Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Hyper-VへのApstraのインストール

これらの手順は、Windows Server 2016 データセンター エディションで Hyper-V マネージャーを使用して Microsoft Hyper-V ハイパーバイザーに Apstra ソフトウェアをインストール する場合に使用します。一般的な Hyper-V の使用については、Microsoft の Hyper-V ドキュメントを参照してください。

  1. サポートされているハイパーバイザーおよびバージョンのいずれかを実行していること、および VM に必要なサーバー リソースがあることを確認します。
  2. Apstraソフトウェアは、単一のVMにプリインストールされて提供されます。ApstraコントローラとApstraワーカーの両方のインストールには、同じApstra VMイメージが使用されます。登録サポート ユーザーとして、Juniper Support Downloads から Microsoft Hyper-V の Apstra VM VHDX イメージをダウンロードします。
  3. ディスクイメージを圧縮解除し、実行する場所に移動します。
  4. Hyper-V マネージャーを起動し、VM のサーバーを選択し、[アクション] > [新しい>仮想マシン] に移動します。新しい仮想マシン ウィザードが開きます。
  5. VM の名前と場所を指定し、[次へ] をクリックします。
  6. 世代 1 を指定し、「次へ」をクリックします。
  7. 使用環境に基づいて必要なメモリを指定し、[次へ] をクリックします。
  8. 仮想スイッチを導入環境に必要に応じて構成し、[次へ] をクリックします。
  9. [既存の仮想ハード ディスクを使用する] を選択し、抽出したファイルを参照して [完了] をクリックします。
  10. [設定](右パネル)をクリックし、[プロセッサ](左パネル)をクリックし、必要な VM リソースに基づいた仮想プロセッサの数を指定して、[OK]をクリックします。

Apstraサーバーを 設定 する準備ができました。(Apstraサーバーが設定されている場合、Dockerデーモンが正しく動作します。