Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

CFM プロトコルメッセージを生成して応答するように MEP を設定する

メンテナンス アソシエーション エンドポイント (MEP) は、ドメインの境界を参照します。MEP は、接続障害管理 (CFM) プロトコル メッセージを生成して応答します。特定の VPLS サービスまたはブリッジ ドメインに属するインターフェイスのメンテナンス アソシエーション ID とメンテナンス ドメイン ID の 1 つの組み合わせに対して、複数のアップ MEP を設定できます。メンテナンス ドメイン識別子とメンテナンス アソシエーション名の 1 つのインスタンスに対して複数のダウン MEP を構成して、仮想プライベート LAN サービス (VPLS)、ブリッジ ドメイン、回線クロスコネクト (CCC)、または IPv4 ドメインによって提供されるサービスを監視できます。

レイヤー 2 VPN ルーティング インスタンス(ローカル スイッチング)および EVPN ルーティング インスタンスの場合、論理インターフェイス上のメンテナンス アソシエーション ID とメンテナンス ドメイン ID の 1 つの組み合わせに対して複数のアップ MEP を設定することもできます。論理インターフェイスは、異なるデバイスまたは同じデバイスで設定できます。2 つの IFL で複数のアップ MEP をサポートするには、シャーシに拡張 IP ネットワーク サービスを構成する必要があります。

MEP の自動検出を有効にできます。自動検出により、MEP は、同じメンテナンス アソシエーションのすべてのリモート MEP からの連続性チェック メッセージ (CCM) を受け入れることができます。自動検出が有効になっていない場合は、リモート MEPs を構成する必要があります。リモート MEP が構成されていない場合、リモート MEP からの CCM はエラーとして扱われます。

導通測定は、既存の導直性チェックプロトコルによって提供されます。すべてのリモート MEP の連続性は、管理上有効な時間の合計に対してリモート MEP が運用上稼働していた時間の割合として測定されます。ここで、運用稼働時間は、特定のリモート MEP に対して CCM 隣接関係がアクティブになっている合計時間であり、管理有効時間は、ローカル MEP がアクティブである合計時間です。また、現在測定されている運用稼働時間と管理有効時間をクリアすることで、継続性測定を再開することもできます。

メンテナンスアソシエーションエンドポイント(MEP)を設定する

メンテナンスアソシエーションエンドポイントを設定するには:

  1. MEP の ID を [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name].1 から 8191 までの任意の値を指定できます。
  2. メンテナンス エンドポイントの自動検出を有効にして、MEP が同じメンテナンス アソシエーションのすべてのリモート MEP からの連続性チェック メッセージ (CCM) を受け入れることができるようにします。
  3. MEP に対して CCM パケットが送信される方向を指定します。上または下を指定できます。方向をアップとして指定すると、CCM は、MEP で設定されたインターフェイスを除き、同じブリッジングまたは VPLS インスタンスの一部であるすべての論理インターフェイスから送信されます。方向を下として指定した場合、CCM は MEP で設定されたインターフェイスからのみ送信されます。
    メモ:

    スパニングツリープロトコル(STP)ブロック状態のポートは、ダウン MEP 宛ての CFM パケットをブロックしません。連続性チェックプロトコルが設定されていない STP ブロッキング状態のポートは、CFM パケットをブロックします。

    メモ:

    Junos OS リリース 12.3 以降、MX シリーズ 5G ユニバーサル ルーティング プラットフォーム上のモジュラー ポート コンセントレータ(MPC)で設定されたすべてのインターフェイスについて、CFM MEP を実行しているすべてのレイヤー 2 VPN およびレイヤー 2 回線に対して ステートメントを設定するno-control-word必要がなくなりました。MX シリーズルーター上の他のすべてのインターフェイス、および他のすべてのルーターとスイッチ上のインターフェイスについては、CFM MEPs を設定するときに、[edit routing-instances routing-instance-name protocols l2vpn]または [edit protocols l2circuit neighbor neighbor-id interface interface-name] 階層レベルでステートメントを引き続き設定no-control-wordする必要があります。それ以外の場合、CFM パケットは送信されずshow oam ethernet connectivity-fault-management mep-database、コマンドはリモート MEP を表示しません。

  4. MEP がアタッチされているインターフェイスを指定します。物理インターフェイス、論理インターフェイス、またはトランクインターフェイスのいずれかです。MX シリーズ ルーターでは、MEP をトランク インターフェイスの特定の VLAN に接続できます。
  5. 連続性チェックとリンク トレース メッセージで使用される IEEE 802.1 優先度ビットを指定します。から 7 までの値を優先順位として指定できます。
  6. CFM が欠陥を検出するたびに障害アラームを生成する、最も優先度の低い欠陥を指定します。指定できる値は、all -defects、err-xcon、mac-rem-err-xcon、no-defect、rem-err-xcon、xcon です。
  7. リモート MEP の ID を [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name mep mep-id].1 から 8191 までの任意の値を指定できます。

リモート メンテナンス アソシエーション エンドポイント (MEP) の設定

リモートメンテナンスアソシエーションエンドポイントを設定するには:

  1. [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name mep mep-id].1 から 8191 までの任意の値を指定できます。
  2. リモート MEP action-profile profile-name に使用するアクションプロファイルの名前を [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management maintenance-domain domain-name maintenance-association ma-name mep mep-id remote-mep remote-mep-id].プロファイルは [edit protocols oam ethernet connectivity-fault-management] 階層レベルで定義する必要があります。
  3. リモート MEP を構成して、接続の初期損失を検出します。デフォルトでは、MEP は連続損失 (LOC) 欠陥メッセージを生成しません。ステートメントを構成する detect-loc と、メンテナンス アソシエーション用に構成された連続性チェック間隔の 3.5 倍に等しい期間内にリモート MEP から連続性チェック メッセージが受信されない場合、連続性損失 (LOC) の欠陥が検出されます。LOC の欠陥が検出されると、syslog エラー メッセージが生成されます。
    メモ:

    とともにdetect-loc接続障害管理(CFM)を設定すると、 action-profile インターフェイスをダウンさせるように設定された は、連続性チェックメッセージが受信されない場合に実行されます。ただし、設定detect-locを行っておらず、action-profile 導通チェックメッセージが受信されていない場合、 は実行されません。

変更履歴テーブル

機能のサポートは、使用しているプラットフォームとリリースによって決まります。 機能エクスプローラー を使用して、機能がプラットフォームでサポートされているかどうかを判断します。

リリース
説明
12.3
Junos OS リリース 12.3 以降、MX シリーズ 5G ユニバーサル ルーティング プラットフォーム上のモジュラー ポート コンセントレータ(MPC)で設定されたすべてのインターフェイスについて、CFM MEP を実行しているすべてのレイヤー 2 VPN およびレイヤー 2 回線に対して ステートメントを設定する no-control-word 必要がなくなりました。