Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ビルダーでラックタイプを作成する(例付き)

Apstraには、事前に定義済みのラックタイプが多数同梱されています。独自のカタログを作成する前に、グローバル カタログにまだ存在しないことを確認します (設計>ラック タイプ)。ラック タイプを作成するときは、まず、必要な論理デバイスがグローバル カタログ(論理デバイスの設計)>に存在することを確認します。

この例では、2台のAOS-48x10+6x100-1論理デバイスリーフスイッチ(それぞれに4-100 GbEスパインリンクと48台のデュアル接続10 GbE汎用システム)を搭載したデュアル接続L2ラックのラックタイプを作成する方法を示します。各パラメータの一般的な説明については、 ラック タイプの概要を参照してください。

続行する前に、グローバル カタログ (論理デバイスの設計>) に必要な論理デバイスがあることを確認します。

  1. 左側のナビゲーション メニューから、[設計] > [ラック タイプ] に移動し、[ビルダーで作成] をクリックします。
  2. [ラック タイプを作成]ダイアログで、17 文字以下の一意のラック タイプ名(この例では RackType1)を入力します。
  3. この例では、L3 Closファブリックの接続設計を選択します。
  4. リーフ セクションで、名前(この例では MyLeaf1)を入力し、リーフ論理デバイス ドロップダウン リストから AOS-48x10+6x100-1 を選択します。
    メモ:

    [リーフ論理デバイス(Leaf Logical Device)] ドロップダウン リストのリストをスクロールする代わりに、フィールドに入力し始めて、入力に基づいてリストをフィルタリングすることができます。

  5. スパインあたりのリンク数を2に変更します。右側のトポロジ プレビューに最初のリーフが表示されていることに注目してください。
  6. [新しいリーフの追加] をクリックし、2 番目のリーフの名前(この例では MyLeaf2)を入力し、[リーフ論理デバイス] ドロップダウン リストから [AOS-48x10+6x100-1] を選択して、[スパインあたりのリンク数] を 2 に変更します。右側のトポロジ プレビューに両方のリーフ デバイスが表示されます。
  7. [汎用システム] をクリックし、[新しい汎用システム グループの追加] をクリックして名前 (この例では MySystemGroup1) を入力し、[汎用システム数] を 20 に変更して、[論理デバイス] ドロップダウン リストから [AOS-2x10-1] を選択します。トポロジープレビューは、ラックタイプを設定すると変化することに注意してください。
  8. [論理リンクの追加] をクリックし、名前 (この例では MyLogicalLink1) を入力し、[スイッチ] ドロップダウン リストから [MyLeaf1] を選択し、[LAG モード] で [LACP (アクティブ)] を選択してから、[リーフあたりの物理リンク数] を 2 に変更します。
  9. [新しい汎用システム グループの追加] をクリックして名前 (この例では MySystemGroup2) を入力し、[汎用システム数]20 に変更し、[論理デバイス] ドロップダウン リストから [AOS-2x10-1] を選択します。
  10. [論理リンクの追加] をクリックし、名前 (この例では MyLogicalLink2) を入力し、[スイッチ] ドロップダウン リストから [MyLeaf2] を選択し、[LAG モード] で [LACP (アクティブ)] を選択してから、[リーフあたりの物理リンク数] を 2 に変更します。
  11. ラック タイプで構成した論理デバイスのプレビューを表示する場合は、[プレビュー] セクションの [論理デバイス] をクリックします。
  12. [作成(Create)] をクリックしてグローバル カタログにラック タイプを作成し、テーブル ビューに戻ります。