Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの目次
 

例:EVPN VXLAN のアクティブ-アクティブ マルチホーミングに対する LACP の設定

この例では、イーサネットVPN(EVPN)VXLANアクティブ/アクティブマルチホームネットワークのマルチホームカスタマーエッジ(CE)およびプロバイダエッジ(PE)デバイス上で、リンクアグリゲーション制御プロトコル(LACP)を設定する方法を示します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • PEデバイスとして設定された3つのQFX10002、QFX5100、QFX5110、QFX5200スイッチ、またはQFX5100バーチャルシャーシと、CEデバイスとして設定された1つのQFX5100スイッチ。

  • すべてのスイッチで稼働するJunos OSリリース17.1以降。

概要

別のレベルの冗長性を確保するために、マルチホーム CE-PE リンクの両方のエンドポイントに LACP を設定することで、EVPN VXLAN のアクティブ-アクティブ マルチホーミングを設定できます。マルチホームデバイスは集約されたトランクリンクで構成され、CE-PEリンクのリンクアグリゲーショングループ(LAG)インターフェイスはアクティブ状態またはスタンバイ状態のいずれかになります。LAGインターフェイスがアクティブ状態の場合、データトラフィックはCE-PEリンクを介して送信されます。LAGインターフェイスがスタンバイ状態の場合、データトラフィックはブロックされ、LAGインターフェイスの状態を通信するための制御トラフィックのみがリンクを介して送信されます。

LACPは、LAGインターフェイスを監視および操作して、マルチホーム PE デバイスをコアから分離する際に迅速なコンバージェンスを実現します。コアに障害が発生すると、隔離された PE デバイスでヌル ルートが発生する可能性があります。ただし、CE-PE リンクでの LACP のサポートにより、コア分離時に、マルチホーム PE デバイスの CE 向けインターフェイスがスタンバイ状態に設定され、マルチホーム PE デバイスとの間のデータ トラフィック送信がブロックされます。コアが障害から回復すると、インターフェイスの状態がスタンバイからアクティブに戻ります。

メモ:

QFX10002 スイッチおよび QFX10008 スイッチでは、VXLAN を使用した EVPN アクティブ/アクティブ マルチホーミングの LACP のみがサポートされています。

CE-PEリンクでLACPを設定すると、マルチホームPEデバイスのコアからの分離は次のように処理されます。

  1. LACPピアは、設定と運用データを同期します。

    LACPピアは、制御PDUを交換することで同期します。これは、以下の理由で必要とされます。

    • イーサネットバンドル内のリンクの状態(オールアクティブまたはスタンバイ)を確認するには。

    • PE デバイスで LACP ポート キーが設定されている場合に、CE デバイスの設定ミスを検出して処理します。

    • PE デバイスで LACP ポート キーが設定されている場合に、CE デバイスと PE デバイス間の配線ミスを検出して処理します。

    • LACPスピーカーが収束できない場合に、アクターまたはパートナーのチャーンを検出して対応するため。

  2. マルチホーム PE デバイスのピアが null の場合、PE デバイスはコアから分離されます。この場合、絶縁 PE デバイスは、コア障害が発生したことを、分離 PE デバイスに接続されている CE デバイスに通知します。

  3. データ トラフィックは、CE デバイスから分離されたマルチホーム PE デバイスに転送されません。代わりに、トラフィックは同じLAGに属する他のマルチホームPEデバイスに迂回されます。これにより、隔離されたPEデバイスでのトラフィックブラックホールが防止されます。

  4. マルチホーム CE デバイスが、複数のアクティブなマルチホーム PE デバイスへのトラフィックの負荷分散に LAG を使用する場合、LACP 設定と、指定された LAG のすべてのマルチホーム PE デバイスに設定された同じシステム ID は、接続されているすべてのマルチホーム CE リンクに対して非同期 LACP をトリガーします。

マルチホーム デバイスで LACP を設定する場合、次の考慮事項に注意してください。

  • LAGリンクは、UP/DOWNの動作状態に関係なく、アクティブ状態またはスタンバイ状態のいずれかで動作できます。

  • システムを再起動すると、マルチホーム PE デバイスの LACP リンクがアクティブ状態になります。

  • コントロールプレーンがダウンすると、アグリゲーションポートに対してマルチプレクサステートマシンを実行し、リンクをアクティブからスタンバイに移動するようにLACPに通知されます。

  • インターフェイスは、アクティブ状態で動作し、その動作状態もアップでない限り、アップとして扱われません。

トポロジ

図 1 は、マルチホーム CE および PE デバイスに LACP が設定された EVPN VXLAN のアクティブ-アクティブ マルチホーミング ネットワークを示しています。デバイスCE1はシングルホームで、リモートのPE1およびPE2デバイスに接続されています。デバイスCE2は、PE1およびPE2デバイスにマルチホームされています。

図1 : EVPNアクティブ-アクティブマルチホーミング LACP Support in EVPN Active-Active MultihomingにおけるLACPサポート

たとえば、デバイス PE1 のコア分離は次のように処理されます。

  1. PE2 と PE1 が BGP セッションを確立した後、LACP は CE-PE リンクの状態をブロック解除モードに設定します。

  2. コア障害が発生すると、デバイスCE1でヌルルートが発生する可能性があります。

    この状況を回避するために、デバイスCE2に接続されたLAGインターフェイスは、LACPによってアクティブ状態からスタンバイ状態に設定されます。

  3. LACPは、接続されたマルチホームCE2リンクに非同期通知を送信して、デバイスCE2とデバイスPE1間のトラフィック伝送をブロックします。

  4. コントロール プレーンが回復すると、デバイス PE2 は LACP によってスタンバイからアクティブに戻されます。

構成

CLIクイック構成

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致させる必要がある詳細情報を変更し、コマンドを 階層レベルでCLI [edit] にコピーアンドペーストして、設定モードから を入力します commit

デバイスPE3

デバイスPE1

デバイスPE2

デバイスCE2

PE3でのEVPNアクティブ-アクティブマルチホーミングのLACPの設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE3を設定するには:

  1. PE1およびPE2デバイスに向けてアップリンクインターフェイスを設定します。

  2. xe-0/0/8をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  3. ループバックインターフェイスを設定します。

  4. VLAN v100 および v200 を作成します。

  5. VLAN v100 および v200 を VNI 100 および 200 にマッピングします。

  6. ルーターIDと自律システム番号を設定します。

  7. VTEP トンネルの送信元アドレスとしてループバック インターフェイスを指定します。

  8. このデバイスから送信されたルートを一意に識別するために、ルート識別子を指定します。

  9. グローバル VRF エクスポート ポリシーを指定します。

  10. PE3がPE1およびPE2とピアリングするための内部BGPグループを設定します。

  11. OSPFエリアを設定します。

  12. EVPNのデータプレーンカプセル化としてVXLANを設定します。

  13. すべての VNI が EVPN によってアドバタイズされることを指定します。

結果

設定モードから、 、 、 、 show protocols、および show routing-instances コマ ンドを入力してshow chassis、設定show routing-optionsを確認します。 show interfaces出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

PE1 での EVPN アクティブ-アクティブ マルチホーミングの LACP の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE1を設定するには:

  1. デバイスPE1で作成するアグリゲートイーサネットインターフェイスの数を指定します。

  2. CE装置に接続するインターフェースを設定します。

  3. xe-0/0/9をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  4. ae0をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  5. マルチホームデバイスCE2に向けたインターフェイスを設定します。

    CE2がマルチホームされているすべてのPEデバイスで同じESI値を使用します。

  6. ae0にLACPを設定します。

    CE2がマルチホームされているすべてのPEデバイスで同じシステムID値を使用します。

  7. ループバックインターフェイスを設定します。

  8. VLAN v100 および v200 を作成します。

  9. VLAN v100 および v200 を VNI 100 および 200 にマッピングします。

  10. ルーターIDと自律システム番号を設定します。

  11. VTEP トンネルの送信元アドレスとしてループバック インターフェイスを指定します。

  12. このデバイスから送信されたルートを一意に識別するために、ルート識別子を指定します。

  13. グローバル VRF エクスポート ポリシーを指定します。

  14. PE3がPE1およびPE2とピアリングするための内部BGPグループを設定します。

  15. OSPFエリアを設定します。

  16. EVPNのデータプレーンカプセル化としてVXLANを設定します。

  17. すべての VNI が EVPN によってアドバタイズされることを指定します。

結果

設定モードから、 、 、 、 show protocols、および show routing-instances コマ ンドを入力してshow chassis、設定show routing-optionsを確認します。 show interfaces出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

PE2 での EVPN アクティブ-アクティブ マルチホーミングの LACP の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE2を設定するには:

  1. デバイスPE1で作成するアグリゲートイーサネットインターフェイスの数を指定します。

  2. CE装置に接続するインターフェースを設定します。

  3. xe-0/0/5をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  4. ae0をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  5. マルチホームデバイスCE2に向けたインターフェイスを設定します。

    CE2がマルチホームされているすべてのPEデバイスで同じESI値を使用します。

  6. ae0にLACPを設定します。

    CE2がマルチホームされているすべてのPEデバイスで同じシステムID値を使用します。

  7. ループバックインターフェイスを設定します。

  8. VLAN v100 および v200 を作成します。

  9. VLAN v100 および v200 を VNI 100 および 200 にマッピングします。

  10. ルーターIDと自律システム番号を設定します。

  11. VTEP トンネルの送信元アドレスとしてループバック インターフェイスを指定します。

  12. このデバイスから送信されたルートを一意に識別するために、ルート識別子を指定します。

  13. グローバル VRF エクスポート ポリシーを指定します。

  14. PE3がPE1およびPE2とピアリングするための内部BGPグループを設定します。

  15. OSPFエリアを設定します。

  16. EVPNのデータプレーンカプセル化としてVXLANを設定します。

  17. すべての VNI が EVPN によってアドバタイズされることを指定します。

結果

設定モードから、 、 、 、 show protocols、および show routing-instances コマ ンドを入力してshow chassis、設定show routing-optionsを確認します。 show interfaces出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

CE2 での EVPN アクティブ-アクティブ マルチホーミングの LACP の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスCE1を設定するには:

  1. VLAN v100 および v200 を設定します。

  2. xe-0/0/3をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  3. メンバーインターフェイスをae0に追加します。

  4. ae0をレイヤー2インターフェイスとして設定します。

  5. ae0 に対して LACP をアクティブとして設定します。

結果

設定モードから、 、 、 、 show protocols、および show routing-instances コマ ンドを入力してshow chassis、設定show routing-optionsを確認します。 show interfaces出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

PE1のLACPインターフェイスステータスの確認

目的

デバイス PE1 の LACP インターフェイスの状態を検証します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show lacp interfaces

意味

LACP LAG インターフェイスの状態はアクティブです。

メモ:

この例では、すべてのリンクとプロトコルが動作しています。EVPN(イーサネット VPN)に使用されるすべての BGP セッションがダウンすると、コア分離機能がアクティブになります。この状態では、リーフは LACP をダウンさせ、接続されたデバイスがデータを送信できないようにします。リーフでは、LACP インターフェイスの状態が更新され、CDN(コア分離ダウン)が表示されます。リーフでBGPを無効にしたことを示すために。LACP インターフェイスのステータスが更新され、コア分離が有効であることが示されます。

コア分離機能の詳細については、 EVPN-VXLAN コア分離を無効にするタイミングについてを参照してください。

PE2のLACPインターフェイスステータスの検証

目的

デバイス PE2 の LACP インターフェイスの状態を確認します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show lacp interfaces

意味

LACP LAG インターフェイスの状態はアクティブです。