Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

M、MX、T Series ルーターおよびデバイスでの RPM プローブのEX シリーズ スイッチ

RPM プローブのプローブの所有者とテスト名は、単一の RPM 設定インスタンスを表します。テスト名を指定する際には、テスト パラメーターも設定できます。

プローブの所有者、テスト名、およびテスト パラメーター probe を設定するには、ステートメントを階層レベルに [edit services rpm] 含める:

RPM クライアントおよび RPM サーバーを設定する場合は、以下の点に注意してください。

  • RPM は論理システムではサポートされていません。

  • PICベースの RPM クライアントと、RPM プローブを受信するために パケット転送エンジン または rpm ルーティング エンジンベースの RPM サーバーを設定することはできません。

  • RPM ベースの RPM クライアントパケット転送エンジン、RPM プローブを受信する RPM サーバーを PIC または RPM サーバー上に設定ルーティング エンジン。

  • RPMクライアントと RPMサーバーは、同じタイプのモジュールに接続されている必要があります。たとえば、RPMクライアントがPICベースの場合、RPMサーバーもPICベースである必要があります。RPMサーバーがパケット転送エンジンベースの場合、RPMクライアントもパケット転送エンジンする必要があります。

  • MS-MPC または MS-MIC を使用している場合、Junos OS リリース 17.3R1 から、IPsec トンネルおよび GRE トンネルで PIC ベースおよび ルーティング エンジン ベースの RPM がサポートされます。パケット転送エンジンベースの RPM は、IPsec トンネルではサポートされていません。IPSec トンネルでの RPM のサポートにより、IPSec トンネルで転送されるトラフィックに対するサービス レベル アグリーメント(SLA)の監視が可能になります。

  • Junos OS リリース 17.3R1 から、MS-MPC または MS-MIC で IPv4 icmp-ping icmp-ping-timestamp および RPM プローブの生成を設定できます。この結果、パケット転送エンジン で生成されるプローブの数と比較して、サービス-NPU ごとに 100 万/秒まで生成されるプローブの数が増加します。最初のリリース Junos OS 18.1R1 icmp6-ping 、MS-MPC または MS-MIC で RPM プローブの生成を設定できます。MS-MPC または MS-MIC で RPM プローブの生成を設定するには、次の手順に示します。

    • 階層レベル destination-interface interface-name.logical-unit-number にを含 [edit services rpm probe owner test test-name] め、階層レベル delegate-probes にステートメントを [edit services rpm probe owner] 含める。の interface-name.logical-unit-number は、有効なIPアドレスが定義されているMS-MPCまたはMS-MICスロット、PIC、ポート上の論理インターフェイスを指定します(ms-1/2/1.1など)。インターフェイスは、アグリゲート マルチサービス インターフェイス(ams-)にすることはできません。

    • および の rpm client-delegate-probes ステートメント family (inet | inet6) address address を階層レベルに [edit interfaces interface-name unit logical-unit-number] 含める。と interface-name の、 で logical-unit-number 使用したおよび interface-name.logical-unit-number を一致する必要があります destination-interface

    MS-MPC または MS-MIC routing-instance [edit services rpm probe owner test test-name] で設定された RPM プローブの場合、階層レベルでステートメントを設定することはできません。また、同じテスト内で IPv4 プローブと IPv6 プローブの両方を設定することはできません。

    Junos OS リリース 18.1R1 から、追加のフィルタを使用して、サービス rpm プローブ 結果の出力を制限し、MS-MPC または MS-MIC で生成された RPM プローブ用のサービス rpm history-results コマンドを表示できます。

  • 最初のリリースJunos OSから17.4R1、IPv4 の RPM テストの設定を最適化CLI設定を最適化できます。リリースリリースJunos OSから18.2R1、IPv6の RPMテスト用にCLI設定を最適化できます。この最適化では、最小限の RPM 設定ステートメントを使用して、事前に定義された予約された RPM テスト名を使用して複数のテスト(最大 100K テスト)を生成できます。この最適化は、デバイスによって生成されたプローブ、または MS-MPC または MS-MIC によってパケット転送エンジン使用したテストに対して構成できます。送信元とターゲットのアドレスの複数の組み合わせに関するテストが生成され、そのアドレスは設定に基づいて増加します。

    さまざまなリリースでサポートされる同時 RPM プローブJunosは次のとおりです。

    • Junos OS以前のリリースの17.3R1- 500

    • Junos OS 17.3R1がリリース17.3R1、ICMP および ICMP-Timestamp プローブ タイプは 2,000 がサポートされます。他のタイプ(UDP および TCP)のプローブの場合、制限は 500 です。

    • Junos OS リリース 17.3R1以降( delegate-probes を実装)—Service-NPU あたり 100 万。

      メモ:

      MS-MIC には 1 つのサービス NPU が、1 つの MS-MPC には 4 つのサービス NPU が含まれている。

      delegate-probes の実装により、RPM プローブは RFC792 および RFC4443 に準拠しています。そのため、RFC に準拠した IP デバイスを監視し、icmp-timestamp パケットや icmp6-ping パケット(あるいはその一方)に応答できます。

    最初に最初に、最初にターゲット アドレスを持つすべてのソース アドレスに対してテストを生成し、次に使用可能なターゲット アドレスを持つすべてのソース アドレスに対してテストを生成します。特定のプローブの所有者のグローバル値を含むグループを設定して、そのグループをプローブの所有者に適用することもできます。

    複数の RPM テストを生成するには、以下を設定します。

    オプションは次のとおりです。

    ipv4-address-base

    RPMテストで使用されるアドレスを生成するために増加するIPv4送信元またはターゲットアドレス。

    ipv6-address-base

    RPMテストで使用されるアドレスを生成するために増加するIPv6送信元またはターゲットアドレス。

    ipv4-step

    生成された RPM テストごとに IPv4 送信元またはターゲット アドレスを増加させる量。

    ipv6-step

    生成された RPM テストごとに IPv6 送信元またはターゲット アドレスを増加させる量。

    ipv4-count

    生成された RPM テストに使用する IPv4 ソースまたはターゲット アドレスの最大数。

    ipv6-count

    生成された RPM テストに使用する IPv6 ソースまたはターゲット アドレスの最大数。

    interface-name.logical-unit-number

    RPM プローブを生成しているサービス インターフェイスと、生成された最初のテストに使用される論理ユニット番号。

    subunit-cnt

    生成されたテストでサービス インターフェイスが使用する論理ユニットの最大数。最初に生成されたテストでは、 interface-name.logical-unit-number オプションで指定された論理ユニットを使用し、連続する各テストで論理ユニット番号が 1 ずつ増加します。論理ユニットの最大数が使用されると、次に生成されたテストサイクルが、最初のテストで使用された論理ユニットに戻されます。

    tests-count

    生成する RPM テストの最大数。この数字は、生成されたソース アドレスの数と、生成されたターゲット アドレスの数が乗じた数以下である必要があります。

    特定のプローブ所有者にグローバル値を持つグループを設定するには、以下の手順に示します。

  • プローブの所有者を指定するには、ステートメントを probe 階層レベルに [edit services rpm] 含てます。プローブ所有者識別子の長さは最大 32 文字です。

  • テスト名を指定するには、ステートメントを階層 test レベルに [edit services rpm probe owner] 含てます。テスト名識別子の長さは最大 32 文字です。テストは、標準偏差、平均、ジッターの計算に使用するプローブの範囲を表します。

  • INTERNET Control Message Protocol(ICMPdata-fill)プローブのデータ部分の内容を指定するには、ステートメントを階層レベルに[edit services rpm probe owner]含める必要があります。値には16進値を指定できます。ステートメントdata-fillは、 または プローブ タイプではhttp-gethttp-metadata-get有効ではありません。

  • ICMP プローブのデータ部分のサイズを指定するには、ステートメントを階層data-sizeレベルに[edit services rpm probe owner]含める必要があります。サイズは から、デフォルト サイズ065400は .0ステートメントdata-sizeは、 または プローブ タイプではhttp-gethttp-metadata-get有効ではありません。

    メモ:

    ハードウェアのタイムスタンプ機能を設定した場合( 「 MX、M、T、およびリモートルーターおよびルーターでの RPM タイムスタンプのPTX シリーズをEX シリーズ スイッチ):

    • これは削除された要素 data-size のデフォルト値は32バイトです。これは削除された要素32が明示的な設定の最小値です。UDP タイムスタンプ プローブ タイプは例外です。最小データ サイズは 44 バイトである必要があります。

    • RPM data-size クライアント インターフェイスのインターフェイスでは、デフォルトのインターフェイスよりもMTU 100バイト以上小さくする必要があります。

  • リモート M SeriesおよびT Series、 destination-interface RPM プローブ パケットのハードウェア タイムスタンプを有効に設定するステートメントを設定します。spインターフェイスを指定して、インターフェイスまたはASサービスPICにハードウェアタイムスタンプを追加します。詳細については、「 MX、M、T、およびリモート ルーターおよびリモート ルーターでの RPM タイムスタンプの設定PTX シリーズ をEX シリーズ スイッチ。ステートメントを含め、 one-way-hardware-timestamp 一方通行の遅延とジッターの測定を有効に設定できます。

  • プローブが送信されるユーザー データグラム プロトコル(UDP)ポートまたは TCP destination-port (伝送制御プロトコル)ポートを指定するには、ステートメントを階層レベルで [edit services rpm probe owner test test-name] 含める必要があります。ステートメント destination-port は、UDP および TCP プローブ タイプでのみ使用されます。値は 以下を 7 使用 49160 できます 65535

    ハードウェア タイムスタンプと一probe-type udp-pingprobe-type udp-ping-timestamp緒に設定した場合、 destination-port の値はわずか 7 になります。制約チェックでは、宛先ポートに対して他の値を設定できません。この制約は、一方通行のハードウェア タイムスタンプを使用する場合には適用されません。

  • IP dscp-code-point ヘッダー内の DiffServ(Differentiated Services)フィールドの値を指定するには、階層レベルにステートメントを[edit services rpm probe owner test test-name]含める必要があります。DiffServ コード ポイント(DSCP)bits 値は有効な 6 ビット パターンに設定できます。たとえば、 001111.また、階層レベルで設定されたエイリアスを使用して[edit class-of-service code-point-aliases dscp]設定することもできます。デフォルトは .000000

  • 保存された履歴エントリーの数を指定するには、ステートメントを階層history-sizeレベルに[edit services rpm probe owner test test-name]含める必要があります。から の値を指定0します512。デフォルトは .50

  • 統計計算を行う多数のサンプルを指定するには、ステートメントを階層 moving-average-size レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含める必要があります。から の値を指定 0 します 255

  • テスト内のプローブ数を指定するには、ステートメントを階層 probe-count レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含める必要があります。から の値を指定 1 します 15

  • パケットの送信間隔を指定するには、ステートメントを階層probe-intervalレベルに[edit services rpm probe owner test test-name]含てます。値をから秒まで1255指定します。

  • プローブのパケットとプロトコルの内容を指定するには、ステートメントを階層 probe-type レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含める必要があります。次のプローブ タイプがサポートされています。

    • http-get—ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)のリクエストをターゲット URL に送信します。

    • http-metadata-get—メタデータに関する HTTP 取得要求をターゲット URL に送信します。

    • icmp-ping—ICMP echo リクエストをターゲット アドレスに送信します。

    • icmp-ping-timestamp—ICMP タイムスタンプ要求をターゲット アドレスに送信します。

    • tcp-ping—TCP パケットをターゲットに送信します。

    • udp-ping—UDP パケットをターゲットに送信します。

    • udp-ping-timestamp—UDP タイムスタンプ要求をターゲット アドレスに送信します。

    次のプローブ タイプは、プローブ パケットのハードウェア タイムスタンプをサポートしています。 icmp-ping、 、 udp-pingicmp-ping-timestampudp-ping-timestamp.Junos OS リリース 17.3R3 から、リアルタイムのパフォーマンス監視(RPM)により、ネットワークでパケット バーストが発生しないように、3 秒の間隔でプローブが均等に分散されます。RPM syslog は、RPM 委託テストの立ち上げ時間が 60 秒に増加すると処理されます。RPM syslog が処理された場合、複数のテストが同時に開始および終了する可能性は小さめ、潜在的に制限されますevent-processing

    メモ:

    プローブ タイプによっては、追加のパラメーターを設定する必要があるタイプがあります。たとえば、 または オプションを指定 tcp-ping する場合 udp-ping 、 ステートメントを使用して宛先ポートを設定する必要 destination-port があります。この udp-ping-timestamp オプションでは最小データ サイズを 12 にする必要があります。小さいデータ サイズを指定すると、コミット エラーが発生します。TCP プローブ パケットの最小データ サイズは 1 です。

    コマンドのいずれか、または probe-type udp-ping probe-type udp-ping-timestamp コマンドと one-way-hardware-timestamp 一緒に設定する場合、 の destination-port 値はわずか 7 になります。制約チェックでは、宛先ポートに対して他の値を設定することはできません。

  • ICMP プローブによって使用されるルーティング インスタンスを指定するには、ステートメントを階層 routing-instance レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含める必要があります。デフォルトのルーティング インスタンスは Internet ルーティング テーブル inet.0です。

  • ICMP プローブに使用される送信元 IP アドレスを指定するには、ステートメント source-address を階層レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含てます。送信元IPアドレスがルーターに割り当てられたアドレスの1つではない場合、パケットは発信インターフェースのアドレスを送信元として使用します。

  • Junos OS リリース 16.1R1 から、RPM クライアント(RPM パケットを開始したデバイス)から RPM サーバー(RPM プローブを受信したデバイス)に送信される RPM inet6-options source-address ipv6-address statement [edit services rpm probe owner test test-name] プローブに使用するソース IPv6 アドレスを指定するには、階層レベルでを含める必要があります。送信元IPv6アドレスがルーターまたはスイッチに割り当てられたアドレスの1つではない場合、パケットは発信インターフェースのアドレスを送信元として使用します。

  • プローブに使用する宛先アドレスを指定するには、ステートメントを階層 target レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含てます。

    • HTTP プローブのタイプについては、URL アドレスに含まれる完全な形式の http:// URL を指定します。

    • その他すべてのプローブ タイプについては、IPv4(IP バージョン 4)または IPv6(IP バージョン 6)(IPv6 のサポートは、ターゲット ホストの Junos OS リリース 16.1R1)アドレスから始まります。

  • テスト間の待機時間を指定するには、 階層レベルに test-interval ステートメントを[edit services rpm probe owner test test-name]含める必要があります。値をから秒まで086400指定します。0 秒の値を指定すると、RPM テストは 1 回繰り返された後に停止します。デフォルト値は1です。

  • プローブに使用されるしきい値を指定するには、ステートメントを thresholds 階層レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含てます。設定したしきい値を超えた場合に、システム ログ メッセージが生成されます。同様に、SNMP トラップが設定されている場合は、しきい値を超えたときに生成されます。次のオプションがサポートされています。

    • egress-time—プローブ当たりの最大送信元と宛先の時間を測定します。

    • ingress-time—プローブ当たりの宛先と送信元の最大時間を測定します。

    • jitter-egress:テストごとに最大送信元と宛先のジッターを測定します。

    • jitter-ingress:テストごとに宛先とソース間の最大ジッターを測定します。

    • jitter-rtt:テスト当たりの最大ジッターを 0~6000000 マイクロ秒まで測定します。

    • rtt—プローブ当たりの最大ラウンド トリップ時間(マイクロ秒)を測定します。

    • std-dev-egress:テストごとに最大送信元と宛先間の標準偏差を測定します。

    • std-dev-ingress:テストごとに宛先とソース間の最大標準偏差を測定します。

    • std-dev-rtt:テスト当たりの最大標準偏差をマイクロ秒で測定します。

    • successive-loss—連続するプローブ損失数を測定し、プローブの障害を示します。

    • total-loss:テストエラーを示す総プローブ損失数(0~15)を測定します。

  • 設定したしきい値を超えた場合、トラップが送信されます。トラップ ビットを生成するトラップ ビットを設定するには、 ステートメントを階層 traps レベルに [edit services rpm probe owner test test-name] 含める。次のオプションがサポートされています。

    • egress-jitter-exceeded:エグレス時間のしきい値を満たしたまたは超えたジッターが発生すると、トラップを生成します。

    • egress-std-dev-exceeded:エグレス時間標準偏差しきい値を満たしたまたは超過した場合にトラップを生成します。

    • egress-time-exceeded—最大エグレス時間のしきい値を満たしたまたは超過した場合にトラップを生成します。

    • ingress-jitter-exceeded:イングレス時間のしきい値を満たしたまたは超えたジッターが発生すると、トラップを生成します。

    • ingress-std-dev-exceeded—イングレス時間標準偏差のしきい値を満たしたまたは超過した場合にトラップを生成します。

    • ingress-time-exceeded—最大イングレス時間のしきい値を満たしたまたは超過した場合にトラップを生成します。

    • jitter-exceeded:ラウンド トリップ時間のしきい値にジッターが一達した場合または超過した場合にトラップを生成します。

    • probe-failure—連続したプローブ損失しきい値を超えるトラップを生成します。

    • rtt-exceeded—最大ラウンド トリップ時間のしきい値を満たしているか、超えた場合にトラップを生成します。

    • std-dev-exceeded:ラウンド トリップ時間の標準偏差しきい値を満たしたまたは超過した場合にトラップを生成します。

    • test-completion:テストが完了するとトラップが生成されます。

    • test-failure:総プローブ損失しきい値を満たしたまたは超過した場合にトラップを生成します。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
18.2R1
リリースリリースJunos OSから18.2R1、IPv6の RPMテスト用にCLI設定を最適化できます。
18.1R1
Junos OS リリース 18.1R1、MS-MPC または MS-MIC 上で icmp6-ping RPM プローブの生成を設定できます。
18.1R1
Junos OS リリース 18.1R1 から、追加のフィルタを使用して、サービス rpm プローブ結果の出力を制限し、MS-MPC または MS-MIC で生成された RPM プローブ用のサービス rpm 履歴結果コマンドを表示できます。
17.4R1
最初のリリースJunos OSから17.4R1、IPv4 の RPM テストの設定を最適化CLI設定を最適化できます。
17.3R3
Junos OS リリース 17.3R3 から、リアルタイムのパフォーマンス監視(RPM)により、ネットワークでパケット バーストが発生しないように、3 秒の間隔でプローブが均等に分散されます。RPM syslog は、RPM 委託テストの立ち上げ時間が 60 秒に増加すると処理されます。RPM syslog が処理された場合、複数のテストが同時に開始および終了する可能性は小さいため、イベント処理の制限になる可能性があります。
17.3R1
MS-MPC または MS-MIC を使用している場合、Junos OS リリース 17.3R1 から、IPsec トンネルおよび GRE トンネルで PIC ベースおよび ルーティング エンジン ベースの RPM がサポートされます。
17.3R1
Junos OS リリース 17.3R1 から、MS-MPC または MS-MIC で IPv4 icmp-ping と icmp-ping-timestamp RPM プローブの生成を設定できます。この結果、パケット転送エンジン で生成されるプローブ数と比較して、各サービス NPU で 1 秒あたり最大 100 万生成されるプローブの数が増加します。
16.1
Junos OS リリース 16.1R1 から、RPM クライアント(RPM パケットを開始したデバイス)から RPM サーバー(RPM プローブを受信したデバイス)に送信される RPM プローブに使用するソース IPv6 アドレスを指定するには、 [edit services rpm probe owner test-name] 階層レベルで、 inet6-options source-address ipv6-address ステートメントを含てます。
16.1
その他すべてのプローブ タイプについては、IPv4(IP バージョン 4)または IPv6(IP バージョン 6)(IPv6 のサポートは、ターゲット ホストの Junos OS リリース 16.1R1)アドレスから始まります。