Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

必要なサーバー リソース

ApstraサーバーのVMリソース要件は、ネットワークのサイズ(ブループリント)、オフボックスエージェントのスケーリング、インテントベース分析(IBA)の使用に基づいています。必要に応じて1つのVMが不十分な場合は、 Apstra VMクラスタを使用してワーカーノードを追加することで、容量を増やすことができます。

注意:

ApstraサーバーVMは、推奨よりも少ないリソースで実行されることがありますが、ネットワークのサイズによっては、CPUとRAMの割り当てが不十分な場合があります。システムでエラーや重大な「セグメンテーション障害」(コア ダンプ)が発生する可能性があります。この場合は、VM を削除し、追加のリソースを使用して再デプロイします。

表 1:推奨される VM リソース
リソース の推奨事項
メモリ 64 GB RAM + 500 MB/設置済みオフボックス エージェント*
Cpu 8 vCPU
ディスク 160 GB**
ネットワーク 1 個のネットワーク アダプター(最初に DHCP で構成済み)

* コンテナ メモリの使用量は、有効な IBA コレクターの数によって異なります。少なくとも、インストールが完了し、Apstra環境にいなければ、ジュニパーのオフボックスエージェントの アプリケーション重量を変更 する必要があります。

** Apstraの画像は、デフォルトで80 GBのディスクと一緒に出荷されます。Apstraバージョン4.1.2では、ESXiイメージには2番目の「空」ディスクが付属しています。最初の起動時に、Apstraは自動的に 、 、 を実行aos_extend_diskし、空きがある場合は、 、 、 /var/var/log、および /var/log/aos/db を新しいディスクに拡張/(root)します。(160 GB ではなく 80 GB のディスクで出荷すると、イメージ サイズが妥当なサイズに保たれます)。

Linux KVM QCOW2 または Microsoft Hyper-V VHDX を展開する場合、2 番目のディスクは含まれていないため、デフォルトは 80 GB です。追加のディスクを手動で追加できます。aos_extend_diskを実行して、新/var/var/logしいディスクに 、および /var/log/aos/db を拡張/(root)します。詳細については、Juniper Support Knowledge Base 記事 KB37699 を参照してください。