Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

エニーキャストゲートウェイ

EVPN-MPLS または MC-LAG 環境で、2 台のジュニパーネットワークス デバイスがオールアクティブ モードでマルチホームされている場合、デバイスに IRB インターフェイスを設定できます。IRB インターフェイスを配置すると、マルチホーム デバイスはサブネット間のルーティングを処理するゲートウェイとして機能します。ジュニパーネットワークス デバイスで IRB インターフェイスを設定するには、次のように設定します。

  • とのIRBインターフェイス。

    • IPv4 または IPv6 アドレス

    • メディアアクセス制御(MAC)アドレス

      メモ:

      上記のコマンド構文を使用してMACアドレスを明示的に設定するだけでなく、ジュニパーネットワークスデバイスが自動的に生成するMACアドレス(シャーシMAC)を使用することもできます。

  • 次を含む仮想ゲートウェイ アドレス(VGA):

    • IPv4 または IPv6 アドレス

    • MACアドレス

      メモ:

      上記のコマンド構文を使用してMACアドレスを明示的に設定するだけでなく、ジュニパーネットワークスデバイスが自動的に生成するMACアドレス(シャーシMAC)を使用することもできます。

マルチホーム デバイス上の IRB インターフェイスまたは VGA の IP アドレスまたは MAC アドレスを指定するときに、エニーキャスト アドレスを使用できるようになりました。このエニーキャスト アドレスのサポートにより、各マルチホーム デバイスの IRB インターフェイスまたは VGA に同じアドレスを設定し、デバイスをエニーキャスト ゲートウェイとして確立できます。

IP アドレス サブネット スキームによって、IRB インターフェイス コマンド構文と VGA コマンド構文のどちらを使用してエニーキャスト ゲートウェイをセットアップするかが決まります。

概要 イーサネットVPN-マルチプロトコルラベルスイッチ(EVPN-MPLS)またはマルチシャーシリンクアグリゲーション(MC-LAG)環境では、マルチホームされた2台のジュニパーネットワークスデバイスをオールアクティブモードでエニーキャストゲートウェイとして設定できます。

次のセクションでは、エニーキャストゲートウェイについて詳しく説明します。

エニーキャストゲートウェイのメリット

  • EVPN-MPLS または MC-LAG ネットワークでエニーキャストゲートウェイとして機能する 2 つのマルチホームジュニパーネットワークスデバイスは、他のネットワークの宛先でレイヤー 3 パケットを生成する同じネットワーク内のホストが、ローカルのエニーキャストゲートウェイにパケットを送信できるようになります。これらのレイヤー 3 パケットを受信すると、エニーキャスト ゲートウェイは宛先 IP ルックアップに基づいてコア ネットワーク内のパケットをルーティングします。

エニーキャストゲートウェイの設定ガイドライン

  • 一般に、エニーキャストゲートウェイのアドレスを構成する場合:

    • IPv4 または IPv6 アドレスの場合は、任意のサブネットを指定できます。

    • MAC アドレスについては、ジュニパーネットワークス デバイスが自動的に生成する MAC アドレス(シャーシ MAC)を使用するか、CLI を使用して MAC アドレスを明示的に構成できます。

    • IP アドレス サブネット スキームによって、IRB インターフェイス コマンド構文と VGA コマンド構文のどちらを使用してエニーキャスト ゲートウェイをセットアップするかが決まります。

マルチホーム デバイスをエニーキャスト ゲートウェイとして設定するために、次の構成ガイドラインが用意されています。

  • ガイドライン 1 - エニーキャストゲートウェイの IP アドレスが /30 または /31 (IPv4 の場合) または /126 または /127 (IPv6 の場合) サブネットにある場合:

    • 次のコマンドのいずれかを使用して、各マルチホーム デバイスの IRB インターフェイスに同じ IP アドレスを設定する必要があります。

    • 次のコマンドを使用して、MAC アドレスを明示的に設定する必要があります。

    • VGA(IPアドレスおよびMACアドレス)は設定しないでください。

  • ガイドライン 2—エニーキャストゲートウェイの IP アドレスが /30、/31、/126、または /127 以外のサブネットである場合、VGA を設定できます。

    • 次のいずれかのコマンドを使用して、各マルチホーム デバイスの VGA に同じ IP アドレスを設定する必要があります。

    • 以下のコマンドのいずれかを使用して、MAC アドレスを明示的に設定する必要があります。

    • VGA の MAC アドレスを指定する場合、VRRP と同じ MAC アドレスを使用することは推奨されません。

メモ:

また、 EVPN-VXLANエッジルーテッドブリッジング(ERB)オーバーレイファブリックで、エニーキャストゲートウェイ(ERB)オーバーレイファブリックでエニーキャストゲートウェイとしてリーフデバイスを設定するための同様のガイドラインについては、 例:エニーキャストゲートウェイによるEVPN-VXLANエッジルーテッドブリッジングファブリックの設定 (概要とトポロジ ーのセクション)を参照してください。

エニーキャストゲートウェイ設定の制限

このトピックで前述したガイドラインを使用してエニーキャスト ゲートウェイを構成する場合は、次の点に注意してください。

  • 一般に、VRRP MAC アドレスを IRB インターフェイスの MAC アドレスとして再利用することは推奨しません。ただし、ジュニパーネットワークスのデバイスで VRRP を設定する際の一般的な慣行のように、これを行う必要がある場合は、IPv4 ファミリーには VRRP IPv4 MAC アドレス、IPv6 ファミリーには VRRP IPv6 MAC アドレスを使用する必要があります。

    これらのパラメータを考えると、この制限が機能する唯一の設定ガイドラインは設定ガイドライン2です。

  • EVPN-MPLS環境でガイドライン1を使用してエニーキャストゲートウェイアドレスを設定する場合、ルーティングインスタンス内での設定文も指定 default-gateway do-not-advertise する必要があります。例えば:

  • EVPN-MPLS 環境で、エニーキャストゲートウェイの IP アドレスが異なるサブネットにあり、複数のルーティングインスタンス内でアドレスを指定すると、次のようになります。

    • あるルーティングインスタンスで設定ガイドライン 1 を使用してエニーキャストゲートウェイ IP アドレスを設定し、別のルーティングインスタンスで設定ガイドライン 2 を使用して別のエニーキャストゲートウェイ IP アドレスを設定した場合は、ルーティングインスタンス内でも設定ステートメントを指定する必要があります default-gateway no-gateway-community

      この追加構成は、ガイドライン 1 を使用して構成するエニーキャストゲートウェイ IP アドレスを含むルーティングインスタンスにのみ適用されます。

    • 設定ガイドライン 1 を使用してエニーキャスト ゲートウェイ IP アドレスを指定したルーティング インスタンスごとに、VRRP 以外の MAC アドレスを 1 つ指定することをお勧めします。

  • 仮想ゲートウェイの冗長性を確保するために、EVPNマルチホーミングを搭載したデバイスでは、自動ESI生成がデフォルトで有効になっています。エッジルーテッドブリッジング(ERB)オーバーレイを使用するEVPN-VXLANネットワークの自動ESI生成を無効にすることをお勧めします。その場合は、 階層レベルで ステートメント [edit interfaces irb unit logical-unit-number]を含めることができますno-auto-virtual-gateway-esi

    Junos OSリリース22.1R1以降、MX960、MX2020およびMX10008ルーターでも、EVPNレイヤー3ゲートウェイIRBインターフェイスESIに対してデフォルトで自動ESI生成が有効になっています。ただし、この no-auto-virtual-gateway-esi ステートメントはEVPN-MPLSネットワークではサポートされていません。その結果、この場合、IRB インターフェイスに対して自動生成された ESI が常に表示されます。

  • マルチホーミングを使用するEVPN-VXLAN環境では、イーサネットセグメント(ES)を共有するピアプロバイダエッジ(PE)デバイスで複数のEVPNルーティングインスタンスを使用する場合があります。ステートメントを使用して default-gateway エニーキャストゲートウェイを構成する場合、同じESに参加するリンクで、デフォルトの動作(アドバタイズオプション)とno-gateway-communityオプションを混在させることはサポートされていません。

    その結果、ES を共有するピア PE デバイス上の任意の EVPN ルーティング インスタンスで、 オプションを使用してno-gateway-communityステートメントを設定するdefault-gateway場合は、次のステートメントを設定する必要があります。

    • PE デバイス上で ES を共有するすべてのルーティングインスタンスで、

    • ES を共有するすべてのピア PE デバイス

    no-gateway-community• オプションまたは do-not-advertise.

    デフォルトゲートウェイステートメントの設定を省略したり、アドバタイズオプション付きのステートメントをピアPEデバイスのルーティングインスタンスに含めることはできません。

  • ACX5448デバイスのIRBインターフェイスへのエニーキャストゲートウェイIPアドレスの設定がサポートされています。ただし、PE とカスタマー エッジ(CE)デバイス インターフェイス間の接続で /30 または /31 IP アドレスを持つ IRB インターフェイスの場合、CE デバイスには BGP セッション IP アドレスを割り当てるための十分なプール領域がありません。そのため、IRBインターフェイス/30および/31エニーキャストIPアドレスを持つBGPはサポートされません。