Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

設定ファイルを読み込んでいます

デバイスに設定ファイルをロードすることは、ネットワーク内の多くのデバイスに共通する設定ファイルの部分をロードするのに役立ちます。

ファイルまたは端末から設定を読み込む例

ジュニパーネットワークス デバイスの設定データを含むファイルを作成し、そのファイルをローカル デバイスにコピーしてから、そのファイルをデバイスにロードCLI。ファイルをロードした後、ファイルをコミットしてデバイスの設定をアクティブにするか、CLIを使用してインタラクティブに設定を編集して後で設定をコミットできます。

端末に入力しながら設定を作成し、設定をロードします。端末から設定を読み込むのは、既存の設定部分を切断し、設定の他の部分に貼り付けをする場合に便利です。

デバイスに保存されている既存の設定ファイルをロードするには、設定モード コマンドを load 使用します。

端末から設定をロードするには、次のバージョンの設定モード コマンド load を使用します。入力を終了するには、Ctrl + d キーを押します。

設定全体を置き換える場合は、階層の任意の override レベルで オプションを指定します。load override現在の候補構成が、ロードしているファイルで完全に置き換えられます。したがって、完全な設定を保存した場合は、このオプションを使用します。

操作overrideによって、現在の候補構成が破棄さfilename れ、その構成がターミナルで入力した構成に読み込まれます。このoverrideオプションを使用して構成をコミットすると、すべてのシステムプロセスによって構成が再解析されます。

設定の部分を交換するには、 オプションを指定 replace します。この load replace 操作では、 replace: ロードされたファイルに追加したタグが検索されます。その後、操作により、受験者の構成のこれらの部分は、タグの後に指定された部分に置き換されます。これは、正確な変更をより細かく制御する必要がある場合に便利です。この操作を機能するには、端末で入力したファイルまたは設定に replace: タグを含める必要があります。ソフトウェアは、 replace:タグを検索し、同じ名前の既存の明細書があればそれを削除して、受信構成に置き換えます。同じ名前のステートメントが存在しない場合は、そのタグでマークされたステートメントが設定 replace に追加 replace: されます。

または操作で、タグを含むファイルまたはタイプ テキストを指定すると、 overridemergereplace:replace: タグは無視されます。このシナリオでは、 override または merge 操作が優先され、実行されます。

操作を実行している場合で、指定したファイルにタグがない場合、その操作 replacereplace:replace は操作として実行 merge されます。入力 replace したテキストに merge タグがない場合は、操作として動作 replace: します。この情報は、自動化されたスクリプトを実行している場合や、スクリプトが操作を実行する必要があるかどうかを事前に知らない場合 replace に役立 merge ちます。このスクリプトでは、 replace運用を使用していずれの場合も対応できます。

このload merge操作では、保存されたファイルまたはターミナルの設定を既存の候補の構成にマージします。この情報は、新しい設定セクションを追加する場合に便利です。たとえば、BGP 構成を[edit protocols]階層レベルに追加しようとしている場合は、BGP 構成が不要になっていることが考えられます。このload merge操作を使用して、受信した構成を既存の候補の構成と組み合わせることができます。既存の構成と受信構成に競合する文が含まれている場合、受信構成内のステートメントは、既存の構成の文と上書きされます。

変更された設定のこれらの部分のみを置き換えるには、階層の任意のレベルで オプション update を指定します。操作 load update では、受験者の構成と新しい構成データが比較されます。この操作では、新しい設定とは異なる、受験者の構成のこれらの部分だけが変更されます。たとえば、既存のサーバー設定がある場合に、読みBGPファイルに何らかの方法で変更を加えるなど、この操作を使用します。

merge、、およびoverrideオプションはupdate、JavaScript オブジェクト表記 (JSON) 形式での構成データの読み込みをサポートしています。JSON 形式を使用する構成データを読み込むときは、コマンドjsonでオプションを指定する必要があります。

設定の一部をパッチ ファイルで変更するには、 オプションを指定 patch します。このload patch操作によって、構成の変更を含むファイルまたは端末の入力がロードされます。まず、構成変更をすでに行っているデバイスで、2 show | compareつの構成の違いを出力するコマンドを入力します。その後、別のデバイスに違いを読み込むことができます。コマンドの利点は、さまざまな階層レベルからスニペットをテキスト ファイルにコピーした後で、ターゲット デバイスに読み込む前にコピーする load patch 必要がないことです。これは、同じオプションを使用して複数のデバイスを構成している場合に便利なタイムセーバーである可能性があります。たとえば、router1 でルーティングポリシーを設定していて、router2、router3、および router4 のポリシー構成をレプリケートするとします。このload patch操作を使用できます。

この例では、まず コマンドを実行 show | compare します。

例:

この例を続けて、コマンドの出力をクリップボードにコピーして、階層レベル show | compare を含める必要があります。ルーター2、ルーター3、ルーター4では、出力を入力 load patch terminal して貼り付けます。その後、Enter を押し、Ctrl-d を押して操作を終了します。パッチ入力によって既存のステートメントに異なる値が指定されている場合、パッチ入力は既存のステートメントをオーバーライドします。

完全な階層レベルを指定せずに 、 の オプションを使用 mergereplacesetupdate するには、 オプションを指定 relative します。このオプションは、構成階層内の現在の編集ポイントを基準として、受信構成を読み込みます。

例:

構成モードのコマンドを含むset構成を読み込むにはset 、オプションを指定します。このオプションを選択すると、構成手順がファイルに保存されたときに1行ずつ、または端末から実行します。指示にはset、、、 editexit、などの任意の構成モードコマンドをtop含めることができます。

別のネットワーク システムからローカル ルーターに設定ファイルをコピーするには、 CLI Explorer で説明されているとおり、SSH および Telnet ユーティリティ を使用できます

注:

Common Criteria 環境で作業している場合、属性が変更されるたびにシステム ログ メッセージが作成されます(パスワードの変更、共通のシークレットへのRADIUS変更など secret )。これらの変更は、以下の構成ロード操作中にログに記録されます。

デバイス上での文字エンコーディングジュニパーネットワークス方法

Junos OS 構成データと運用コマンドの出力には、7ビット ASCII 文字セット以外の非 ASCII 文字が含まれている場合があります。特定の形式または特定タイプのセッション内に運用データや設定データを表示する場合、ソフトウェアは、これらの文字をエスケープしてエンコードします。ソフトウェアは、同等の UTF-8 10 進文字参照を使用して、文字をエスケープまたはエンコードします。

このCLI、テキスト、セット、または JSON 形式で生成された設定データに非 ASCII 文字を表示しようとする試みです。またCLIは、これらの文字をテキスト形式で生成されたコマンド出力に表示しようとする試みです。例外の場合は、代CLI、UTF-8 10 進文字リファレンスが表示されます。(例外の場合には、XML 形式の設定データ、XML または JSON 形式のコマンド出力など)NETCONF および XML プロトコル Junosでは、設定データや、非 ASCII 文字を含むコマンド出力を要求した場合にも、同様の結果が表示されます。この場合、サーバーは、すべての形式でそれらの文字に対する相当する UTF-8 10 進文字リファレンスを返します。

たとえば、次のユーザー アカウントに中南米のスモール レター n と tilde(ñ)が含まれているとします。

結果の設定をテキスト形式で表示すると、CLI によって対応する文字が出力されます。

結果の設定をフィールドに XML 形式で表示CLI、ñ 文字は同等の UTF-8 10 進文字参照にマッピングされます ñ 。設定を NETCONF または XML プロトコル セッションで任意の形式Junosすると、同Junosされます。

設定データをデバイスにロードする場合、対応するUTF-8 10進数の文字参照を使用して、非ASCII文字をロードできます。

ステートメントと識別子の指定について

このトピックでは、CLI ステートメントとリーフ ステートメントの詳細を示し、ASCII 設定ファイルを作成する際に指定する方法を知っています。このトピックでは、入力したCLIが正しい形式で行されていることを確認するデータ チェックを実行する方法について説明します。

ステートメントの指定

ステートメントは、中括弧({ })または次のいずれかの 2 つの方法のいずれかを示しています。

  • ステートメント名と識別子。中括弧で囲まれた 1 つ以上の下位レベル のステートメントを含む:

  • ステートメント名、識別子、および単一の識別子:

ステートメント 名は 、 ステートメントの名前です。識別子 名は、 ステートメントのインスタンスを一意に識別する名前または他の文字列です。識別子は、ステートメントを設定で 2 回以上指定できる場合に使用します。

ステートメントを指定する場合、ステートメント階層に応じて、ステートメント名、識別子名、または両方を指定する必要があります。

識別子を指定するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • 識別子名識別子名 は、ステートメントを 1 回以上指定できる場合に、ステートメントを一意に識別するためのキーワードです。

  • 識別子名の値識別子名は キーワードであり、 値は 必須オプション変数です。

  • 識別子名 [value1 value2 value3 ...]— 識別子 は複数の値を受け入れるキーワードです。値セットを指定する場合は、角かっこが必要です。ただし、値を1つだけ指定した場合、これらは必須ではありません。

以下の例は、構成でステートメントと識別子を指定する方法を示しています。

ASCII設定ファイルを作成する場合は、ステートメントと識別子を指定します。各ステートメントは優先スタイルを持ち、CLI モード コマンドへの応答として設定を表示する際に、このスタイルを使用 show します。ステートメントと識別子は、以下のいずれかの方法で指定できます。

  • 識別子の後に続くステートメント:

  • ステートメントの後に、中かっこで囲まれた識別子は次のとおりです。

  • 一部の繰り返しの識別子では、すべてのステートメントに1つの括弧を使用できます。

CLI タイプチェックの実行

識別子と値を指定すると、CLI は型チェックを実行して、入力したデータが正しい形式であることを検証します。たとえば、IP アドレスを指定する必要があるステートメントの場合、CLI は有効な形式でアドレスを入力する必要があります。それ以外の場合は、入力する必要があるメッセージがエラー メッセージに表示されます。は、データ タイプとチェックCLIします。設定入力タイプのCLIを以下に示します。

表 1: CLI 構成入力タイプ

データタイプ

フォーマット

物理インターフェイス名 ([edit interfaces]階層で使用]

type-fpc/pic/port

Correct: et-0/0/1

Incorrect: et-0

完全なインターフェイス名

type-fpc/pic/port<:channel>.logical

Correct: et-0/0/1.0

Incorrect: et-0/0/1

完全または省略されたインターフェイス名 ([edit interfaces]階層形式] 以外の場所で使用)

type-<fpc</pic/port>><<: channel>.logical>

Correct: et, et-1, et-1/2/3:4.5

IP アドレス

0xhex-bytesoctet<. octet<.octet. <octet>>>

Correct: 1.2.3.4, 0x01020304, 128.8.1,128.8

Sample translations:

1.2.3変わっ1.2.3.00x01020304変わっ1.2.3.40x010203変わっ0.1.2.3

IP アドレス (宛先プレフィックス) およびプレフィックス長

0xhex-bytes</length>octet<octet <octet.<octet>>></length>

Correct: 10/8, 128.8/16, 1.2.3.4/32, 1.2.3.4

Sample translations:

1.2.3変わっ1.2.3.0/320x01020304変わっ1.2.3.4/320x010203変わっ0.1.2.3/32default変わっ0.0.0.0/0

国際標準化機構 (ISO) アドレス

hex-nibble<hex-nibble ...>

Correct: 47.1234.2345.3456.00, 47123423453456.00, 47.12.34.23.45.34.56.00

Sample translations:

47123456変わっ47.1234.5647.12.34.56変わっ47.1234.564712.3456変わっ47.1234.56

OSPF 領域識別子 (ID)

0xhex-bytesoctet<.octet<.octet.< octet >>> decimal-number

Correct: 54, 0.0.0.54, 0x01020304, 1.2.3.4

Sample translations:

54変わっ0.0.0.54

257変わっ0.0.1.1128.8変わっ128.8.0.00x010203変わっ0.1.2.3

ファイルからの設定の読み込みについて

次の例は、ファイルから設定を読み込むプロセスを示しています。

図 1: 現在の構成の上書き 現在の構成の上書き
図 2: 置換オプションを使用する 置換オプションを使用する
図 3: Merge オプションの使用 Merge オプションの使用
図 4: パッチファイルを使用する パッチファイルを使用する
図 5: Set オプションの使用 Set オプションの使用

設定ファイルのアップロード

ローカル システムに設定ファイルを作成し、そのファイルをデバイスにコピーしてから、そのファイルをデバイスにロードCLI。設定ファイルをロードした後、それをコミットしてデバイスの設定をアクティブにすることができます。CLI を使用して対話的に設定を編集し、後でコミットすることもできます。

ローカルシステムから設定ファイルをアップロードするには、次のようにします。

  1. メモ帳などのテキストエディターを使用して設定ファイルを作成し、設定ファイルの構文が正しいことを確認します。
  2. 設定テキスト ファイルに、ファイルをロードするときに必要なアクションを実行するための以下のオプションを 1 つ以上含める。
    表 2: Load コマンドのオプション
    オプション 説明

    merge

    現在のアクティブな設定を、指定したファイル名の設定または端末ウィンドウで入力した設定のいずれかと組み合わせします。既存mergeの構成に新しいセクションを追加する場合は、運用が役立ちます。アクティブな構成と受信構成に競合するステートメントが含まれている場合、受信構成内のステートメントはアクティブな構成内の文をオーバーライドします。

    override

    現在の受験者の設定を破棄します。指定したファイル名の設定または端末で入力した設定のいずれかをロードします。このoverrideオプションを使用して構成をコミットすると、すべてのシステムプロセスによって構成が再解析されます。このオプションはoverride 、階層の任意のレベルで使用できます。

    replace

    タグを検索し、同じ名前の既存のステートメントがある場合は削除し、既存のステートメントを受信した設定に replace 置き換える。同じ名前のステートメントが存在しない場合は、タグ付けされたステートメントがアクティブな設定 replacereplace に追加されます。

    注:

    この操作を機能するには、テキスト ファイルまたは端末で入力した設定にタグ replace を含める必要があります。

  3. Ctrl + a キーを押して、設定ファイル内のすべてのテキストを選択します。
  4. Ctrl + c キーを押して、設定テキストファイルの内容をクリップボードにコピーします。
  5. ユーザー名とパスワードを使用してデバイスにログインします。
  6. 設定モードにします。user@host> configure

    [edit] user @ host#

  7. 設定ファイルをロードします。[編集] user@host# load merge terminal
  8. カーソルの位置に、マウスと [貼り付け] アイコンを使用して、クリップボードのコンテンツを貼り付けます。[edit] user@host# [新しい行の末尾に D と入力 load merge terminal ] >Cursor が表示されます。クリップボードの内容をここに貼り付け <
  9. Enter キーを押します。
  10. Ctrl + d キーを押して、ファイル終了マーカーを設定します。

構成をコミットする前に構成ステップの結果を確認するにshowは、ユーザープロンプトでコマンドを入力します。

これらの変更をアクティブ構成にコミットするにはcommit 、ユーザープロンプトでコマンドを入力します。CLI を使用して対話的に設定を編集し、後でコミットすることもできます。