Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

RPMを介したBGPネイバー検出の設定

BGP ネイバーは、以下の階層レベルで設定できます。

  • [edit protocols bgp group group-name]- デフォルトの論理システムとデフォルトのルーティングインスタンス。

  • [edit routing-instances instance-name protocols bgp group group-name]— 指定されたルーティング インスタンスを持つデフォルトの論理システム。

  • [edit logical-systems logical-system-name protocols bgp group group-name]-設定された論理システムとデフォルトのルーティング インスタンス。

  • [edit logical-systems logical-system-name routing-instances instance-name protocols bgp group group-name]指定されたルーティング インスタンスで設定された論理システム。

RPMを介してBGPネイバー検出を設定する場合、論理システムを指定しない場合、RPMプローブはすべての論理システムに対して設定されたBGPネイバーに適用されます。ルーティングインスタンスを指定しない場合、RPMプローブはすべてのルーティングインスタンスで設定されたBGPネイバーに適用されます。RPMプローブを明示的に設定して、デフォルトの論理システム、デフォルトのルーティングインスタンス、または特定の論理システムまたはルーティングインスタンスにのみ適用できます。

RPMを介してBGPネイバー検出を設定するには、 階層でプローブプロパティを [edit services rpm bgp] 設定します。

  • Internet Control Message Protocol(ICMP)プローブのデータ部分のコンテンツを指定するには、 階層レベルに ステートメントを[edit services rpm bgp]data-fillめます。値は16進数値です。

  • ICMP プローブのデータ部分のサイズを指定するには、 階層レベルで ステートメントを[edit services rpm bgp]data-sizeめます。サイズは から 0 65400 で、デフォルトのサイズは です0

  • プローブが送信されるユーザーデータグラムプロトコル(UDP)ポートまたは伝送制御プロトコル(TCP)ポートを指定するには、 階層レベルに ステートメントを[edit services rpm bgp]destination-portめます。ステートメントはdestination-port、UDP および TCP プローブ タイプにのみ使用されます。値は、 から 49160 を選択65535できます7

  • 格納されている履歴エントリの数を指定するには、 階層レベルで history-size ステートメントを[edit services rpm bgp]含めます。から 0 までの値を指定します512。デフォルトは.50

  • ICMP プローブで使用される論理システムを指定するには、 階層レベルに ステートメントを[edit services rpm bgp]logical-system logical-system-nameめます。論理システムを指定しない場合、RPM プローブはすべての論理システムに対して設定された BGP ネイバーに適用されます。プローブをデフォルトの論理システムにのみ適用するには、 のlogical-system-name値を に設定するnull必要があります。

  • 統計計算を行うサンプル数を指定するには、 階層レベルに移動平均サイズステートメントを [edit services rpm bgp] 含めます。0~255の値を指定します。

  • テスト内のプローブ数を指定するには、 階層レベルに probe-count ステートメントを [edit services rpm bgp] 含めます。から 1 までの値を指定します 15

  • パケットの送信までの待機時間を指定するには、 階層レベルに probe-interval ステートメントを [edit services rpm bgp] 含めます。~ 1 秒の値を 255指定します。

  • プローブのパケットとプロトコルの内容を指定するには、 階層レベルで ステートメントを[edit services rpm bgp]probe-typeめます。以下のプローブタイプがサポートされています。

    • icmp-ping— ICMP エコー要求をターゲット アドレスに送信します。

    • icmp-ping-timestamp— ICMP タイムスタンプ要求をターゲット アドレスに送信します。

    • tcp-ping- TCP パケットをターゲットに送信します。

    • udp-ping- UDP パケットをターゲットに送信します。

    • udp-ping-timestamp- UDP タイムスタンプ要求をターゲット アドレスに送信します。

      メモ:

      プローブ タイプによっては、追加のパラメータを設定する必要があります。例えば、 または udp-ping オプションを指定するtcp-ping場合、 ステートメントを使用して宛先ポートを設定するdestination-port port必要があります。オプションでは、最小データ・サイズは 12 で、より小さいデータ・サイズの場合はudp-ping-timestampコミット・エラーになります。TCP プローブ パケットの最小データ サイズは 1 です。

  • ICMP プローブで使用されるルーティング インスタンスを指定するには、 階層レベルに routing-instances ステートメントを [edit services rpm bgp] 含めます。デフォルトのルーティングインスタンスはインターネットルーティングテーブルです inet.0。ルーティングインスタンスを指定しない場合、RPMプローブはすべてのルーティングインスタンスで設定されたBGPネイバーに適用されます。RPM プローブをデフォルトのルーティング インスタンスにのみ適用するには、 の instance-name 値を 明示的に に設定する default必要があります。

  • テスト間の待機時間を指定するには、 階層レベルに test-interval ステートメントを [edit services bgp probe] 含めます。~ 0 秒の値を 86400指定します。値が 0 秒の場合、1 回の反復後に RPM テストが停止します。デフォルト値は1です。