Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

VRRP グループの継承の設定

Junos OSでは、アクティブ VRRP グループと呼ばれるグループの 1 つの状態と設定を継承するために、VLAN の各種サブネット上で VRRP グループを設定できますvrrp-inherit-from 設定ステートメントが設定に含まれている場合は、他の VRRP グループが状態を継承しているアクティブな VRRP グループのみ、頻繁な VRRP アドバタイズメントを送信して、受信した VRRP アドバタイズメントを処理します。状態を継承しているグループは、状態がアクティブな VRRP グループから常に継承されるため、受信した VRRP アドバタイズメントを処理しない。ただし、状態を継承しているグループは 2~3 分ごとに VRRP アドバタイズメントを送信して、VRRP ルーター間に配置されたスイッチ上での MAC アドレス 学習を容易にします。

ステートメントが vrrp-inherit-from 設定されていない場合、VLAN 上のさまざまなサブネット内の VRRP プライマリ グループは、個別の VRRP アドバタイズメントを送信し、VLAN 上のトラフィックに追加します。

VRRP グループの継承を設定するには、 ステートメントを vrrp-inherit-from 階層レベルに [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number family inet address address vrrp-group group-id] 含める必要があります。

別のグループから状態を継承するグループを設定する場合、継承しているグループとアクティブなグループは同じ物理インターフェイスと論理システム上にある必要があります。ただし、グループは必ずしも同じルーティング インスタンス(Junos OSリリース以前の9.6以前)、VLAN、または論理インターフェイス上にある必要があります。

VRRP グループの vrrp-inherit-from ステートメントを含める場合、VRRP グループはアクティブなグループから次のパラメーターを継承します。

  • advertise-interval

  • authentication-key

  • authentication-type(認証タイプ)

  • fast-interval

  • プレプレ|事前に設定する必要なし

  • 優先 順位

  • インターフェイスの追跡

  • ルートの追跡

ただし、グループに accept-data | no-accept-data ステートメントを設定して、インターフェイスが仮想 IP アドレス宛てのパケットを受け入れるかどうかを指定できます。