Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

SRX340 のインストールの概要

SRX340 のサービスゲートウェイのインストールの概要

設置用に取り付け場所を準備し、SRX340 機器を開梱したサービスゲートウェイ、デバイスを設置する準備が整います。インストール プロセスを次の順序で進める必要があります。

  1. 一般的な電気安全ガイドラインおよび警告 で説明されている安全ガイドラインを確認してください

  2. ラックマウント設置用のSRX340デバイスの準備 に関するサービスゲートウェイに 従って、サービスゲートウェイを設置する準備をします

  3. 「SRX340デバイスをラックに取り付サービスゲートウェイに記載されたサービス ゲートウェイを設置します。

  4. ケーブルを外部デバイスと接続します。

  5. SRX340ケーブルの接続 に関する説明に従って、接地ケーブルサービスゲートウェイします。

  6. SRX340デバイスの電源オン に関する ページに記載されたサービス ゲートウェイのサービスゲートウェイ。

SRX340 のサービスゲートウェイの概要

自動インストール プロセスは、サービス ゲートウェイの電源をオンにした後いつでも開始され、内部フラッシュ内で有効な設定ファイルを見つけできません。通常、サービス ゲートウェイの電源を初めてオンにした場合、または設定ファイルが内部フラッシュから削除された場合、設定ファイルは使用できません。自動インストール機能により、ネットワークの中央から複数のサービス ゲートウェイを導入できます。

多数のデバイスを設定する場合は、自動インストールによって設定プロセスを自動化できます。ネットワークを使用して設定ファイルを新しいデバイスまたは既存のデバイスに自動的にロードします。自動インストール用に J-Web インターフェイスまたは CLIを使用してデバイスを設定できます。

自動インストール プロセスを機能するには、ネットワーク内の構成サーバーにホスト固有またはデフォルトの設定ファイルを 1 つ以上保存し、通常は DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を利用してサービス ゲートウェイに IP アドレスを割り当てるサービスを用意する必要があります。

自動インストールは、新しいサービス ゲートウェイのイーサネット ポートをネットワークに接続し、デバイスの電源をオンにするときに自動的に行われます。プロセスを簡素化するには、デバイスへの自動インストールを明示的に有効にし、設定サーバー、自動インストール インターフェイス、IP アドレス取得プロトコルを指定できます。

注:

USB自動インストール機能が有効(デフォルト設定)の場合、挿入直後からUSBストレージ デバイスを削除することはできません。

USBストレージ デバイスを挿入した後、デバイスJunos OSをスキャンして、USB自動インストール ファイルが含まれているかどうかを確認します。このプロセスは、USBストレージ デバイスの品質とデバイス内のファイルの数とサイズに応じて、完了まで最大50秒かかる場合があります。このプロセスの実行中にUSBストレージ デバイスを削除すると、サービス ゲートウェイが再起動し、USBポートが動作を停止し、USBのデータ損失が発生する可能性があります。USBストレージ デバイスを挿入した後、少なくとも60秒待機してから取り外することをお勧めします。

USBデバイスを挿入する前に コマンド(USB自動インストール機能を無効にする)を発行することで、USBストレージ デバイスの挿入と取り外しの間の待機間隔を 60秒から20秒に短縮できます。 set system autoinstallation usb disable

自動インストールの設定の詳細については、以下のトピックを参照してください。