Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

abstract-hop

構文

階層レベル

説明

ラベルスイッチ パス(LSP)を設定するための抽象的なホップのシーケンスとして、実際のホップ制約(ストリクトまたはルーズ)のシーケンスと同様に、ルーターのクラスタまたはグループを定義します。

抽象的なホップは、管理グループ、拡張管理グループ、共有リスク リンク グループ(SRLG)などの既存のトラフィック制御制約と、実際のホップの順序付け特性を論理的に組み合わせたものです。その結果、抽象的なホップのシーケンスがパス制約で使用される場合、構成属性と呼ばれるリンクまたはノード属性の論理的な組み合わせを満たすルーターのグループ間で順序付けが達成されます。パスでは、制約として実ホップと抽象ホップの組み合わせを使用できます。

オプション

abstract-hop-name

管理グループ、拡張管理グループ、SRLGなどの既存のトラフィック制御制約と、実際のホップの順序付け特性を論理的に組み合わせた抽象的なホップの名前。

constituent-list constituent-list-name

抽象的なホップの定義に含める事前定義された構成要素リストの名前。構成要素リストを使用すると、ユーザー定義名で識別される構成要素属性のセットを定義できます。

include-any-list

構成要素リストで指定された属性のいずれかを満たします。

include-all-list

構成要素リストで指定されたすべての属性を満たします。

exclude-all-list

構成要素リストで指定された属性のいずれも満たしていません。

exclude-any-list

構成要素リストで指定された属性のいずれも満たさない。

operators

抽象的なホップの定義に複数の構成要素リストが含まれている場合の、構成要素リスト間の動作を指定します。

AND

接続されたノードが抽象的なホップのメンバーとなるために、抽象的なホップの定義で参照されているすべての構成要素リストを満たします。

OR

接続されたノードに対する抽象ホップ定義で参照されている構成要素リストの少なくとも1つが抽象ホップのメンバーである。

必要な権限レベル

routing—設定でこのステートメントを表示します。

routing-controlー設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OSリリース17.1で導入されたステートメント。