Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

SMETネクストホップ数の設定

Junos OS は、EVPN ルートタイプ 6、選択的マルチキャスト イーサネット(SMET)ルート メッセージを使用して、以下をサポートします。

  • 外部マルチキャスト送信者(IGMP プロキシ)- EVPN ルートタイプ 6 メッセージが EVPN ネットワーク内で使用されます。イングレスPEデバイスはIGMPメッセージをEVPNルートタイプ6のメッセージに変換し、エグレスPEデバイスはEVPNルートタイプ6のメッセージをIGMPメッセージに変換します。

  • VLAN 間マルチキャスト—EVPN タイプのルート 6 メッセージは、IRB インターフェイスを持つ PE デバイス上で PIM 状態を作成するために使用されます。これにより、マルチキャスト トラフィックを VLAN 間で送信できます。

  • 選択的マルチキャスト転送—EVPNルートタイプ6メッセージは、マルチキャストグループに対するPEデバイスのインタレストを示すルーティング情報を配信するために使用されます。

EVPNルートタイプ6メッセージの情報は、SMETネクストホップのリストを作成するために使用され、マルチキャストパケットを選択的に複製および転送するために使用できます。SMETネクストホップは、対象のPEを識別する発信インターフェイス(OIF)のリストです。マルチキャスト グループは、SMET ネクスト ホップにマップされます。マルチキャスト グループが同じ対象 PE のセットを持つ場合、SMET ネクストホップを共有できます。SMET ネクストホップの数はデフォルトで 10,000 ですが、 オプションを設定する smet-nexthop-limit ことで増やすことができます。デバイスが SMET ネクストホップ制限に達すると、デバイスはマルチキャスト トラフィックに対して包括的なマルチキャスト転送の使用を開始します。

スヌーピングをサポートしていない、またはEVPNルートタイプ6メッセージを送信できないネットワーク内のデバイスは、常にSMETネクストホップに含まれます。これにより、EVPNタイプ6メッセージをサポートしないデバイスがマルチキャストトラフィックを受信できるようになります。

SMET ネクストホップ数を設定するには、以下のステートメントを使用できます。

User@PE1# set forwarding-options multicast-replication evpn smet-nexthop-limit nexthop range.

場合によっては、選択的マルチキャスト転送をバイパスして、マルチキャストトラフィックをすべてのデバイスに送信する必要があります。マルチキャストトラフィックをグループに送信する場合は、次のステートメントでマルチキャストグループアドレスを一覧表示できます

User@PE1# set multicast-snooping-options flood-groups [ip-addresses]

メモ:

通信にマルチキャスト アドレスを使用する OSPF メッセージは、マルチキャスト スヌーピング転送テーブルに自動的に含まれます。