットをデジタル信号に追加し、受信したデジタル信号のエラーを検出するデコードアルゴリズムを使用するエラー検出スキームです。

mtu

最大送信単位(MTU)サイズ。MTUバイトまたはオクテットで指定された最大規模のパケットまたはフレームで、パケットベースネットワークまたはフレームベースのネットワークで送信できます。TCP は MTU を使用して、任意の伝送における各パケットの最大サイズを決定します。

次のコマンドを使用MTU、物理インターフェイスの設定値を調整できます。

set interface interface-name mtu mtu-value

パケットがドロップされる前に、ホスト MTUインターフェースに合わせてインターフェイスの設定数のMTUを減らす必要がある場合があります。コマンドのオプションを mtu 256~9192 の値に設定することで、設定の値MTUを set interfaces [fxp0 | em0 | fab0 | fab1] 調整できます。

例:

user@host# set interfaces em0 mtu 1400

パケット サイズの制限を設定MTU範囲は256~9192バイトです。ただし、すべてのインターフェイスが9192バイトをサポートしているわけではありません。サポートされるインターフェイスの詳細については、「 デフォルトおよび MTU を参照してください

no-keepalives

物理リンク上のキープアリスト メッセージの無効化ネットワーク デバイスがアクティブな状態を示すキープアティブ メッセージがネットワーク デバイス間で送信されます。キープアティブは、インターフェイスが正しく動作するかどうかを判断するのに役立ちます。ATM-over-ADSLインターフェイスを除き、すべてのインターフェイスはデフォルトでキープアティブを使用します。

pap

PAP(パスワード認証プロトコル)インターフェイスで pap PAP 認証を指定すると有効になります。 PPPoEインターフェイスにおける CHAP認証について を参照してください

payload-scrambler

インターフェイスを送信したトラフィックのスレーミング。ペイロードスクランブルによって、送信されたパケットのデータ ペイロードが不要になります。スクラミングは、物理リンクの一部でリンクレイヤー エラーを生成する不変のビット パターン(全 1 またはすべての 0 の文字列)を排除します。

ビット エラー レート テストについて

電気通信伝送における BER(ビット エラー レート)は、伝送で受信したビット数と比較したエラーがあるビットの割合で、通常は 10 と表されます。たとえば、10–6 の BER を持つ送信では、送信された 1,000,000 ビットで 1 エラー ビットを受信しました。BER は、エラーのためにパケットまたは他のデータ ユニットを再送する必要がある頻度を示します。BER が高すぎる場合、BER が減少して再送信パケット数が減った場合、データ レートが遅くなると、一量のデータの伝送時間全体が改善される可能性があります。

BERT(ビット エラー レート テスト)は、特定の伝送の BER を測定するプロシージャまたはデバイスです。ビット エラー レートとテスト期間を持つインターフェイスを設定すると、BERT デバイスとして機能するデバイスを設定できます。インターフェイスは、BER テスターから BERT 要求を受信すると、既知の BERT パターンで応答を生成します。開始するデバイスは、BERT パターンの応答を確認して、ビット エラー数を確認します。

インターフェイス クリングについて

ククリングは、個々のルーティング ノードまたはネットワーク全体の送信データのサンプルを決定します。ネットワーク内のデバイスが情報ストリームを受信すると、クロック ソースはデータをサンプリングする時間を指定します。非同期ネットワークでは、クロック ソースはローカルで生成され、同期ネットワークでは中央の外部クロック ソースを使用します。インターフェイス ククリングは、デバイスが非同期ククロックと同期ククリングの両方を使用するかどうかを示します。

注:

真の同期ネットワークは設計と維持が困難であり、多くの同期ネットワークは本当にプレシロック・ネットワークです。プレ地ネットワークでは、同期されるローカル クロックによって異なるタイミング領域が制御されます(制約は非常に狭い)。このようなネットワークは同期性にアプローチし、通常は同期ネットワークとして知られています。

ほとんどのネットワークは、非同期ネットワークとして動作するように設計されています。各デバイスは独自のクロック信号を生成し、デバイスは複数のクロック ソースからクロックを使用します。ネットワーク内のクロックは、単一のクロック ソースに同期されません。デフォルトでは、デバイスが独自のクロック信号を生成して、トラフィックを送受信します。

システム クロックにより、デバイスは受信データとそのインターフェイスを介して送受信されるデータをサンプリング(または検出)して送信できます。ククリングにより、デバイスはインターフェイスを介してデジタル トラフィックを構成する0および1を検出して送信できます。データ フロー内のビットを検出失敗すると、トラフィックがドロップされます。

クロック信号の短期的な変動は、 .信号の長期的な変動は、 .

非同期クリングは、データ ストリームからクロック信号を導き出したり、クリング信号を明示的に送信したりすることができます。

このトピックは、以下のセクションで構成されています。

データ ストリーム ククロック

T1 リンクに共通して、データ ストリーム ククリングは、ネットワーク内で独立したクロック信号が送信されない場合に発生します。デバイスはデータ ストリームからクロック信号を抽出する必要があります。ビットはネットワーク全体で送信され、各ビットのタイム スロットは 648 ナノ秒です。時間スロット内に、パルスは交流電圧のピークとドロップを使用して送信されます。受信デバイスは、電圧の周期を使用してデータ ストリームのクロック レートを決定します。

明示的ククロック信号伝送

データ リンクを介してホストによって共有されるクロック信号は、リンク上の 1 つのエンドポイントまたは両方のエンドポイントから送信される必要があります。たとえば、シリアル接続では、1つのホストがクロックプライマリとして動作し、もう一方がクロッククライアントとして動作します。クロックプライマリは、内部でデータ リンクを介して送信されるクロック信号を生成します。クロック クライアントはクロック信号を受信し、その周期を使用して、いつデータをサンプリングし、リンクを通してデータを送信する方法を決定します。

このタイプのクロック信号は、アクティブで、ネットワークの他の部分には表示されない接続のみを制御します。明示的なクロック信号では、同じデバイス上の他のデバイスや他のインターフェイスのサンプルやデータ送信方法は制御できません。

フレーム チェック シーケンスについて

ネットワーク内のすべてのパケットまたはフレームは、ネットワークの物理ワイヤーのクロストークや干渉によって損傷する可能性があります。FCS(フレームチェックシーケンス)は、分析可能な各送信フレームの追加フィールドで、エラーが発生したかどうかを判断します。FCSは、CRC(巡回冗長チェック)、チェックサム、2次元パリティ ビットを使用して、送信フレームのエラーを検出します。

このトピックは、以下のセクションで構成されています。

巡回冗長チェックとチェックサム

フレームのチェックにCRCを使用するリンク上で、データ ソースは、送信するデータからCRC番号を計算するために、事前定義された多次アルゴリズムを使用します。その結果はフレームのFCSフィールドに含まれており、データを用いて送信されます。受信側で、宛先ホストは受信したデータに対して同じ計算を実行します。

2 つ目の計算の結果が FCS フィールドの内容と一致する場合、パケットはビット エラーなしで送信および受信されました。値が一致しない場合、FCSエラーが生成され、フレームが破棄され、送信元ホストにエラーが通知されます。

チェックサムはCPCと同様に機能しますが、異なるアルゴリズムを使用します。

2 次元パリティ

フレームのチェックに 2 次元パリティ ビットを使用するリンク上で、送受信ホストはパケット伝送全体の各フレームを検証し、伝送エラーを検出するために評価されるパリティ バイトを作成します。

たとえば、ホストは各列(フレーム内の各ビット位置)を合計して、最小ビットのみを保持することで、以下のフレーム シーケンスのパリティ バイトを作成できます。

ビット位置のビット値の合計が even の場合、その位置のパリティ ビットは 0 になります。合計が変な場合、パリティ ビットは 1 です。この方法は「パリティ」と呼ばれるものがあります。発信ホストと受信側のホストで一致するパリティ バイトは、パケットがエラーなしで受信されたかどうかを示します。

MTUデフォルトおよび最大値

デフォルトMTU値は設定を変更MTU使用します。数値がMTU場合は、式 IFF MTU (IP MTU) = IFD MTU (Media MTU) – L2 Overhead を適用できます。デフォルト の設定値については 、表 2 MTU参照してください。

注:

UIFD MTU に関係なく ATM MLPPP では、MTU IP MTU の計算は LSQ インターフェイスに基づくため、IP MTU は常に 1500 になります。LSQ ファミリー プロトコル を設定したMTU、IP パケットのMTU 1504 を超えすることはできません。

表 2 は 、MTU サービス ゲートウェイの物理インターフェイス モジュールSRX シリーズの値を示しています。

表 2:MTUサービス ゲートウェイ PIM SRX シリーズの値

PIM

デフォルト メディア MTU(バイト)

最大MTU(バイト)

デフォルト IP MTU(バイト)

1 ポート ギガビット イーサネット スモール フォームファクター プラガブル(SFP)Mini-PIM

1514

9010

1500

1 ポート スモール フォームファクター プラガブル(SFP)Mini-PIM

1514

1518

1500

DOCSIS Mini-PIM

1504

1504

1500

シリアル Mini-PIM

1504

2000

1500

T1/E1 Mini-PIM

1504

2000

1500

デュアル CT1/E1 GPIM

1504

9000

1500

クワッド CT1/E1 GPIM

1504

9000

1500

2 ポート 10 ギガビット イーサネット XPIM

1514

9192

1500

16 ポート ギガビット イーサネット XPIM

1514

9192

1500

24 ポート ギガビット イーサネット XPIM

1514

9192

1500

 

ADSL2+ Mini-PIM(カプセル化)

atm-snap

1512

1512

1504

atm-vcmux

1512

1512

1512

atm-nlpid

1512

1512

1508

atm-cisco-nlpid

1512

1512

1510

ether-over-atm-llc

1512

1512

1488

atm-ppp-llc

1512

1512

1506

atm-ppp-vcmux

1512

1512

1510

atm-mlppp-llc

1512

1512

1500

ppp-over-ether-over-atm-llc

1512

1512

1480

 

VDSL- Mini-PIM AT モード(カプセル化)

atm-snap

1514

1514

1506

atm-vcmux

1514

1514

1514

atm-nlpid

1514

1514

1510

atm-cisco-nlpid

1514

1514

1512

ether-over-atm-llc

1514

1524

1490

atm-ppp-llc

1514

1514

1508

atm-ppp-vcmux

1514

1514

1512

atm-mlppp-llc

1514

1514

1500

ppp-over-ether-over-atm-llc

1514

1514

1482

 

VDSL- Mini-PIM PT モード

1514

1514

1500

 

G.SHDSL Mini-PIM AT mode(カプセル化)

atm-snap

4482

4482

4470

atm-vcmux

4482

4482

4470

atm-nlpid

4482

4482

4470

atm-cisco-nlpid

4482

4482

4470

ether-over-atm-llc

4482

4482

1500

atm-ppp-llc

4482

4482

4476

atm-ppp-vcmux

4482

4482

4480

atm-mlppp-llc

4482

4482

1500

ppp-over-ether-over-atm-llc

4482

4482

1492

 

G.SHDSL Mini-PIM PT モード

1514

1514

1500

イーサネット インターフェイスにおけるジャンボ フレームのサポートについて

SRX シリーズは、最大 9192 バイトのジャンボ フレームをサポートします。

ジャンボ フレームは、1500 バイトを超えるペイロードを持つイーサネット フレームです(最大送信単位[MTU]ジャンボ フレームは、最大 9000 バイトのペイロードを送信できます。

次のコマンドを使用して、物理インターフェイスでジャンボ フレームを設定します。

set interface interface-name mtu mtu-value

例:

パケット サイズの制限を設定MTU範囲は256~9192バイトです。ただし、すべてのインターフェイスが9192バイトをサポートしているわけではありません。サポートされるインターフェイスの詳細については、「 デフォルトおよび MTU を参照してください