Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インラインアクティブフロー監視の理解

インラインアクティブフロー監視は、パケット転送エンジンに実装されています。パケット転送エンジンは、フローの作成、フローの更新、フロー コレクターへのフロー レコードのエクスポートなどの機能を実行します。フロー レコードは、業界標準の IPFIX またはバージョン 9 形式で送信されます。IPFIX およびバージョン 9 のテンプレートは、トランスポートプロトコルとして UDP を使用します。

IPv4、IPv6、MPLS、MPLS-IPv4、VPLS、およびブリッジ トラフィックのインライン アクティブ フロー モニタリングを設定できます。特定のプラットフォーム サポートの詳細については、このトピックの最後にあるリリース履歴の表を参照してください。

Junos OS Evolvedリリース21.2R1およびJunos OSリリース21.3R1以降のPTXシリーズでは、フローは維持されません。Junos OS Evolvedを実行しているACXシリーズの場合、フローも維持されません。サンプリングされたパケットはすべてフローと見なされます。サンプルされたパケットを受信すると、フローが作成され、すぐに非アクティブとしてタイムアウトし、ソフトウェアはレコードをコレクターにエクスポートします。したがって、コレクターに送信されるレコードの数は以前よりも多くなります。表 1 を参照してください。IPFIX およびバージョン 9 のオプション テンプレート データ レコードの (要素 ID 36) フィールドと Flow Inactive Timeout (要素 ID 37) フィールドに 0 Flow Active Timeout が含まれるようになりました。したがって、オプション テンプレート データ レコードは IPFIX RFC 7011 に準拠していません。これで、運用モードコマンドで、 show services accounting flow inline-jflow fpc-slot slot Active Flows Timed Out および のすべてのフィールドに 0 が表示されるようになりました。これで、さまざまなTotal FlowsフィールドがそれぞれのFlow Packetsフィールドと等しくなりました。これで、さまざまなFlows Inactive Timed OutフィールドがそれぞれのFlow Packetsフィールドと等しくなりました。このフローなし動作に対する 階層レベルの ステートメント[edit services flow-monitoring version version template template-name]の効果nexthop-learningは、オペレーティングシステムによって異なります。Junos OS Evolvedでは、処理できるパケット数が減少するので、 ステートメントを設定するnexthop-learningことはお勧めしません。Junos OSの場合、 ステートメントを設定してnexthop-learning、このデフォルトのフローなし動作を変更し、再度フローを作成および維持してから、以前の動作を必要とするFPCに関連するすべてのサンプリングインスタンスにテンプレートをアタッチできます。

OS Evolvedリリース21.2R1およびJunos OSリリース21.3R1より前のアクション( )
表1:PTXシリーズのインラインアクティブフロー監視動作の比較
JunosJunos OS Evolvedリリース21.2R1およびJunos OSリリース21.3R1以降
フロー作成 フローは作成および管理されます。 フローは作成されません。すべてのパケットは、アカウンティング上の目的で新しいフローと見なされます。
アクティブ タイムアウト アクティブ タイムアウト設定が適用されます。トラフィックが連続している場合、アクティブなフローはタイムアウトします。タイムアウトしたフローのエクスポート・レコードが作成され、コレクターにエクスポートされます。 アクティブ タイムアウト設定は無視されます。フローはタイムアウトしません。
非アクティブ タイムアウト 非アクティブなタイムアウト設定が適用されます。非アクティブなフローはタイムアウトされ、その時点で削除されます。タイムアウトしたフローのエクスポート・レコードが作成され、コレクターにエクスポートされます。 非アクティブ タイムアウト設定は無視されます。すべてのフローは非アクティブにただちにタイムアウトします。
レコード作成のエクスポート エクスポート レコードは、タイムアウト時にのみ作成されます。 エクスポート レコードは、サンプリングされたパケットごとに作成されます。
コレクターへのパケット エクスポート 設定されたアクティブおよび非アクティブ タイムアウトによって、コレクターへのパケット エクスポート レートが決まります。 コレクターへのパケット エクスポート レートは、特定の時点でのサンプリング レート(パケット/秒)に正比例します。各パケットはエクスポート レコードになるため、コレクターに送信されるパケットの数は以前よりも増加します。

インライン アクティブ フロー監視のメリット

インライン アクティブ フロー監視は、サービス カードではなく、パケット転送エンジンに実装されます。これにより、次のことが可能になります。

  • 低コスト - 追加のハードウェアに投資する必要はありません。

  • 高い拡張性:PICスロットをサービスPIC専用にする必要がないため、利用可能なスロットをデバイス上のトラフィック処理に活用できます。

  • パフォーマンスの向上:インライン フロー モニタリングのパフォーマンスは、サービス カードの容量に依存しません。

インライン アクティブ フロー モニタリングの設定の概要

インライン アクティブ フロー モニタリングの設定は、大きく 4 つのカテゴリに分類できます。

  1. 階層レベルでの設定 [edit services flow-monitoring] :このレベルでは、インラインフローモニタリングのテンプレートプロパティを設定します。

  2. 階層レベルでの設定 [edit forwarding-options] —このレベルでは、サンプリング インスタンスを設定し、(階層レベルで設定 [edit services flow-monitoring] )テンプレートをサンプリング インスタンスに関連付けます。このレベルでは、フロー サーバの IP アドレスとポート番号、およびフロー エクスポート レートも設定し、コレクタを指定します。

    同じファミリーのコレクターの送信元 IP アドレスは変更できません。また、ファミリの下のコレクター間でマップされるテンプレートは同じである必要があります。

  3. 階層レベルの設定 [edit chassis] —このレベルでは、サンプリング インスタンスをメディア インターフェイスが存在するFPCに関連付けます。IPv4フロー、IPv6フロー、またはVPLSフローのサンプリングを設定する場合、各ファミリーのフローハッシュテーブルサイズを設定できます。

  4. 階層レベルでの設定 [edit firewall] -このレベルでは、サンプリングするトラフィックファミリーのファイアウォールフィルターを設定します。トラフィックをサンプリングするインターフェイスにこのフィルターをアタッチする必要があります。

インライン アクティブ フロー モニタリングを設定する前に、IPv4、IPv6、MPLS、および VPLS フロー サンプリングに適したサイズのハッシュ テーブルがあることを確認してください。(VPLSフローサンプリングはJunos OSのみ)これらのテーブルでは、1 つから 15 までの 256K エリアを使用できます。Junos OS リリース 16.1R1 および 15.1F2 以降、IPv4 テーブルにはデフォルト値 1024 が割り当てられています。Junos OS リリース 16.1 および 15.1F2 より前のバージョンでは、IPv4 テーブルにはデフォルト値の 15 の 256K エリアが割り当てられています。IPv6 テーブルにはデフォルト値 1024 が割り当てられ、VPLS テーブルにはデフォルト値 1024 が割り当てられます。予想されるトラフィック量により必要になった場合は、より大きなテーブルを割り当てます。

Junos OSでは、インラインフロー監視用の 階層レベルで ステートメント[edit forwarding-options sampling instance instance-name family (inet |inet6 |mpls) output flow-server hostname]を含めるrouting-instance instance-nameことで、デフォルト以外のVPNルーティングおよび転送(VRF)インスタンスを介してフローコレクタに到達できるように設定できます。Junos OS Evolvedの場合、デフォルトのVRFを介して到達可能なフローコレクターのみを設定できます。バージョン 5 およびバージョン 8 フローのデフォルト以外の VRF インスタンスを介して到達できるようにフロー コレクターを設定することはできません。階層レベルで ステートメント[edit routing-instances instance-name]を含めるinstance-type vrfことにより、ルーティング インスタンスを VRF インスタンスとして設定する必要があります。

インライン アクティブ フロー モニタリングの制限事項と制約事項

インライン アクティブ フロー モニタリング機能には、次の制限と制約事項が適用されます。

  • インライン アクティブ フロー監視は、MS-MPC または MS-MIC-16G インターフェイスの入力または出力トラフィックではサポートされていません。

  • 同じインターフェイス上で sFlow とインライン アクティブ フロー モニタリングの両方を設定すると、予期しない動作が発生します。したがって、これらの機能は別々のインターフェイスで設定してください。

  • 同じインターフェイス上でエグレスポートミラーリングとインラインアクティブフロー監視の両方を設定すると、予期しない動作が発生します。したがって、これらの機能は別々のインターフェイスで設定してください。

  • イングレスおよびエグレス サンプリングは、同じホストパス キューに送信されます。キュー内のパケット レートは、イングレスおよびエグレス サンプリング パケット間で共有されます。

  • 転送クラスの設定は効率的ではありません。エクスポート レコード パケットは常に制御フレームとみなされるため、ネットワーク制御キューにプッシュされます。

  • 複数のインラインアクティブフロー監視ファイアウォールフィルターがフローに一致する場合、最初のフィルターのアクションのみが実行されます。

  • イングレスサンプリングでは、宛先ポートが集合型イーサネットインターフェイス上にある場合、出力インターフェイスは無効になります。

  • Junos OS リリース 15.1 以前では、バージョン 9 のフロー テンプレートを IPv4 トラフィックに適用できます。Junos OS リリース 16.1 以降、バージョン 9 のフロー テンプレートを MPLS および MPLS-IPv4 トラフィックに適用することもできます。Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 のフロー テンプレートを IPv6 トラフィックに適用することもできます。

  • Junos OS リリース 15.1 以前では、IPFIX フロー テンプレートを IPv4、IPv6、VPLS トラフィックに適用できます。Junos OS リリース 16.1 以降、IPFIX フロー テンプレートを MPLS および MPLS-IPv4 トラフィックに適用することもできます。

  • Junos OS リリース 17.2R1 以降、IPFIX フロー テンプレートを、QFX10002 スイッチ上のユニキャスト IPv4 および IPv6 トラフィックに適用できます。Junos OS リリース 17.4R1 以降、IPFIX フロー テンプレートを、QFX10008 スイッチと QFX10016 スイッチのユニキャスト IPv4 および IPv6 トラフィックに適用できます。

  • インライン アクティブ フロー モニタリングは、MX シリーズ ルーターで次世代サービスを有効にした場合、サポートされません。

  • フレキシブルPICコンセントレータ(FPC)には、サンプリングインスタンスを1つだけ設定できます。ACX7509では、FPC0でのみサンプリング インスタンスを設定できます。

  • Junos OS Evolved ACXルーターの場合のみ、最大40,000サンプル/秒がサポートされています。サンプリングされたパケットには、パケット サイズが増加する追加の FTMH ヘッダーがあります。

  • サンプリングインスタンスのファミリーごとに、1つのタイプのサンプリング(サービスカードベースのサンプリングまたはインラインサンプリング)のみを設定できます。ただし、サンプリング インスタンスでは、異なるファミリに対してサービス カード ベースのインライン サンプリングを設定できます。

  • 以下の考慮事項は、インライン・サンプリング・インスタンス構成に適用されます。

    • サンプリング ランレングスとクリップ サイズはサポートされていません。

    • Junos OS リリース 16.2 および Junos OS リリース 16.1R3 以前では、インライン アクティブ フロー監視用に ファミリーで 1 つのコレクターのみを設定できます。Junos OSリリース16.1R4および17.2R1以降、インラインアクティブフロー監視用に、ファミリーの下に最大4つのコレクターを設定できます。Junos OS Evolved 20.3R1以降、PTX10003およびPTX10008(JNP10K-LC1201ラインカードとJNP10008-SF3を使用)ルーターでは、インラインアクティブフロー監視用に最大4つのコレクターを設定できます。Junos OS Evolved 20.4R1以降、PTX10001-36MRおよびPTX10008(JNP10K-LC1202ラインカードとJNP10008-SF3を使用)ルーターでは、インラインアクティブフロー監視用に最大4つのコレクターを設定できます。Junos OS Evolved 21.1R1以降、PTX10004ルーターでは、インラインアクティブフロー監視用に最大4つのコレクターを設定できます。インラインアクティブフロー監視用にファミリー下のコレクターを設定するには、 階層レベルでステートメントflow-serveredit forwarding-options sampling-instance instance-name family (inet | inet6) outputを設定します。最大 4 つのコレクターを指定するには、最大 4 つのflow-serverステートメントを含めます。

    • ユーザー定義のサンプリング インスタンスは、グローバル インスタンスよりも優先されます。ユーザー定義サンプリング インスタンスが FPC にアタッチされると、グローバル インスタンスが FPC から削除され、ユーザー定義サンプリング インスタンスが FPC に適用されます。

  • フロー レコードとテンプレートは、管理インターフェイスを介してフロー コレクターに到達可能な場合、エクスポートできません。

  • サンプリングされたフローの宛先が複数のパスで到達可能な場合、 ステートメントを使用してnexthop-learning enableネクストホップアドレスの学習を有効にしない限り、IPv4およびIPv6フローレコードのIP_NEXT_HOP(要素ID 15)とOUTPUT_SNMP(要素ID 14)は正しく報告されません。(PTXシリーズのJunos OS Evolvedリリース21.2R1以降、ネクストホップアドレスの学習を有効にすることは、処理可能なパケット数を減らすため、推奨しません。ただし、PTXシリーズのJunos OSリリース21.3R1以降では、 ステートメントを設定してnexthop-learningデフォルトのフローなし動作を変更し、もう一度フローを作成および維持してから、以前の動作を必要とするFPCに関連するすべてのサンプリングインスタンスにテンプレートをアタッチできます)。構成nexthop-learning enableしない場合:

    • IPv4フローレコードの場合、IP_NEXT_HOPとOUTPUT_SNMPは、転送テーブルで見られる最初のパスのゲートウェイアドレスとSNMPインデックスに設定されます。

    • IPv6 フロー レコードの場合、IP_NEXT_HOPとOUTPUT_SNMPは 0 に設定されます。

  • 着信インターフェイス(IIF)と発信インターフェイス(OIF)は、同じVRFの一部である必要があります。OIF が異なる VRF にある場合、フロー レコードで DST_MASK(要素 ID 13)、DST_AS(要素 ID 17)、IP_NEXT_HOP(要素 ID 15)、およびOUTPUT_SNMP(要素 ID 14)は 0 に設定されます。

  • 各ルックアップ チップは、他のルックアップ チップから独立してフローを維持およびエクスポートします。メディア インターフェイスで受信したトラフィックは、マルチルックアップ チップ プラットフォーム内のすべてのルックアップ チップに分散されます。1 つのフローが複数のルックアップ チップによって処理される可能性があります。したがって、各ルックアップチップは一意のフローを作成し、それをフローコレクタにエクスポートします。これにより、重複したフロー レコードがフロー コレクターに送信される可能性があります。フローコレクターは、PKTS_COUNTを集約し、重複するフローレコードのBYTES_COUNTを集約して、単一のフローレコードを取得する必要があります。

IPFIX およびバージョン 9 テンプレート

MXシリーズ用IPFIXブリッジテンプレートに含まれるフィールド

表 2 は、IPFIX ブリッジ・テンプレートに含まれるフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 2: MX、M、および T シリーズの IPFIX ブリッジ テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

宛先 MAC

80

ソースMAC

56

イーサネットタイプ

256

SNMP の入力

10

出力SNMP

14

フロー終了理由

136

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

MX、M、およびT シリーズの IPFIX IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

表 3 に、IPFIX IPv4 テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 3: MX、M、および T シリーズの IPFIX IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

IP プロトコルのバージョン

60

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

フロー方向(Junos OS リリース 16.1 以降)

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

PTX3000シリーズ、PTX5000シリーズ、およびPTX10001-20Cルーター用のIPFIX IPv4テンプレートに含まれるフィールド

表 4 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 4: PTX3000 シリーズ、PTX5000シリーズ、および PTX10001-20C ルーターの IPFIX IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

PTX1000、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、および PTX10016 シリーズの IPFIX IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

表 5 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 5: PTX1000、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、PTX10016 シリーズの IPFIX IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

転送クラス名(最初の2バイト)

32767

パケット損失の優先度。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 0x00: 低

  • 0x01: 中低

  • 0x02: 中高

  • 0x03: 高い

  • 0xFF: 不明

32766

PTX10001-36MR、PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、およびPTX10008(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードとJNP10008-SF3)ルーター用のIPFIX IPv4テンプレートに含まれるフィールド

表 6 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 6: PTX10001-36MR、PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、および PTX10008(JNP10K-LC1201 または JNP10K-LC1202 ライン カードおよび JNP10008-SF3 を使用した)ルーターの IPFIX IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

送信元ポート

7

宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力SNMPインデックス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP ネクストホップアドレス

18

出力SNMPインデックス

14

バイト数

1

パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

ソースASパスリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

16 (このタイプのリスト)

宛先ASパスリスト([編集サービスフロー監視バージョン-ipfixテンプレートテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

17 (このタイプのリスト)

BGPソースコミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョン-ipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

484

BGP宛先コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

485

BGPソース拡張コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

487

BGP宛先拡張コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

488

BGPソース大規模コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョン-ipfixテンプレートテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定された場合)

490

BGP宛先大規模コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

491

転送クラス名(最初の2バイト)

32767

パケット損失の優先度。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 0x00: 低

  • 0x01: 中低

  • 0x02: 中高

  • 0x03: 高い

  • 0xFF: 不明

32766

ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、および ACX7100 ルーター用の IPFIX IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

表 7 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 7: ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、および ACX7100 ルーターの IPFIX IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

送信元ポート

7

宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力SNMPインデックス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP ネクストホップアドレス

18

出力SNMPインデックス

14

バイト数

1

パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

転送クラス名(最初の2バイト)

32767

パケット損失の優先度。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 0x00: 低

  • 0x01: 中低

  • 0x02: 中高

  • 0x03: 高い

  • 0xFF: 不明

32766

MX、M、およびT シリーズの IPFIX IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

表 8 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 8: MX、M、および T シリーズの IPFIX IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

139

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小ホップ制限

52

最大ホップ制限

53

フロー終了理由

136

フロー方向(Junos OS リリース 16.1 以降)

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

IPv6 オプション ヘッダー

64

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

PTX3000シリーズ、PTX5000シリーズ、およびPTX10001-20Cルーター用のIPFIX IPv6テンプレートに含まれるフィールド

表 9 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 9: PTX3000 シリーズ、PTX5000シリーズ、および PTX10001-20C ルーターの IPFIX IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

TCP フラグ

6

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

PTX1000、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、および PTX10016 シリーズの IPFIX IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

表 10 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 10: PTX1000、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、および PTX10016 シリーズの IPFIX IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

TCP フラグ

6

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

転送クラス名(最初の2バイト)

32767

パケット損失の優先度。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 0x00: 低

  • 0x01: 中低

  • 0x02: 中高

  • 0x03: 高い

  • 0xFF: 不明

32766

PTX10001-36MR、PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、およびPTX10008(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードおよびJNP10008-SF3)ルーター用のIPFIX IPv6テンプレートに含まれるフィールド

表 11 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 11: PTX10001-36MR、PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、および PTX10008 の IPFIX IPv6 テンプレート フィールド(JNP10K-LC1201 または JNP10K-LC1202 ライン カードおよび JNP10008-SF3 の場合)ルーター

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力SNMPインデックス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

出力SNMPインデックス

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

ソースASパスリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

16 (このタイプのリスト)

宛先ASパスリスト([編集サービスフロー監視バージョン-ipfixテンプレートテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

17 (このタイプのリスト)

BGPソースコミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョン-ipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

484

BGP宛先コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

485

BGPソース拡張コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

487

BGP宛先拡張コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

488

BGPソース大規模コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョン-ipfixテンプレートテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定された場合)

490

BGP宛先大規模コミュニティリスト([編集サービスフロー監視バージョンipfixテンプレートテンプレート名]階層レベルのdata-record-fieldsステートメントで設定されている場合)

491

転送クラス名(最初の2バイト)

32767

パケット損失の優先度。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 0x00: 低

  • 0x01: 中低

  • 0x02: 中高

  • 0x03: 高い

  • 0xFF: 不明

32766

ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、およびACX7100用のIPFIX IPv6テンプレートに含まれるフィールド

表 12 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 12: ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、および ACX7100 ルータの IPFIX IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ネクストホップアドレス

62

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

パケットが受信されているインターフェイスのタイプ。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 1 - その他(デフォルト値)

  • 131—カプセル化解除されたGREトラフィックはトンネルとして報告されます

368

転送クラス名(最初の2バイト)

32767

パケット損失の優先度。このフィールドには、次の値を指定できます。

  • 0x00: 低

  • 0x01: 中低

  • 0x02: 中高

  • 0x03: 高い

  • 0xFF: 不明

32766

MX、M、およびT シリーズの IPFIX MPLS-IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 16.1 以降では、IPFIX MPLS-IPv4 テンプレートがサポートされています。 表 13 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 13: MX、M、および T シリーズの IPFIX MPLS-IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベルの IP アドレス

47

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

IP プロトコルのバージョン

60

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

流れの方向

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016シリーズのIPFIX MPLS-IPv4テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 18.2R1以降、IPFIX MPLS-IPv4テンプレートがPTXシリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-IPv4 テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-IPv4テンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。表 14 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 14: PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016 シリーズの IPFIX MPLS-IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

イングレス インターフェイス タイプ

368

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベル IPv6 アドレス

140

PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードとJNP10008-SF3)、およびPTX10001-36MR用のIPFIX MPLS-IPv4テンプレートに含まれるフィールド

表 15 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 15: PTX シリーズ、PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201 または JNP10K-LC1202 ライン カードと JNP10008-SF3)、および PTX10001-36MR 用の IPFIX MPLS-IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベル IPv6 アドレス

140

MX、M、および T シリーズの IPFIX MPLS-IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.4R1 以降、IPFIX MPLS-IPv6 テンプレートが MX シリーズでサポートされます。 表 16 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 16: MX、M、および T シリーズの IPFIX MPLS-IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベル IP アドレス(IPv4 トップラベルアドレスのみがエクスポートされます。IPv6 のトップラベルアドレスは、値 0 を報告します)。

47

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

流れの方向

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

IPv6 オプション ヘッダー

64

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016シリーズのIPFIX MPLS-IPv6テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 18.2R1以降、IPFIX MPLS-IPv6テンプレートがPTXシリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1以降、IPFIX MPLS-IPv6テンプレートがPTX10002-60Cルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-IPv6テンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。 表 17 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 17: PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、PTX10016 シリーズの IPFIX MPLS-IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

イングレス インターフェイス タイプ

368

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベル IPv6 アドレス

140

PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードおよびJNP10008-SF3)、およびPTX10001-36MR用のIPFIX MPLS-IPv6テンプレートに含まれるフィールド

表 18 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 18: PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201 または JNP10K-LC1202 ライン カードと JNP10008-SF3)、および PTX10001-36MR の IPFIX MPLS-IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベル IPv6 アドレス

140

MX、M、およびT シリーズの IPFIX MPLS テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 16.1 以降では、IPFIX MPLS テンプレートがサポートされています。 表 19 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 19: MX、M、および T シリーズの IPFIX MPLS テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

入力インターフェイス

10

出力インターフェース

14

フロー終了理由

136

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016シリーズのIPFIX MPLSテンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.2R1 以降、IPFIX MPLS テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLSテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。 表 20 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 20: PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、PTX10016 シリーズの IPFIX MPLS テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

入力インターフェイス

10

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

イングレス インターフェイス タイプ

368

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードおよびJNP10008-SF3)、およびPTX10001-36MR用のIPFIX MPLSテンプレートに含まれるフィールド

表 21 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 21: PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201 または JNP10K-LC1202 ライン カードと JNP10008-SF3)、および PTX10001-36MR の IPFIX MPLS テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

入力インターフェイス

10

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートに含まれる、IP ネットワーク内および IPv4 ペイロードを持つフロー用のフィールド

Junos OS Release 18.1R1より、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがPTXシリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 22 は、IP ネットワーク内にあり、IPv4 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローの IPFIX テンプレートで使用できるフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 22: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの IPFIX MPLS-over-UDP Carry on IP ネットワーク テンプレート フィールド(IPv4 ペイロード)

フィールド

要素ID

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGP IPv4 ネクスト ホップ アドレス - トンネル宛先 IP BGP ピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル ペイロードの IPv4 宛先アドレス

12

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ

32

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv4 ペイロードを持つフロー用の PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 18.1R1より、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがPTXシリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 23 は、内部 MPLS ネットワークの RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv4 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローの IPFIX テンプレートで使用できるフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 23: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの RSVP-TE LSP テンプレート フィールドでカプセル化された IPFIX MPLS-over-UDP

フィールド

要素ID

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGP IPv4 ネクスト ホップ アドレス - トンネル宛先 IP BGP ピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル ペイロードの IPv4 宛先アドレス

12

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ

32

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

IPv6ペイロードを持つIPネットワーク内のフロー用のPTXシリーズおよびQFX10002-60CスイッチのIPFIX MPLS-over-UDPテンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 18.1R1以降、IPFIX MPLS-Over-UDPテンプレートがPTXシリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 24 に、IP ネットワーク内にあり、IPv6 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローの IPFIX テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 24: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの IPFIX MPLS-over-UDP Carry on IP ネットワーク テンプレート フィールド(IPv6 ペイロード)

フィールド

要素ID

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGPネクストホップアドレス—トンネル宛先IPBPピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv6 送信元アドレス

27

トンネル ペイロードの IPv6 宛先アドレス

28

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ V6

139

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv6 ペイロードを持つフロー用の PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS Release 18.1R1以降、IPFIX MPLS-Over-UDPテンプレートがPTXシリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 25 は、内部 MPLS ネットワークの RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv6 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローの IPFIX テンプレートで使用できるフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 25: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの RSVP-TE LSP テンプレート フィールドでカプセル化された IPFIX MPLS-over-UDP

フィールド

要素ID

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGPネクストホップアドレス—トンネル宛先IPBPピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv6 送信元アドレス

27

トンネル ペイロードの IPv6 宛先アドレス

28

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ V6

139

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

MX、M、および T シリーズの IPFIX VPLS テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 16.1 より、IPFIX VPLS テンプレートがサポートされています。 表 26 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 26: MX、M、および T シリーズの IPFIX VPLS テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

宛先 MAC

80

ソースMAC

56

イーサネットタイプ

256

入力インターフェイス

10

出力インターフェース

14

フロー終了理由

136

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

152

エポック時間に関してフローが終了した時刻

153

MXシリーズ用バージョン9ブリッジテンプレートに含まれるフィールド

表 27 に、バージョン 9 ブリッジ・テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 27: MX 用のバージョン 9 ブリッジ テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

宛先 MAC

80

ソースMAC

56

イーサネットタイプ

256

SNMP の入力

10

出力SNMP

14

フロー終了理由

136

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

エポック時間に関してフローが開始された時刻

22

エポック時間に関してフローが終了した時刻

21

MX、M、および T シリーズのバージョン 9 IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

表 28 に、バージョン 9 IPv4 テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 28: MX、M、および T シリーズのバージョン 9 IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

インターネットプロトコルバージョン

60

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

流れの方向

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016シリーズ用のバージョン9 IPv4テンプレートに含まれるフィールド

表 29 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 29: PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、PTX10016 シリーズのバージョン 9 IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、PTX10008(JNP10008-SF3 を使用)、および PTX10001-36MR ルーター用のバージョン 9 IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

表 30 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 30: PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、PTX10008(JNP10008-SF3 を使用)、および PTX10001-36MR ルーターのバージョン 9 IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力SNMPインデックス

10

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IP プロトコルのバージョン

60

出力SNMPインデックス

14

ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、および ACX7100 ルーター用のバージョン 9 IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

表 31 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 31: ACX7024X、ACX7332、および ACX7348、ACX7509、および ACX7100 ルータ用のバージョン 9 IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 TOS

5

IPv4 プロトコル

4

送信元ポート

7

宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力SNMPインデックス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP ネクストホップアドレス

18

出力SNMPインデックス

14

バイト数

1

パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

MX、M、およびT シリーズのバージョン 9 IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 IPv6 テンプレートがサポートされています。 表 32 に、テンプレート内のフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 32: MX、M、および T シリーズのバージョン 9 IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

139

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

流れの方向

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

IPv6 オプション ヘッダー

64

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016シリーズ用のバージョン9 IPv6テンプレートに含まれるフィールド

表 33 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 33: PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3SIB なし)、PTX10016 シリーズの IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、PTX10008(JNP10008-SF3 を使用)、および PTX10001-36MR ルーター用のバージョン 9 IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

表 34 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 34: PTX10003-160C、PTX10003-80C、PTX10004、PTX10008(JNP10008-SF3 を使用)、および PTX10001-36MR ルーターの IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 ネクストホップアドレス

62

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IP プロトコルのバージョン

60

ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、および ACX7100 用のバージョン 9 IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

表 35 に、テンプレートで使用できるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 35: ACX7024X、ACX7332、ACX7348、ACX7509、および ACX7100 ルータ用のバージョン 9 IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 TOS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

TCP フラグ

6

IP プロトコルのバージョン

60

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ネクストホップアドレス

62

MX、M、および T シリーズのバージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 16.1 以降、バージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートがサポートされています。 表 36 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 36: MX、M、および T シリーズのバージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベルの IP アドレス

47

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

IP プロトコルのバージョン

60

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

流れの方向

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチ用バージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.2R1 以降、バージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS リリース 19.4R1 以降、バージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートが PTX1002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS リリース 21.2R1 以降、QFX10002-60C スイッチでバージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートがサポートされます。 表 37 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 37: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチ用のバージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv4 送信元アドレス

8

IPv4宛先アドレス

12

IPv4 ToS

5

IPv4 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP のタイプとコード

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

BGP IPv4 ネクストホップアドレス

18

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv4 ネクスト ホップ アドレス

15

IPv4ソース マスク

9

IPv4 宛先マスク

13

TCP フラグ

6

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベルの IP アドレス

47

MX、M、および T シリーズのバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.4R1 以降、バージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートが MX シリーズでサポートされます。 表 38 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 38: MX、M、および T シリーズのバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベル IP アドレス(IPv4 トップラベルアドレスのみがエクスポートされます。IPv6 のトップラベルアドレスは、値 0 を報告します)。

47

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

139

入力インターフェイス

10

VLAN ID

58

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

ソースAS

16

宛先AS

17

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

出力インターフェース

14

最小 TTL

52

最大TTL

53

フロー終了理由

136

流れの方向

61

802.1Q VLAN 識別子(dot1qVlanId)

243

802.1Q カスタマー VLAN 識別子(dot1qCustomerVlanId)

245

IP 識別子

54

IPv6 オプション ヘッダー

64

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、PTX10016シリーズ用のバージョン9 MPLS-IPv6テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.2R1 以降、バージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS リリース 19.4R1 以降、バージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートが PTX1002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS リリース 21.2R1 以降、QFX10002-60C スイッチでバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートがサポートされます。 表 39 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 39: PTX3000、PTX5000、PTX1000、PTX10001-20C、PTX10002-60C、QFX10002-60C、PTX10008(JNP10008-SF3 なし)、PTX10016 シリーズのバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

IPv6 ネクストホップアドレス

62

IPv6 BGPネクストホップアドレス

63

TCP フラグ

6

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベルの IP アドレス

47

PTX10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードとJNP10008-SF3)、およびPTX10001-36MR用のバージョン9 MPLS-IPv6テンプレートに含まれるフィールド

表 40 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 40: PTX 10003、PTX10004、PTX10008(JNP10K-LC1201 または JNP10K-1202-36MR ライン カードと JNP10008-SF3)、および PTX10001-36MR ルーターのバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

IPv6 送信元アドレス

27

IPv6宛先アドレス

28

IPv6 ToS

5

IPv6 プロトコル

4

L4 送信元ポート

7

L4 宛先ポート

11

ICMP タイプおよびコード(IPv6)

32

入力インターフェイス

10

ソースAS

16

宛先AS

17

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6 ソース マスク

29

IPv6 宛先マスク

30

IPv6 ネクストホップアドレス

62

TCP フラグ

6

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

MPLS ラベル 3

72

MPLS トップラベルの IP アドレス

47

MX、M、および T シリーズのバージョン 9 MPLS テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 16.1 以降では、バージョン 9 MPLS テンプレートがサポートされています。 表 41 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 41: MX、M、および T シリーズのバージョン 9 MPLS テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

入力インターフェイス

10

出力インターフェース

14

フロー終了理由

136

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

最初のスイッチ

Ww

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチ用バージョン 9 MPLS テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.2R1 以降、バージョン 9 MPLS テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLSテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。 表 42 に、テンプレートに含まれるフィールドを示します。

表 42: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチのバージョン 9 MPLS テンプレート フィールド

フィールド

要素ID

入力インターフェイス

10

出力インターフェース

14

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

MPLS ラベル 1

70

MPLS ラベル 2

71

MPLS ラベル 3

72

IPv4ペイロードを持つIPネットワーク内のフロー用のPTXシリーズおよびQFX10002-60Cスイッチのバージョン9 MPLS-over-UDPテンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 43 は、IP ネットワーク内にあり、IPv4 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローのバージョン 9 テンプレートで使用できるフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 43: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチ用の IP ネットワーク テンプレート フィールド(IPv4 ペイロード)で伝送されるバージョン 9 MPLS-over-UDP

フィールド

要素ID

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGP IPv4 ネクスト ホップ アドレス - トンネル宛先 IP BGP ピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル ペイロードの IPv4 宛先アドレス

12

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ

32

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv4 ペイロードを持つフロー用の PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチのバージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 44 は、内部 MPLS ネットワークの RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv4 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローのバージョン 9 テンプレートで使用可能なフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 44: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの RSVP-TE LSP テンプレート フィールド(IPv4 ペイロード)にカプセル化されたバージョン 9 MPLS-OVER-UDP

フィールド

要素ID

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGP IPv4 ネクスト ホップ アドレス - トンネル宛先 IP BGP ピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル ペイロードの IPv4 宛先アドレス

12

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ

32

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

IPv6ペイロードを持つIPネットワーク内のフロー用のPTXシリーズおよびQFX10002-60Cスイッチのバージョン9 MPLS-over-UDPテンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 45 は、IP ネットワーク内にあり、IPv6 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローのバージョン 9 テンプレートで使用できるフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 45: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチ用の IP ネットワーク テンプレート フィールド(IPv6 ペイロード)で伝送されるバージョン 9 MPLS-over-UDP

フィールド

要素ID

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGPネクストホップアドレス—トンネル宛先IPBPピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv6 送信元アドレス

27

トンネル ペイロードの IPv6 宛先アドレス

28

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ V6

32

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv6 ペイロードを持つフロー用の PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチのバージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートに含まれるフィールド

Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートが PTX シリーズでサポートされます。Junos OS Release 19.4R1 以降、IPFIX MPLS-over-UDP テンプレートが PTX10002-60C ルーターでサポートされます。Junos OS Release 21.2R1以降、IPFIX MPLS-over-UDPテンプレートがQFX10002-60Cスイッチでサポートされます。

MPLS-over-UDPトラフィックのインラインアクティブフロー監視は、PTX10001-36MR、PTX10003、PTX10004、およびPTX10008(JNP10008-SF3を使用)ルーターではサポートされていません。

表 46 は、内部 MPLS ネットワークの RSVP-TE LSP にカプセル化され、IPv6 ペイロードを持つ MPLS-over-UDP フローのバージョン 9 テンプレートで使用可能なフィールドを示しています。フィールドは、テンプレートに表示される順序で表示されます。

表 46: PTX シリーズおよび QFX10002-60C スイッチの RSVP-TE LSP テンプレート フィールド(IPv6 ペイロード)にカプセル化されたバージョン 9 MPLS-over-UDP

フィールド

要素ID

MPLSトンネル用RSVPラベル(トップMPLSラベルスタックエントリー)

70

トップラベルの前にプッシュされたRSVPラベル

71

トンネル エンドポイントの IPv4 送信元アドレス

8

トンネル エンドポイントの IPv4 宛先アドレス

12

トンネル エンドポイントの UDP 送信元ポート

7

トンネル エンドポイントの宛先トランスポート ポート

11

トンネル送信元 IP アドレスの IPv4 送信元マスク

9

トンネル宛先 IP アドレスの IPv4 宛先マスク

13

トンネルのソースAS

16

トンネルの宛先 AS

17

IPv4 ネクスト ホップ アドレス—トンネル宛先 IP アドレスのゲートウェイ

15

BGPネクストホップアドレス—トンネル宛先IPBPピア

18

入力SNMPインデックス

10

出力SNMPインデックス

14

MPLS ラベル 1 - VPN ボトムオブスタック ラベル

70

MPLS VPN の IP ペイロードの IP プロトコル バージョン

60

トンネル ペイロードの IPv6 送信元アドレス

27

トンネル ペイロードの IPv6 宛先アドレス

28

トンネルペイロードのIPプロトコル

4

IP TOS

5

送信元トランスポート ポート

7

宛先トランスポート ポート

11

ICMP タイプ

32

TCP フラグ

6

フロー バイト数

1

フロー パケット数

2

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフロー開始時刻

22

システム稼働時間(FPC稼働時間)に対するフローの終了時刻

21

変更履歴テーブル

機能のサポートは、使用しているプラットフォームとリリースによって決まります。 機能エクスプローラー を使用して、機能がプラットフォームでサポートされているかどうかを判断します。

リリース
説明
23.4R1-EVO
Junos OS Evolved 23.4R1以降、ACX7024X、ACX7332、およびACX7348ルーター向けに、IPFIXとバージョン9の両方のエクスポート形式で、集約型イーサネットおよびIRBインターフェイス、およびデフォルト以外のVRFにマッピングされたインターフェイスでのIPv4およびIPv6トラフィックのイングレスおよびエグレスサンプリングがサポートされています。インライン アクティブ フロー モニタリング用に最大 4 つの IPv4 コレクタを設定できます。
23.1R1-EVO
Junos OS Evolvedリリース23.1R1以降、PTX10001-36MR、PTX10003、およびPTX10004ルーター、およびPTX10008ルーターとPTX10016ルーター(JNP10K-LC1201またはJNP10K-LC1202ラインカードとJNP10008-SF3搭載)ルーターでは、IPFIXおよびバージョン9コレクターのIPv6アドレスがサポートされています。サンプリング インスタンス内のファミリごとに IPv4 または IPv6 コレクターを設定できます。同じファミリに両方を指定することはできません。各ファミリに最大 4 つのコレクターを指定できます。階層レベルで、 ステートメントで宛先サーバーのアドレスを指定し、ステートメントで flow-server address inline-jflow source-address address [edit forwarding-options sampling instance name family (inet | inet6 | mpls) output] 送信元アドレスを指定します。
23.1R1-EVO
Junos OS Evolved 23.1R1以降、ACX7100およびACX7509ルーター向けに、IPFIXとバージョン9の両方のエクスポート形式で、集合型イーサネットおよびIRBインターフェイス、およびデフォルト以外のVRFにマッピングされたインターフェイスでのIPv4およびIPv6トラフィックのイングレスおよびエグレスサンプリングがサポートされています。インライン アクティブ フロー モニタリング用に最大 4 つの IPv4 コレクタを設定できます。
22.4R1
MX240、MX480、MX960、MX10004、MX10008、MX2008、MX2010、MX2020ルーターのJunos OSリリース22.4R1以降、IPFIXとバージョン9の両方のエクスポートフォーマットで、ノードスライシングシナリオにおけるゲストネットワーク機能(GNF)間の抽象化されたファブリック( af)インターフェイスでのIPv4、IPv6、MPLSトラフィックのイングレスおよびエグレスサンプリングがサポートされています。
22.2R1-EVO
PTXシリーズルーター向けJunos OS Evolved 22.2R1以降、IPFIX IPv4およびIPv6テンプレートに2つの情報要素が追加されました。これらの要素は、パケット損失の優先度(PLP)値と、サンプリングされたパケットが伝送する構成済みの転送クラス名の最初の2文字を伝送します。コレクターは、これらの要素を使用して、ルーターから出るときにパケットに含まれる DSCP(DiffServ コード ポイント)ビットを導き出します。
22.2R1-EVO
Junos OS Evolvedリリース22.2R1以降、PTX10003ルーター向け、IPFIXおよびバージョン9エクスポートフォーマット用のIPv6テンプレートとMPLS-IPv6テンプレートの両方で、情報要素63、IPv6 BGPネクストホップアドレスが利用可能になりました。
21.4R1-EVO
PTXシリーズのJunos OS Evolvedリリース21.4R1以降、RFCs 8549および6313に従って、IPフロー情報エクスポート(IPFIX)情報要素483から491、16、および17を使用してBGPコミュニティおよびASパス情報をエクスポートできます。コンテンツプロバイダーは、この情報を使用して、サービスの品質を低下させているトランジットサービスプロバイダーを特定できます。これらの要素は、 [edit services flow-monitoring version-ipfix template template-name] 階層レベルの ステートメント data-record-fieldsで設定します。
21.3R1-EVO
Junos OS Evolvedリリース21.3R1以降、PTX10001-36MR、PTX10004、およびPTX10008ルーター向けとして、IPFIXおよびバージョン9エクスポートフォーマット用の情報要素63、IPv6 BGPネクストホップアドレスが、IPv6テンプレートとMPLS-IPv6テンプレートの両方で利用可能になりました。
21.3R1
PTXシリーズルーターのJunos OSリリース21.3R1以降、フローは維持されません。サンプリングされたパケットはすべてフローと見なされます。サンプルされたパケットを受信すると、フローが作成され、すぐに非アクティブとしてタイムアウトし、ソフトウェアはレコードをコレクターにエクスポートします。したがって、コレクターに送信されるレコードの数は以前よりも多くなります。
21.2R1-エボ
Junos OS Evolved 21.2R1以降、フローは維持されません。サンプリングされたパケットはすべてフローと見なされます。サンプルされたパケットを受信すると、フローが作成され、すぐに非アクティブとしてタイムアウトし、ソフトウェアはレコードをコレクターにエクスポートします。したがって、コレクターに送信されるレコードの数は以前よりも多くなります。
21.2R1
QFX10002-60C スイッチの Junos OS リリース 21.2R1 以降では、MPLS-over-UDP フローのインライン アクティブ フロー監視を実行して、トンネル ヘッダーを通過し、トンネルのトランジット ノードとエグレス ノードの両方で内部ペイロードをサンプリングおよびレポートできるようになりました。MPLS IPv4 および IPv6 ペイロード、IPFIX およびバージョン 9 のテンプレートがサポートされています。イングレス サンプリングのみがサポートされています。
21.1R1-EVO
Junos OS Evolved 21.1R1以降、PTX10004ルーターでは、インラインアクティブフロー監視用に最大4つのコレクターを設定できます。
20.4R1-EVO
Junos OS Evolved 20.4R1以降、PTX10001-36MRおよびPTX10008(JNP10K-LC1202ラインカードとJNP10008-SF3を使用)ルーターでは、インラインアクティブフロー監視用に最大4つのコレクターを設定できます。
20.3R1-EVO
Junos OS Evolved 20.3R1以降、PTX10003およびPTX10008(JNP10K-LC1201ラインカードとJNP10008-SF3を使用)ルーターでは、インラインアクティブフロー監視用に最大4つのコレクターを設定できます。
20.3R1
Junos OSリリース20.3R1(PTX1000、PTX10008(JNP10008-SF3なし)、およびPTX10016)以降、IPFIX IPv4およびIPv6テンプレートに2つの情報要素が追加されました。これらの要素は、パケット損失の優先度(PLP)値と、サンプリングされたパケットが伝送する構成済みの転送クラス名の最初の2文字を伝送します。コレクターは、これらの要素を使用して、ルーターから出るときにパケットに含まれる DSCP(DiffServ コード ポイント)ビットを導き出します。これらの要素を使用するには、[edit services flow-monitoring version-ipfix template name]階層レベルで ステートメントを設定する必要があります next-hop-learning enable
19.4R1
PTX10002-60C ルーターの Junos OS リリース 19.4R1 以降では、MPLS-over-UDP フローのフロー監視を実行して、トンネル ヘッダーを超えて、トンネルのトランジット ノードとエグレス ノードの両方で内部ペイロードをサンプリングし、レポートすることができます。MPLS IPv4 および IPv6 ペイロード、IPFIX およびバージョン 9 のテンプレートがサポートされています。イングレス サンプリングのみがサポートされています。
19.3R2
インライン アクティブ フロー モニタリングは、MX シリーズ ルーターで次世代サービスを有効にした場合、サポートされません。
19.2R1
MXおよびPTXシリーズルーターのJunos OSリリース19.2R1以降、IPFIXおよびバージョン9エクスポートフォーマット用のIPv6テンプレートとMPLS-IPv6テンプレートの両方で、情報要素63、IPv6 BGPネクストホップアドレスが使用可能になりました。
18.4R1
Junos OS リリース 18.4R1 以降、MX シリーズ ルーターの MPLS-IPv6 トラフィックのインライン アクティブ フロー モニタリングを設定できます。
18.4R1
Junos OS リリース 18.4R1 以降、MX シリーズでは IPFIX およびバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートがサポートされています。
18.2R1
Junos OS リリース 18.2R1 以降、PTX3000 および PTX5000 シリーズ ルーターの MPLS、MPLS-IPv4、MPLS-IPv6 トラフィックのインライン アクティブ フロー監視を設定できます。
18.2R1
Junos OS リリース 18.2R1 以降、MX シリーズ ルーターのブリッジ トラフィックに対してインライン アクティブ フロー監視を設定できます。
18.2R1
Junos OS リリース 18.2R1 以降、PTX シリーズでは IPFIX およびバージョン 9 MPLS テンプレートがサポートされています。
18.2R1
Junos OS リリース 18.2R1 以降、PTX シリーズでは IPFIX およびバージョン 9 MPLS-IPv4 テンプレートがサポートされています。
18.2R1
Junos OS リリース 18.2R1 以降、PTX シリーズで IPFIX およびバージョン 9 MPLS-IPv6 テンプレートがサポートされます。
18.1R1
Junos OS リリース 18.1R1 以降、バージョン 9 のフロー テンプレートを IPv6 トラフィックに適用することもできます。
18.1R1
Junos OS リリース 18.1R1 以降、PTX3000 および PTX5000 シリーズ ルーターの MPLS-over-UDP トラフィックに対して、インライン アクティブ フロー監視を設定できます。
18.1R1
Junos OS リリース 18.1R1 以降、PTX シリーズでは IPFIX およびバージョン 9 MPLS-over-UDP テンプレートがサポートされています。
17.4R1
Junos OS リリース 17.4R1 以降、IPFIX フロー テンプレートを、QFX10008 スイッチと QFX10016 スイッチのユニキャスト IPv4 および IPv6 トラフィックに適用できます。
17.2R1
Junos OS リリース 17.2R1 以降、IPFIX フロー テンプレートを、QFX10002 スイッチ上のユニキャスト IPv4 および IPv6 トラフィックに適用できます。
16.1R4
Junos OS リリース 16.2 および Junos OS リリース 16.1R3 以前では、インライン アクティブ フロー監視用に ファミリーで 1 つのコレクターのみを設定できます。Junos OSリリース16.1R4および17.2R1以降、インラインアクティブフロー監視用に、ファミリーの下に最大4つのコレクターを設定できます。
16.1R1
Junos OS リリース 16.1R1 および 15.1F2 以降、IPv4 テーブルにはデフォルト値 1024 が割り当てられています。
16.1R1
Junos OS リリース 16.1R1 以降、IPFIX およびバージョン 9 のフロー テンプレートを MPLS および MPLS-IPv4 トラフィックに適用することもできます。
16.1R1
流れの方向(Junos OSリリース16.1R1以降)
16.1R1
Junos OS Release 16.1R1 より、IPFIX VPLS テンプレートがサポートされています。