Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

JSI シェルを使用したネットワーク設定の構成

概要 このセクションでは、JSI シェルについて説明します。

JSI シェルの概要

JSIシェルは、vLWC用のSSHメニューシステムです。SSHログインを介して現在のネットワーク設定とネットワークステータスを表示できます。JSI シェルを代替オプションとして使用して、ネットワーク設定を構成できます。キーボードを使用して JSI シェルメニューシステムを操作できます。 表 1 を参照してください。

表1:キーボードナビゲーション
キー アクション
上矢印キーと下矢印キー、または数字プレス オプションに移動します。
エンターキー オプションを選択します。
Esc キー 前のメニューに戻るか、現在のメニューに応じてシェルを終了します。

JSIシェルへのログイン

JSI シェルにアクセスするには、次のいずれかの方法があります。

  • 管理(キャップ)インターフェイスの設定された IP アドレスに SSH で接続します。

  • 管理(キャップ)インターフェイスでネットワークがまだ正常に設定されていない場合は、VMWare コンソールを使用します。コンソールにログインするには、vLWC vAppの下にある ggc-lnx VMをクリックし、[概要]タブで [Webコンソールを起動 ]または [リモートコンソールを起動 ]をクリックして、vLWCのログインプロンプトを開きます。

    jsiuser とハードコードされたパスワードを使用して、JSI シェルにログインします。また、JSI シェルからカスタムログインパスワードを設定することもできます。JSI シェルのログインパスワードの変更を参照してください。

    手記:

    初めてパスワードを変更する場合は、ジュニパーのサポートに連絡して初期パスワードを取得してください。

ログインに成功すると、vLWCメインメニュー(JSIシェル)画面が表示されます。 図1を参照してください。

図 1: vLWCメインメニュー(JSIシェル) vLWC Main Menu (JSI Shell)

JSIシェルのログインパスワードの変更

jsiuser のログインパスワードは、JSI シェルのメインメニュー画面から変更できます。パスワードを変更するには、vLWCメインメニュー画面で(矢印キーを使用するか、キーボードの6を押して)jsiuserのパスワードを変更を選択し、Enterキーを押して、プロンプトに従って新しいパスワードを指定します。

ネットワーク設定の構成

JSI シェルから次のネットワーク設定を構成できます。

  • インターフェイス—内部(int)、外部(ext)、管理(cap)

    手記:

    内部、外部、および管理インターフェイスを設定する際、内部ネットワーク ポート、外部ネットワーク ポート、およびキャプティブ ポータルに割り当てられた IP アドレスのサブネットが互いに異なっていることを確認する必要があります。

  • アクティブプロキシ

以下の手順に従って、ネットワーク設定を構成します。

  1. vLWCメインメニュー(JSIシェル)にログインします。JSI シェルへのログインを参照してください。
  2. vLWCメインメニュー画面から[ネットワーク設定の編集]を選択します(矢印キーを使用するか、キーボードの3を押します)。
    vLWC [ネットワーク設定の編集] メニュー画面が表示されます。 図2を参照してください。
    図2 : vLWCの[ネットワーク設定の編集]メニュー vLWC Edit Network Settings Menu
  3. さまざまなインターフェイス設定を変更するには:
    1. vLWCの[ネットワーク設定の編集]メニュー画面から、編集するインターフェイス(オプション1〜3)を選択します。
    2. 表示される一連のメニューから適切なオプションを選択し、その後にvLWC編集interface選択したインターフェイスの設定メニュー画面が表示されます。
      表示の上半分には、現在のネットワーク設定が一覧表示されます。

      次の図は、IPv4アドレスのキャップインターフェイスのvLWC編集 interface 設定メニュー画面の例を示しています。

      図 3: vLWC 編集メニュー (JSI シェル) vLWC Edit Menu (JSI Shell)
    3. 画面の下半分に表示されるオプションを使用して、ネットワーク設定を変更します。適切なオプションを選択し、プロンプトが表示されたら新しい値を設定できます。
      更新された値がディスプレイの上半分に表示されます。
    4. すべての変更が完了したら、[保留中の変更を適用し、ネットワーク設定に戻って変更を適用します] を選択します。
      手記:

      あるインターフェイスから設定を終了し、変更を失うことなく別のインターフェイスで作業できます。その後、すべての変更を同時に適用できます。

  4. アクティブなプロキシ設定を変更するには:
    1. vLWCの[ネットワーク設定の編集]メニュー画面から[アクティブなプロキシの変更]を選択します(矢印キーを使用するか、キーボードの4を押します)。
      vLWCの[アクティブなプロキシ設定の編集]メニュー画面が表示されます。表示の上半分には、現在アクティブなプロキシ設定が一覧表示されます。 図4を参照してください。
      図4:vLWCの[アクティブなプロキシ設定の編集]メニュー vLWC Edit Active Proxy Settings Menu
    2. アクティブプロキシを有効または無効にするか(オプション1)、vLWCの[アクティブなプロキシ設定の編集]メニュー画面からアクティブなプロキシ設定を構成できます。
    手記:

    vLWCの外部インターフェイスは、アクティブプロキシに使用されるURL、またはIPアドレスとポートに到達できる必要があります。

    手記:

    アクティブなプロキシを使用する場合は、vLWCからAWSクラウドプロキシにすべてのトラフィックが転送されることを確認してください(AWSクラウドプロキシのURLとポートについては、「 アウトバウンド接続の要件 」を参照してください)。ジュニパークラウドサービスは、AWSクラウドプロキシ以外のパスを通過するすべてのインバウンドトラフィックをブロックします。

手記:

変更を適用した後、ネットワークが意図したとおりに動作しない場合は、vLWCを再起動します。