Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ジュニパーネットワークス WLC Series無線 LAN コントローラ

JSA無線 LAN コントローラから syslog イベントをジュニパーネットワークス WLC Series分類できます。

syslog イベントを収集するには、syslog イベントをデバイスに転送ジュニパーネットワークス無線 LAN コントローラを設定する JSA。管理者は、インターフェイスのRingMasterまたはスイッチのいずれかを使用してコマンドライン インターフェイス無線 LAN コントローラ アプライアンス用に syslog 転送ジュニパーネットワークス設定できます。 JSA 無線 LAN コントローラから転送される syslog イベントのログ ソースを自動的に検出ジュニパーネットワークス WLC Series作成します。 JSA システム ソフトウェア(MSS)V7.6 ジュニパー WLAN実行するデバイスから syslog イベントをサポートしています。

WLC イベントとジュニパー統合するには 、管理者JSA次のタスクを完了できます。

  1. ジュニパー WLAN Syslog サーバーを設定します。

  2. 以下のいずれかの方法を使用します。

    • RingMaster ユーザー インターフェイスを使用して syslog サーバーを設定するには、 WLC ユーザー インターフェイスから Syslog サーバーを設定 ジュニパーを参照してください

    • コマンドライン インターフェイス を使用して syslog サーバーを設定するには、「 WLC 向けコマンドライン インターフェイスを使用した Syslog サーバーの設定 」 をジュニパーしてください

  3. デバイス システム JSA、 転送されたイベントが自動的に検出され、確認します。

WLC ユーザー インターフェイスジュニパー Syslog サーバーの設定

イベントを収集するには、WLC システム上で syslog サーバーを設定ジュニパーし、syslog イベントをイベントに転送JSA。

  1. 新しいソフトウェアにRingMasterします。

  2. [主催者 ] パネル で、無線 LAN コントローラを選択します。

  3. システム パネル から、 [ログ] を 選択します

  4. タスク パネルから [Syslog サーバーの作成] を選択します

  5. [Syslog サーバー] フィールド に、デバイス システムの IP アドレス JSA します。

  6. [ポート ] フィールド に、 と入力 514 します。

  7. [ 重大度フィルター] リスト から、重大度を選択します。

    デバッグの重大度イベントのロギングは、WLC アプライアンスのシステム パフォーマンスジュニパーする可能性があります。管理者は、エラーまたは警告の重大度レベルでイベントをログに記録し、必要なデータを取得するために徐々にレベルを上げ続けることです。デフォルトの重大度レベルはエラーです。

  8. [Facility Mapping]リスト から、ローカル 0 ~ローカル 7 の施設を選択します。

  9. [Finish] をクリックします

    WLC アプライアンスによってイベントジュニパー生成されると、指定した syslog 宛先にイベントが転送されます。十分なイベントがイベントに転送された後、ログ ソースが JSAされます。通常、ログ ソースを自動的に検出するには、最低 25 件のイベントが必要になります。

管理者は管理コンソールにログイン JSA、 ログ ソースが管理コンソールに作成JSA できます。[ ログ アクティビティ] タブには、WLC アプライアンスからのジュニパー表示されます。

WLC 向けコマンドライン インターフェイスを使用した Syslog サーバージュニパー設定

イベントを収集するには、wlc システム上に syslog サーバーをジュニパーし、syslog イベントをイベントに転送JSA。

  1. WLC アプライアンスのコマンドライン インターフェイス のジュニパーログインします。

  2. syslog サーバーを設定するには、次のコマンドを入力します。

    set log server <ip-addr> [port 514 severity <severity-level> local-facility <facility-level>]

    サンプル コマンド
  3. 設定を保存するには、次のコマンドを入力します。

    save configuration

    WLC アプライアンスによってイベントジュニパー生成されると、指定した syslog 宛先にイベントが転送されます。十分なイベントがイベントに転送された後、ログ ソースが JSAされます。通常、ログ ソースを自動的に検出するには、最低 25 件のイベントが必要になります。

管理者は管理コンソールにログイン JSA、 ログ ソースが作成されているを確認できます。[ ログ アクティビティ] タブには、WLC アプライアンスからのジュニパーが表示されます。