Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

仮想マシンへのJSAのインストール

仮想マシンを作成します。詳細については、「 仮想マシンの作成」を参照してください。

メモ:

ソフトウェアのインストールメニューは、デフォルトではインストールウィザードに表示されません。JSAソフトウェアのインストールを行う場合は、 JSAソフトウェアのみのインストールを参照してください

仮想マシンを作成したら、 仮想マシンに JSA ソフトウェアをインストールする必要があります。

  1. ユーザー名を入力して root 仮想マシンにログインします。

    ユーザー名では大文字と小文字が区別されます。

  2. 使用許諾契約書に同意します。
    ヒント:

    スペースバーキーを押して、ドキュメント内を進みます。

  3. アプライアンスのタイプを選択します。
    • アプライアンスのインストール(アプライアンスとして購入)

    • 高可用性アプライアンス

    • アプリ ホスト アプライアンス

    • ログ分析アプライアンス

    メモ:

    目的のアプライアンス機能に基づいてアプライアンスのタイプを選択できます。

  4. 高可用性(HA)のアプライアンスを選択した場合は、アプライアンスがコンソールであるかどうかを選択します。
  5. Log Analytics アプライアンス のアプライアンスを選択した場合は、LA (Log Analytics "オールインワン" またはコンソール 8099) を選択します。
  6. セットアップ の種類として、[ 通常セットアップ] (既定) または [HA 回復セットアップ] を選択し、[次へ] を選択します。
  7. [日付/時刻のセットアップ] ページが表示されます。[現在の日付 (YYYY/MM/DD)] フィールドに、表示された形式で現在の日付を入力します。参照用に日付も表示されます。[24 時間クロック時刻 (HH:MM: SS)] フィールドに時刻を 24 時間形式で入力します。または、時刻を同期できるタイムサーバーの名前または IP アドレスを [タイムサーバー] フィールドに入力することもできます。日付と時刻の詳細を入力したら、 [次へ] を選択します。
  8. [大陸/地域の選択] ページが表示されます。必要に応じて [タイム ゾーン]、[大陸]、または [地域] を選択し、[次へ] を選択します。デフォルト値はアメリカです。
  9. [タイム ゾーンの選択] ページが表示されます。必要に応じて [タイム ゾーン] の [市区町村] または [地域] を選択し、[次へ] を選択します。既定値は [ニューヨーク] です。
  10. [ HA 回復セットアップ] を選択した場合は、クラスター仮想 IP アドレスを入力します。
  11. [インターネット プロトコル] のバージョンを選択します。
    • ipv4 または ipv6 を選択します。

  12. ipv6 を選択した場合は、[構成の種類] で [手動] または [自動] を選択します。
  13. ボンディングされたインターフェイス設定を選択します。
  14. 管理インターフェイスを選択します。
    メモ:

    インターフェイスにリンク(ケーブルが接続されている)の場合、説明の前にプラス記号(+)が表示されます。

  15. [ネットワーク情報のセットアップ] ウィンドウで、次のネットワーク設定を構成し、[次へ] を選択します。
    • ホスト名: システム ホスト名として完全修飾ドメイン名を入力します

    • IPアドレス: システムのIPアドレスを入力します

    • ネットワークマスク: システムのネットワークマスクを入力します

    • ゲートウェイ: システムのデフォルトゲートウェイを入力します

    • プライマリDNS: プライマリDNSサーバーのアドレスを入力します

    • セカンダリDNS: (オプション)セカンダリDNSサーバーのアドレスを入力します

    • パブリック IP: (オプション) サーバーのパブリック IP アドレスを入力します

    メモ:

    このホストを高可用性 (HA) クラスターの 1 次ホストとして構成し、自動構成で 「はい 」を選択した場合は、自動的に生成された IP アドレスを記録する必要があります。生成された IP アドレスは、HA 設定時に入力されます。詳細については、 『Juniper Secure Analyticsの高可用性ガイド』を参照してください。

  16. コンソールをインストールする場合は、次の条件を満たすパスワードを入力しますadmin:
    • 8文字以上を含む

    • 少なくとも 1 つの大文字を含む

    • 少なくとも 1 つの小文字を含む

    • 少なくとも 1 桁の数字を含む

    • 少なくとも 1 つの特殊文字 (@、#、^、または *) を含む。

  17. 次の条件を満たすパスワードを入力しますroot
    • 5文字以上を含む

    • スペースを含まない

    • 特殊文字を使用できるのは、@、#、^、および *です。

  18. [次へ] をクリックします。

    インストールプロセスには数分かかる場合があります。インストールが完了したら、JSAコンソールをインストールする場合は、ステップ 19に進みます。管理対象ホストをインストールする場合は、 展開への仮想アプライアンスの追加に進みます。

  19. ライセンスキーを適用します。
    1. JSAにログインします。

      デフォルトのユーザー名は admin です。パスワードは、インストール時に設定した admin ユーザーアカウントのパスワードです。

    2. [JSAにログイン]をクリックします。

    3. [管理] タブをクリックします。

    4. ナビゲーション ウィンドウで、[システム構成] をクリックします。

    5. システムおよびライセンス管理」アイコンをクリックします。

    6. [表示] リスト ボックスから [ライセンス] を選択し、ライセンス キーをアップロードします

    7. 未割り当てのライセンスを選択し、[システムをライセンスに割り当て] をクリックします。

    8. システムのリストからシステムを選択し、[システムをライセンスに割り当て]をクリックします。

    9. ライセンス変更のデプロイ」をクリックします。